神傳流秘書14-2引歌及び伝来

2014年9月22日 (月)

神傳流秘書を読む 2.居合兵法伝来

神傳流秘書を読む

2.居合兵法伝来

 林崎神助重信-田宮平兵衛業正-長野無楽入道槿露斎-

 百々軍兵衛光重-蟻川正左衛門宗続-萬野團右衛門信定-

 長谷川主税之助英信-荒井兵作信定(勢哲清信)-

林六太夫守政-大黒元右衛門清勝-松吉八左衛門久盛-

 山川久蔵幸雅-(下村茂市定)-(行宗藤原貞義)-

 次に曽田虎彦

 目録には無双神伝英信流居合兵法とあり 是は本重信流と言うべき筈なれども長谷川氏は後の達人なる故之も称して英信流と揚られたる由也

*居合兵法が伝来する道統が書かれています。
始祖は林崎神助重信と書かれています。林崎甚助重信の間違いなのか敢えて神助にしたのか分かりません。
以後の土佐に於ける根元之巻は林崎神助重信を筆頭に上げています。戦後の根元之巻は林崎甚助重信になっていますが、変えた理由もなく不思議なものです。

9番目の林六太夫守政の後は林安太夫政詡のはずですが、ここでは抜けています。おそらくこの居合兵法伝来は林安太夫政詡の執筆に成ると思われます。
従って林六太夫までしか元の伝来は書かれていなかったと思われます。
大黒元右衛門勝清以降は、神傳流秘書の書写をした山川久蔵幸雅が追記したか、曽田先生が追記したのでしょう。括弧内は明らかに曽田先生に依るでしょう。

目録には「無双神伝英信流居合兵法」とあるが、是は本来重信流と言うべき筈のものであるが、長谷川英信は林崎神助重信以降の達人なので、英信流とも称する。とされています。
奥羽地方に残された根元之巻では林崎流、林崎夢想流、林崎新夢想流の流名が一般的です。
重信という名を流名に使っていません。それに根元之巻にあるように、林崎明神の霊夢によって居合の妙を得たということですから、「無双神伝・・」の冠は少々おかしいでしょう。
「夢想神伝英信流」であるはずです。
百々軍兵衛光重、蟻川正左衛門宗続、萬野團右衛門信定については、情報がありませんが、長谷川主税助英信、荒井勢哲清信は北信濃の松代藩にその足跡がみられるレポートが南山大学の榎本鐘司先生から上げられています。それによると「無双直伝流」として伝承された様にあります。
江戸詰めの林六太夫が荒井勢哲に無双直伝流を習った可能性は時代の重なりからありうるかも知れません。
無双直伝流の「居合根元之序」は土佐のものに近いものです。ただし霊夢を受けたのは土佐における林崎神助重信ではなく林崎甚助重信です。
神助と甚助については単なる間違いか、意図的なものなのかわかりません。
この件は興味のある方がさらに突っ込んで研究されることをお願いしたいと思います。

土佐の林六太夫以後の居合はこの神傳流秘書にあるもので藩主山内家に守られてきたものでしょう。
現在の無双直伝英信流は、林六大夫によって土佐に持ち込まれ、醸成され林崎甚助重信の林崎流でも無く、長谷川英信の英信流として発展を遂げたものなのでしょう。
そして、その後も進化しつつ第17代大江正路先生の居合と、第20代河野百錬先生の居合とは少しずつずれて来ている様に思います。
それは、足捌き、体捌きに在る様に思うのです。

古伝は飽くまで武術として闘争の術です。
大江先生は其の事を残し乍ら居合文化の伝承に力を入れられたのでしょう。
河野先生は居合文化の伝承に加え現代風の竹刀剣道との互換性を取り入れられた様に思います。

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の17終章

神傳流秘書を読む

1.抜刀心持引歌の17終章

 敵色々と有りて我をだますと由油断する事勿れ例えば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也

敵をたゞ鞠と思いて皆人の
         つめひらきせばいかににがさん

 本来の事より出て事に入り
          あわれ知らばや事の深さは

 吹けば鳴る吹かねば鳴らぬ笛竹の
          声の良しとは何を云うらん

 打解けてねるが中なる心こそ
          誠の我を顕わしにけり

 引きよせて結べば柴の庵にて
          解れば本の野原なりけり

 兎に角に言うべき様はなかりけり
          九重の塔の上のあししろ

 唱ふれば仏も我も無かりけれ
          南無阿彌陀佛の声ばかりして

 極楽ははるかに遠く聞きしかど
          唱えて到る所なりけり

 居合心持引歌終

*抜刀心持引歌の最終章です。
敵は色々の策を講じて我を陥れようとするものです。油断してはなりません。例えば鞠を蹴るにも似て、同じ鞠でも敵の蹴る鞠と我が蹴る鞠の状況をよく見て応じるものです。

敵をたゞの鞠と思って詰め寄ったり開いたりすればどうして逃げおおせられるだろうか。

本来此の様であるはずの事でも、実際に打ち出される事では思った様にはならないものです、それを如何に応ずるかの事の深さでしょう。

竹笛なども吹けば鳴るし吹かなければ音もしない、単なる音と聞くのでは無く、音の良し悪しのように何を知らせるのか見極めるのである。

打ち解けて、寝るほどの中になって、初めて誠の心を知るものです。そのように敵の思いに打ち解けていく事によって敵の心が読めるものです。

柴で組み上げた庵ですら、解けて崩れてしまえば本の野原でしょう。無心になって策を見抜くものです。

兎に角、何と言おうと、九重の塔の上に掛けた足場の様なものです。意味のない虚飾に騙されてはいけません。

仏にすがって南無阿彌陀佛を唱えてみても仏も我も無いもので念仏ばかり聞こえるだけです。

極楽は遥か遠くにあると聞いていますが、無心になって極楽・極楽と唱えて到る処なのでしょう。

居合の心持引歌を終わります。

歌の解釈は、それぞれの修行の至る中でどの様に聞こえてくるのかが違うのではないかと思います。かと云って独り善がりの思いでは、勝を得る事は出来そうにありません。
居合は、拍手を求める見世物でも無く、ルールに従った強さとテクニックによるスポーツでも無く命を懸けた武術です。
心持引歌はそう語っている様に思えてなりません。

| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の16瀧落

神傳流秘書を読む

1.抜刀心持引歌の16瀧落

 瀧落

 瀧津瀬の崩るゝ事の深ければ
            前に立添う者もなき哉

*流れ落ちる瀧の勢いに岩も削り取られ、落ちる瀧を阻む者も無い様だ。

瀧落は、座している処、後ろから鐺を取られたので、敵の手を振り捥いで、刀を抜くや振り向いて敵の胸部に刺突し真向に切り下ろす、という大技です。

敵に後ろから鐺を取られ静かに立ち上がる処は、緩い渓谷の流れで、そこから瀧の落ち口を一気に落ちるように敵の手を振り捥ぎ、刀を抜き出し後ろに反転し刺突する処は瀧の落下の如く怒涛の様に突き込んで行く・・留目は滝壺。

英信流(立膝の部)九本目瀧落
剣理:我れ後ろ向きに立膝にて座し居たる時、我が後方の敵が、我が刀の鐺を上より握りたるを、我れ立ち上がりながら、敵の握りたる拳より我が鐺を捥ぎ取りて、振り返りざま敵の胸部を刺突し倒るゝ処を真向より斬り下ろして勝つ意也。

*英信流の業歌は以上です。
歌の持つ響きや、情景を浮かべながら、英信流を抜くのも良いでしょうが、どうもぴったしこないのは、歌心を感じる感性の無さなのか、はたまた勝手な空間刀法に毒されているのか、歌と業を絡めた解説をされた先生はなさそうです。

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の15浪返

神傳流秘書を読む

1.抜刀心持引歌の15浪返

 浪返

 あかし潟瀬戸越波の上にこそ
           岩尾も岸もたまるものかは

*明石の海峡に打ち寄せる波に岩尾も岸もたまったものではない。という歌でしょう。
浪返は、後ろに座す敵の害意を察し、振り向きざま抜き打ちに斬り真向に切下ろすという業です。
歌のイメージを被せれば、怒涛の様に打ち寄せるが如く、後ろに振り向き、左足を後ろに引いて横一文字に抜きつけ即座に上段に振り冠って真向に打ち下ろし勝つ、敵には何もさせない様な鋭く威圧する気を持った振り向きの動作が必要でしょう。

敵にすれば押し寄せる波のように迫ってくる我に、一瞬戸惑う瞬間です。
我は左足を引いて抜きつけます。敵には引く波の中から切っ先が不意に顔面に伸びて来る様に思えるでしょう。

英信流(立膝の部)八本目浪返
剣理:我れ後方に向き座したるに、我が後方にて我れと同じく後ろ向きに座し居たる敵の機先を制して、正面に振り向きざま、其の敵の首に斬り付け勝つ意にして、正座の「後」の業と同意也。

| | コメント (0)

2014年9月18日 (木)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の14鱗返

4神傳流秘書を読む

.抜刀心持引歌の14鱗返

 鱗返

 瀧津浪瀬上る鯉の鱗は
         水せき上て落る事なし

 (虎彦 谷村先生の本には「波返」「鱗返」とあり従て此の歌は前後ならんかと自雄□との特に註あり)

*英信流居合之事七本目鱗返は、左脇の敵が我に仕掛けんとする機先を制して、中腰に立ち上がり右に振り向き、左足を後ろに引くや横一文字に抜き付け、真向に切り下す業です。
瀧を遡上し鱗を光らせる鯉は、瀧の落ち口まで上がって水を関上げても落ちることはない。と言うのでしょう。
第15代谷村亀之上自雄の本では英信流の七本目が浪返で八本目が鱗返なのでこの歌も前後が入れ替わっているのではないか、と注意書きがある、と曽田先生はメモをされています。

この伝書は山川久蔵幸雅によって書き写されたものですから誤写もあるかもしれませんが、この神伝流秘書以外に古いものはないのでこのままでいいのでしょう。
曽田先生の言われる谷村亀之丞自雄のものの実態が何だか判りません。
元は江戸中期に第9代林六太夫か、その子第10代林安太夫が書いたであろう無双神傳英信流の神傳流秘書の写本です。

歌と業がマッチしているような気がしませんが、鱗返の業名から読まれた歌で、鱗の文字があればよい、程度でしょう。

英信流(立膝の部)七本目鱗返
剣理:我が左側に座す敵の、機先を制して其の首に斬り付けて勝つ意にして、正座の「右」の業と同意義也。

| | コメント (0)

2014年9月17日 (水)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の13岩浪

神傳流秘書を読む

1.抜刀心持引歌の13岩浪

 岩浪

 行舟のかじ取り直す間もなきは
          岩尾の浪の強く当たれば

*岩浪の業名が先に有ったのでしょう。お題頂戴による歌でしょうから、岩に当たる荒浪の状況と、業の岩浪の動作をイメージして見ます。
岩礁に打ち寄せる浪が強くて、舵を取り直す間もなく乗り上げてしまったと言うのでしょう。

岩浪の場合、対敵の害意が動作に現れないうちに先んじて攻撃して居る様な教えをしている処も有る様です。
刀を抜く処を敵に見せない様に抜出し、敵に向くや否や刺突する。
或は、敵が柄を取りに来るので刀を抜出し、柄を取らせない様にして敵に振り向いて刺突する。

英信流(立膝の部)六本目岩浪
剣理:正面に対し右向きに立膝にて座したる我が左側に、我れと同じ方向に向いて立膝にて座し居たる敵が、矢庭に我が柄を制せんと(押さえんと)するを、その機先を制して、我れ左に向きて其の胸部を刺突して勝つ意也。
(無双直伝英信流居合道解説 22代池田宗家)

右に向かって座す処へ、左側から敵がおそいかかるを察し、刀に両手をかけて腰をあげて後に抜き、左に向きなおり水落目がけて突き上げ、直ちに引きぬいてふりあげ真甲から切り下す動作
(正岡先生 無双直伝英信流居合兵法地之巻)

同一方向に列している左側の彼に対し知られざるよう刀を抜き突如その方に向き直り胸又は腹を突き更に引廻して上段より切下ろして仕止む
(京都山内派無双直伝英信流居合術)

*この業を土佐に伝えた林六太夫守政の岩浪は以下のようです。

左へ振り向き左の足を引き刀を抜左手切先へ添え右の膝の外より突膝の内に引き後山下風の業に同じ
(神伝流秘書英信流居合之事岩浪)

*古伝は、まず腰を上げ左脇に坐す敵に振り向き、左足を後方に引くや刀を抜き、柄頭を以て敵を牽制し、敵が怯む間に切っ先を敵に返すや刺突する、のでしょう。
柄頭を敵に制せられるのであれば、右に抜き出すなど変化は自在です。
いつの頃からか、左脇の敵に振り向かずに刀を前に抜いた人がいたのでしょう。それから限定的付帯条件を付けてしまったようです。

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

神伝流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の12山下風

神傳流秘書を読む

1.抜刀心持引歌の12山下風

 山下風

 高根より吹下す風の強ければ
         麓の木々は雪もたまらず

*英信流(立膝の部)五本目は山下風、山下風は(やまおろし)と読むのでしょう。現在の無双直伝英信流では業名は颪(おろし)の文字を付けています。広辞苑では「山颪」の文字をもって(やまおろし)としています。たぶん「山下風」では無く「山颪」の文字を山・下・風と縦書きにすると下と風が離れすぎて書かれていて写し違えているのだろうと思います。
大江先生は「颪」を当てていますが(又山おろしとも云ふ)と有ります。
下村派の曽田先生は「颪(山下)」山下風と添え書きしています。

山颪は山の上の方から吹き降ろされる風で、其の風が強く、麓の木々には雪も降り積もらない、と詠んでいます。
英信流(立膝の部)の颪にこの歌をイメージすると、敵が我が刀を取らんと手を出すのを外し、しまったとする敵の顔面を打ち据える、この場面に当てるか、敵の手をするりと外して、ドンと顔面を打ち据え、逃がさじと胸に抜き付ける場面にイメージするか、颪は相手次第です。

英信流(立膝の部)五本目颪
剣理:正面に対し、我れ左に向き立て膝にて座し居たるに、我れと同じ方向を向きて我の右側に立膝にて座し居たる敵が、腰を上げ一歩前に出て振り返りざま、我が柄を取らんとし来るを、我れ腰を上げると共に左方に逃がし、敵手を外し直ちに柄頭を以って敵の顔面人中(眉間)に打ち当て、敵退かんとする処を其の胸部に斬り込み右に引き倒して(押し倒して)、上段より敵胴を両断して勝つ意也。

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の11浮雲

神傳流秘書を読む

1.抜刀心持引歌の11浮雲

 浮雲

 麓より吹上られし浮雲の
         四方の高根を立ちつゝむなり

*三河方面を訪れた時、この歌の様な景色によく出合いました。谷間から湧き出る様に雲が山頂を目指して吹き上げられて行きます。山頂付近は浮雲が集まって頂きが見えなくなってしまいます。

この歌と英信流(立膝の部)四本目浮雲をイメージするのですが、立膝から右側の敵が我が柄を取ろうとする手を避けて、ふわ~と立上り、敵が「しまった」と退がろうとするのに合わせて、足を踏みもじて抜き付けて行く。
其の時、勢いよく動作を付ければ敵は慌てて間を離れてしまいそうです。
ふわ~と仕留めるのが心理的にはよさそうです。などとごつごつ演じている人を見て思っています。
無理やり歌に合わせて見ても意味の無い事かも知れません。
お題頂戴して歌を詠んだと言うことも有りえます。
俳句の師匠から、情景に感動して詠むと「それがどうした」とつれない評価です。

英信流(立膝の部)四本目浮雲
剣理:正面に対して立膝にて左に向き、横列に並びて座し居たる右側二人目の敵が、立ち上りて一歩前に出でて我が方に振り向き、我が刀の柄を取りに来たらんとするを、我れ立ち上がりて左斜後方に左足を退き、其の敵の手を外して後、敵、後方へ退かんとするに乗じて其の胸部に斬り付け、右に引き倒し(引き廻し)上段より其の胴を両断して勝つ意也。

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の10稲妻

1神傳流秘書を読む

 1.抜刀心持引歌の10稲妻

 稲妻

 諸共に光と知れと稲妻の
         跡なる雷の響き知られず

*雷はピカッと光った後にゴロゴロと響き渡るので、音の聞こえてくる時間を推し測って近くに落ちたとか遠くに落ちたとか判断し、避難するタイミングを子供の頃から自然に覚えたものです。
随分古い話ですが、木曽駒ケ岳の山頂付近で、雷に見舞われました、それこそ光より音の方が速いと思った事がありました。
恐ろしい、怖いと言うよりもう覚悟してしまったのを思い出します。

この歌は稲妻の様子を歌ったもので、稲光の後に音がすると歌っています。
英信流の三本目稲妻にこじつけると、敵が上段から打込んで来るのを立ち上がり様刀を抜いて小手に抜打ちに切り付ける、ここが稲光の閃光の様に鋭く素早い処でしょう、即座に振り冠って真向に打ち下す処は後から追ってくる雷鳴でしょう。
敵は雷鳴を聞く猶予も無く両断されているのです。
この業を演ずる時あの恐ろしい山の雷を思い出している事も有ります。

英信流(立膝の部)三本目稲妻
剣理:正面に立て膝にて対座せる敵が立ち上がりざま、上段より我に斬り付けんとする其の甲手(両内甲手又は左内小手)に我れ斬り付け、直ちに真向に斬り下して勝つ意也。

| | コメント (0)

2014年9月13日 (土)

神傳流秘書を読む 1.抜刀心持引歌の9虎一足

神傳流秘書を読む

 1.抜刀心持引歌9虎一足

 虎一足

 猛き虎の千里の歩み遠からず
          行くより早く帰る足引き

*虎は千里往って千里還る

虎は1日に千里の遠くへ行ってまた戻ってくる。勢い盛んなことのたとえ。

寅年の干支の処でこんな諺があったのを思い出します。
虎は大きいものは胴長250cm、体重280kg位で縄張りは10~20平方km、一日に徘徊する距離10~20kmだそうです。

この歌は、立膝に座し前面の敵の抜き付けを、左足を引いて刀を切先を下にして抜き打ちに受け払い真向に斬り下す、すさまじい業です。その抜き付ける際の左足は後方に引く其の足捌きの素早い動作を歌に詠み込んだものでしょう。

英信流居合(立膝の部)二本目虎一足
剣理:正面に対座せる対敵が、我が右足に薙ぎ付け来る(斬り付け来る)を、敵刀を払う気持ちにて受け留め、対敵退かんとするに乗じて、斬り下して勝つ意也。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 | 女剣士 | 居合兵法の和歌15-7 | 居合兵法極意巻秘訣15-6 | 居合兵法極意秘訣15-3 | 干支を読む | 幻を追ってその7 | 幻を追ってその8 | 幻を追ってその9 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書を楽しむ | 曽田本その2を読むの2 | 曽田本その2を読むの3 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 | 曽田本その2を読む | 曽田本その2を読むの4 | 曽田本スクラップ土佐の居合 | 曽田本スクラップ居合 | 曽田本スクラップ戦時下 | 曽田本免許皆伝目録15-11 | 曽田本業附口伝15-10 | 曽田本神傳流秘書を読み解く | 曽田本神傳流秘書原文 | 白石元一居合術手引 | 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 | 神傳流秘書14-1序 | 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 | 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 | 神傳流秘書14-4棒 | 神傳流秘書14-5詰合 | 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 | 神傳流秘書14‐7大剣取 | 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 | 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 | 秘歌之大事 | 稽古の日々 | 英信流居合目録秘訣15-4 | 英信流目録15-8 | | 道場訓