2017年10月17日 (火)

曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻1棒太刀合之位2腰車

曽田本その1
2.英信流目録原文
居合棒太刀合之巻 
 兼 大森流居合 小太刀之位
1、棒太刀合之位

二本目 腰車

 是も同し事也棒を腰へあつるなり跡者何レも同之

読み
 是も同じ事也 棒を腰へ当つるなり 跡は何れも同じ

 
二本目は省略されていますから「一本目の脛砕と同じ事で脛へ当てるのを腰へ当てる 跡は何れも同じ」ですから「一本目脛砕」を基に復元しておきます。
・ 
 是ㇵ敵ハ太刀を上段にかむり我ㇵ左の手尓て棒の中を持杖尓突き楽尓立合也
 敵婦ミ込おがみ打尓打所我ハ右の手にて棒の上の者しを逆手尓取り右の足を一足引キ右乃手を下へさげ棒の下タの者しを太刀へ合セ右の足を一足婦ミ込ミ右の手尓て持ちたる者し尓て「敵の左の腰を打チ」さき(先)をさげ左の手を上へあげ討也

 敵亦討所をさげておる者し尓て太刀を者ね躰をかわり左の手尓て持多る者しを「敵の左の腰へ當
て」我も左の足を婦み込ミ棒を跡へくり出し車の如くかまゑる也

 其所を敵我が足を片手にてなぐる也夫ゟ水車を廻し追込ム也。廻し様盤右で二ツ左で二ツづゝ廻していくつも廻し行優く(うく)迄追込ム也

 右の手の行たる時追い留り□□者敵拝ミ討二打所を下タより棒の先尓て拳を者ね上ケ亦我も其儘棒之先尓て拝討尓打なり

 敵其所を請て我が棒の先を左の手尓てとり右の手尓て持たる太刀を我がみ希んへ討也
我其所を左の片手尓て棒ヲ上へさし上ケ右の手尓て棒の前ヱより敵の右の手首をとり棒を前へおし手を我が方へ引きかためる也俗に云う棒し者りなり

 亦左の手の先へ出てくる時追い留り多れば先をさげ待て敵討所を真見合へ棒の先をさし付右の手を下ケてか多める也


読み
 是は敵は太刀を上段に冠り 我は左の手にて棒の中を持ち 杖に突き楽に立ち合う也
 敵踏み込み拝み打ちに打つ所 我は右の手にて棒の上の端を逆手に取り 右の足を一足引き 右の手を下へ下げ棒の下の端を太刀へ合わせ 右の足を一足踏み込み 右の手にて持ちたる端にて 「敵の左の腰を打ち」 先を下げ左の手を上へあげ討つ也

 敵亦討つ所を下げておる端にて太刀をはね 体を変わり 左の手にて持ちたる端を「敵の左の腰へ当て」 我も左の足を踏込み 棒を跡へ繰り出し車の如く構える也。

 其の所を敵 我が足を片手にて殴る也、其れより水車を廻し追い込む也。
 廻し様は右で二つ 左で二つづつ廻して 幾つも廻し行き 憂く迄追い込む也。

 右の手の行きたる時 追い留まり□□は(たれば) 敵拝み討ちに打つ所を下より棒の先にて拳を跳ね上げ 亦我も其の儘棒の先にて拝み討ちに打つ也
 

 敵其の所を請けて我が棒の先を左の手にて取り 右の手にて持ちたる太刀を我が眉間(みけん)へ討つ也
 我其の所を左の片手にて棒を上へ差し上げ 右の手にて棒の前より敵の右の手首を取り棒を前へ押し 手を我が方へ引きかためる也。俗に云う棒縛り也。

 亦 左の手の先へ出て来る時 追い留まりたれば 先を下げ持ちて 敵討つ所を真見合へ棒の先を指し付け 右の手を下げてかためる也。

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合之巻1棒太刀合之位1脛砕

曽田本その1
2.英信流目録読み解く
居合棒太刀合之巻 
 兼 大森流居合 小太刀之位
1、棒太刀合之位

一本目 □砕(脛砕)

 是ㇵ敵ハ太刀を上段にかむり我ㇵ左の手尓て棒の中を持杖尓突き楽尓立合也
 敵婦ミ込おがみ打尓打所我ハ右の手にて棒の上の者しを逆手尓取り右の足を一足引キ右乃手を下へさげ棒の下タの者しを太刀へ合セ右の足を一足婦ミ込ミ右の手尓て持ちたる者し尓て「敵の左の腰を打チ」さき(先)をさげ左の手を上へあげ討也

 敵亦討所をさげておる者し尓て太刀を者ね躰をかわり左の手尓て持多る者しを「敵の左の腰へ當
て」我も左の足を婦み込ミ棒を跡へくり出し車の如くかまゑる也

 其所を敵我が足を片手にてなぐる也夫ゟ水車を廻し追込ム也廻し様盤右で二ツ左で二ツづゝ廻していくつも廻し行優く(うく)迄追込ム也

 右の手の行たる時追い留り□□者敵拝ミ討二打所を下タより棒の先尓て拳を者ね上ケ亦我も其儘棒之先尓て拝討尓打なり

 敵其所を請て我が棒の先を左の手尓てとり右の手尓て持たる太刀を我がみ希んへ討也   我其所を左の片手尓て棒ヲ上へさし上ケ右の手尓て棒の前ヱより敵の右の手首をとり棒を前へおし手を我が方へ引きかためる也俗に云う棒し者りなり

 亦左の手の先へ出てくる時追い留り多れば先をさげ待て敵討所を真見合へ棒の先をさし付右の手を下ケてか多める也。


読み
 是は敵は太刀を上段に冠り 我は左の手にて棒の中を持ち 杖に突き楽に立ち合う也
 敵踏み込み拝み打ちに打つ所 我は右の手にて棒の上の端を逆手に取り 右の足を一足引き 右の手を下へ下げ棒の下の端を太刀へ合わせ 右の足を一足踏み込み 右の手にて持ちたる端にて 「敵の左の脛を打ち」 先を下げ左の手を上へあげ討つ也

 敵亦討つ所を下げておる端にて太刀をはね 体を変わり 左の手にて持ちたる端を「敵の左の脚へ当て」 我も左の足を踏込み 棒を跡へ繰り出し車の如く構える也。

 其の所を敵 我が足を片手にて殴る也、其れより水車を廻し追い込む也 廻し様は右で二つ 左で二つづつ廻して 幾つも廻し行き 憂く迄追い込む也。

 右の手の行きたる時 追い留まり□□は(たれば) 敵拝み討ちに打つ所を下より棒の先にて拳を跳ね上げ 亦我も其の儘棒の先にて拝み討ちに打つ也

 敵其の所を請けて我が棒の先を左の手にて取り 右の手にて持ちたる太刀を我が眉間(みけん)へ討つ也。我其の所を左の片手にて棒を上へ差し上げ 右の手にて棒の前より敵の右の手首を取り棒を前へ押し 手を我が方へ引きかためる也。俗に云う棒縛り也。

 亦 左の手の先へ出て来る時 「追い留まりたれば」 先を下げ持ちて 敵討つ所を真見合へ棒の先を指し付け 右の手を下げてかためる也。 


読み解く
 動作は原文通り棒を運びますと自然に運用できるほどに噛み砕かれています。自由に棒の上下を変え乍ら応じてください。
 但し棒術の心得が多少なりともありませんと、棒の裁きが判らないでしょう。
 

 この棒太刀合之棒は以下二本目腰車・三本目小手揚・四本目小手落・五本目小鬢流まで敵に対し我の打ち込む部位の違いだけで同じような技です。

 水車の廻し様ですが、右廻り・左廻り、両手を持ち替えつつ或いは片手による右手・左手でも特に指定されていません。「亦左の手の先へ出てくる時追い留りたれば」の文章から片手で廻して手を持ち替えているのかとも思います。

 

  

| | コメント (1)

2017年10月15日 (日)

曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻1棒太刀合之位1脛砕

曽田本その1
2.英信流目録原文
居合棒太刀合之巻 
 兼 大森流居合 小太刀之位
1、棒太刀合之位

一本目 □砕(脛砕)

  是ㇵ敵ハ太刀を上段にかむり我ㇵ左の手尓て棒の中を持杖尓突き楽尓立合也
 敵婦ミ込おがみ打尓打所我ハ右の手にて棒の上の者しを逆手尓取り右の足を一足引キ右乃手を下へさげ棒の下タの者しを太刀へ合セ右の足を一足婦ミ込ミ右の手尓て持ちたる者し尓て「敵の左の脛を打チ」さき(先)をさげ左の手を上へあげ討也

 敵亦討所をさげておる者し尓て太刀を者ね躰をかわり左の手尓て持多る者しを「敵の左の脚へ當
て」我も左の足を婦み込ミ棒を跡へくり出し車の如くかまゑる也

其所を敵我が足を片手にてなぐる也夫ゟ水車を廻し追込ム也。
廻し様盤右で二ツ左で二ツづゝ廻していくつも廻し行優く(うく)迄追込ム也

 右の手の行たる時追い留り□□者敵拝ミ討二打所を下タより棒の先尓て拳を者ね上ケ亦我も其儘棒之先尓て拝討尓打なり

 敵其所を請て我が棒の先を左の手尓てとり右の手尓て持たる太刀を我がみ希んへ討也
 我其所を左の片手尓て棒ヲ上へさし上ケ右の手尓て棒の前ヱより敵の右の手首をとり棒を前へおし手を我が方へ引きかためる也俗に云う棒し者りなり

 亦左の手の先へ出てくる時追い留り多れば先をさげ待て敵討所を真見合へ棒の先をさし付右の手を下ケてか多める也。


読み
 是は敵は太刀を上段に冠り 我は左の手にて棒の中を持ち 杖に突き楽に立ち合う也
 敵踏み込み拝み打ちに打つ所 我は右の手にて棒の上の端を逆手に取り 右の足を一足引き 右の手を下へ下げ棒の下の端を太刀へ合わせ 右の足を一足踏み込み 右の手にて持ちたる端にて 「敵の左の脛を打ち」 先を下げ左の手を上へあげ討つ也

 敵亦討つ所を下げておる端にて太刀をはね 体を変わり 左の手にて持ちたる端を「敵の左の脚へ当て」 我も左の足を踏込み 棒を跡へ繰り出し車の如く構える也。

 其の所を敵 我が足を片手にて殴る也、其れより水車を廻し追い込む也。
 廻し様は右で二つ 左で二つづつ廻して 幾つも廻し行き 憂く迄追い込む也。

 右の手の行きたる時 追い留まり□□は 敵拝み討ちに打つ所を下より棒の先にて拳を跳ね上げ 亦我も其の儘棒の先にて拝み討ちに打つ也
 
 敵其の所を請けて我が棒の先を左の手にて取り 右の手にて持ちたる太刀を我が眉間(みけん)へ討つ也。
 我其の所を左の片手にて棒を上へ差し上げ 右の手にて棒の前より敵の右の手首を取り棒を前へ押し 手を我が方へ引きかためる也。俗に云う棒縛り也。

 亦 左の手の先へ出て来る時 追い留まりたれば 先を下げ持ちて 敵討つ所を真見合へ棒の先を指し付け 右の手を下げてかためる也。


 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに

曽田本その1
 
2.英信流目録読み解く

曽田本を読む英信流目録

1、初めに

此の目録は 昭和二十三年六月? 大阪河野稔氏へ伝授したり

 谷村亀之丞自雄先生直筆
 英信流目録(二巻) 筆山秘蔵ス
 谷村亀之丞先生伝書寫 
         居合 大森流 長谷川流ナシ
         棒太刀合 之□
         居合心持引歌ハ山川先生ノモノト同様二ツキ省略
         長谷川流居合以下伝書ナシ残念ナリ

 下村派の伝承者曽田虎彦先生の神傳流秘書に伝書は、これから読み解いていく「英信流目録二巻」です。
 下村派の曽田虎彦先生が古伝を書き写したもので、これが現在の夢想神傳流であると云う事では無く、夢想神傳流にも無双直伝英信流にも元となる古伝と言えるでしょう。元々は第九代林六太夫守政によって江戸から土佐に持ちこまれた総合武術です。

 谷村亀之丞自雄先生は谷村派第15代で、山川先生は下村派です。

 この「英信流目録二巻」は、奥書きによれば、安永五年(1776年)冬十月に谷村派、下村派に分かれる二代前の第十二代林政誠によって書かれた伝書を嘉永五年(1852年)六月谷村派第十五代谷村亀之丞自雄が書写されたものです。
 曽田虎彦先生が「筆山秘蔵す」とありますから谷村亀之丞自雄の書写された原本をお持ちだったのでしょう。

 「この目録は昭和23年6月 大阪河野稔氏へ伝授したり」と曽田先生の添書きがされています。
 コピーを贈られたか、直筆で書き写して河野百錬先生に送られたのでしょう。
 第二十代無双直伝英信流宗家河野百錬先生の「無双直伝英信流居合兵法叢書」昭和30年1955年発行の元資料となったのでしょう。

 神傳流秘書の原本は英信流目録より前に書きあげられていたものでしょう。恐らく、神傳流秘書は享保十七年1732年~安永五年1776年の42年間に第十代林安太夫政詡によって書かれたと思うのですが、それより古ければ第9代林六太夫守政が享保十七年1732年以前に書いているのでしょう。
 享保十七年1732年は土佐に此の居合をもたらした第九代林六大夫守政が没した年です。
安永五年1776年八月八日は第十代林安太夫政詡が没した年でした。
 この年十月に第十二代林益之丞政誠が「英信流目録二巻」を「改之」としています。

 谷村亀之丞自雄先生伝書写の「英信流目録2巻」は歯抜けの伝書です。

 内容は、居合棒立合巻 並 大森流居合・小太刀之位だけしかありません。

 曽田先生の添書きには「居合心持引歌は山川先生のものと同様につき省略」とありますので神傳流秘書にあるから書写していない、と言うのでしょう。
「長谷川流居合以下伝書なし残念なり」です。

 これから順次この「英信流目録2巻」を読み込んでいきます。

居合棒太刀合の巻 並 大森流居合、小太刀之位

1、棒太刀合之位 八本

2、棒合五つ 五本

3、心持之事 五本

4、極意之大事 八本

5、小太刀之位 六本

6、大森流居合之位 十一本

以上五十三本です。棒は坂橋流之棒と同様でしょうがさらに詳しく書かれています。1~4までが棒の手附です。
 5はこの英信流目録にしか見られない小太刀之位で、仕太刀は小太刀、打太刀は太刀による手附となります。これを知る方も、打たれる方もお見かけしません。
 
 第20代河野百錬先生の「無双直伝英信流居合兵法叢書」によって昭和30年1955年には、世に出ていながら、当時の先生方は居合抜ばかりに精を出されていたのか、師匠のいない形を手附から振り付け演じる事をされなかったようです。

 それは「古伝には興味なし、何故なら古伝を手解きしてくれる師匠が居ない」といったものかも知れません。
6番目は大森流居合で現在の無双直伝英信流正座の部となります。

 

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

曽田本その1の2英信流目録原文1初めに

曽田本その1
 
2.英信流目録原文
 
1、初めに
 
 此の目録は 昭和二十三年六月? 大阪河野稔氏へ伝授したり
 谷村亀之丞自雄先生直筆
 英信流目録(二巻) 筆山秘蔵ス
 谷村亀之丞先生伝書寫 
         居合 大森流 長谷川流ナシ
         棒太刀合 之□
         居合心持引歌ハ山川先生ノモノト同様二ツキ省略
         長谷川流居合以下伝書ナシ残念ナリ
読み
英信流目録は曽田先生の前書きから始められています。
原文通り。
 
 
 

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み終えて
 曽田本その1の1神傳流秘書を原文と読み解くとに分けて書き終えました。
 平成28年(2016年)10月1日から平成29年(2017年)10月12日まで377日を要しました。原文と読み解くに分けなければ概ね188日であったろうと思います。
 
 原文は、曽田虎彦先生が書き写した文字をそのまま転記し、その読みを現代漢字及び仮名遣いに直して現代の国語レベルでも内容が判読できるようにしたつもりです。
 
 日本の古文書を容易に読み取れるだけの力はありませんが、漢字書道を久しく学んでいるおかげで、何とか曽田虎彦先生の癖字になれ読み取り、習い覚えた無双直伝英信流の業技法を重ね合わせ、更に加えて河野百錬先生や木村栄寿先生の文献と照らして判読したものです。
 大家の解釈をそのまま鵜呑みにする程の信頼感も、いたずらに媚びる無責任さも無い天邪鬼です。
 古伝の文章と睨めっこしながら、時には他流や他の武術に教えを乞いつつ読み解いてきました。
 
 三度にわたる古文書解読で、ほぼ読み取れたと思います。このまま原文だけをコピーして古伝を演じられる先生も居られると思います。又、何れの時代かに古伝を全て復元される名人も現れる事を期して原文のみを掲げておきました。
 
 読み解くの内容は、原文及び読みに続き、業を演じられるところまで掘り下げておきました。 
 但し、無双直伝英信流居合や古流剣術、棒術、体術、柔術のかなりの見識が無ければ演じられないかもしれません。
 乏しい経験を頼りに神傳流秘書の全業を読み解くにあたり、多くの方のお知恵を拝借しましたが、なかでも「痛くしないで」と言いながら私に逆手を取られたり、肘を堅められたり、仰向けにされたり俯けにされたりした家内の功績は大きいものです。
 
 かつては、総合武術として広く学ばれた方も多かったろうと思いますが、明治期に部門ごとの分離が極端になって、総合武術の見識を持たれる方は少ないと思われます。
 その表われは、棒術や和になるとアクセスが減るように見えますし、同門の方に尋ねても意を汲んでいただけないことも度々です。
 師匠の真似事以外に知恵を絞っていただける方も少ないものでした。「古伝なんかに興味は無い」と言いながら「昔はこうだった」という嘘つきに頻繁に出合ました。
 
 日本語の幾つかやその武術用語が日常から失われて久しく、当代の無双直伝英信流の教本すら読めなくなってきている時代です。
 他流の教本も意味の無い門外不出の言葉に捉われ公に読めません。或はそのこだわりが無くとも教本として世に問うだけのエネルギーがない流派の代表者。
 お陰様で武術の流派の教本はお粗末です。
 当代は良く聞き、よく見て、よく読み、自分で考えろと仰いますが、情けないほど低下している国語力では良く見て真似るだけの、武的演舞だけをそれとする剣士しか生み出せないのかもしれない時代でもあります。
 
 読み解くに当たり、この解説も現代居合を基にしているばかりで、古伝には至っていないとのご批判を述べられている方も居られます。
 其の通りでしょう、一刀流や一部津軽方面に林崎流居合の伝承があるとはいえ、それも一部の想定における動作であり、大太刀を帯しての物であれば、其処から江戸中期の神傳流秘書に進化させて解するのも無理があります。
 武術は、始祖の業技法から日進月歩していかなければ、より研究された者に打ち負かされてしまうものです。
 その上「かたち」を学び、基本の動作から得られた術をもって、あらゆる場面を思い描き稽古しなければ実用になりません。
 神傳流秘書は江戸中期の林崎重信流から進化した英信流から始まっています。平成29年の今日の我が修行のレベルから250年遡るのが精一杯です。
 
 現代の無双直伝英信流、夢想神傳流は、明治以降、多くの先師の努力で最も良く研究されていると考えられます。多くの教本を集めて読みふけって見ました。
 しかし竹刀剣道に蹂躙されていたり、見覚えただけの先師の動作を癖だらけの己の写真や動画で示すばかりの物が多く、ひどいのは先師の教本の丸写しです。
 江戸中期初頭の参考になり難いものばかりです。
 特に近年のものは昭和初期の物より劣る様な気がします。中には師伝の道統では切れてしまった奥の業を、他の師伝を引用した、おかしいものまであります。
 昨今は、師匠を真似るのがやっとの稽古量であったり、真似の上手下手のみを競う大会などにとどまっていて、武術に至らないのが現状でしょう。
 本物の師を求める事は何時の時代でも、どの道でも困難だったでしょう。選択肢は、誰が師として相応しいかよりも、住まいに近く、稽古日に都合が良い、程度の選択肢から安易に選択されています。
 人と相対しての実践行為などの武術論を口にする知ったかぶりの先生も居りますが、総じて不勉強です。段位などはそれだけの意味をなして居ません。
 
 古伝の動作は形だけ真似てもその奥義に至る事は出来そうにもありません。形の中にあるものを読み取り、それを自らの稽古の中から悟る以外にないのでしょう。
 古伝を知る上で足を踏み込んだ柳生新陰流の業を学ぶ時に、多くの気付きがありました。
 それは、「古武術は「かたち」を真似る事は出来ても術にならない」事に気付かされたことです。
 
 棒振りを何十年やっていても、如何にも早く・強くも討ちこめて、棒振り試合に勝てても「術」が決まらないのです。
 同様に一人演武の居合も、順序正しくただ力強いばかりか、ゆっくり・大きく・正確に・華麗に演じて、演武競技会で評価されても武術にはなり得ないのです。それは真剣での命のやり取りでの事とは違うからでしょう。
 
 奥義に至るには、真似ただけの「かたち」では、「とてもとても」です。本物は形の中に、その「心」も無ければならないのでしょう。
 
 おおらかな気持ちで、神傳流秘書に向かい、文字に書かれていない処を思い描き、今ある自分の力量を越えるにはと、自らを照らしてみることも良いのではないかと思っています。  
 ・・・・思いつくままに・・・
 
 古伝神傳流秘書を基に「無双神傳英信流居合兵法」の研究会を2017年9月に立ち上げました。
 曽田虎彦先生の直筆本を原文のまま読み、互に持てるものを以って読み解いて演じる研究会です。
 研究会の名称:湘南居合道研修会鎌倉道場
 場所      :鎌倉体育館
 日時      :毎月第二木曜・第四木曜
           10月26日(木)13:00~17:00
           11月09日(木)13:00~17:00
           12月14日(木)15:00~17:00
 参加希望   :このブログを読まれ研究したい方
 
 
 
 
 

| | コメント (1)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移11支點當

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
十一本目支點當
支點當
 鐺返しの業二亭かやされ上る処を我可左の足二亭相手の陰嚢を蹴る
 以上 十一本
読む
支點當(してんとう)
 鐺返しの業にて かやされ上げる処を 我が左の足にて相手の陰嚢を蹴る
参考 捕手和之事十一本目鐺返
 相手左脇を行通り我か左の手二亭相手の左の手を取る右の手二亭小尻を取りう津む希二於した於し堅める
 異常十一本
読み
鐺返(こじりかえし)
 相手左脇を行き通り 我が左の手にて相手の左の手を取る 右の手にて鐺を取り 俯けに押し倒し堅める
 以上 十一本
読み解く
 この業も鐺返の業がもとになっています。

 八文字に坐すところ、相手スカスカと我が左脇を通り行く時、我が左手を左手で取り、右手で鐺を取ってうつむけに押し倒そうとするので、左足で相手の陰嚢を蹴る。

 「・・かやされ上る処を」の状況がよく見えませんが、鐺返から推測します。
相手に左手と鐺を取られ、鐺を上に上げられうつ伏せに押しかけられるのでしょう。

「左の足にて相手の陰嚢を蹴る」相手の股間に我が左足を蹴りこむ、は押し倒されるに従って、右手で体を支えながら左足で蹴りこむ、としてみました。  以上 十一本


以上で夏原流和之事を終了します。同時に神傳流秘書も読み終えた事になります。夏原流和之事については、このような手附が残されたのですが、誰が何時これらの業を作り出したのかわかりません。

 本朝武芸小傳巻九の末尾に小具足について世に鳴るのは竹内流だといっています。荒木流、森流などの後に夏原八太夫の名があります。
 夏原八太夫は夢相流小具足の達人也、今川久太夫その傳を継ぐ、武井徳左衛門今川の傳を得、松田彦進武井の芸を傳、鈴木彦左衛門有りて、松田に従い、その宗を得て精妙と為す。
とあります、これが夏原流和であるかはわかりません。

 此の神傳流秘書は「文政二年己卯之歳十一月吉祥日 山川幸雅述」で始まりました。
曽田先生が丁寧に書写され此処に掲載したものです。


奥書きは以下の様になっています。

山川久蔵
 

右の通り相改諸業手付覚亦歌之巻柔術不残相傳譲申所相違無望々仍而奥書如件

坪内清助殿


読み
 山川久蔵(やまかわきゅうぞう)
 右の通りあい改め 諸業手付覚え 又 歌の巻き 柔術 残らず相伝譲り申すところ相違なし 望々 よって奥書 件(くだん)のごとし
坪内清助殿

 

 文政2年は1819年です。山川久蔵幸雅の記述した最も古い傳書だろうと思います。
 残念ながら、この伝書を書写された曽田先生は、この神傳流秘書を誰から見せられて書写されたのかが不明です。「本書は他に見えざる秘本にて原本は多分戦災にて焼失せるか大事大事」と書き残されています。

 曽田本その1の1神傳流秘書を終わります。

 

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移11支點當

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
十一本目支點當
支點當
 鐺返しの業二亭かやされ上る処を我可左の足二亭相手の陰嚢を蹴る
 以上 十一本
読み
支點當(してんとう)
 鐺返しの業にて かやされ上げる処を 我が左の足にて相手の陰嚢を蹴る
 以上 十一本
参考 捕手和之事十一本目鐺返
 相手左脇を行通り我か左の手二亭相手の左の手を取る右の手二亭小尻を取りう津む希二於した於し堅める
読み
鐺返(こじりかえし)
 相手左脇を行き通り 我が左の手にて相手の左の手を取る 右の手にて鐺を取り 俯けに押し倒し堅める
奥書

山川久蔵

 右の通り相改諸業手付覚亦歌之巻柔術不残相傳譲申所相違無望々仍而奥書如件

坪内清助殿


読み
 山川久蔵(やまかわきゅうぞう)
 右の通りあい改め 諸業手付覚え 又 歌の巻き 柔術 残らず相伝譲り申すところ相違なし 望々によって奥書 件(くだん)のごとし
坪内清助殿

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移10五輪添

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
十本目五輪添
五輪添
 遠行の業二亭肩を叩時向面の通り手を取り前へな介類
読み
五輪添(ごりんぞえ)
 遠行の業にて 肩を叩く時 向面の通り 手を取り前へ投げる
参考 捕手和之事十本目遠行
 如前相手の右脇を通り後へ廻り両手二亭合手の肩を一寸叩ク相手小太刀を抜かんと春る処を両のひぢの可ゞ美二手を懸背中を膝二て押ひかる
読み
遠行(えんこう)
 前の如く相手の右脇を通り後ろへ廻り 両手にて相手の肩を一寸叩く 相手小太刀を抜かんとする処を 両の肘のかがみに手を懸け 背中を膝にて押し引かる
参考 捕手和之事九本目向面
 右脇を通り品に此方よりせり懸る相手よりもせり懸る処於した於し如右う津む希二押た於し堅める

読み
向面(むこうめん)
 右脇を通りしなに 此方よりせり懸かる 相手よりもせり懸かる処押し倒し 右の如く俯けに押し倒し堅める
読み解く
 五輪添は手附にならない程省略されてしまいました。五輪添を稽古するまでに事前に今までの業は充分稽古を積んでおけとでも言うのでしょう。
本手之移とは本手(元)の業の彼我入れ替わり、変え業、返し業ですから当然の事でしょう。

 楽々八文字に相対して坐す、相手立上りスカスカと歩み来り、我が右脇を通り後へ廻り両手にて我が肩を一寸叩く、我は小太刀を抜かんとする処、後よりせり懸られるので相手の手を取って前へ投げる。

 業名の「五輪添」ですが「五輪」は仏教で云うところの万物の構成要素「地・水・火・風・空」の五大のことで、ここではそれを現した五輪塔をイメージしたのでしょう。
人の体を五輪に見立てゝ相手を密着させて投げる、そんな業のように思えます。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移10五輪添

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
十本目五輪添
五輪添
 遠行の業二亭肩を叩時向面の通り手を取り前へな介類
読み
五輪添(ごりんぞえ)
 遠行の業にて 肩を叩く時 向面の通り 手を取り前へ投げる
参考 捕手和之事十本目遠行
 如前相手の右脇を通り後へ廻り両手二亭合手の肩を一寸叩ク相手小太刀を抜かんと春る処を両のひぢの可ゞ美二手を懸背中を膝二て押ひかる
読み
遠行(えんこう)
 前の如く相手の右脇を通り後ろへ廻り 両手にて相手の肩を一寸叩く 相手小太刀を抜かんとする処を 両の肘のかがみに手を懸け 背中を膝にて押し引かる
参考 捕手和之事九本目向面
 右脇を通り品に此方よりせり懸る相手よりもせり懸る処於した於し如右う津む希二押た於し堅める

読み
 右脇を通りしなに 此方よりせり懸かる 相手よりもせり懸かる処押し倒し 右の如く俯けに押し倒し堅める

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移9捫返

 
曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
九本目捫返
捫返
 向面の事二取っ亭後へ倒さんと須るを其手を取って前へな介る
読み
捫返(もんがえし、なでかえし、ひねりかえし)
 向面の事に取って 後ろへ倒さんとするを 其の手を取って前へ投げる
参考
捕手和之事 九本目向面
 右脇を通り品二此方よりせり懸る相手よりもせり懸る処於した於し如右う津むけ二押た於し堅める
読み
向面(むこうめん)
 右脇を通りしなに 此方より競り懸かる 相手よりも競り懸かる処 押し倒し 右如く 俯けに押し倒し堅める
参考
「如右に・・」
 八本目の胸點の足で胸を蹴って突き倒すことでしょうか。
「右の如く」が良くわかりません。恐らく捕手和之事の五本目右転か六本目右詰を指しているだろうと思います。此処は、「向面」だけを参考にすれば良さそうです。

五本目右転
 如前歩ミ行亭相手手を上る処を両の手二亭指を取りわけ左の方へ引廻し又た於し砂乱の如くう津む希二引廻し亭堅める

読み
右転(うてん)
 前の如く歩み行て相手手を上る処を両の手にて指を取りわけ左の方へ引廻し又たおし砂乱れの如くうつむけに引廻して堅める

六本目右詰
 如前歩ミ行て右脇を行違ひ品二相手の右の手を我か右の手二亭取り左の手をひぢ二上亭引伏せ堅める

読み
右詰(みぎつめ)
 前の如く歩み行て右脇を行違いしなに相手の右の手を我が右の手にて取り左の手をひじに上て引伏せ堅める


読み解く
 双方相対し八文字に坐す時、相手立上ってスカスカと歩み寄り、右脇を通りしなに我が右手を取ってせり懸って後ろに倒さんとするを、我もせり懸り相手の右手をひねり返して左手を添え俯けに押し倒し堅める。

この本手之移9本目捫返はもんかえし、ひねりかえし、なでかえし、の何れかの読みでしょう。

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手移9捫返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
九本目捫返
捫返
 向面の事二取っ亭後へ倒さんと須るを其手を取って前へな介る
読み
捫返(もんがえし、なでかえし、ひねりかえし)
 向面の事に取って 後ろへ倒さんとするを 其の手を取って前へ投げる
参考
捕手和之事 九本目向面
 右脇を通り品二此方よりせり懸る相手よりもせり懸る処於した於し如右う津むけ二押た於し堅める
読み
向面
 右脇を通りしなに 此方より競り懸かる 相手よりも競り懸かる処 押し倒し 右如く 俯けに押し倒し堅める
参考
「如右に・・」
 八本目の胸點の足で胸を蹴って突き倒すことでしょうか。
「右の如く」が良くわかりません。恐らく捕手和之事の五本目右転か六本目右詰を指しているだろうと思います。此処は、「向面」だけを参考にすれば良さそうです。

五本目右転
 如前歩ミ行亭相手手を上る処を両の手二亭指を取りわけ左の方へ引廻し又た於し砂乱の如くう津む希二引廻し亭堅める

読み
 前の如く歩み行て相手手を上る処を両の手にて指を取りわけ左の方へ引廻し又たおし砂乱れの如くうつむけに引廻して堅める

六本目右詰
 如前歩ミ行て右脇を行違ひ品二相手の右の手を我か右の手二亭取り左の手をひぢ二上亭引伏せ堅める

読み
 前の如く歩み行て右脇を行違いしなに相手の右の手を我が右の手にて取り左の手をひじに上て引伏せ堅める

 

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

曽田本その1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移8坐配謀

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
八本目坐配謀
坐配謀
 胸天の移り也常の修行此事なしむ年を蹴る足を此方ゟ取り向へ突倒春也
*読み
坐配謀(ざはいぼう・・?)
 胸天(胸點)の移り也 常の修行此の事なし 胸を蹴る足を此方より取り 向うへ突き倒す也
参考
捕手和之事八本目胸點 
 歩ミ行相手の胸を足二亭蹴る平常の稽古二ハ此業なし子細ハ胸を蹴る故也
読み
胸點(むねてん、きょうてん)
 歩み行き 相手の胸を足にて蹴る 常の稽古には この業なし 仔細は胸を蹴る也
読み解く

*坐配謀は、ざはいぼうでしょうか。読みは不明です。
 「胸天」という業名は見当たらないのですが、夏原流和之事捕手和之事八本目「歩み行相手の胸を足にて蹴る平常の稽古にはこの業なし子細は胸を蹴る故也」とする「胸點」の業があります。點は「てん」ですから「天」と同音ですので当て字としたのでしょう。
 この業も、彼我逆転して胸を蹴られる時の返し業です。

 我が坐している所へ相手スカスカと歩み来たり、我が胸を足蹴にして来るので、その足を取って相手をあお向けに突き倒す。

 「突倒す」の文言が気になります。蹴ってくる相手の足を取るや、相手の体に浴びせて倒すなどを言うのでしょう。

 

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

曽田本その1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移8坐配謀

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
八本目坐配謀
坐配謀
 胸天の移り也常の修行此事なしむ年を蹴る足を此方ゟ取り向へ突倒春也
*読み
坐配謀(ざはいぼう・・?)
 胸天(胸點)の移り也 常の修行此の事なし 胸を蹴る足を此方より取り 向うへ突き倒す也
参考
捕手和之事八本目胸點 
 歩ミ行相手の胸を足二亭蹴る平常の稽古二ハ此業なし子細ハ胸を蹴る故也
読み
胸點(むねてん、きょうてん)
 歩み行き 相手の胸を足にて蹴る 常の稽古には この業なし 仔細は胸を蹴る也
 

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移7九寸返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
七本目九寸返
九寸返
 抜捨の通り抜付を留処を振り向て中に入りたを春也
読み
九寸返(きゅうすんかえし)
 抜捨の通り抜き付くを留める処を 振り向いて中に入り倒す也
参考
夏原流和之事 捕手和之事七本目抜捨
 相手の左の脇を行通り品二合手の左の手を我が左の手二亭取り後へ廻る相手左之手二亭後へ婦り向小太刀を抜付類を右の手二亭留左の手を放シひぢ二添へて引た於し堅める
読み
 相手の左脇を行き通りしなに 相手の左の手を我が左の手にて取り後ろへ廻る 相手左の手にて後へ振り向き小太刀を抜き付けるを 右の手にて留め 左の手を放し肘に添えて引き倒し堅める
読み解く
 抜けだらけで文章を読んだだけでは九寸返がひらめきません。本手之移の九寸返は彼我逆転したもので抜捨で我が引き堅められそうになる処を返す業です。
 
業名の九寸返は、小太刀の寸法でしょうか。
相手、我が左脇を通りしなに、左手で我が左手を取って後ろへ廻りこむ、我は振り向きざまに小太刀を抜いて抜き付けるのを、相手は右手で我が右手首を制し左手を放すその機に中に入り押し倒し堅める。

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移7九寸返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
七本目九寸返
九寸返
 抜捨の通り抜付を留処を振り向て中に入りたを春也
読み
九寸返(きゅうすんかえし)
 抜捨の通り抜き付くを留める処を 振り向いて中に入り倒す也
参考
夏原流和之事 捕手和之事七本目抜捨
 相手の左の脇を行通り品二合手の左の手を我が左の手二亭取り後へ廻る相手左之手二亭後へ婦り向小太刀を抜付類を右の手二亭留左の手を放シひぢ二添へて引た於し堅める
読み
 相手の左脇を行き通りしなに 相手の左の手を我が左の手にて取り後ろへ廻る 相手左の手にて後へ振り向き小太刀を抜き付けるを 右の手にて留め 左の手を放し肘に添えて引き倒し堅める

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移6勝骰

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
六本目勝骰
勝骰
 右請の通り耳我可手を取り伏セんと須るを直耳支耳中耳入る
読み
勝骰(かつさい、しょうさい)
 右請の通りに 我が手を取り伏せんとするを 直ぐに機に中に入る
参考
捕手和之事六本目右請
 如前歩ミ行て右脇を行違ひ品二相手の右の手を我か右の手二亭取り左の手をひぢ二上亭引伏せ堅める
読み
 前の如く 歩み行きて 右脇を行き違いしなに 相手の右の手を我が右の手にて取り 左の手を肘に上げて引き伏せ堅める
読み解く
 楽々対座する時相手立ち上がって歩みより、我が右脇を通りしなに、右手で我が右手を取り左手をひじに掛けて引き伏せようとする、その機をとらえて相手の中に入り・・ここまでがこの業の手附です。
後は、状況次第にどうぞと言っているようです。逃れるだけならば、でんぐり返しもいいかもしれません。

この業名の勝骰は、かつさい、しょうさい、しょうず、しょうとうなどの読みでしょう。
骰はさいころです。

 

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移6勝骰

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
六本目勝骰
勝骰
 右請の通り耳我可手を取り伏セんと須るを直耳支耳中耳入る
読み
勝骰(かつさい、しょうさい)
 右請の通りに 我が手を取り伏せんとするを 直ぐに機に中に入る
参考
捕手和之事六本目右請
 如前歩ミ行て右脇を行違ひ品二相手の右の手を我か右の手二亭取り左の手をひぢ二上亭引伏せ堅める
読み
 前の如く 歩み行きて 右脇を行き違いしなに 相手の右の手を我が右の手にて取り 左の手を肘に上げて引き伏せ堅める
 

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

第七回古伝研究会を終えて

 9月の第二木曜日及び第四木曜日に第七回古伝研究会を実施しました。
毎月二回定期的に研究会を実施し、曽田虎彦先生の書写された江戸時代の古伝神傳流秘書を基に土佐の居合、大森流・英信流・坂橋流之棒・夏原流和を読み解いて動作を確認していきます。
 今回は、第六回に引き続き、11月に神戸で行われる違師伝交流稽古会に向け、土佐の居合にある古伝の仕組(組太刀)詰合を研究していきます。
 詰合は近年では「詰合之位」と呼称されていますが古伝は「詰合」です。
 詰合之位などと「位」の文字を付すのはどこぞの剣術流派の送り名を借りて来たものでしょう。恐らく昭和以降のものだと推測します。
 現在、処々で打たれている詰合之位は、曽田虎彦先生が残された業附口伝からの引用で古伝の詰合と、ほぼ業の順番や「かたち」は似ていると言えるでしょう。
 我々は古伝神傳流秘書の詰合を研究します。
 失伝した第九代林六大夫政誠の古伝神傳流秘書の「詰合」です。
 
 昭和の初めに曽田虎彦先生が第15代谷村亀之丞自雄及び第16代五藤正亮の口伝により実兄土井亀江から聞き及んで書き留めた業附口伝詰合之位。
 それを基に第19代福井春政先生が指導したと思われる嶋専吉氏の詰合之位。
 指導者は良くわかりませんが戦後第21代福井聖山先生による詰合之位。
 其の他業附口伝を参考にしたいくつもの「かたち」がyoutubeに公開され打たれている様です。
 参考に古伝の詰合・業附口伝の詰合之位・21代福井聖山先生の詰合之位の順で本数と業名を書いておきます。                                                      
一本目 発早   八相   八相
二本目 拳取   拳取   拳取
三本目 岩浪   岩波   岩浪
四本目 八重垣  八重垣  八重垣
五本目 鱗形   鱗形   鱗形
六本目 位弛   位弛   位弛
七本目 燕返   燕返   燕返
八本目 柄砕   眼関落  眼関落  
九本目 水月   水月刀  水月刀
十本目 霞剣   霞剣   霞剣
11本目 ナシ   討込   討込
 第6回までに六本目位弛まで読み解いていますから、今回の第七回の9月14日は4時間かけて七本目燕返から10本目まで研究し、おまけに11本目の討込を真向打ちによる合し打ちで締めてみました。
 9月28日は一本目から十本目まで通して演武し、問題点を洗い出して、武術的な観点から現行の師伝の術理を解きほぐし変化した動作に応じられるものを幾つも体験し、其処から演武(舞)用の見栄えの良い動作を模索してみました。
 
 武術の稽古は、何度も同じ動作をいたずらに繰り返して熟達する演練を良しとする処が多いのですが、此処では古伝の文言一字をも見逃さずに読み取って、その求めるものから術理を紐解き動作に至る技法の展開を求めています。
 仕組(組太刀)は申し合わせの形として、歩数や打ち間、打つ位置に拘り過ぎずに、実戦に応じられるまで研究する事が大切です。其の為には手附をよく読み、取り敢えずやって見て、今までの経験だけに固執しないことが大切です。
 
 この古伝の分野には、先生と言われる人は無く、求める者が己の知恵を出し、他の人の知恵と重ね合い、本物を捜す以外に道はありません。
 誰かがやって、誰かがそれを見、古伝と照らし、違う処を指摘し、形へと昇華させるのです。
 真剣刀法の武的センスのない先師が意味不明な動作にしてしまったものは捨て去り、他流から見ても納得し理解されるものを捜し求めています。
 
例を上げてみましょう。
Ⅰ、古伝神傳流秘書の詰合九本目「水月」
 「相手高山に構え待つ所へ、我も高山に構え行きて相手の面に突き付ける相手払うを体を替えし打込み勝
*
Ⅱ、曽田先生の復元された業附口伝の詰合之位九本目「水月刀」
 「是も同じく立合て真向へ冠り、相掛りにても敵待ちかけても苦からず、我れ真向へ冠りてスカスカと行き場合にて、太刀の切尖を敵の眉間に突き込む様に突く也、其の時、敵直ぐに八相に払う、其の時、我直ぐにカムリ敵の面へ切り込み勝也、互に五歩退がり血振り納刀以下同じ」
*
Ⅲ、第19代福井春政先生直伝嶋専吉先生の無双直伝英信流居合術乾詰合之位九本目「水月刀」
 「立合て右上段に冠り相掛りにて進み中途仕太刀は幾分刀を下げ間合に至りて打太刀の眉間に突込む様に刺突す打太刀之を八相に払ふ。
仕太刀隙かさず左の脚を稍々左方に踏み体を軽く左に転はして振冠り、右足を一歩踏み込み打太刀の面を打つ。(此場合体を左に開き上段に振冠りたるまゝ残心を示す様式もあり)刀を合せ双方五歩退り、血振納刀。」
*
Ⅳ、第21代福井聖山先生の詰合之位九本目「水月刀」
 「打太刀
①右足より進み出で、間合に来た時、仕太刀が我が面を目がけて刀を突いて来たので、左足を引き八相に払う。
②払ったる瞬間に、仕太刀より面を打たる。
仕太刀
①右足より進み出で、二歩ぶりに剣先を下げ間合に至るや、剣先を打太刀の眉間に突き込む様に突き出す。
②突き出したる刀を八相に払われたる瞬間、直ちに刀を冠り左足を進め面を打つ
(二歩目に剣先を中段にして、三歩目に水月を突き払われた瞬間、正面を打つ)
 このそれぞれの手附を読み、古伝との違いを認識できるでしょうか。そしてそれぞれどの様に運剣するでしょうか。
 文字に表われた部分の動作の解釈と、文字に表われていない部分の動作が大きく技を替えていきます。
 
 第八回は10月及び11月に三回行います。何度も繰返す通し演武から術理を求めていきます。
 「かたち」は誰でも演じられます。然し其の業の持つ術理は理解できないか、理解しても術にならない。そこまで修行をもとめられるのでしょう。
 詰合が理解出来れば居合が理解出来るかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移5請返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
五本目請返
請返
 右轉の通り我可手を出須を相手両の手二亭取り引廻さんと春るを下ゟ相手の左の手を取り轉びころび春連バ相手倒るゝ也
*読み
請返(うけかえし・うけがえし)
 右転の通り 我が手を出すを 相手両の手にて取り引き廻さんとするを 下より相手の手を取り 転び転びすれば 相手倒るゝ也
参考
捕手和之事五本目右転 
 前の如く歩ミ行亭相手手を上る処を両の手にて指を取りわけ左の方へ引廻し又た於し砂乱の如くう津む希に引廻し亭堅める
読み
 前の如く歩み行きて相手手を上げる処を 両の手にて指を取り分け 左の方へ引き廻し 又 倒し砂乱の如く俯けに引き廻して堅める
参考
捕手和之事二本目砂乱
 相手坐し居る処へ我ハ立って歩ミ行使者捕の如く引た於さむとする相手た於れしとするを支ニ左の手二亭突たおし扨右足を相手の肩へ歩ミ込ミうつむけに直しかたむる也
読み
 相手坐し居る処へ 我は立って歩み行き 使者捕の如く引き倒さんとする 相手倒れじとするを機に 左の手にて突き倒し 扨 右足を相手の肩へ踏み込み 俯けに直し堅むる也 
参考 
捕手和之事一本目使者捕
 楽々対し坐したる時向の右の手を我が右之手二亭取り向の右の膝を足二亭踏我右脇へ引た於してかたむる也
読み
 楽々対し坐したる時 向うの右の手を我が右の手にて取り 向うの右の膝を足にて踏み 我が右脇へ引き倒し堅むる也
読み解く
右転、砂乱、使者捕と戻されますが単純にして見ました。
 楽々対座している時、相手は立ち上がって歩み寄り、我が上に上げた右手を相手両手で取って指を取り分け左の方に引き廻さんとする。
我は相手の左手を下から取り、相手の引き廻しに転び転びすれば相手を引き倒す事が出来る。

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移5請返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
五本目請返
請返
 右轉の通り我可手を出須を相手両の手二亭取り引廻さんと春るを下ゟ相手の左の手を取り轉びころび春連バ相手倒るゝ也
*読み
請返(うけかえし・うけがえし)
 右転の通り 我が手を出すを 相手両の手にて取り引き廻さんとするを 下より相手の手を取り 転び転びすれば 相手倒るゝ也
参考
捕手和之事五本目右転 
 前の如く歩ミ行亭相手手を上る処を両の手にて指を取りわけ左の方へ引廻し又た於し砂乱の如くう津む希に引廻し亭堅める
読み
 前の如く歩み行きて相手手を上げる処を 両の手にて指を取り分け 左の方へ引き廻し 又 倒し砂乱の如く俯けに引き廻して堅める
参考
捕手和之事二本目砂乱
 相手坐し居る処へ我ハ立って歩ミ行使者捕の如く引た於さむとする相手た於れしとするを支ニ左の手二亭突たおし扨右足を相手の肩へ歩ミ込ミうつむけに直しかたむる也
読み
 相手坐し居る処へ 我は立って歩み行き 使者捕の如く引き倒さんとする 相手倒れじとするを機に 左の手にて突き倒し 扨 右足を相手の肩へ踏み込み 俯けに直し堅むる也 
参考 
捕手和之事一本目使者捕
 楽々対し坐したる時向の右の手を我が右之手二亭取り向の右の膝を足二亭踏我右脇へ引た於してかたむる也
読み
 楽々対し坐したる時 向うの右の手を我が右の手にて取り 向うの右の膝を足にて踏み 我が右脇へ引き倒し堅むる也
 

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移4變ノ弛

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
四本目變ノ弛
變ノ弛
 付入りの業二亭突倒さんとす類を躰を開き後へ送る也
読み
變ノ弛(へんのはずし)
 付入りの業にて 突き倒さんとするを体を開き後へ送る也
参考 夏原流和之事捕手和之事四本目附入
 如前歩ミ寄っ亭右の手二て相手の胸を突阿保の希にた於春也
読み
 前の如く歩み寄って 右の手にて相手の胸を突き 仰のけに倒す也
読み解く
 この「變ノ弛」の読み方は、曽田先生は「へんのはずし」とメモを添えています。この神傳流秘書にある「弛」の漢字の読みは「はずし」と読ませています。「はずし」は「外し」で「弛」は「ゆるみ」ですが、弓の弦を「はづす」から、張っていた力が抜ける、だれるから古訓では「はずし」と読ませるのでしょう。

 「前の如く」は三本目「弓返」で「相手坐処へ前の如く歩み寄って左の手にて相手の左の手を取り右の手にて相手の小太刀の柄を取て・・・・」

 弓返にも「前の如く」ですから、二本目砂乱れに戻ります。
相手坐し居る処へ我は立って歩み行使者捕の如く引きたおさむとする・・

 砂乱にも「前の如く」ですから、一本目使者捕まで戻ります。「楽々対し坐したる時向の右の手を我が右の手にて取り向の右の膝を足にて踏み我が右脇へ引たおしてかたむる也」

 どうやら、始動が見えてきました。古伝の省略した「前の如く」の部分は素直に戻れば展開が見えていいものです。

 楽々相対して座す時、相手が立ち上がって歩み寄り、我が胸を右手で突いて突き倒そうとするを機に体を左に躱して開き相手の右手を外して我が体の後ろへ送り引き倒す。

 相手の流れる右手を我は右手で取って引き倒すとも、何とも書かれていません。古伝はおおらかです、思う様にやって見るのが良さそうです。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移4變ノ弛

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
四本目變ノ弛
變ノ弛
 付入りの業二亭突倒さんとす類を躰を開き後へ送る也
読み
變ノ弛(へんのはずし)
 付入りの業にて 突き倒さんとするを体を開き後へ送る也
参考 夏原流和之事捕手和之事四本目附入
 如前歩ミ寄っ亭右の手二て相手の胸を突阿保の希にた於春也
読み
 前の如く歩み寄って 右の手にて相手の胸を突き 仰のけに倒す也

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移3山越

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
三本目山越
山越
 弓返しの通り二たをされたる時我打込んて合手請留亭引婦せんと須る時左の手二亭相手の足を取り引可るゝを支耳起上り付込み倒春也
読み
山越(やまこし)
 弓返しの通りに倒されたる時 我打込んで相手請け留めて 引き伏せんとする時 左の手にて相手の足を取り引かるゝ機に 起き上がり付け込み倒す也
参考 夏原流和之事捕手和之事三本目弓返
 相手坐処へ如前歩ミ寄ッて左の手に亭合手の左の手を取り右の手二て相手の小太刀の柄を取て脇へねぢた於し其柄を右之足にて歩ミ向の小手をかためたる時相手右の手をもッて打込むを我も右の手二て留左の手を相手のひぢ尓そゑ亭うつむ希二引直し堅める
読み
弓返(弓返)
 相手坐す処へ 前の如く歩み寄って左の手にて相手の左の手を取り 右の手にて相手の小太刀の柄を取りて脇へねじ倒し 其の柄を右の足にて踏み 向うの小手をかためたる時
相手右の手をもって打ち込むを 我も右の手にて留め 左の手を相手の肘に添えて俯きに引き直し堅める
読み解く
 「前の如く歩み寄って」は、相手坐し居る処へ歩み寄っての事でしょう。
是は相手に左手を取られ、更に小太刀の柄を取られてねじ倒され、右足で小太刀の柄を踏み固められた時に、我は右手で相手に打ち込むのを請け留められ、左手を固められて俯けに引き伏せられられそうになる時、左手で相手の足を取って、相手が引こうとするを機に起き上がって相手に付け込んで倒す。

 此の業は、弓返しの我と相手を逆にして返し業を繰り出すもので、弓返の彼我逆の攻防と山越を合せて見ました。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移3山越

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
三本目山越
山越
 弓返しの通り二たをされたる時我打込んて合手請留亭引婦せんと須る時左の手二亭相手の足を取り引可るゝを支耳起上り付込み倒春也
読み
山越(やまこし)
 弓返しの通りに倒されたる時 我打込んで相手請け留めて 引き伏せんとする時 左の手にて相手の足を取り引かるゝ機に 起き上がり付け込み倒す也
参考 夏原流和之事捕手和之事三本目弓返
 相手坐処へ如前歩ミ寄ッて左の手に亭合手の左の手を取り右の手二て相手の小太刀の柄を取て脇へねぢた於し其柄を右之足にて歩ミ向の小手をかためたる時相手右の手をもッて打込むを我も右の手二て留左の手を相手のひぢ尓そゑ亭うつむ希二引直し堅める
読み
弓返(弓返)
 相手坐す処へ 前の如く歩み寄って左の手にて相手の左の手を取り 右の手にて相手の小太刀の柄を取りて脇へねじ倒し 其の柄を右の足にて踏み 向うの小手をかためたる時
相手右の手をもって打ち込むを 我も右の手にて留め 左の手を相手の肘に添えて俯きに引き直し堅める
 
 

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移2小車

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
二本目小車
小車
 砂乱の業二亭我可手を取り須具者る処へ付込ミ来るを支耳中耳入り倒す
読み
小車(おぐるま・こぐるま)
 砂乱(さみだれ)の業にて 我が手を取り直ぐにすぐばる処へ付け込み来るを機に 中に入り倒す
参考 「砂乱の業にて」は夏原流和之事捕手和之事二本目砂乱
 相手坐し居る処へ我ハ立って歩ミ行使者捕の如く引た於さむとするを相手た於礼しと春るを支ニ左の手二亭突たおし扨右足を相手の肩へ歩ミ込ミう川むけ二直しかたむる也
読み
砂乱(さみだれ)
 相手坐し居る処へ 我は立って歩み行き 使者捕の如く 引き倒さんとするを 相手倒れじとするを機に 左の手にて突き倒し 扨 右足を相手の肩へ踏み込み俯けに直し堅むる
参考 「使者捕の如く」は捕手和之事一本目使者捕

使者捕(ししゃほ・ししゃとり)
 楽々對し坐したる時向の右の手を我か右之手二亭取り向の右の膝を足二亭踏我脇へ引た於してかたむる也
読み
 楽々対し坐したる時 向うの右の手を我が右の手にて取り 向うの右の膝を足にて踏み 我が脇へ引き倒し堅むる也
読み解く 
 小車は、我が座して居る時、相手立ってスカスカと近寄って来て、我が右手を取り、我がすくむ様にグットする処へ、相手は更に引き倒そうと付け入って来るのを機に、我は付け込んで相手の中に入り左手で相手の左足を取って仰向けに倒す。

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移2小車

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移
二本目小車
小車
 砂乱の業二亭我可手を取り須具者る処へ付込ミ来るを支耳中耳入り倒す
読み
小車(おぐるま・こぐるま)
 砂乱(さみだれ)の業にて 我が手を取りすくばる処へ付け込み来るを機に 中に入り倒す
参考 「砂乱の業にて」は夏原流和之事捕手和之事二本目砂乱
 相手坐し居る処へ我ハ立って歩ミ行使者捕の如く引た於さむとするを相手た於礼しと春るを支ニ左の手二亭突たおし扨右足を相手の肩へ歩ミ込ミう川むけ二直しかたむる也
読み
 相手坐し居る処へ 我は立って歩み行き 使者捕の如く 引き倒さんとするを 相手倒れじとするを機に 左の手にて突き倒し 扨 右足を相手の肩へ踏み込み俯けに直し堅むる
参考 「使者捕の如く」は捕手和之事一本目使者捕
 楽々對し坐したる時向の右の手を我か右之手二亭取り向の右の膝を足二亭踏我脇へ引た於してかたむる也
読み
 楽々対し坐したる時 向うの右の手を我が右の手にて取り 向うの右の膝を足にて踏み 我が脇へ引き倒し堅むる也

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移1障子返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移 始終相手本手之組掛之通二取来也
一本目障子返
本手之移 始終相手本手之組掛之通に取来也
障子返
 使者捕の業耳て引たをさんとす類を支に耳津べ可へり須る也
読み
本手之移(ほんてのうつし)  始終相手 本手の組み掛りの通りに取り来る
 
障子返(しょうじかえし)
 使者捕の業にて 引き倒さんとするを機に つべかえりする也
参考 使者捕の業 夏原流和之事捕手和之事一本目使者捕
 楽々對し坐したる時向の右の手を我か右之手二亭取り向の右之膝を足二亭踏我右脇へ引た於してかたむる也
読み
 楽々対し坐したる時 向うの右の手を我が右の手にて取り 向うの右の膝を足にて踏み 我が右脇へ引き倒し堅むる也
読み解く
 本手之移は夏原流和之事の最後の業手附けです。「本手之移」とは元の手附の移しですから、返し業と云うのでしょう。
 ですから本手之移の我は相手、相手は我と入れ替わります。
 同様に、立合と後立合、小具足と小具足割は元の業の替え業、返し業でした。
 
 「障子返は使者捕の業にて」ですから、使者捕の業のように相手が我が右手を取り右膝を踏みつけ引き倒そうとするを機にでんぐり返って逃れる。

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

曽田本その1の1神傳流和之事原文10夏原流和之事6本手之移1障子返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
6)本手之移 
始終相手本手之組掛之通二取来也
一本目障子返
本手之移 
始終相手本手之組掛之通に取来也
障子返
 使者捕の業耳て引たをさんとす類を支耳津べ可へり須る也
読み
本手之移(ほんてのうつし)  
始終相手 本手の組み掛りの通りに取り来る
 
障子返(しょうじかえし)
 使者捕の業にて 引き倒さんとするを機に つべかえりする也
参考 使者捕の業 夏原流和之事捕手和之事一本目使者捕
 楽々對し坐したる時向の右の手を我か右之手二亭取り向の右之膝を足二亭踏我右脇へ引た於してかたむる也
読み
 楽々対し坐したる時 向うの右の手を我が右の手にて取り 向うの右の膝を足にて踏み 我が右脇へ引き倒し堅むる也
 

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10、夏原流和之事5小具足割10浦ノ波

曽田本その1
1.神傳流秘書読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
十本目浦ノ波
以上十本
浦ノ波
 影の切懸の通り耳後ゟ髻を取ッ亭打込を後へ振り向き我可右の手を當て打懸亭躰をもたれ懸り亭倒す
以上十本
読み
浦ノ波(うらのなみ)
 影の切懸の通りに 後より髻を取って打ち込むを 後へ振り向き 我が右の手を当て打ち懸けて 体をもたれ懸りて倒す
以上十本
参考 小具足の十一本目影切掛
 是ハ相手我後ゟ歩ミ来り我可髻を取り短刀を抜亭打込むを其侭後へ向位の弛の如く右之手二亭出合を留中耳入りたを春
読み
影切掛(かげきりかかり)
 是は相手後ろより歩み来たり 我が髻を取り 短刀を抜きて打込むを 其の侭 後ろへ向き
位の弛の如く 右の手にて出合うを留め 中に入り倒す
参考 小具足の八本目位ノ弛
 相手胸を取るを左の手二亭取り合手立上り短刀を抜て打込むを我右の手二亭打込ミ留躰を入川て中耳入り倒ス
読み
位ノ弛(くらいのゆるみ・くらいのはずし)
 相手胸を取るを左の手にて取り 相手立ち上がり 短刀を抜いて打込むを 我れ右の手にて打込み留め 体を入って中に入り倒す
読み解く
 「影の切懸」とは小具足の十一本目影切掛のことでしょう。

さらにここで小具足の八本目位ノ弛の業の動作を要求しています。

 この伝書は省略が多くて、其の都度前の業を振り返る事になって文章だけから業を演じようとするとこの様に厄介です。然し稽古には前の業を充分習熟できれば容易な事でしょう。

 相手我が後ろより来たりて我が髻を取り短刀を抜いて打ち込んで来るので、我は透かさず後へ振り向き、右手を上げ相手の短刀を持つ右手首に打ち懸けて留め、そのままもたれる様に体をあびせて倒す。

 以上十本で小具足割を終わります。小具足割の割の意味はどうやら変化技を表す夏原流独特の言葉だったようです。

 小具足割の書き出しに「八文字二坐ス」と有りました。我は立膝に座し、相手は同様に坐して居るか、立って前より歩み寄る、又は後ろより歩み来ると相手の状況が異なります。

 

 

 

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割10浦ノ波

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
十本目浦ノ波
浦ノ波
 影の切懸の通り耳後ゟ髻を取ッ亭打込を後へ振り向き我可右の手を當て打懸亭躰をもたれ懸り亭倒す
読み
浦ノ波(うらのなみ)
 影の切懸の通りに 後より髻を取って打ち込むを 後へ振り向き 我が右の手を当て打ち懸けて 体をもたれ懸りて倒す
参考 小具足の十一本目影切掛
 是ハ相手我後ゟ歩ミ来り我可髻を取り短刀を抜亭打込むを其侭後へ向位の弛の如く右之手二亭出合を留中耳入りたを春
読み
影切掛(かげきりかかり)
 是は相手後ろより歩み来たり 我が髻を取り 短刀を抜きて打込むを 其の侭 後ろへ向き
位の弛の如く 右の手にて出合うを留め 中に入り倒す
参考 小具足の八本目位ノ弛
 相手胸を取るを左の手二亭取り合手立上り短刀を抜て打込むを我右の手二亭打込ミ留躰を入川て中耳入り倒ス
読み
位ノ弛(くらいのゆるみ・くらいのはずし)
 相手胸を取るを左の手にて取り 相手立ち上がり 短刀を抜いて打込むを 我れ右の手にて打込み留め 体を入って中に入り倒す
 

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割9逆ノ返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
九本目逆ノ返
逆ノ返
 う川保付の通り耳腰を取ッ亭打を右の手二亭受留左の手二亭合手の足を逆手二取り躰を□ふて阿をの介耳倒す也
読み
逆ノ返(ぎゃくのかえし)
 うつぼ付(靭付)の通りに腰を取って打つを 右の手にて受け留め 左の手にて相手の足を逆手に取り 体を□ふて仰のけに倒す也
「躰を□ふて阿をの介耳倒す也(体を□ふて仰のけに倒す也)」の「□ふて」は誤記かも知れません。河野百錬先生の「無双直伝英信流兵法叢書では「体を込みて仰向に倒す也」です。
参考 小具足の十本目靭付
靭付(ウツボ、矢入レ 曽田メモ)
 相手我右脇ゟ歩来り我可帯を取打込んとす類をす具耳相手の膝と足と耳手を掛押倒す
読み
靭付(うつぼつき)
 相手 我が右脇より歩み来たり 我が帯を取り 打ち込まんとするを 直ぐに相手の膝と足とに手を掛け押倒す
靭は靫の誤記でしょう。原本のままにしておきます。
読み解く
 「うつぼ付」は小具足の十本目靭付(うつぼつき)、靭は矢入れの事と曽田メモがあります。
 この靭付は我は八文字に坐して居る処へ、相手が右脇から近寄ってきて、矢庭に帯を取って、右手に短刀を握って打ち込まんとするので、直ぐに相手の膝に手を掛け、右手で相手の足首に手を懸けて引き押し倒しました。

 今度の「逆ノ返」は、靭付のように帯を取って右手で打ち込んでくるので、右手で相手の手首を受け留め、左手で相手の足を逆手に取って体を付け入って仰のけに倒す。

 「躰を□ふて仰のけに倒す」の□の文字は判読不能です。河野先生は無双直伝英信流居合兵法叢書では「体を込て仰向に倒す」とされていますが、「躰を□ふてあおのけに倒す」なので□を特定出来ません。

 動作としては、右手で相手の打ち込みを受けているのですから、左手は相手の右足を逆手で手前に払って仰のけに倒す、としてみました。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割9逆ノ返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
九本目逆ノ返
逆ノ返
 う川保付の通り耳腰を取ッ亭打を右の手二亭受留左の手二亭合手の足を逆手二取り躰を□ふて阿をの介耳倒す也
読み
逆ノ返(ぎゃくのかえし)
 うつぼ付(靭付)の通りに腰を取って打つを 右の手にて受け留め 左の手にて相手の足を逆手に取り 体を□ふて仰のけに倒す也
「躰を□ふて阿をの介耳倒す也(体を□ふて仰のけに倒す也)」の「□ふて」は誤記かも知れません。河野百錬先生の「無双直伝英信流兵法叢書では「体を込みて仰向に倒す也」です。
参考 小具足の十本目靭付
靭付(ウツボ、矢入レ 曽田メモ)
 相手我右脇ゟ歩来り我可帯を取打込んとす類をす具耳相手の膝と足と耳手を掛押倒す
読み
靭付(うつぼつき)
 相手 我が右脇より歩み来たり 我が帯を取り 打ち込まんとするを 直ぐに相手の膝と足とに手を掛け押倒す
 

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割8岩波

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
八本目岩浪
岩波
 髻附の通り二押付来るを我可右の手を其の手へ打懸津べ可へりす類
読み
岩波(いわなみ)
 髻附(もとどりつけ)の通りに押し付け来るを 我が右の手を其の手へ打ち懸け つべかえりする
参考 夏原流和之事小具足九本目髻附
髻附
 此事ハ亦常の通り坐して居時相手後より手を廻した婦さを取て押伏セむとする事を支耳其手を前へ押者川し堅る
読み
髻附(もとどりつけ・もとどりつき)
 此の事は また 常の通り坐している時 相手後ろより手を廻し 髻(たぶさ)を取りて押し伏せんとするを機に其の手を前へ押し外し堅める
読み解く
 岩波と髻附を合体させてみます。原文では読みにくいので読み下しにします。
「此の事は また 常の通り坐し居る時 相手後より手を廻し 髻を取りて押し伏せんとするを
我が右の手を其の手へ打ち懸け つべかえりする」
 この場合の相方の位置関係は、「相手後より手を廻し」の読み解きから、「相手は後ろに坐し手を廻して髻をとる」、或は、「我と向き合って座し前から手を廻した髻を取る」のいずれかです。
 しかし、「髻を取りて押し伏せんとする」と「つべかえりする」を想定しますと「相手は後ろに坐し手を廻し髻を取って前に押し被さる様に押しつけて来る」と想定して「我は右手で髻を掴んでいる相手の手に一打ちしてハットさせておいて、前に「つべかえりする」。
 「つべかえる」は「でんぐりかえる」であれば前に「でんぐりかえって」危機を抜け出ると取るのが良さそうです。
 相手が前に居たのでは、「つべかえる」のに邪魔になります。「髻附」の様に前に押し伏せることになります。
此の岩波は、「髻附の通り」と有るので八文字に坐した攻防にしましたが、立業としても良いでしょう。
 「立っている処、相手後ろから来て、我が髻を掴んで押しかぶせて来る、我は相手の手に右手を打ち懸けるや、前に「でんぐりかえって」倒す。」

 「我が右の手を其の手へ打懸け」の打懸けのイメージをどのようにするかがこのポイントでしょう。
 「つべかえりする」は「でんぐりかえって」見ましたが、どこぞの方言かこの夏原流の独特の言い回しです。

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

第八回古伝研究の集い

土佐の居合 古伝神傳流秘書による古伝研究の集い

 

第八回古伝研究の集い

 

 古伝神傳流秘書を曽田虎彦先生の書き写された直筆本から読み解いて同じ思いの仲間を募って、その古伝研究をやってまいりました。

 今回は第八回目の御案内をいたします。

 

内容:古伝神傳流秘書による詰合・大剣取

    古伝英信流目録による小太刀之位

 

 講義とか実演では無く、参加していただき木刀及び小木刀を持って古伝の解釈及び形の稽古をご一緒にさせていただきます。
 異なる伝承の方々と一つの教本から古伝研究を実施する中で、「私はこの『古伝』はこう解釈する」と自由な考え方から幾つもの疑問を解きほぐして見たいと思います。

 ご参加いただいた方が、師匠であるとご認識いただければ幸いです。

 

1、期日:平成29年10月12日(木)

              1500分~1700

 

      平成29年10月26日(木)

              1300分~1700

 

      平成29年11月09日(木)

             1300分~1700

 

2、場所:鎌倉体育館 格技室

   使用会名:湘南居合道研修会 鎌倉道場

 

3、住所:248-0014神奈川県鎌倉市

            由比ガ浜2-9-9

       TEL:0467-24-3553

 

4、アクセス:JR横須賀線・総武線快速

        鎌倉駅東口下車海岸方向へ

                 徒歩10分(駐車場あり)

 

5、費用:会場費割勘のみ(500円)

 

6、参加の御連絡はこのブログへコメント
    
していただくか直接ご来場ください。

 
7、御案内責任者 ミツヒラ

                    平成29914

 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割8岩波

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
八本目岩浪
岩波
 髻附の通り二押付来るを我可右の手を其の手へ打懸津べ可へりす類
読み
岩波(いわなみ)
 髻附(もとどりつけ)の通りに押し付け来るを 我が右の手を其の手へ打ち懸け つべかえりする
参考 夏原流和之事小具足九本目髻附
髻附
 此事ハ亦常の通り坐して居時相手後より手を廻した婦さを取て押伏セむとする事を支耳其手を前へ押者川し堅る
読み
髻附(もとどりつけ・もとどりつき)
 此の事は また 常の通り坐している時 相手後ろより手を廻し 髻(たぶさ)を取りて押し伏せんとするを機に其の手を前へ押し外し堅める
 
 

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割7勝句廻

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
七本目勝句廻
勝句廻
 立合くる時相手左の手二亭我可胸を取り我可右の手二亭其の手首を取る相手右の手二亭打込む我可左の手二亭受留我可右の手を相手の脇下ゟ送込ミ躰も共二廻りたをす也
読み
勝句廻(かちくまわり・しょうくまわり・しょうこうまわり?)
 立合い来る時 相手左の手にて我が胸を取り 我が右の手にて其の手首を取る 相手右の手にて打込む 我が左の手にて受け留め 我が右の手を相手の脇の下より送り込み 体も共に廻り倒す
読み解く
 業名の「勝句廻」はどの様に読めばいいのでしょう。かちくまわり、しょうくまわり何れもピンと来ませんがご存知の方はご教授ください。
 「句」の文字が俳句や和歌に通ずる意味合いを持つかもしれません。この神傳流秘書の書かれた頃江戸では雑俳句として川柳が流行、「川柳評勝句」が出されています。一万句程の応募があって其の中から高得点の句を「勝句」と云って刷り物にして配って盛行だったそうです。小具足割りとの意味合いは知りません。

 小具足割の「八文字に坐す」は五本目までで後の五本は相掛です。
相掛かりに行合い、相手が我が胸を左手で取ってくるので、右手で相手の左手首を取る。
 相手は透かさず右手で打ち込んでくるので左手で受け留め、右手を相手の左手から放すや左脇の下に送り込み付け入って左へ廻り我と共に倒す。

 「相手右の手にて打込む」は、ここでは素手で打ち込むのでしょう。打ち込むですから上から顔面に打ち込むのか、突き込むとは言っていませんが何れでも応じるのでしょう。短刀を抜いて打ち込まれる事も有ると思う処です。

 

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

曽田本その1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割7勝句廻

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
七本目勝句廻
勝句廻
 立合くる時相手左の手二亭我可胸を取り我可右の手二亭其の手首を取る相手右の手二亭打込む我可左の手二亭受留我可右の手を相手の脇下ゟ送込ミ躰も共二廻りたをす也
読み
勝句廻(かちくまわり・かちこうまわり?)
 立合い来る時 相手左の手にて我が胸を取り 我が右の手にて其の手首を取る 相手右の手にて打込む 我が左の手にて受け留め 我が右の手を相手の脇の下より送り込み 体も共に廻り倒す
 

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割6村雨

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
六本目村雨
村雨
 左足耳行違う時相手左の手二亭我可左の手を取るを此方ゟ其手を尓き類相手打込むを右の手二亭請留其の手を直耳合手の額耳押當相手の足を我可右の足二亭蹴る一拍子耳阿於の介耳た於す也
読み
村雨(むらさめ)
 左足に行き違う時 相手左の手にて我が左の手を取るを 此方より其の手を握る 相手打込むを右の手にて請け留め 其の手を直ぐに相手の額に押し当て 相手の足を我が右の足にて蹴る 一拍子に仰のけに倒す
読み解く
 小具足割は八文字に坐す、とあったのですがこの業は双方歩み寄って行き違いざまの技の攻防です。しかし遣方が座したままもよいでしょう。
 左足で行き違う時とは相手が我が左側を行き違う時です。
 相手が左手で我が左手を取ってくる、我はその手を握り返すと、相手は右手で短刀を抜いて左廻りに向き直って、打ち込んで来るので右手で相手の打ち込む右手首を請け留め、その手を直ぐに「会手の顔」は「相手の顔」に押し当てると一拍子に相手の足を、わが右足で蹴って仰のけに倒す。

 この技の掛け方は、小具足の五本目繰返の立業及び六本目逆の剱でしょう。
小具足の繰返「又前(相手左の手にて我が胸を取る我が左の手にてその手首を取る)の如く手首を留たる時相手短刀を抜て打込を右の手にて留其手を相手の額に押當あおのけにねぢたおす」

 

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割6村雨

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
六本目村雨
村雨
 左足耳行違う時相手左の手二亭我可左の手を取るを此方ゟ其手を尓き類相手打込むを右の手二亭請留其の手を直耳合手の額耳押當相手の足を我可右の足二亭蹴る一拍子耳阿於の介耳た於す也
読み
村雨(むらさめ)
 左足に行き違う時 相手左の手にて我が左の手を取るを 此方より其の手を握る 相手打込むを右の手にて請け留め 其の手を直ぐに相手の額に押し当て 相手の足を我が右の足にて蹴る 一拍子に仰のけに倒す
 
 
 

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割5切返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
五本目切返
切返
 如前胸を取り手を此方ゟ取り相手打込を右の手二亭留う川伏耳引た於し堅むる也
読み
切返(きりかえし)
 前の如く胸を取り 手を此方より取り 相手打込むを右の手にて留め 俯けに引き倒し堅むる也
読み解く
 前の如くは、小具足割四本目滝落の「相手我が胸を取り抜突けんとする・・」ですから、相手左手で我が胸を取る、此方より其の手首を取る、相手右の手で短刀を抜いて打ち込んで来るのを右手で相手の右手首を取って留める。
其の機をとらえて、左手を相手の右手の肘のかがみに懸ける様にして右脇に引き倒しかためる。

小具足の四本目繰返の業が「相手左の手にて我が胸を取る、我は其の手首を留たる時相手短刀を抜て打込を右の手にて留其の手を相手の額に押當あおのけにねじたおす」と云う業でした。

今度は俯けに引き倒すのですから、相手の打ち込んで来る力を一瞬留めてグット力をこめ押しかかる処を利用して引き倒すとしてみました。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割5切返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
五本目切返
切返
 如前胸を取り手を此方ゟ取り相手打込を右の手二亭留う川伏耳引た於し堅むる也
読み
切返(きりかえし)
 前の如く胸を取り 手を此方より取り 相手打込むを右の手にて留め うつ伏せに引き倒し堅むる也
 
 

| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割4滝落

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
四本目滝落
滝落
 相手我可胸を取り抜突んとす類を我左の手二亭相手の手首を取り右の手を相手の手の上ゟ送り込ミ躰を左へ廻ッ亭う川む介耳伏す
読み
滝落(たきおとし)
 相手我が胸を取り 抜き突けんとするを 我が左の手にて相手の手首を取り 右の手を相手の手の上より送り込み 体を左へ廻って俯けに伏す
読み解く
 相手が我が胸を左手で取って、右手で短刀を抜いて突こうとするのを、我は左手で相手の左手首を取り、右手を相手の左手の上から送り込んで左に廻りながら相手をうつむけに伏させる。左手の上から懸けた右手で相手の右手首を取る事もできるでしょう。

 この業には小具足の四本目に滝返という業があるので、対比してみましょう。
「滝返:前の如く胸を取を我も前の如く其手首を取り右の手をひじに懸けうつむけに横へふせる也」

 相手が左手で我が胸を取るので、我はその左手首を左手で取って、右手を相手のひじに懸けてそのままうつぶせに左横に倒す。相手は短刀を抜いていない処が違うようです。

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割4滝落

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
四本目滝落
滝落
 相手我可胸を取り抜突んとす類を我左の手二亭相手の手首を取り右の手を相手の手の上ゟ送り込ミ躰を左へ廻ッ亭う川む介耳伏す
読み
滝落(たきおとし)
 相手我が胸を取り 抜き突けんとするを 我が左の手にて相手の手首を取り 右の手を相手の手の上より送り込み 体を左へ廻って俯けに伏す
 
 

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割3自籠詰

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
三本目自籠詰
自籠詰
 我可膝を立膝耳して居処へ相手歩ミ来り我可胸を取り短刀を抜亭突んと須るを先手の如く取ッ亭横へた於す毛の也
読み
自籠詰(じろうつめ)
 我が膝を立膝にして居る処へ 相手歩み来たり我が胸を取り 短刀を抜きて突かんとするを 先手の如く取って横へ倒すもの也
「先手の如く取ッ亭」は小具足の三本目先手です。
先手
 如前胸を取我右の手二亭相手の手首を取相手短刀を抜んとする処をす具耳右の手を相手の胸耳押當足を込ミ亭阿をの希ニ倒す
読み
先手(さきて)
 前の如く胸を取る 我が右手にて相手の手首を取り 相手短刀を抜かんとする処 直ぐに右の手を相手の胸に押し当て 足を込みて仰のけに倒す
読み解く
 自籠詰は、(じろうつめ、じこもりつめ)でしょう。

 我は立膝に座し居る処へ、相手はスカスカと歩み来りて、腰を屈めて我が胸を左手で取り、右手で短刀を抜いて突こうとする処を、我は左手で相手の左手首を取り、右手で相手の右手を取って相手の胸に押当て右足を踏込み、左足を引いて左脇に引き倒す。

 先手では右足を踏み込んで押し倒しますが、此処では押し込んでから左足を引いて体を変わり乍ら横へ引き倒す。

 小具足と小具足割の違いはこのあたりの変化技を指すのではと思うのですが、いかがでしょう。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割3自籠詰

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
三本目自籠詰
自籠詰
 我可膝を立膝耳して居処へ相手歩ミ来り我可胸を取り短刀を抜亭突んと須るを先手の如く取ッ亭横へた於す毛の也
読み
自籠詰(じろうつめ)
 我が膝を立膝にして居る処へ 相手歩み来たり我が胸を取り 短刀を抜きて突かんとするを 先手の如く取って横へ倒すもの也
「先手の如く取ッ亭」は小具足の三本目先手です。
先手
 如前胸を取我右の手二亭相手の手首を取相手短刀を抜んとする処をす具耳右の手を相手の胸耳押當足を込ミ亭阿をの希ニ倒す
読み
先手(さきて)
 前の如く胸を取る 我が右手にて相手の手首を取り 相手短刀を抜かんとする処 直ぐに右の手を相手の胸に押し当て 足を込みて仰のけに倒す
 
 

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割2向剣

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
二本目向剣
向剣(向剱)
 相手左二亭我可胸を取り突んとするを我可左の手二亭相手の手首を取り右の手をひぢの可ゞ美二懸下へ押伏セる
読み
向剣(向剱 曽田先生は剱の漢字を剣に訂正)(むこうけん)
 相手 左にて我が胸を取り突かんとするを 我が左の手にて相手の手首を取り 右の手を肘のかがみに懸け 下へ押し伏せる
参考 小具足の二本目剱當詰
 相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る相手小太刀を抜て下を突くを左の膝を少し立帰りてはづし右の手二亭突手を打落引伏セ堅
読み
 相手 左の手にて我が胸を取る 我が左の手にて其の手首を取る 相手小太刀を抜いて知多を突くを 左の膝を少し立て替えりて外し 右の手にて突き手を打ち落し引き伏せ堅む
*
読み解く
 相手左の手で我が胸を取り右の手で短刀を抜いて突こうとする時、我は左手で相手の右手首を取って突き手を制し、左足を引いて体を左に開いて右手を相手の右手のひじのかがみに懸け右脇下へ押し伏せる。
 小具足の二本目剱當詰では、相手は左手で我が胸を取って右手で小太刀を抜いて下を突いて来るのを左足を引いて外し右手で突き手を打ち落す。
 小具足割の向剣では突こうとする右手首を左手で取って右手で相手の右肘に懸け押し伏せる。

 小具足と小具足割は似たような状況での攻防を述べて居ます。小具足の呪巻では相手が我が胸を左手で取り右手で短刀を胸に押し当てて来るのを両手相手の肘に打ちもぎしています、小具足割の弛では、相手はうちもぎされそうなのでそれを避けて外し再度打ち込んで来るのを右手で制するのでした。

 

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割2向剣

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
二本目向剣
向剣(向剱)
 相手左二亭我可胸を取り突んとするを我可左の手二亭相手の手首を取り右の手をひぢの可ゞ美二懸下へ押伏セる
読み
向剣(向剱 曽田先生は剱の漢字を剣に訂正)(むこうけん)
 相手 左にて我が胸を取り突かんとするを 我が左の手にて相手の手首を取り 右の手を肘のかがみに懸け 下へ押し伏せる
参考 小具足の二本目剱當詰
 相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る相手小太刀を抜て下を突くを左の膝を少し立帰りてはづし右の手二亭突手を打落引伏セ堅
読み
 相手 左の手にて我が胸を取る 我が左の手にて其の手首を取る 相手小太刀を抜いて知多を突くを 左の膝を少し立て替えりて外し 右の手にて突き手を打ち落し引き伏せ堅む

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事5小具足割1弛

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
5)小具足割
一本目弛
小具足割 八文字二坐ス
一本目弛
 呪巻の介んを胸耳押あ當てる時耳ひぢと手首を打拂ふ相手避て上へ取り又打込を右の手二亭留引た於す也
読み
 弛(ゆるみ・はずし)
 呪巻の剱(短刀)を胸に押し当てる時に 肘と手首を打ち払う 相手避けて上へ取り 又 打ち込むを右の手にて留め 引き倒す
*参考 小具足の一本目呪巻
 相手左の手二亭胸を取る右之手二亭短刀を抜胸二押當テたる時我左右之手二亭相手の両のひぢを打もぎす具耳相手の右之手首を取て一方の手を比ぢ耳懸てう津む希耳引伏セ堅める
読み
呪巻(のろいまき)
 相手左の手にて胸を取る 右の手にて短刀を抜き胸に当てたる時 我左右の手にて相手の両の肘を打ち捥ぎ 直ぐに相手の右の手首を取って一方の手を肘に懸けて 俯けに引き伏せ堅める
読み解く
 夏原流和之事の五番めは小具足割です。
 これは八文字に坐す、とありますから前の小具足と同様に「両方足を爪立左の膝を付き右の膝を浮けて折る八文字に坐す」でしょう。この小具足割の「割」の意味はおいおい理解できるでしょう。
「呪巻の・・」は小具足の一本目呪巻のことで「相手左の手にて胸を取る右の手にて短刀を抜胸に押當てたる時我左右の手にて両のひじのを打もぎすぐに相手の右の手首を取て一方の手をひじに懸てうつむけに引伏せ堅める」の業です。

この業名「弛」は「ゆるみ」と読むのですが神傳流秘書では曽田先生は「はずし」と読ませています。
 相手、左の手で我が胸を取り、右手で短刀を抜き我が胸に押當て来る時、我は左右の手で相手の左肘と右手首を打ち払う。相手それを上に弛し、又打ち込んで来るのを右手で相手の右手首を留め左手を相手の肘のかがみに取り右脇に引き倒す。

ここでは、小具足の呪巻で応じた処、相手に躱され、再び責められた処を仕留める技となっています。

 

| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

第七回古伝研究の集い

土佐の居合 古伝神傳流秘書による古伝研究の集い

 

第七回古伝研究の集い

 

 古伝神傳流秘書を曽田虎彦先生の書き写された直筆本から読み解いて同じ思いの仲間を募って、その古伝研究をやってまいりました。今回は第七回目の御案内をいたします。

 

内容:古伝神傳流秘書による詰合・大剣取

    古伝英信流目録による小太刀之位

 

 講義とか実演では無く、参加していただき木刀及び小木刀を持って古伝の解釈及び形の稽古をご一緒にさせていただきます。
 異なる伝承の方々と一つの教本から古伝研究を実施する中で、「私はこの『古伝』はこう解釈する」と自由な考え方から幾つもの疑問を解きほぐして見たいと思います。

 ご参加いただいた方が、師匠であるとご認識いただければ幸いです。

 

1、期日:平成29年9月14日(木) 

      平成29年9月28日(木)

 

2、時間:14日:15時00分~19時00

      28日:15時00分~17時00分

 

3、場所:鎌倉体育館 格技室

   使用会名:居合道研修会 

 

4、住所:248-0014神奈川県鎌倉市

      由比ガ浜2-9-9

    TEL:0467-24-3553

 

5、アクセス:JR横須賀線・総武線快速

        鎌倉駅東口下車海岸方向へ

        徒歩10分(駐車場あり)

 

6、費用:会場費割勘のみ(500円)

 

7、参加の御連絡はこのブログへコメントしていただくか直接ご来場ください。

8、御案内責任者 ミツヒラ

 

| | コメント (1)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事5小具足割1弛

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
5)小具足割
一本目弛
小具足割 八文字二坐ス
一本目弛
 呪巻の介んを胸耳押あ當てる時耳ひぢと手首を打拂ふ相手避て上へ取り又打込を右の手二亭留引た於す也
読み
 弛(ゆるみ・はずし)
 呪巻の剱(短刀)を胸に押し当てる時に 肘と手首を打ち払う 相手避けて上へ取り 又 打ち込むを右の手にて留め 引き倒す
*参考 小具足の一本目呪巻
 相手左の手二亭胸を取る右之手二亭短刀を抜胸二押當テたる時我左右之手二亭相手の両のひぢを打もぎす具耳相手の右之手首を取て一方の手を比ぢ耳懸てう津む希耳引伏セ堅める
読み
呪巻(のろいまき)
 相手左の手にて胸を取る 右の手にて短刀を抜き胸に当てたる時 我左右の手にて相手の両の肘を打ち捥ぎ 直ぐに相手の右の手首を取って一方の手を肘に懸けて うつむけに引き伏せ堅める
 

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合11櫓落

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
十一本目櫓落
櫓落
 相懸り耳相手の胸を我可左の手二亭逆耳取右の手を又阿以へ送込ミ引か津き上扨如何様二も落すべし
 以上 十一
読み
櫓落(やぐらおとし)
 相懸りに 相手の胸を我が左の手にて逆に取り 右の手を股あいへ送り込み 引きかづき上げ 扨 如何様にも落とすべし
 以上 十一
読み解く
櫓落
 相懸りに近寄るや、相手の胸を我が左手で逆手に取って、体を沈み込んで、右の手を「又阿以へ(股あいへ)」は股間へ送り込み、引き担ぎ上げ、さて、いか様にも投げ落とすべき。

こんなところでしょう。

以上十一本で後立合は終わります。

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合11櫓落

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
十一本目櫓落
櫓落
 相懸り耳相手の胸を我可左の手二亭逆耳取右の手を又阿以へ送込ミ引か津き上扨如何様二も落すべし
 以上 十一
読み
櫓落(やぐらおとし)
 相懸りに 相手の胸を我が左の手にて逆に取り 右の手を股あいへ送り込み 引きかづき上げ 扨 如何様にも落とすべし
 以上 十一
 
 
 

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合10大殺

曽田本その1
1.神傳流秘書原を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
十本目大殺
大殺
 相手跡ゟ付来り組付処を一寸ひぢを張り直耳踏ミ志さり中耳入りたをす
読み
大殺(おおごろし、だいさつ)
 相手跡(後ろ)より付き来たり組付く処を 一寸肘を張り 直ぐに踏みしさり中に入り倒す
読み解く
 この業名は「大殺」読みは訓読みで「おおごろし」でしょう。現代風には音読みで「だいさつ」と読みたい処です。それにしても大げさな業名です。
 相手が後ろから来て、両手で組み付いて来る、即座に肘を一寸張って組付を緩めて後ろに下がり相手の中に入り其の儘押し倒す。倒す際に足を我が足で掬うとか、掛けるとかあるでしょうが、そこは状況次第でしょう。

 この業は、大小詰や大小立詰に似たように後ろから組み付かれる業があります。ここでは刀を差していない場合の攻防です。大小立詰の電光石火が最も近い業かもしれません。
「電光石化:前の如く後より来り組付を躰を下り相手の右の手をとり前に倒す」

| | コメント (1)

2017年8月28日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合10大殺

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
十本目大殺
大殺
 相手跡ゟ付来り組付処を一寸ひぢを張り直耳踏ミ志さり中耳入りたをす
読み
大殺(おおごろし、だいさつ)
 相手跡(後ろ)より付き来たり組付く処を 一寸肘を張り 直ぐに踏みしさり中に入り倒す

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合9浪返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
九本目浪返
浪返
 相手我可たふさを取らんと手を出須を躰を下り弛し其侭相手の跡ゟ右の手を廻し左の手二亭相手の足の可ゞ美をさ(多?)具り横捨て須る也
読み
浪返(なみがえし)
 相手 我が髻(たぶさ)を取らんと手を出すを 体を下り弛し 其の侭相手の跡より右の手を廻し 左の手にて相手の足のかがみをたぐり横捨てにする也
読み解く
 此の業は、双方相対して立っての業でしょう。相手が我がたぶさ(髻、もとどり)を取ろうと手を伸ばして来るのを、体を沈めるや、相手の後に右手を廻し腰を取って、左手で相手の出足のかがみ(膝の後ろ)を手繰り寄せる様にして横捨てにする。

 「相手の足のかがみをたぐり横捨てにする」の「かがみをたぐり」は河野先生は「かがみをさぐり」とされましたが、此処は「多具利」の草書体ですから「たぐり」でしょう。
「たぐり」は手元へ引き寄せると解されますので、この浪返に相当すると思います。

河野先生の無双直伝英信流居合兵法叢書の読みの様に読めば「左具利=さぐり」ですが、この業は互に向き合って居る時、相手が髻に手を懸けようとするので、取られる前に体を沈めて相手の後の腰に右手を廻し、左手は探らなくとも相手の膝の後に手を懸ける事は出来るはずです。

 

 

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合9浪返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
九本目浪返
浪返
 相手我可たふさを取らんと手を出須を躰を下り弛し其侭相手の跡ゟ右の手を廻し左の手二亭相手の足の可ゞ美をさ具り横捨て須る也
読み
浪返(なみがえし)
 相手 我が髻(たぶさ)を取らんと手を出すを 体を下り弛し 其の侭相手の跡より右の手を廻し 左の手にて相手の足のかがみを探り横捨てする也
 

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合8稲妻

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
八本目稲妻
稲妻
 合手両下手二組込頭を我可胸耳付来を我可左の手を小脇耳取り右足を踏ミ込ミ大腰の様二して左脇へ那介る又相手押可介類を直耳ひぢの可ゞ美上ゟ押たをすも有
読み
稲妻(いなづま)
 相手 両下手に組み込み 頭を我が胸に付け来るを 我が左の手を小脇に取り 右足を踏込み大腰の様にして左脇へ投げる 又 相手押し懸けるを直ぐに 肘のかがみ上より押し倒すも有り
*読み解く
 「合手」は相手でしょう。相手が両手で袴の帯下に組み込み、頭を我が胸に付けて来るのを、我は左手を相手の「小脇に取り」は相手の右腕に左手を上から脇に指し込み、右足を踏み込み相手を右腰に乗せ「大腰の様に」して左脇へ投げる。
 又、相手が両手で組み付き我が胸に頭を付けて押しかかって来る時、直ぐに相手の肘のかがみの上から両手を懸けて押し倒すのも有る。

「大腰」は現代の柔道の技にありますからその方法で応じてみました。

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合8稲妻

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
八本目稲妻
稲妻
 合手両下手二組込頭を我可胸耳付来を我可左の手を小脇耳取り右足を踏ミ込ミ大腰の様二して左脇へ那介る又相手押可介類を直耳ひぢの可ゞ美上ゟ押たをすも有
読み
稲妻(いなづま)
 相手 両下手に組み込み 頭を我が胸に付け来るを 我が左の手を小脇に取り 右足を踏込み大腰の様にして左脇へ投げる 又 相手押し懸けるを直ぐに 肘のかがみ上より押し倒すも有り

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合7回腕崩

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
七本目回腕崩
回腕崩
 如前組多る時相手左を突懸るを敵の左の拳を我可右之手二亭取り左の手を敵の脇つぼゟ廻し我可肩へ引伏セる
参考 「如前組多る時」
 前は六本目回腕捕
 楽々左二組・・・
読み
回腕崩(かいわんくずし)
 前の如く 組みたる時 相手左を突き懸けるを 敵の左の拳を我が右の手にて取り 左の手を敵の脇坪より廻し我が肩へ引き伏せる
読み解く
 「前の如く組たる時」は六本目回腕捕之事を言うのでしょう。
 「楽々左に組相手右を突懸る処・・」です。従ってここは、楽々左手で相手の胸を取って組む時、相手左手で突きかかって来る、その相手の左拳を我が右手で取り、我が左手を相手の左脇坪に下から廻し、体を入って我が左肩に引き伏せる。

 引き伏せた後の処理がありませんが、業名の通り「回腕崩」によって相手の体を我が左肩に引き伏せて崩してしまえば肘折りなど、如何様にも出来るでしょう。

 

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合7回腕崩

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
七本目回腕崩
回腕崩
 如前組多る時相手左を突懸るを敵の左の拳を我可右之手二亭取り左の手を敵の脇つぼゟ廻し我可肩へ引伏セる
参考 「如前組多る時」
 前は六本目回腕捕
 楽々左二組・・・
読み
回腕崩(かいわんくずし)
 前の如く 組みたる時 相手左を突き懸けるを 敵の左の拳を我が右の手にて取り 左の手を敵の脇坪より廻し我が肩へ引き伏せる
 
 
 

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合6回腕捕

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
六本目回腕捕
回腕捕
 楽々左二組相手右を突懸る処を支耳膝を突右脇へ多於す
読み
回腕捕(かいわんとり)
 楽々左に組み 相手右を突き懸かる処を機に 膝を着き 右脇へ倒す

読み解く
 回腕法といえば、書道の筆を持つ方法にそんなものがあるのですが、ここは和之事です。
「楽々左に組」の楽々はこの流の得意な言い回しです。実態は解りませんが文字通りに楽に肩の力を抜いて、組み合うのも柔らかくとしておきましょう。
 互いに、どのように組み合うかは、「左に組」とあるばかりです。左手で双方とも相手の胸を取り合うのでしょう。特に指定されていません。好きなように組んで見ることです。

 相手が右手にグット力をこめて突きかかって来るのを機に、我はスット沈み込んで右膝を着き、我が右脇に倒す。

 ここで業名の「回腕捕」を思い出して見ます。相手の突き懸って来る右手首を右手で取り、左手をその右手に回腕して膝をついて右脇に倒す。ややこしい事をつい思いつきますが、余計な事をしないでもよさそうです。

 
 

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合6回腕捕

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
六本目回腕捕
回腕捕
 楽々左二組相手右を突懸る処を支耳膝を突右脇へ多於す
読み
回腕捕(かいわんとり)
 楽々左に組み 相手右を突き懸かる処を機に 膝を着き 右脇へ倒す
 

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合5柱体

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
五本目柱体
柱体
 我ハ或ハ柱など耳添ふて居心持なり相手歩ミ来り両の手二亭我可胸を取り我可左の手二亭手首を取り相手のひぢの可ゞ美を右の手二亭下ゟ廻し亭取り我と一拍子耳左へねぢたをす也
読み
柱体(ちゅうたい)
 我は或は 柱などに添うている心持なり 相手歩み来たり両の手にて我が胸を取り 我が左の手にて手首を取り 相手の肘のかがみを右の手にて下より廻して取り 我と一拍子に左へねじたおす也
読み解く
 「我は或は」の書き出しはあまり見かけない気がしますが、柱など或は何かに添うようにして立っている心持でいる事というのでしょう。壁でもいいのでしょう。
 相手が歩み来たりて両手で我が胸を取るので我は左手で相手の手首を取り、相手のひじのかがみに右の手を下から廻しかけて取るや否や左へねじ倒す。

 相手が胸を取っても後ろに倒れたりすることはないような場取りです。下肢をしっかりさせて立ち、上体は緩やかにして、応じろとでもいうのでしょう。
 相手はどの様に両手で胸を取るのかが何も書かれていません。和服ですから右手で胸の辺り左衿を取り左手はその下か右衿でしょう。

 「我が左手にて(相手の)手首を取り」は相手の右手首を取り、「相手のひぢの可ゞ美を右の手二亭下ゟ廻し亭取り」でしょう。

 「我と一拍子耳左へねぢたをす」この表現を忠実にするには、相手が両手で胸を取り押す拍子に、我は相手を制し(相手退く・あるいはそのままの)その拍子に我も共に左へねじ倒せと言うのでしょう。

 

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合5柱体

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
五本目柱体
柱体
 我ハ或ハ柱など耳添ふて居心持なり相手歩ミ来り両の手二亭我可胸を取り我可左の手二亭手首を取り相手のひぢの可ゞ美を右の手二亭下ゟ廻し亭取り我と一拍子耳左へねぢたをす也
読み
柱体(ちゅうたい)
 我は或は 柱などに添うている心持なり 相手歩み来たり両の手にて我が胸を取り 我が左の手にて手首を取り 相手の肘のかがみを右の手にて下より廻して取り 我と一拍子に左へねじたおす也

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合4七里引

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
四本目七里引
七里引
 行合二我可手を取らんと手を出ス処を其手を此方ゟ取り指を折て我可躰を廻る遍し相手自らた於るゝ也
読み
七里引(しちりびき)
 行き合いに我が手を取らんと手を出す処を 其の手を此方より取り 指を折りて 我が体を廻るべし 相手自ら倒るゝ也
読み解く
 七里引は現代の合気道にもその名称があるようです。
ここでは、双方スカスカと歩み寄り行き合う時に、相手が我が手を取ろうと手を出して来る処、此方よりその手を取って、指を折り上げ、左廻りに体を開けば相手は勝手に倒れる。

この夏原流の七里引は特に関節を如何こうしろとは言っていません。自然体でゆるゆる応じろとでも言うようです。

 

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合4七里引

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
四本目七里引
七里引
 行合二我可手を取らんと手を出ス処を其手を此方ゟ取り指を折て我可躰を廻る遍し相手自らた於るゝ也
読み
七里引(しちりびき)
 行き合いに我が手を取らんと手を出す処を 其の手を此方より取り 指を折りて 我が体を廻るべし 相手自ら倒るゝ也
 
 

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合3屏風返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
三本目屏風返
屏風返
 玉多れの通り耳取り来るを是は相手の後へ我可右足を踏込ミ我も共耳阿をの介耳そり後へた於す也

読み
屏風返(びょうぶかえし)
 玉たれ(立合の六本目玉簾(たますだれ)でしょう)の通りに取り来るを 是は相手の後ろへ我が右足を踏み込み 我も共に 仰のけに反り 後へ倒す也
参考 立合六本目玉簾
 相手我が左右之指を取り上へ折上類処を此方より其親指を尓きりを入っ亭相手の手を引もぢ指を肩二可希亭相手の左の手を前へ取り躰をぬ希亭引廻す
読み解く
 「玉たれ」は「たますだれ玉簾」の欠字でしょう。
 玉簾は夏原流和之事二番目の立合の六本目玉簾「相手我が左右の指を取り上へ折上る処を 此方より其親指をにぎり 躰を入って 相手の手を引もじ 指を肩にかけて相手の左の手を前へ取り躰をぬけて引廻す」。という業でした。

 相手に指を取られて上へ折り上げるならば、此方から相手の親指を握りこんで、相手の後ろに右足を踏み込み、諸共に相手を仰のけに後ろに反り倒す。相手が指を取る手を制してしまえば後は如何にかなるでしょう。
 
 玉簾のように相手は前から我が左右の指を取りに手を伸ばして来るので、取られる前に我は相手の後ろに右足を踏み込み、相手の肩を取って諸共に相手を仰のけに反り返って後ろに倒す。左右の指を取られる前に後ろに廻ってみました。

 屏風返の業名は、我も共に、ぱたんと屏風を閉じる様に密着して、相手を後に倒す様でしょう。

 

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合3屏風返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合
三本目屏風返
屏風返
 玉多れの通り耳取り来るを是は相手の後へ我可右足を踏込ミ我も共耳阿をの介耳そり後へた於す也

読み
屏風返(びょうぶかえし)
 玉たれ(立合の六本目玉簾(たますだれ)でしょう)の通りに取り来るを 是は相手の後ろへ我が右足を踏み込み 我も共に 仰のけに反り 後へ倒す也
参考 立合六本目玉簾
 相手我が左右之指を取り上へ折上類処を此方より其親指を尓きり躰を入っ亭相手の手を引もぢ指を肩二可希亭相手の左の手を前へ取り躰をぬ希亭引廻す

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合2車返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合 始終立合
二本目車返
車返
 行合耳我可右の手を相手の面耳打込す具耳躰を入って中に入り倒す也
読み
車返(くるまかえし・くるまがえし)
 行き合いに我が右の手を相手の面に打込み 直ぐに体を入って(行って ?)中に入り倒す也
読み解く
 業名は車返ですが、業はどうでしょう。双方スカスカと歩み寄り、行き合う時(すれ違う寸前)に我の方から相手の顔面に右手を打ち込み、直ぐに体を相手に附け入って中に入り倒す。

 「躰を入って中に入り倒す」の方法が記述されていません。相手の顔面に一当て打ち込んでいますから一瞬のけぞって気が遠くなる処を押し倒す。或は突き倒す。
 体を沈めて右手で顔面を、左手で相手の右足を取って仰のけに倒す。此処は幾つもの技が繰り出せそうです。
 それにしても、古伝は命を懸けた攻防を伝えて来るので、現代居合における雰囲気とは雲泥の差です。何しろ相手の仕掛けに応じるのが現代居合です。この業も、行き違う寸前に相手の害意を察したと解すれば良いのでしょうが、少々手前勝手な理屈です。

参考
 夏原流和之事2項目立合二本目無想(2017年5月27,28日)
 行合二相手の足を取り送り右の手二亭膝を押の希てた於春  

読み
 行合に相手の足を取り送り右の手にて膝を押のけてたおす

 業名は「無想」何も思わずにと云うのでしょう。「行合」ですから、双方立って行き合う、所謂歩み寄る時、ふっと身を屈め左手で相手の右足を取って引き上げるようにして送り込み、右手で左足の膝を押し除ける様に引き込み後ろに倒す。
 此の、無想も我から一方的に仕掛けています。或は当然敵であると認識して双方殺気を漲らせて行き合うのでしょう。 

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合2車返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合 始終立合
二本目車返
車返
 行合耳我可右の手を相手の面耳打込す具耳躰を入って中に入り倒す也
読み
車返(くるまかえし・くるまがえし)
 行き合いに我が右の手を相手の面に打込み 直ぐに体を入って中に入り倒す也
 

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合1上留

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合 始終立合也
一本目上留
支剱の通り取って手を折を以やとすくばる支耳手を抜上介押付ヶ亭引廻し倒す
読み(うえどめ・うわとめ)
支剱の通り 取って手を折るを いやとすくばる機に 手を抜上げ押し付けて 引き廻し倒す
参考 「支剱の通り取って手を折を」
 夏原流和之事の2項目立合(皆相掛)の四本目支剱(2017年7月1日・2日)
支剱
 相手我の胸を左の手二亭取る我可右の手二亭其手首を取り相手右の手二亭打込を我か左の手二亭請留右の手を相手のひぢの可ゞ美二外より懸向へ折常の稽古二ハ引廻した於春

読み
支剱(しけん)
 相手我の胸を左の手にて取る わが右の手にて其の手首を取り 相手右の手にて打込むを我が左の手にて請け留め 右の手を相手の肘の屈みに外より懸け向うへ折る 常の稽古には引き廻し倒す
読み解く
 夏原流和之事の4項目は後立合の業名で、どの業も「始終立合」と言って立っての攻防です。
 夏原流の2項目に立合(皆相掛)が有りました。此の「後立合」の業シリーズは、立合の後の立合、いわゆる続立合と云う意味の様です。

 支劔の通り、相手我が胸を左の手にて取る、我が右の手にて其手首を取り、手首を折る様にすると、相手いやとすくむ様にする、其の機を捉えて相手の手を抜き上げて相手の顔に押し付け左脇に引き廻し倒す。
 「いやとすくばる」いやと身をちじめる、いやとすくむ、などと同意義であろうと思います。
 「手を抜上げ押付け」は、我が手を緩めては相手に其の機に乗ぜられそうです。相手の左手首を持ったまま下又は上に折れば相手が「いやとすくばる」様に我が胸から左手を離して引こうとするその機に顔面に押しつけてみました。

古伝の文言が抜けていて、動作が解らない処はあれやこれやと自分で研究しろと云って居ると思えばいいのでしょう。
 一人演武の空間刀法の居合稽古では得られない、相手との攻防での相手の動きと我の態勢、心と体の一致などの処を夏原流和之事は教えてくれています。

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合1上留

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
4)後立合 始終立合也
一本目上留
支剱の通り取って手を折を以やとすくばる支耳手を抜上介押付ヶ亭引廻し倒す
読み
支剱の通り 取って手を折るを いやとすくばる機に 手を抜上げ押し付けて 引き廻し倒す
参考 「支剱の通り取って手を折を」
 夏原流和之事の2項目立合(皆相掛)の四本目支剱(2017年7月1日・2日)
支剱
 相手我の胸を左の手二亭取る我可右の手二亭其手首を取り相手右の手二亭打込を我か左の手二亭請留右の手を相手のひぢの可ゞ美二外より懸向へ折常の稽古二ハ引廻した於春

読み
支剱(しけん)
 相手我の胸を左の手にて取る わが右の手にて其の手首を取り 相手右の手にて打込むを我が左の手にて請け留め 右の手を相手の肘の屈みに外より懸け向うへ折る 常の稽古には引き廻し倒す

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足11影切掛

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
十一本目影切掛
影ノ切掛
 是は相手我後ゟ歩ミ来り我可髻を取り短刀を抜亭打込むを其侭後へ向位の弛の如く右之手二亭出会を留中耳入りたを春
以上十一
読み
影ノ切掛(かげのきりかかり)
 是は相手我が後ろより歩み来たり 我が髻を取り 短刀を抜きて打込むを 其の侭後ろへ向き位の弛の如く 右の手にて出合いを留め中に入り倒す
以上十一
参考 小具足八本目位ノ弛
 ・・相手後より手を廻した婦さを取て押伏せむとするを支耳其手を前へ押者川し堅る
 ・・相手後ろより手を廻し たぶさを取りて押し伏せんとするを機に 其の手を前へ押し外し堅める
読み解く
 この業名の影ノ切掛は、かげのきりかかりでしょうか。読みがわかりません。神傳流秘書松原流和之事小具足割十本目浦ノ波では「影の切懸」で「掛」が「懸」となっています。
河野先生の無双直伝英信流居合兵法叢書では「影之切掛」とあります。

 我は八文字に座す処、相手後ろよりスカスカと歩み来たり、腰を屈め我が髻を取り短刀を抜いて上から打ち込んで来るのを、座したまま後ろへ振り向き、相手の打ち込みを右手で受け留めさらに相手に付け入って左手で相手の右肘を取り右脇に引き倒す。

「短刀を抜て打込むを其儘後へ向位の弛の如く右の手にて出合を留」の其儘後へは、後ろへ振り向き「位の弛」のように受け留めるとしてみました。
「位ノ弛」は小具足の八本目にある業で、相手が前から我が胸を左手で取ってくるのを、我も左手でその手を取る、相手立ち上がって短刀を抜いて打ち下ろしてくるので、我が右手で突き上げるようにその右手に打ち込み留めています。

 前向き後ろ向きの違いがありますが、打ち込みを留める処が「・・如く」なのでしょう。

 以上十一本で小具足は終ります。

 小具足は「両方足を爪立左の膝を付き右之膝を浮けて折る八文字に坐す」ですから、是は現在で云う立膝の座仕方、居合膝の座仕方でしょう。

 敵は短刀を抜いて打込む程の近間での攻防です。相対する間合いは体軸で120cm4尺位でしょう。膝と膝で2尺でしょう。
 起こりを見せない様にするにはもっと近い膝と膝で1尺位の間を取る方が良いのでしょうが、人は互にどこまで膝詰め出来るでしょうか。
敵と意識すれば膝詰めは2尺がせいぜいでしょう、激論の末膝がぶつかる程の事も有かな・・など互にやって見ると良いかも知れません。

 此処での短刀は現代の刀の分類と同様かどうかは解りません。刃渡り1尺未満の短刀攻防と思われますが確証は有りません。刃渡り1尺から1尺5寸未満のものまではこの手附でやって見るのも良いだろうと思いますが、1尺5寸から2尺未満のものでは打太刀の動作は違うと思います。

 参考に小具足の一本目は短刀、二本目は小太刀、三本目は短刀、四本目不明、五本目短刀、六本目は短刀、七本目は立合の支剱に同じで不明、八本目は短刀、九本目は不明、十本目は不明、十一本目は短刀です。二本目小太刀ですが短刀で良いでしょう。不明の所は短刀を抜く前に勝負がついていますのでこれも短刀で良いでしょう。

短刀と小太刀の違いは、現代の刀剣の区分に至るまでの変遷が有るもので、あえて取り上げません。扱いやすく稽古しやすい長さのものを見出すのも業のうちでしょう。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足11影切掛

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
十一本目影切掛
影切掛
 是は相手我後ゟ歩ミ来り我可髻を取り短刀を抜亭打込むを其侭後へ向位の弛の如く右之手二亭出会を留中耳入りたを春
以上十一
影切掛(かげきりかかり)
 是は相手我が後ろより歩み来たり 我が髻を取り 短刀を抜きて打込むを 其の侭後ろへ向き位の弛の如く 右の手にて出合いを留め中に入り倒す
参考 小具足八本目位ノ弛
 ・・相手後より手を廻した婦さを取て押伏せむとするを支耳其手を前へ押者川し堅る
 ・・相手後ろより手を廻し たぶさを取りて押し伏せんとするを機に 其の手を前へ押し外し堅める
 

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足10靭付

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
十本目靭付
靭付(ウツボ、矢入レ 曽田メモ)
 相手我右脇ゟ歩来り我可帯を取打込んとす類をす具耳相手の膝と足と耳手を掛押倒す
読み
靭付(うつぼつき)
 相手 我が右脇より歩み来たり 我が帯を取り 打ち込まんとするを 直ぐに相手の膝と足とに手を掛け押倒す
 「靭」とは矢入と有りますが、これではなめし革を意味します。これは「靫」の漢字で差し込むの意味の矢入れの「うつぼ」でしょう。(藤堂明保編学研漢和辞典)
 靭は靫の誤用と広辞苑も記述しています。

読み解く
 靭付は、靫附(付)(うつぼつき)でしょう。「我が帯に手を差し込み取る」で業名と何となくしっくっり来ます。
 
 我は八文字に座すところ、相手右脇よりスカスカと歩み来たり、腰を屈めて我が帯に左手を差し込み取り、右手で短刀を抜いて打ち込まんとする。
 我は即座に、相手の中腰になった右膝に右手を掛けて押し、その足首に左手を掛けて手前に引いて倒す。
 

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足10靭付

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
十本目靭付
靭付(ウツボ、矢入レ 曽田メモ)
 相手我右脇ゟ歩来り我可帯を取打込んとす類をす具耳相手の膝と足と耳手を掛押倒す
読み
靭付(うつぼつき)
 相手 我が右脇より歩み来たり 我が帯を取り 打ち込まんとするを 直ぐに相手の膝と足とに手を掛け押倒す
「靭」とは矢入と有りますが、これではなめし革を意味します。これは「靫」の漢字で差し込むの意味の矢入れの「うつぼ」でしょう。(藤堂明保編学研漢和辞典)
靭は靫の誤用と広辞苑も記述しています。

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足9髻附

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
3、夏原流和之事
9)小具足
九本目髻附
髻附(ケイ、モトドリ、タブサ 曽田メモ)
 此事ハ亦常の通り坐して居時相手後より手を廻した婦さを取て押伏セむとするを支耳其手を前へ押者川し堅る
*読み
髻附(もとどりつき、たぶさつき)
 此の事は亦 常の通り坐して居る時 相手後ろより手を廻し 髻(たぶさ)を取りて 押し伏せんとするを機に 其の手を前へ押し外し堅める
読み解く
この業は、八文字に対座している時、相手がせり出してきて我が後ろに両手を廻し髻(たぶさ)を取り押し伏せようとされたので、掴まれた相手の手を掴んで「押しはづし」押し返すようにはずして前にかためる。

 髻はたぶさ、もとどりの読みで良いのでしょう。この文面からは、相手はどこに座していたのか、「常の通り座して居時」ですから対座でしょう。ここまでの八本がすべて対座していますからその様に解する方が自然でしょう。

 髻を取らせてしまったのは不覚ですが、相手もそれとなくスッと髻を取るのでしょう。いや、我から髻を取らせる様にしたのでしょう。
「押伏せむとするをきに」の「き」をとらえられなければ押伏せられてしまいます。髻の無い現代では此の業は替え業を考えてみるのも面白い様です。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足9髻附

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
3、夏原流和之事
9)小具足
九本目髻附
髻附(ケイ、モトドリ、タブサ 曽田メモ)
 此事ハ亦常の通り坐して居時相手後より手を廻した婦さを取て押伏セむとするを支耳其手を前へ押者川し堅る
*読み
髻附(もとどりつき、たぶさつき)
 此の事は亦 常の通り坐して居る時 相手後ろより手を廻し 髻(たぶさ)を取りて 押し伏せんとするを機に 其の手を前へ押し外し堅める
 

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足8位ノ弛

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
八本目位ノ弛
位ノ弛
 相手胸を取るを左の手二亭取り合手立上り短刀を抜て打込を我右の手二亭打込ミ留躰を入って中耳入り倒す
読み
位ノ弛(くらいのゆるみ・くらいのはずし?)
 相手胸を取るを 左の手にて取り 相手立ち上がり短刀を抜いて打込むを 右の手にて打込み留め 体を入って中に入り倒す
読み解く
 この業名の読みですが「くらいのはずし」と「弛」を「はずし」と読ませている様ですが、シ・チ「弛」の意味はゆるむ・ゆるめる。ぴんと張った弓がだらりとながく伸びることをあらわす会意兼形声文字で古訓では「ユミハツス・ハツス・ハツル・ユルフです。(藤堂明保偏 学研漢和辞典)
 この「位ノ弛」の業では、「はずし」は「外し」とも違う様です。
*
 互いに八文字に座す処、相手腰を上げ右足を踏み出し、左の手で我が胸を取る。我は即座に腰を上げ右足を踏み出し、相手の左手首を左の手で取る。
 相手立ち上がり短刀を抜いて我が頭上に打ち込んで来るのを、我は下から右手で相手の右手首を打ち留め、体を相手に付け入って押し倒す。

 相手が立ち上がり短刀を打ち込む際、我は低く相手に附け入って右手で叩き留める。さらに体を沈めて付け入って倒す・・相手が立ち上がっても中腰に座したまま短刀を打ち下ろす相手の右手首に我が右手を突き上げて留める。そのまま付け入って倒す。
 「相手立上り短刀を抜て打込むを我右の手にて打込み留」の文言の通りの打ち込みは相手の動作にどの様に応じるかは稽古次第でしょう。

 

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足8位ノ弛

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
八本目位ノ弛
位ノ弛
 相手胸を取るを左の手二亭取り合手立上り短刀を抜て打込を我右の手二亭打込ミ留躰を入って中耳入り倒す
読み
位ノ弛(くらいのゆるみ・くらいのはずし?)
 相手胸を取るを 左の手にて取り 相手立ち上がり短刀を抜いて打込むを 右の手にて打込み留め 体を入って中に入り倒す
 
 

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足7逆ノ折

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
七本目逆ノ折
逆ノ折
 此事ハ立合の支剱の事耳同し坐して居る違ひ計也
読み
逆ノ折(ぎゃくのおり)
 此の事は立合の支剱の事に同じ坐して居る違い計り也
参考 立合の四本目支剱
 相手我の胸を左の手二亭取る我可右の手二亭其手首を取り相手右の手二亭打込を我か左の手二亭請留右の手を相手のひぢの可ゞ美二外より懸向へ折常の稽古二ハ引廻した於春
読み
支剱(しけん)
 相手我の胸を左の手にて取る わが右の手にて其の手首を取り 相手右の手にて打込むを我が左の手にて請け留め 右の手を相手の肘の屈みに外より懸け向うへ折る 常の稽古には引き廻し倒す
読み解く
 立合の支剱は立業ですから、逆ノ折は坐して行います。
 相手がわが胸を左手で取る(つかむ)、我は右手でわが胸を掴んでいる相手の左手首を取る。相手は右拳で打ち込んで来るので我は左手で其れを請け止め、右手を相手の肘のかがみに外側から巻き懸けて相手の肘を折る。普段の稽古では引き廻して倒す。

 「相手のひぢの可ゞ美二外より懸向へ折」ですが、我が左手は相手の打ち込む右手を請け止めて制し、右手は相手の左手首を取っています。その右手を放し相手の右手の肘のかがみに外より懸け肘折りする。
 又は、我が右手は相手の左手首を持ったまま相手の右肘のかがみに懸ける事も相手次第で可能です。
いずれも、骨折させてしまいそうです。

 常の稽古では、相手の左右の手を取った状態で左廻りに引き倒すでしょう。

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足7逆ノ折

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
七本目逆ノ折
逆ノ折
 此事ハ立合の支剱の事耳同し坐して居る違ひ計也
読み
逆ノ折(ぎゃくのおれ・ぎゃくのおり)
 此の事は立合の支剱の事に同じ坐して居る違い計り也
参考 立合の四本目支剱
 相手我の胸を左の手二亭取る我可右の手二亭其手首を取り相手右の手二亭打込を我か左の手二亭請留右の手を相手のひぢの可ゞ美二外より懸向へ折常の稽古二ハ引廻した於春
読み
支剱(しけん)
 相手我の胸を左の手にて取る わが右の手にて其の手首を取り 相手右の手にて打込むを我が左の手にて請け留め 右の手を相手の肘の屈みに外より懸け向うへ折る 常の稽古には引き廻し倒す

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足6逆ノ剱

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
六本目逆ノ剱
逆ノ剱
 如前相手の手首を留多る時相手短刀を抜以て突んとするを膝を少し立弛し右の手二亭其突手を取り如前阿の希耳倒春也
読み
逆ノ剱(ぎゃくのつるぎ・ぎゃくのけん)
 前の如く相手の手首を留たる時 相手短刀を抜いて突かんとするを 膝を少し立て弛し
右の手にて其の突き手を取り 前の如く仰のけに倒す也
参考
「如前相手の手首を留多る時」の前は二本目剱當詰迄戻ります。「相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る」
「右の手二亭其突手を取り如前阿能希耳倒春」の前は五本目繰返でしょう。「相手短刀を抜亭打込を右の手二亭留其手を相手の額に押當阿能希ニねじ多を春」
読み解く
 神傳流秘書の文章は、省略が多くてこのように業毎の読み切りにすると厄介です。
前の如く(如前)が六本目逆ノ劔から五本目繰返、四本目瀧返、三本目先手と四回続きました、二本目劔當詰まで戻る事になります。

 前の如く相手の手首を留たる時は「相手左の手にて我が胸を取る我が左の手にて其手首を取る・・」ですから、相手が腰を上げ右足を踏み込んで左手で我が胸を取るのを我は即座に腰を上げ、右足を踏み込んで其の手首を取る。

 相手短刀を逆手に抜いて突こうとするのを、我は、右足を引き弛ずし右手で其の突き手を取り前の如くは前回の五本目繰返の「相手短刀を抜て打込を右の手にて留其手を相手の額に押當あおのけにねじたおす」でしょう。ここで業名の「逆ノ劔」に拘って相手は短刀を逆手に抜出し、突いて来るのでしょう。
相手の突き手を制して額に押し付け左手を引き左脇にあおのけにねじ倒す。

 「膝を少し立弛し」は右足を引いて膝を付け、左足を踏み込んで右脇にあおのけに倒すのも出来そうです。前の如くが二回もあって、省略しているのですが、此処はポイントだと示されて居る様な気のする処です。

 

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足6逆ノ剱

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
六本目逆ノ剱
逆ノ剱
 如前相手の手首を留多る時相手短刀を抜以て突んとするを膝を少し立弛し右の手二亭其突手を取り如前阿の希耳倒春也
逆ノ剱(ぎゃくのつるぎ・ぎゃくのけん)
 前の如く相手の手首を留たる時 相手短刀を抜いて突かんとするを 膝を少し立て弛し
右の手にて其の突き手を取り 前の如く仰のけに倒す也
参考
「如前相手の手首を留多る時」の前は二本目剱當詰迄戻ります。「相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る」
「右の手二亭其突手を取り如前阿の希耳倒春」の前は五本目繰返でしょう。「相手短刀を抜亭打込を右の手二亭留其手を相手の額に押當阿能希ニねじ多を春」
 

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(2)立業ハ切先返

刀法の解釈
 
5、全日本居合道刀法解説
 
配布時の解説
 
(2)立業
 
ハ)切先返し
 
◎意義
 敵我が真向に斬込み来るを左斜めに受流し、左手を刀に添へて敵の面部を引き切り、直ちに腹部を刺突して勝つ。
◎動作
 前進しながら右足を前に踏込み刀を頭上に抜き上げ(刀刃は後方にして切先を左に下げ我が頭部と肩をかこひ表鎬にて受流す)敵の刀を左斜に受流すや、直ちに左手を刀の棟に(物打の下方に)添へ、少し体を沈めつつ柄を右腰に下げ乍ら敵の面部を引き切り、左足を一歩前に踏込んで(左手を刀棟に添へたまま)敵の腹部を刺突す。残心し左足を後方に一歩退き刀を右に開いて納刀す。
 「切先返し」は伯耆流の「切先返し」を基にしています。
伯耆流磯波会江島敬隆著星野宣敏校閲の伯耆流居合術教本昭和17年1942年の教本によって稽古して見ます。カタカナを仮名に直してあります。線画が付属していますが省略します。
切先返し(立姿)
 正面より斬り下す敵に対して抜き流して、受け流し、間髪を入れず、敵の顔面を断ち斬り、更に腹を突きて倒すのである。
 踏み込んで受け流すところ、顔面を断ち切る動作並に其の姿勢より突く所、妙味ある事である。
1、前方より斬りかゝらんとするものあり之に応じてすゝみ寄る。
2、敵が斬り下したる刀を抜き放って受け流す。
3、頭上に刀をかざして攻撃をとる。
4、敵の顔を断ち斬る。
5、突の構え。
6、敵の腹を突いて倒す。
7、残心。
8、引き上げ。
9、納の構。
 刀法の切先返しが体を沈めつつ敵の顔を引き切るのに対し、伯耆流の切先返しは頭上に刀をかざし攻撃の体勢をとって顔面を断ち斬るの違いがあります。
 この違いは、受け流されて間近くある敵の顔面を引き切り戦意を消失させるか、顔面を「断ち斬る」の文言にひかれ、頭上よりズンと断ち割り致命傷を与え、止めに刺突するかの想定の違いを思い浮かべてしまいます。
 河野百錬先生の大日本居合道図譜の切先返しの写真では、敵刀を受流すや、直ちに左手を刀の腰に(ほぼ中央)に添え、右足先を稍々左に向け左後足は受け流した位置の侭、左手を十分前に延ばし、右下後ろに、右手を十分引いて敵の面部を引きかき切る。とされていますが、受け流された敵は間近に顔は有ります、これでは受け流された敵が即座に後方に引かない限り、我が刀は敵の頭上に斬り込んでしまい、意図する「面部を引き切る」とはなりそうにもありません。
 この河野先生の面部引き切りの左足捌きは、無外流の中川先生の写真にも見られますので制定当時の動作であったのでしょう。
 河野百錬先生、福井聖山先生、池田聖昂先生の動画により意義に対する動作を拝見してみます。
 お三人とも動作は形も拍子も夫々です。河野先生の受け流してから左手を物打ち下に添えて、何とも曖昧な顔面切り、その左足の固定された捌きは敵の動きをどの様に意識されたのか術理が不明瞭です。
 福井先生の受流すや左手を物打ち下に添える際、下から突き上げる様にして敵頭上から断ち割るが如き動作は、「左手を刀に添へて敵の面部を引き切り」の意義に合いません。
 両大家とも、敵の打ち込みをひょいと受けてすり流す様です。敵刀の打ち込みをどの様に受けているのでしょう。なり行き任せに見えてしまいます。
 当代は、刀を抜きつつ、敵の上段からの打ち下しに、もぐりこみ突き上げる様に表鎬にて受流すや物打ちに左手を添え、即座に切先を敵の顔面に当てる様に引き切る。
 右入身、左入身の体捌きにこの業の進化の歴史を見るようです。
 ある地区の指導者は福井先生の様に左手を物打ち下に添え、切先を後ろに刃を上向け床に水平に取り、敵の頭上に切先を付けて断ち割っている様です。しかも切先は敵の体に深く放物線を描く様に入っていますから、右腰に刀を引き下ろすことは現実的に難しそうです。
 第七代会長による「刀法」解説
敵刀を受け流すポイントを上げてみます。
 少し腰を沈め気味に刀を抜き込み、右半身となって、右手は進行方向に平行、右肩の線上にあり、刀刃は後方に向かい切先は左斜下方にあり、我が顔面・頭部並びに左肩を覆う形で我が顔前頭上にある。
 刀を下から上に突き上げ、腰を左に捻る気が大切。
 上段から打ち込んで来る敵刀を受ける際、敵刀の打ち下ろす物打ちを受けるのではなく鍔元近くで受けます。
 摺落すのではなく、当り拍子に腰を左に捻って右入身となって敵刀を受け流します。この受け流しは修練を積んだ人にしか理解できないかもしれません。擦り流しは受け流しではありません。
 受け流すや、直ちに左手を刀の棟(物打ち手前)に添え、柄を我が乳の高さに下げつつ切先を敵の顔面に当て、引き切る様に切先を敵の正中線を通して斬り下す。
 左手の添え手の位置は肩幅で物打ち下に添えると指導された古参がおられますが其れでは深く斬り込み過ぎになります。
 此の時、右爪先を軸に左廻りに右爪先を正面に90度に向け、左膝を右膝のかがみに引き寄せ右足先が真横になる瞬間に引き切り、左膝を右ふくらはぎの上に重ね左入身になる。
 この際刀を右腰にとり腰を沈める、柄は右腰より二拳位後方、刀は水平袴の帯下に把持する。顔面引き切って「刀を右腰にとり腰を沈め」次の刺突の準備に速やかに移行するには左足の捌きは重要です。受流した時の左足の位置のままでは敵の動きに付いてはいけません。
 この引き切りでも、勘違いして切先が敵顔面に付けた位置より深く孤を描いて斬り割く如き動作をしている人が見られます。飽くまでも、引き切る切先であるべきでしょう。切先は顔面に当てた位置からスッと下り、右腰に引き付けられるべきです。
 其の為には左手の添え手の位置は重要です。当然引き切って引き付けられた左手は体(左腰)から離れている筈です。
 沈めた腰を上げながら左入身のまま左足を踏込み、「敵の腹部を刺突す」が敵の上腹部(臍と水月の間)を刺突すると特定されています。左手は空手の手刀の突き手、刺突した切っ先は敵の腹部から水月の高さに刺突する。
 「腹部を水平に刺突する」、かつての教えの変わった部分ですが、中には腹部から切先は喉元まで突き上げると、指導されたとされている人もいます。
 低い位置から腰を上げながら刺突すれば手の内を変えなければ自然に水月の辺りに突き上げます。喉元まで突き上げるには手で突き上げる事になりその必要はあるでしょうか。
 刀法の意義を充分熟読し想定を描くならば、動作の書き足りない部分は自ずから浮かんでくるはずです。
*
 「なま兵法大疵のもと」と宮本武蔵は五輪書の地之巻に書いています。
 業技法は進化するべきなのに、昔習っただけに拘るなどは怠け者としか言い様は有りません。
 当代の解説を熟読し、講習会に参加し、習った通りに反復した上で、自論を述べるのは良しとしても、刀法は全日本居合道刀法であって基準の動作は当代の動作基準が最優先であるべきものでしょう。
 当代より最高の允可を受けながら心得違いは業技法に拘る姿勢よりも、何を学びどの様に指導すべきかの根本理念に指導者としての問題が有りそうです。自論に拘るならば当代に直に進言すべきものでしょう。
 ある地区では指導に当たって、A十段が当代会長の剣理と術理を説明し、B十段が模範演武をするに当たって自分流を得々と演じられます。
 是では、教習を受けに来た者には何をすべきかがわからなくなります。当然審査や競技の判定にもそれは現れるでしょう。
 全日本居合道刀法は剣理、術理ともに統一されていなければその存在の意味は無いものです。
 然し、統一理論を前面に押し出し、意義(剣理)も動作(術理)も統一された時、流派を越えた刀法の存在の問題点が大きく浮上して来ると思われます。
 全剣連の竹刀スポーツが古流剣術の各流派を駆逐した様に、制定居合が居合の根本的動作基準と錯覚してしまえば古伝は消えでしまうでしょう。
 自流の業の根源を求める事が武道文化の継承の根幹であって、各流派共通の全日本居合道刀法の意義・動作に自流・自分流を主張し拘るべきとは思えません。
 他流の審査に他流を知らずして、その代わりに制定居合で補う様な安易な審査員養成は、答えが出ている様に思えて仕方がありません。
 自道場から武者修行に出た事も無く、自流の業ですらその謂れも知らず、意義も動作の有りようも解からず、中には自流の現宗家の解説書すら見た事も無い、たまたま近所で出会った道場で習ったものを師伝と称し「かたち」だけ模倣し、その「かたち」から抜け出す事も出来ない者が、しかとして武術論を論じ、他流の手附もその宗家筋の演武を学び見る事も無く、「のほほんとしてきた者」が他流を元とした「全日本居合道刀法」を推し量る事などできるのでしょうか。
 
思いつくままに・・・・刀法解説を終ります。・・・講習会が楽しみです。
 
 此の「刀法」のブログをアップしたとたん、ある地区の特定の指導者を中傷するもので許すべきではない、と息巻いているそうです。
 ミツヒラにくだらぬ取りざたをする暇があるならば、そんな暇に、「刀法」の制定された意味と、其処から何を学び、何を標準化すべきなのか、どの様に指導するべきなのかある地区の指導者が本気で考え議論するべきでしょう。第七代会長が答えを示されていると思うのですが・・・。(追記 2017年8月19日)
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足5繰返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
五本目繰返
繰返
 又如前手首を留たる時相手短刀を抜亭打込を右の手二亭留其手を相手の額に押阿能希ニねぢ多を春
読み
繰返(くりかえし)
 又 前の如く手首を留たる時 相手短刀を抜きて打ち込むを 右の手にて留め 其の手を相手の額に押し仰のけに 捩子倒す
*参考 如前
 此処は二本目剱當詰までもどります。
 相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る 相手小太刀を抜て下を突くを左の膝を少し立帰りてはづし右の手二亭突手を打落引伏セ堅
読み解く
 また前の様に、相手が腰を上げて右足を踏み出し我が胸を左手で取るので、我も右足を踏み出し左手で相手の左手首を取る。
 相手右手で短刀を抜出し、頭上に打ち込んで来るのを、我右手で相手の短刀を持つ右手首に当て制するや相手の右手首を取って相手の額に押し当て左手を引き込み相手を仰向けにねじ倒す。

 「相手短刀を抜て打込むを右の手にて留」によって、相手は右手で短刀を抜く、我は右手で其の打ち込みを留めると、理解できます。従って相手は左手で我が胸を取り、我も左手で相手の左手首を取るとできます。

 この場合、相手左手で我が胸を取る、我はとっさに右手で相手の左手首を取る。相手右手で短刀を抜き上から打ち込んでくるのを我は右手で相手の左手を持ったまま其の打ち込みを留め、そのまま相手の額に押し込んでねじ倒す。もありかもしれません。

 業名の繰返の意味は、相手が我が胸を取る業の繰り返しの稽古を意味するのでしょうか。胸を取られる業はまだ続きます。

 小具足は一本目から相手左手で我が胸を取り、我は右手又は左手で相手の左手を取る、相手右手で短刀を抜き・・・。と八本目まで続いています。

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(2)立業ロ四方切

刀法の解釈
 
5、全日本居合道刀法解説
 
配布時の解説
 
(2)立業
 
ロ)四方切
 
◎意義
 敵が周囲から斬り懸るに応じて之に勝つ。
◎動作
 前進しながら右足の爪先を右に向けて、右方に踏込み右に向くと同時に片手抜討ちを以て右敵の右肩から袈裟に斬り、切先を水月の高さに止める。抜付けたる瞬間左敵に注目し、左方より旋廻して右足を左方に踏込み双手上段に振冠り左敵の真向を斬下す。斬下した瞬間正面の敵に注目し右足を正面に踏込み双手にて正面の敵の右胴を横一文字に斬り、左から旋廻して左足前のまま後敵の真向を斬り、再び右から廻って右足前のまま正面の敵の真向から両断する。残心し右側に刀を開いて血振いして納刀す。
 この業は水鴎流の獅子乱刀から引用したものと思われます。
 水鴎流の手附けは文章によるものは公開されていない様で、第15代宗家の「純一無雑 瞬機一刀の理 水鴎流居合剣法」のビデオにより看取り稽古して見ます。
 前後左右を敵に囲まれ正面向きに正座しています。
 座したまま腰を上げ、右廻りに右敵に振り向き、右足を踏み出し横一文字に抜打ちし、左敵に振り向きつつ双手上段となって、右足を踏込み左敵の真向に斬り下します。
 その足踏みの侭正面の敵に注目し立ち上がりつつ左脇構えに取るや右足を正面に踏み込み、正面の敵の右胴を横一文字に斬り払い、左から旋回して右足を踏込み後敵を真向から斬り下します。
 後ろ向きのまま、刀を右に開き納刀しつつ体を下し、右廻りで正面に戻ります。
 全居連の刀法では正面の敵は胴を切られたのに再び真向より両断されます。
 胴切りが不充分若しくは後敵に危険を感じ前敵を追い払うなどの事が無ければ、正面に戻っての両断は不要でしょう。
 もし充分斬って正面に戻る演舞(武ではない)ならば、後敵を斬って、正面に戻り、上段からゆっくり刀を下し残心の形を示すべきです。
 刀法は技の基本の形を示すだけで武術的な事は後廻しと言うならば、此の業は四段審査の指定業です。そんな事でいいのでしょうか。
 ある地区の指導者は、この業で正面の敵の右胴を横一文字に斬るに当たって、左敵を真向に切り下すや、切先を上げて鍔を口元まで引き寄せ、左に刀を倒し、左手を左腰に引き付け腰溜めの車に構え、右足を正面に踏み込むや敵の右胴を腰を右に振って両断する様に水平に引き切る指導をして居ます。
 見事に、両断して、つぎに後の敵を真向から斬り下し、正面に戻って、正面の敵を真向から立ったまま切り下しています。「あれ!正面の敵は胴を両断されて崩れている筈なのに」。
 河野百錬先生も福井聖山先生も正面の敵を腰溜めの車でなど切っていないのに、独創してしまった様です。
 正面の敵と背後の敵に攻められた時は、両方の敵を意識しながら敵の仕掛ける前に正面の敵を浅く斬り、ビクとさせて追いやりその隙に背後の敵を斬り倒し、正面の敵を両断するのが、囲まれた時の鉄則です。
 第七代会長の解説からこの業を研究してみます。
◎剣理
 敵が周囲から斬り掛かるに応じて、これに勝つ意也。
術理
 左手鍔にかけるや右足を踏み出し、左足をやや一歩より狭く爪先をやや右に向けて踏み出し、右手を柄に掛けるや右敵に向き、右足爪先を右敵の方に向けながら柄頭を右敵の右肩口に向けながら抜きかけ、右足爪先を右敵正中線より30度位左に向けて大きく踏込み右肩口より水月迄袈裟懸けに斬り付ける。
 
 直ちに左敵に顔を向けるや両踵で左廻りに、右肩を覆う様に双手上段に振り冠り右足を大きく踏み込んで左敵の真向に膝の高さ迄斬り下す。
 
 直ちに左踵を押えながら体をたてつつ、切先を上げて鍔を口元に上げた瞬間顔を前方の敵に向けるや、刀を逆八相の構えの位置を経て把り、その瞬間右足を左足の前に踏み込み、上体を前に投げ入れる感じで左より右に水平に薙ぎ払う様に前敵の胴部に斬り付ける。
 
 直ちに左廻りに双手上段に廻り切り左足前のまま後敵を真向に斬り下す。
 
 右廻りに廻り双手上段となり前敵の真向に右足前のまま斬り下す。
 
 会長の前敵への胴切りは、逆八相から上体を倒して薙ぎ払う様に斬り付けています。これは前敵を追いやる若しくはビクとさせる鉄則に則った動作でしょう。逆八相からの水平斬りの妙技はやるつもりのものしか出来無い技でしょう。
 此処は余談ですが、八相及び逆八相からの切り込みを稽古し、その一つに逆八相からの水平切を稽古すればよいだけです。
 竹刀剣道の形の教えにある八相から上段に振り冠ってから真向打ちや腰車から上段に振り冠って八相に斬り込むしか理解できないのではお粗末です。
 腰車に構えてしまえば前敵は攻め込んで来るので胴を両断する事になります。しかし、それでは後敵に仕掛けられてもいるのですから、間に合わず斬られてしまいます。
 右足を踏込み左敵を斬り下し、逆八相に把る時、右足を左足に引き付けてから正面に踏み込む教えが、先代の頃にあって其の足踏みをしている古老と其の弟子もおられます。これも右足を後足に引き付ける無駄な動作です。
 第七代会長は是も否定されています。正面の敵が斬り込んで来る隙を与えない事も四方に敵を受けた時の心構えでしょう。
 前会長に指導を受けられた方の中にこの胴切りの動作を「刀身を鉛直に鍔が口の高さに至るまで持ち上げ、顔を正面の敵に向けながら、右手首を左横水平に返し、柄から外れた左甲を右掌に添えて刀刃を前に左にした刀身をそのまま水平に左脇胴前に下ろし、右足を90度正面(左足踵前)に二足半長運びながら正面の敵の胴を横一文字に右45度まで切り払う・・」(南野輝久著 無双直伝英信流居合道覚書より)
 ある地区の指導者とよく似た車の構えに至る動作です。是は逆八相から胴切りするのではなく、左腰車にとってから胴切りするので、刀を鉛直に立てる意味があるのでしょうか、古流剣術では見られない動作です。
 左敵を真向に斬り下してその手の位置のまま腰車にとってもおかしくは無いでしょう。飽くまでもこの場合は前敵の胴を両断する動作です。
 DVDも付属しますので拝見していますが、文字であらわされた動作よりも、柄手が良くのびておられますので、ある地区の指導者程では無いようです。
 刀法の制定時の意義及び動作は抜けだらけですから、如何に年期を重ねられたベテランでも状況を充分把握し最も適した運剣操作を確立するには、良く見て良く読み良く考える人と、人真似に過ぎない人とのレベルの違いが歴然と現れます。想定を誤れば意義を達せられないものになります。
 全居連の各流派に共通の「刀法」です。第七代会長の解説書に従い、毎年行われる「刀法講習会」に出席して文字に表せない、あるいは、解説書発行時より進化した運剣動作を身に付け地区の指導をすべきでしょう。
 己が正しいとするならば、その事を会長に進言し改変を望むべきものです。「俺は前会長の動作を忠実に演じているだけで、当代が勝手に替えたのだ」では、最高段位を当代会長から頂戴していながら、やるべき事をやらず、地区に於いて勝手に会長の指導以外の動作を指導するのは「刀法」においては特に如何なものでしょう。
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足5繰返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
五本目繰返
繰返
 又如前手首を留たる時相手短刀を抜亭打込を右の手二亭留其手を相手の額に押阿能希ニねぢ多を春
繰返(くりかえし)
 又 前の如く手首を留たる時 相手短刀を抜きて打ち込むを 右の手にて留め 其の手を相手の額に押し仰のけに 捩子倒す
*参考 如前
 此処は二本目剱當詰までもどります。
 相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る 相手小太刀を抜て下を突くを左の膝を少し立帰りてはづし右の手二亭突手を打落引伏セ堅

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(2)立業イ切上げ

刀法の解釈
 
5、全日本居合道刀法解説
 
配布時の解説
 
(2)立業
 
イ)切上げ
 
◎意義
 敵が真向上段に抜き上げて仕懸けんとするを、我れ其の右腋つぼに下から斬上げ、直ちに双手上段から敵の左袈裟に斬下して勝つ。
◎動作
 前進しつつ右足を前に踏込みながら抜きかけ刀の反りを一杯に返して(抜きつつ)刀刃を下から敵の右脇つぼに右斜に斬上げ、左足を少し進めながら双手上段となり右足を踏込んで敵の左袈裟に下段まで斬り下す。正眼(中段)に直って残心し刀を右に開いて静かに納刀す。次に左足を右足に揃へて直立し左足から後へ退り元の位置にかへる以下同じ。
 この業は神道無念流より改変されて全居連の刀法に組み込まれたと思われます。制定委員に神道無念流の中山博道先生がおられた筈です。編成時の承認の際(昭和31年1956年10月7日)欠席されています。
 神道無念流の立居合12本の第一本目の意義:「若干歩前方にある敵が将に刀を抜かんとする機に先ち敵の右前臂(ひじ)を下方より切るも続いて敵前進し来るを以って後退して切り更らに敵の後退するを進んで切るのであって此際敵は倒れたりとするのである。」(太田龍峰著 居合読本より)
 この業で、敵の右前臂を切り上げるのですが、更に攻め込んで来るので我は後退して敵の正面を切っています。敵が後退するのを追って再び正面を切る。と云う事でどうやら左袈裟が見られません。
 第十本目にやはり「敵抜かんとするのを右前臂を下方より切り、左足より二歩前進し敵の正面を切る。刀を青眼の儘で、刀を敵に突きつける姿勢で二歩前進す。刀を上段にして残心を示す、刀を青眼に復してこれを収む。」
 この方が、参考になる様ですが、制定委員に神道無念流の先生は含まれていませんし、中山博道先生も既に意欲を失っている時期ですから何とも言えません。
 全日本居合道刀法の「刀の反りを一杯に返して(抜きつつ)刀刃を下から敵の右腋つぼに右斜に斬上げ・・」ですから右胴下から切先三寸位で腋窩に抜き付け、斜めに切り上げ、抜上げるとするもので、より深く斬り込んで行く様な事は、不要でしょう。この一刀で敵は致命傷になってしまいます。
第七代会長の「切上げ」
◎剣理は配布時の意義とほぼ同じです。
 「敵が真向上段に抜き上げて仕懸けんとするを、我れ其の右腋つぼ(腋窩(えきか))に下から斬り上げ、直ちに双手上段から敵の左袈裟に斬下ろして勝つ意也」
◎術理は腋窩への切上げは右胴下から斜めに斬りあげる。
 「・・刀を鞘ごと少し我が進行方向正中線と平行に出しながら、柄頭を床面と平に敵の右胴下に向わしめつつ、我が腰を少し左に捻りながら刀刃を上にして、物打ち手前迄抜き付けて行く。
 物打ち手前に至らば、刀刃を鞘諸共外に返し刀刃の反りを下に一杯に返しながら抜き込み、一杯にかえった瞬間、敵の右胴下より右腋つぼにかけて右斜めに斬り上げる」
 腋窩に抜き付ける事がポイントですが、これはかなり鋭角な斬りあげです。よく見かけるのは右胴下から左首元又は左肩下への切り上げです。腋窩は脇の下の窪みでしょう。これでは指定された所に刀刃は斬り付けられません。
 それも、物打ちからさらに深く切り込んでいますがさて腋窩への切上げの意味が理解出来ているのか疑問です。
 切り上げた刀刃、右斜め上方、40~45度に傾き、切先は進行方向に平行、刀身は床に平、右拳は肩より二拳位上。と会長により指定されています。
 拳が高く頭上を越えているのをよく見かけます、或は角度が浅く流れてしまっている。
 左足は60度位開き、半身の切り上げと第七代会長の解説書は指定していますが、現在は、鋭角に切上げる事を強調するため、左足は90度を超える程に開き、上体を開いて伸び上がる様に右入身に近い半身となります。
 「左足を少し進めながら双手上段となり右足を踏込んで敵の左袈裟に下段まで斬り下す。」
 左袈裟に斬り下すには、まず、斬り上げた刃筋の通り切先を下げ、左踵を正面に向け直し、右足踵まで引き寄せ双手上段になる。
 我が右足を敵の正中線に踏込み、右半身で敵の左肩口(左肩下一寸位)より水月を通して右胴下敵の右膝まで斜めに斬り下す。
 是も現在では、右入身に近い左袈裟切りですから、斬り下した柄手の左拳は右骨盤上一拳前、切先は敵の右膝線上に位置し、左へ流さない。切先が流れないコンパクトながら鋭い運剣法と云えます。
 上段から右に柄手を振って左袈裟切りするのを、第七代の講習会では上段にとった柄頭を前方に押し出す様にして右足を踏み出すと共に体を左に披いて右肩下に斬り下す。
 この左袈裟の運剣も敵左肩下に切先三寸程の処を斬り込みさらに深く斬り込む様な指導者もいますが、畳を両断するような剣捌きは不要です。
 居合は真剣による刀法であって、浅く勝べきで、見栄えの良い殺陣の踊りでは無いのです。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足4瀧返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10.夏原流和之事
3)小具足
四本目瀧返
瀧返
 如前胸を取を我も前能如く其手首を取り右の手をひぢ二懸う津む介耳横へ伏セる也
読み
瀧返(たきかえし)
 前の如く 胸を取るを 我も前の如く其の手首を取り 右の手をひぢに懸け 俯けに横へ伏せる也
参考 「如前胸を取るを 我も前能如く其手首を取り」 は三本目先手 及び二本目剱當詰を
 参考にします。「相手左の手二亭我可胸を取る」で同じです。
 次の動作では、二本目剱當詰は「我可左の手二亭其手首を取」、三本目先手では「我可右の手二亭相手の手首を取」で相手の左手首を取る我が左右の手が変わります。
 此処では「如前」を優先すれば、三本目先手の「我可右の手二亭相手の手首を取」でしょう。
読み解く
 前の如くは、三本目先手の前の二本目劔當詰まで戻ります。
双方八文字に座し、相手腰を上げて右足を踏み出し左の手にて我が胸を取る。次の「前の如く」のここは三本目先手の様に我も腰を上げ右足を踏み出し我が右の手で相手の左手首を取り、右手のひじを相手の左手のひじに懸け左足を引いて相手を右脇にうつむけに横に伏せる。

 業名は「瀧返」これは、たきかえしえと読めばいいのでしょう。業名から動作のイメージが浮かんできません。文字を読んで頭に入れて体裁きをしていたのでは瀧返しにならないのでしょう。それと相手がゆるゆると我が胸を取るのであれば瀧とも言えません。相手も瀧が落下する如き動作があればそれを拍子に返すイメージも浮かびます。
しかし、強く早い動作ばかりが良いとは言えません。相手も何気なく我が胸を取るとされた場合の動作もありうるので課題です。

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座ロ前後切

刀法の解釈
 
5)全日本居合道刀法解説
 
配布時の解説
 
(1)正座
 
ロ)前後切
◎意義
 敵我が真向に斬込み来るを受流すや顔面に双手上段から斬付け、直ちに後敵の真向に斬下し、更に前敵の真向に斬下して勝つ。
◎動作
 腰を上げ爪立つや刀を頭上に抜き上げ左斜下に敵刀を受流し直ちに双手上段となり右足を踏込みて前敵の面部に斬付けるや、膝を浮かして爪先にて左廻りに後方に向きつつ双手上段から右膝を床につけるや、後敵の真向から斬下し更に右廻りにて正面に向き直り、双手上段から左膝を床につけるや前敵の真向から斬下す。中段に直りて残心し刀を右に開いて納刀する事同前。
 二本目「前後切」は無外流の五用の二本目「連」より組み立てられたと言われます。
 
無外流居合兵道「連」
理合:前後に敵を受けた場合で、先ず前敵の眉間に諸手で抜きつけ、後ろを振り向くや、後敵を真向に斬り下ろして仕留める。
方法:両足の爪先を立て腰を上げると共に刀を上方に抜き上げる。
 刀を抜き上げる共に左手を柄にかけ、諸手上段となり、右足を踏み出して眉間に斬りつける。
 両膝を浮かし、直ちに左方から後方に向きを換えつゝ上段となり、向きを換え終るや真向に斬り下ろす、切先は床上五寸位。
 残心、納刀以下前に同じ。
 敵は前後ですが、正面の敵に再び斬り付ける事はせずに終わります。
 「全日本居合道刀法」は、「敵我が真向に斬込み来るを受流すや顔面に双手上段から斬付け」後ろに振り向き真向に斬下し、前敵に向き直って再び、真向から斬り下ろします。
 前後に囲まれた場合、前敵が先に抜き上げて真向斬り込んで来るのを受け流し、浅く斬り付け戦意を殺いでおいて即座に後ろに振り向くのであって、深く斬り込んでしまっては、刀が抜けず、浅く切る事は鉄則です。
 後に振向き後敵の状況を即座に判断して真向に打ち下ろすと解釈できます。後ろ敵は刀を抜き上げ真向に打ち込んで来るならば「合し打ち」「切り落とし」が有効です。再び前に振り戻って前敵を真向から斬り下ろしています。充分斬っているならば前に振り返る必要は無いし、真向から斬り下ろす必要も無いでしょう。
 中川先生の無外流の「連」は、我が方から仕掛けて前敵を制し、後ろに振り向き真向に斬り下ろし残心です。
 この全居連「刀法」のポイントは、受け流すや顔面に双手上段から斬付ける、と、後に振り返って斬り下ろす、再び前敵に向かうその方向転換の足捌きと、体裁き、刀捌にある筈です。
 無外流の「連」では「爪先を立、腰を上げると共に刀を上方に抜き上げる、刀を抜上げる共に左手を柄にかけ、諸手上段となり・・」で受け流しの意識は文章には見られません。
 然し中川先生の写真の動作は、刀を正中線上を体に近く刃を外向けて上に抜上げています。
 左手を鞘引きすれば切先は左に稍々振られ、左肩を覆う様になる筈で見事です。
 敵の斬り込みを受け流せば、敵との間合いは自ずから近く敵が退かんとする前に眉間に抜き付けるとすれば、上段から大きく振り下すのでは理に合いません。
 我が切先で敵顔面を引き切る位の運剣でしょう。当然両肘は屈む事になり、引き切った切先は敵の喉元で中心を取っているべきです。
 土佐の居合の教えに、「敵に囲まれた時は一人宛て深々とズンと斬っていては遅れをとる、居合の大事は浅く勝事肝要也、ビクとさせておいてその隙に一人づつ斬っていく(英信流居合目録秘訣上意之大事)」と言う教えがあります。
 受け流すに当たっての抜き上げについて、無双直伝英信流居合道覚書を書かれた南野輝久先生は「刀刃を左15度外側に傾けて、柄頭を正中線(額)に沿って静かに鞘引きしながら切先3寸(9cm)まで抜き上げ、切先3寸(9cm)から鞘を引き落し、切先が外に撥ね上らぬように抜上げる。抜き上げると同時に爪先立ち、右手首を直ちにその場で右に返して上段・・」と書かれています。切先は左体側より外に出ていなければならず、抜き上げる下からの突き上げと切り込まれるとの当り拍子が認識できませんと受け流しはおろかすり流しも不十分となります。
 第7代会長の刀法解説では「受け流す為に抜刀する時、右柄手を顔前を通して、刀刃を外懸け(外に倒す)にしながら払いあげる様に抜き取り敵刀を左斜め下に擦り落す様に受け流す」と明快です。
 右柄手を返し、左手を正中線上を上げて諸手上段に振り冠り、顔面に斬り付ける。
 ある地区の講習会では深々と敵の頭上に斬り付ける指導を当たり前の様にしていますが顔面に斬り付けるのであって両手が充分伸びた打ち下しでは無いでしょう。河野先生、福井先生の動画では顔面では無く深々と斬り付ける様に見られます。これでは意義を達せられないでしょう。動画を重要視する修行者に不向きな動作です。
 方向転換の動作で、すっくと立ち上がって方向転換し立ったまま斬り下ろしてから、後膝を床に着く動作が目に付きます。
 此処は、「膝を浮かして爪先にて左廻りに後方に向きつつ双手上段から膝を床につけるや、後敵の真向から斬下し更に右廻りにて正面に向き直り、双手上段から左膝を床につけるや前敵の真向から斬下す。」であって腰は挙げず浮かすようにして廻り、床に膝を着くと同時に斬り下ろすのがポイントでしょう。
 回転の足捌きは、敵との間合いを変えない様に体軸がぶれない足裁きをすべきで、爪先、踵の足裁きを工夫すべきです。
 会長の解説では、「左廻りする時、両足爪先にて廻切れば振り向きたる時一足分だけ後ろに下がる」とされています。「右足は爪先にて廻り、左足は踵にて廻る」とされています。
 武術は、その領域に達した者だけにしか理解できない奥義とも云えるものがあって、それが「術」となるはずです。真似ただけの「かたちは」は誰でも出来る様になるでしょう。
 設対者を置いての稽古が当たり前の相対しての剣術ならば己の技量は設対者の技量によって「術」の達成度は少しは推し量れます。
 仮想敵相手の一人演武の居合は如何に「かたち」の練習を積み上げても、時に独りよがりに陥り、出来ていると錯覚してしまいます。その良し悪しは師匠の「かたち」からともすると「癖の真似」の良し悪しで判断してしまうものです。
 真似すら出来ない者は「体格も、力も、哲学も師とは違う」と己の個性を強調して誤魔化すばかりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (1)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足4瀧返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10.夏原流和之事
3)小具足
四本目瀧返
瀧返
 如前胸を取を我も前能如く其手首を取り右の手をひぢ二懸う津む介耳横へ伏セる也
瀧返(たきかえし)
 前の如く 胸を取るを 我も前の如く其の手首を取り 右の手をひぢに懸け 俯けに横へ伏せる也
参考 「如前胸を取るを 我も前能如く其手首を取り」 は三本目先手 及び二本目剱當詰を
 参考にします。「相手左の手二亭我可胸を取る」で同じです。
 次の動作では、二本目剱當詰は「我可左の手二亭其手首を取」、三本目先手では「我可右の手二亭相手の手首を取」で相手の左手首を取る我が左右の手が変わります。
 此処では「如前」を優先すれば、三本目先手の「我可右の手二亭相手の手首を取」でしょう。
 
 

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座イ前切

刀法の解釈
 
5、全日本居合道刀法解説
配布時の解説
(1)正座
 
イ)前切
 
◎意義
 前敵の仕懸けんとする其の腕部又は顔面に抜付け(斬付)、直ちに双手上段より真向に斬下(打下し)して勝つ。
◎動作
 右足を踏出すや敵の腕部又は顔面に横一文字に斬付け、直ちに双手上段となり敵の真向から斬下す。
 残心し刀を右に開きて納刀しながら右足を左足に引き付け爪立ちたる踵に臀部をおろし納刀し終る。次に右足より前に一歩踏込みて立ち、左足に右足を引付けて元の位置に正座し次の業に移る。
*
 この配布時の意義はともかく、動作は如何様にも解釈できる大らかなものです。「右足を踏出すや敵の腕部又は顔面に横一文字に斬付けだけですから半身でも正対していてもいい筈です。英信流もどちらも行われていたもので下村派は半身、谷村派は正対などと云う人もいますがどちらも行われています。これでは配布されてもどうしたらよいか迷ってしまうでしょう。
真向斬り下ろしも、振り冠りや斬り下ろしの刀を止める位置なども特定できません。
 昭和34年1959年発行の無外流の中川申一宗家著「無外流居合兵道解説」に写真付きで刀法解説がみられます。
 横一線の抜き付けは半身の抜き付け、振り冠りは切先上りに45度、斬り下ろしは敵の水月辺りでしょう。血振りは切先下がりです。
全居連刀法として制定されても、業の動作の統一までは出来ていなかったと言えるでしょう。
全居連第七代会長の解説
剣理
 我が前に座せる敵が、我れに仕懸け来らんとする気配を我れ察知し、敵の機先を制して其の上腕部又は頸部或いは顔面に横一文字に、我が方の左より右へ斬り付け、直ちに双手上段より真向に斬り下ろして(打ち下ろして)勝つ意也。
制定時の業解説における「意義」が「剣理」に替えられています。言い回しも微妙です。
術理(動作運用)
 術理のポイントを押えてみます。
 無外流の中川申一先生の抜き付けが半身の抜き付けに見える写真でした。
 第7代会長の抜き付けは、踏み立てた右足は膝が直角で、下腿が床面に垂直、左足膝も床面に直角です。
 水平に斬り付けた時、上体は正面に正対、右拳は肩の高さ、正中線に対して右外45度位、刀刃は水平に右向き、進行方向と平行、切先やや下がるも可。
 振り冠りは約45度切先下がり、尾骶骨に接したり、浅く水平は不可。
 斬り下ろしは柄頭は臍前緩く一拳にあり、切先は床上七~八寸(20~25cm)。踏み立てた右足大腿内側にすれすれ。
 鍔は右膝の線・右膝の高さ。斬下した時の目付は1m50cm位の前方を見る。と細部にわたり特定されています。
 諸手上段となり斬下す際、横一線に斬り付けた足の位置を其の儘に斬り下ろすとする文言が抜けていますが、更に踏み込む等の動作を要求していませんから、抜き付けた足の位置を変えずに斬下す、となります。
 無双直伝英信流正統会の居合をされる人には自然に出来る動作ですが、他派や他流の方には自流と異なる動作の基準が特定されて慣れませんと動作が単純なだけに戸惑います。
 無双直伝英信流正座の部の一本目「前」と立膝の部「横雲」の混合で組み立てられていますが、あくまでも「刀法」として把握するものでしょう。
 制定居合は居合の統一を求める様に進化して行くのは全剣連も同様です。夢想神傳流のある会派は、理由はともかく自流の半身の抜付けを正対の抜付けに替えておられる様です。
 あまり制定居合に依る統一理論が先行しますと、流派の掟が失われてゆくのも竹刀剣道で多くの流派が消えてしまった事でも想像されます。
 すでに数えるほどしか残っていない居合の流派がさらに消えていくなど寂しい限りです。経済学のグレシャムの法則に云う「悪貨は良貨を駆逐する」の法則の様です。市場を席捲しているものが本物かどうか疑わしいかも知れません、反面本物が秘められて伝承が途絶え消えて行ったのでは日本の武道文化もどうなるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足3先手

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
三本目先手
先手
 如前胸を取り我右の手二亭相手の手首を取相手短刀を抜んとする処をす具耳右の手を相手の胸耳押當足を込ミ亭阿をの希ニ倒す
読み
先手(さきて・せんて・せんしゅ?)
 前の如く胸を取る 我が右の手にて相手の手首を取る 相手短刀を抜かんとする処を 直ぐに右の手を相手の胸に押し当て 足を込みて仰のけに倒す
参考
 如く前胸を取る
 「相手左の手二亭我可胸を取る・・」
読み解く
 双方向かい合って爪先立ち左の膝を付き右の膝を浮かせて八文字に座す時、相手が腰を上げて我が胸を前の剱當詰のように左の手で取る。
 我右の手で相手の左手首を取る。相手は右手で短刀を抜こうと柄に手を掛ける処、我はすぐに右の手を相手の胸に押し当て、右足を踏み込んで相手を仰のけに倒す。

 此の業も、相手の仕掛けてくる動作にすぐ応じて機を外さない事がポイントでしょう。相手が短刀を抜こうと手を柄にかけるまでに踏み込むことが大切で、抜いてからでは当然のことながら危険です、「相手短刀を抜んとする処」です。
 相手は左手で我が胸を取り右手で短刀を抜こうとしています。
我は相手の左手首を右手で制し、尚且つ短刀を抜こうとする際再び右手で相手の胸に押し当てて居ます。
 左手の役が何も語られていません。左手は相手の小太刀の柄又は柄を取った相手の右手を制し相手の柄を抜かさない様に押し付けるのも研究課題です。
 

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日)

刀法の解釈の4解説の比較

刀法の解釈
 
4、解説比較
 
Ⅰ)昭和52年1979年「全日本居合道刀法」配布時の解説
(1)礼式
◎平常坐したる時は、刀の下緒は輪にたばねて、刃を内側に向け鐺を後方に、鍔が膝の線にある程度にし右側に置く。
◎始礼(神座並に刀に対する礼)
1、刀を下緒と共に右手に、拇指を鍔に懸けて栗形の部を握り、右腰に鞘を約45度位に刃を上にして堤げる。
2、演武の場所に進みて正坐し、刀を膝の前約1尺程の処に鐺を右に柄を左に刀刃を我が方に向けて下緒を刀の向ふ側に添へて静かに置く。
3、次に前に両手をつき両食指と拇指を接して三角形を作り深く頭を下げる。
4、礼を終りて右食指を鍔にかけて刀を把り、体の中央膝の前方に立て、左手を鞘の下方三分の一程度の処にかけて鐺を持ち上げ腰に帯刀す。
 此時下緒は後に鞘にかけ、柄頭は体の中央にある程にさす。
◎終礼は前記の始礼を略逆行する。
◎正座の姿勢は、膝は肩の巾、足は深く重ねず拇指を重ぬる程度とする。
(2)血振
 血振いは斬下した(又は正眼に直った)右拳の位置から右側約1尺切先下りに刃を右にし(刃は少し下向けに)正面の線に並行に開く。
Ⅱ)平成15年2003年第七代会長の全日本居合道刀法解説
 
 「神座の立礼をせずに座礼を以て神座の礼とする」。が原則です。
 刀法から始める演武は神座の立礼をしなくともよい筈ですが、現在では、第7代会長の解説では左手に刀を提げて演武場所に進み、刀を右手に持ち替え神座への立礼を行います。
 刀を左手に再び持ち替え、会長に礼をし、その腰に提げたまま演武の方向に向き直って座し、刀礼をし帯刀しています。
 「礼を終りて右食指を鍔にかけて刀を把り、体の中央膝の前方に立て、左手を鞘の下方三分の一程度の処にかけて鐺を持ち上げ腰に帯刀す」は、第7代会長の解説では鞘の三分の一では無く刀の三分の一と変わっています。
 「下緒は後に鞘にかけ、柄頭は体の中央にある程にさす」については下緒は鞘の上から懸けて後ろに垂らす様に読み取れますが、現行では下緒が長い事も有り前に廻して左側で袴の紐に掛ける様にしています。
 ある地区の記念に配られた下げ緒が180cm程で短く、丈高く業によっては下緒が邪魔になります、後に垂らしただけでいますと、必ず前に廻し袴の帯に懸ける様に言う物知り顔のもの知らずが声を掛けています。だったらもっと長い下緒を配布すべきだったでしょう。
 神座への礼を全居連の演武で行うのは、刀法以外の自流の業も演じるためか、配布時の解説とは変わっているのか、刀法のみの場合にのみ適用されるものなのか明解な指導を受けた覚えはありません。
配布「◎平常坐したる時は、刀の下緒は輪にたばねて、刃を内側に向け鐺を後方に、鍔が膝の線にある程度にし右側に置く。」
 会長解説も同様であり、補足として「鐺を後方にして我が正中線と平行に置き、且つ座したる右大腿より約六~七寸(約20cm位)外側に置く。刀の下緒は三等分して輪に束ね、我が右側に置きたる刀の棟側に添えておく。」
 
 ある地区の前地区会長の場合は袴を見事に左右に蝶の羽の様に広げて座り、広がった袴の上に刀が置かれています。
 武術の心構えを欠いており、袴を踏まれたり、刀を手にする前に立ち上がれば刀は転がってしまいます。武術は見栄えを競うものではないでしょう。小さな心構えが伝わって来なければ、立派な解説書を出されていますがこの写真一枚ですべての解説が偽物に見えてしまいます。
配布「◎始礼(神座並に刀に対する礼)」
「1、刀を下緒と共に右手に、拇指を鍔に懸けて栗形の部を握り、右腰に鞘を約45度位に刃を上にして堤げる。」
 
「2、演武の場所に進みて正坐し、刀を膝の前約1尺程の処に鐺を右に柄を左に刀刃を我が方に向けて下緒を刀の向ふ側に添へて静かに置く。」
 配布の時の堤刀は右手に提げている様に制定され、そのまま演武の場所に座して刀礼の体勢を整えたのでした。
 第7代会長の解説では、刀を下緒と共に左腰に左手にて提げ、演武の場所に至り、その場所で右手で袴の裾を払う様に捌き、左膝より床に着き、次いで右膝を着き正座する。
 左手は刀を握り、左腰に把り、右手は大腿部の上に置く。
*
 配布時「血振いは斬下した(又は正眼に直った)右拳の位置から右側約1尺切先下りに刃を右にし(刃は少し下向けに)正面の線に並行に開く。」ですが、第7代会長は刀及び刀刃は床に水平を最も良いとされています。
*
 第七代会長の所作の幾つかは、それまで配布時の所作をそれとしてきた先生方には戸惑いもあったと思われます。
 どちらかというと無双直伝英信流正統会の所作に近づいてしまったと言えるでしょう。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (2)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足3先手

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
三本目先手
先手
 如前胸を取り我右の手二亭相手の手首を取相手短刀を抜んとする処をす具耳右の手を相手の胸耳押當足を込ミ亭阿をの希ニ倒す
読み
先手(さきて・せんて)
 前の如く胸を取る 我が右の手にて相手の手首を取る 相手短刀を抜かんとする処を 直ぐに右の手を相手の胸に押し当て 足を込みて仰のけに倒す
参考
 如前胸を取り・・
 「相手左の手二亭我可胸を取る・・」

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

刀法の解釈の3書き出し比較

刀法の解釈
 
3、書き出し比較
Ⅰ)昭和31年1956年制定時の書き出し(河野百錬著 居合道真諦)
1、形の名称  全日本居合道刀法
2、礼 法    神前の立礼をせず坐礼を以て神座への礼とする
3、発 聲    各業の最後の一刀を斬下す時エイと発聲する
4、業の名称  正座二本立業三本の五本を以て編成する
    正座=イ前切(英信流) ロ前後切(無外流)
    立業=イ切上げ(神道無念流) ロ四方切(水鴎流) ハ切先返し(伯耆流) 
5、血振い    各業の終りに刀を右に開きて血振いをする
Ⅱ)昭和52年配布時(昭和52年5月1日配布)全日本居合道連盟 配布)
1、形の名称  全日本居合道刀法
2、礼 法    神前の立礼をせず坐礼を以て神座への礼とする
3、発 声    各業の最後の一刀を斬下す時エイと発声する
4、業の名称  正座二本立業三本の五本を以て編成する
    正座=イ前切(英信流) ロ前後切(無外流)
    立業=イ切上げ(神道無念流) ロ四方切(水鴎流) ハ切先返し(伯耆流) 
5、血振い    各業の終りに刀を右に開きて血振いをする
 
3、発聲を発声と改められている。それ以外同文。
Ⅲ)平成15年発行「全日本居合道刀法解説(第7代会長池田聖昂先生著)
 
1、形の名称  全日本居合道刀法
2、礼 法   :神前の立礼をせず刀の座礼を以て神前の礼とする。
3、発 声   :各業の最後の一刀を斬下す時「エイ」と発声する。
4、業の名称 :(正座二本立業三本の計五本を以て編成する)
    一本目 前切(正座)(英信流より) 
    二本目 前後切(正座)(無外流より)
    三本目 切上げ(立業)(神道無念流より) 
    四本目 四方切(立業)(水鴎流より) 
    五本目 切先返し(立業)(伯耆流より) 
5、血振い   :各業の終わりに刀を右に披いて血振いをする。
 現代漢字に改め、部分的に括弧等によりわかりやすく構成されています。基本とする内容に特に替えられたと思えるところは見当たりません。
 
 実施するに当たっての解説書ですから、現代風に漢字を改めるのも当然でしょう。業について正座と立業に分けて書かれてあったものを、業名の後に正座か立業かを表現され、業の順番も明確に特定されています。
 制定時、「正座=イ前切(英信流)」の表示であったものを「一本目(正座)(英信流より)」の表現の違いは、業を演じる場合の順番を特定し、その業は特定の流を採用した表現から特定の流の業から「いじって」制定した様に読ませています。
 例えば、「前切」は正座でこれは無双直伝英信流の正座の部であり大森流です。英信流であれば立膝です。血振りは英信流を採用しています。
 
 

| | コメント (0)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足2剱當詰

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
3)小具足
二本目剱當詰
剱當詰
 相手左の手二亭我可胸を取る我可左の手二亭其手首を取る相手小太刀を抜て下を突くを左の膝を少し立帰りてはづし右の手二て突手を打落引伏セ堅
読み
剱當詰(つるぎあてつめ・けんとうつめ・けんあてつめ・?)
 相手左の手にて我が胸を取る 我が左の手にて其の手首を取る 相手小太刀を抜いて下を突くを 左の膝を少し立て帰りて外し 右の手にて突き手を打ち落し引き伏せ堅む
読み解く

 この「剱當詰」はどう読むのでしょう。「けんとうつめ」「つるぎあてつめ」わかりません。
双方八文字に爪先立ちして坐す処、相手より左の手を伸ばして、我が胸を取る、我は即座に左手で相手の左手首を取る、相手小太刀を抜いて「下を突く」は左膝に突き込んでくるので左膝を「立帰りてはづし」は、左膝を少し左後ろに引いてこれを外すや、右手で相手の突き手を相手の左手を越して打ち落とし、相手の左手の肘に右手を掛けて左脇に引き伏せ固める。

 「立帰りてはづし」の部分を突き込んでくるのでこれを、左膝を後ろに引いて外してみましたが、立て帰るようには見えません。左膝は元々床に着いている、胸を取られた際右足を踏み込んでいるか、・・どのようにするでしょう。
 小太刀を抜いて下に突き込んで来るのを、相手の左手首を握ったまま左手を上に上げ右手で相手の手首を打ち落し、左手を引き下ろして右手を肘に付けて引き伏せ堅める。

古伝は何も示していません。

 この業は、相手の動作に即座に応じるのであって、我から先をとっているようには見えません。組み合って互いに研究するよい例題でしょう。

| | コメント (0)

«刀法の解釈の2制定