神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位

2015年3月13日 (金)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位六本目上段ノ弛

神傳流秘書を読む

14.英信流目録

 小太刀之位

 六本目上段ノ弛

 是は敵は上段也我は小太刀をひっさげ相懸りにてスカスカと行場合にて敵片討に打所を我行でもなし行ぬでもなし気のつり合にてすっかりと弛し上より討込なり

*この「上段ノ弛」は相手は上段、我は無形の位に小太刀をひっさげて、相懸りにすかすかと歩み寄る。
間境で相手、我が真向を片手打ちに打って来る、我は相手が空を打って来るのに付け入って行くでもなく、間を外すでもなく、「気の釣合」にて、上体を少し引いて「すっかりと弛し」、同時に上段に振り冠って右足を踏み込み真向に打ち込む。

相手は、我れが小太刀であり太刀との差を意識して、「片討」とはどのようにするのか分かりかねますが、片手打ちに大きく打って来るのでしょう。
聊か間遠いと見てふっと前に乗り出すようにして、すっと上体を引いて間を外す。
相手の太刀が空を切るや透かさず小太刀を振り冠って、筋替わりに左足、右足と大きく踏み込んで真向に打ち込む。
そんな、間の見切りを稽古してみました。

これで英信流目録に残された小太刀之位六本を終わります。
この英信流目録は、谷村派の第十二代林益之丞政誠によって安永五年1776年に書かれたものです。
それを嘉永五年1852年に谷村派の第十五代谷村亀之丞自雄が書き写したものです。
それを更に、昭和に入って下村派の曽田虎彦先生が書き写したとされます。
昭和23年には曽田先生は河野先生にこの写しを送られています。

その後この原本は誰の所有であったか、返還されたのかも不明です。
神傳流秘書に無い小太刀之位なので、第九代林六太夫守政が江戸で第八代荒井勢哲あるいは第七代長谷川英信から伝授されたものでは無さそうです。
江戸時代末期に何処かの流派のものが紛れ込んだと思われます。

小太刀位は昭和30年に河野先生が曽田先生の写本を元に「無双直伝英信流居合術叢書」を出され公開されました。
現在では相当の大家と称する方でも、本の存在を含めて小太刀之位を知らず、ましてそれを演じたのを見た事もないと思われます。

大剣取と合わせて小太刀之位は残しておきたいものです。
これらの古伝には現代風のマニュアル化された動作はありません。
手附を紐解き動作を付ける事の難しさは、江戸時代の武士の心得のある者には容易に出来た事でも、現代では失念した身体操作を呼び覚まさない限り難しいものです。

このブログを目にする事の出来る居合人は、高段位の方ではごく少なくPC操作の出来ない世代の方には不可能なことです。
若い方々が自ら掘り起こす以外に神傳流秘書の居合は伝承されることは無いでしょう。
居合を総合武術であったとして、他流の方法を取り入れてしまった先生や道場は幾つもあるようです。
神傳流秘書の業に戻って見る事も良いのではと思う次第です。

然しマニュアルが無ければ読めない、読んでもどの様にしたらよいか解らない、動画がないから出来ない、誰かその道の大家の指導が無ければ出来ない、ないない尽くしの若者に古伝を継承出来るか不安です。
この道を志すならば、伝統ある古流剣術の本物を目指す先生の教えを乞い、それを学ぶと同時に、古い時代の文字や言葉も学ぶ覚悟がないと難しそうです。

それには、幾人かで知恵を出し合いグループでものにする「輪」の組織も必要です。
段位や所属年数などによるカビの生えた「和」の組織では無理と考えます。

武術は、人と人が互に己の信じた事を貫くために行使する最終手段であるはずです。

明治以降に武術が分割されて独立した技術ばかりが目につきます。
得意とする武術を持つ人が集えば古伝は幾つも理解されていくはずです。

新しい時代は、道場間の壁を越え当然師匠の懐からも顔を出し、部門の壁を越えた繋がりが古に導いて呉れる筈と信じて居ます。

それを後ろから見守り、急げと応援する心が無ければ、現代の若者を揶揄する資格すら、年寄りにはないものと信じます。

河野先生も「私の足らざる所を補足して呉れる様な熱意ある研究家を待つ次第である」と結ばれています。

是は無双直伝英信流居合兵法叢書の自序にある思いで、資料をもっと集めてほしいと云って居るばかりでなく、古伝と現代居合に根本的違いは認めがたいとも云われています。

古伝の大剣取、小具足、小具足割、小太刀之位は小太刀を持つ我れも十分研究するのであるが、太刀を振う打太刀の研究も居合人ならばより学ぶべきものでしょう。

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位五本目下段ノ弛

神傳流秘書を読む

14.英信流目録

 小太刀之位

 五本目下段ノ弛

 是は敵はさして待也我は小太刀をひっさげスカスカと行也敵其所を抜付の如く抜付亦たすぐに両手にて一足ふみ込み左の下をなぐる也我其所を足を引すっかりと弛し敵亦上より討所を請流し勝也

*是は、敵は太刀を腰に差して待つ、我は小太刀を右手に持ち、切先を下にして無形之位でスカスカと歩み行、相手は我れが間境を越えると見るや「抜付の如く」に抜付て来る。
この「抜付の如く」の業は何を指すのか解りません。
抜付そのものを解説したものも見当たりませんので、此処は横一線にがま口に抜き付ける土佐の居合の抜き付けを想像しておきましょう。
この抜付は空振りして我を牽制するのでしょう、我がふっと立ち止まる処直ぐに左手を柄に添え両手で、一歩踏み込んで我が左から足を薙いでくる。
神傳流秘書の抜刀心持之事の「向払」の要領でしょう。現代居合の奥居合居業の「霞」の返す刀を両手で行うのでしょう。
我は後足を引き、前足を連れ足に引いて相手の薙いで来る太刀を「すっかりと弛し」、外されて相手は、すぐさま上段に振り冠って我が真向に打ち込んで来る処、小太刀を顔前頭上に左肩を覆う様に上げ、相手太刀を請けるや左に流し右足を右前に踏み込んで相手の首を打つ。

此の業は相手の横一線の抜き付け、切返して下に斬り付け、上段よりの真向打ちを躱す業です。
正確な間積りを身に付けるには良い業です。遠くなく近すぎずでしょう。

神傳流秘書の11.大剣取にこのような返す刀の応じ様が有りました。
「是無剣の如く放したる時又右より打を留入りてさす」
大剣取三本目外石2014年12月5日

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位四本目當中劔

神傳流秘書を読む

14.英信流目録

 小太刀之位

四本目當中劔

 是も敵は上段にかまえる也我は小太刀をひっさげ中とに待也敵すかすかと来りて我が首のあたりを左り右と討ち亦下たを討也其所にて我足をそろえすっかりと弛す敵亦面より打所を十文字に請流し勝也

*此の業も、相手は上段に構える。我は右足前にして小太刀を引っ提げ無形の構えにて、双方歩み寄る途中で止まる、相手はスカスカと間を詰めて来て、上段から我が首の辺りを左面、右面と切り返して討ち込んで来る。我は、右足を引いて筋を替え、左足を引いて筋を変え其の打ち込みを外す。
相手は、そこで、今度は低く我が右足を打って来るので、右足を引いて足を揃え、すっかりと外す。
相手外されて上段に振り冠って我が面に打込んで来るのを、左足を引いて小太刀を顔前頭上に左肩を覆う様にして相手の太刀を十文字に請け流し、右足を踏み込み相手の首を打つ。

「敵すかすかと来たりて我が首のあたりを左り右と討ち」に応じる我の状況が読めません。
相手は、相懸りに歩み寄る処、我がすっと立ち止まったので、我の本意を引き出すように右左と、間が遠いにも関わらず打ち込、我の動きを見て我が意図が今一つ判らずに、今度は、踏み込んで我が足を切ってくる。
我は其処を得たりと足を踏み揃えて外すと、相手は即座に振り冠って真向に打ち込んで来る、其処を十文字に受けるや受け流して、相手の首に打ち込んで勝。

「小太刀をひっさげ」というのは、小太刀を右手に持ち、切先を下げ、右足爪先の線上あたりに付け、左手もぶらりと自然に下げて、自然体に立ち、構えのない無形を指すのでしょう。

「當中劔」の読みも意味することも分かりませんが、なんとなく業を感じさせる業名のように思えます。

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位三本目中請眼

神傳流秘書を読む

14.英信流目録

 小太刀之位

 三本目中請眼

 中請眼と申は是も敵は上段にかまえる也我は小太刀をさし出し切先を敵のまみ合へさし付け行也場合にて敵拝み討ちに打也我其所を上へすっかりと弛しかむりて敵引所をみけんえ打込む也

*左請眼は相手の左眼に切先を付ける、右請眼は相手の右眼に切先を付ける、次は中請眼です。
中請眼は相手の眉間に切先を付け、相手は上段に構えて相進みに間に至る、相手我が真向に拝み打ちに打ち込んで来る処、我は出足を引くや「上へすっかりと弛し」小太刀を上段に冠って、外されて引く相手に附け入って眉間へ打込。

一本目、二本目とも我が小太刀を相手は払って来たのですが三本目中請眼では、「拝み討ちに打」込んで来ます。
相手は太刀ですから小太刀との寸法の差を活かした間取りから、我が右小手、右肩、真向の何れかへの拝み打ちです。

我は拝み打ちされた「其所を上へすっかりと弛し」は相手の拝み打ちの切先の間を見切るわけで、最も深く打込んで来るのは我が頭上でしょう。
其の場合は、小太刀を「上へすっかりと弛し」をどの様にするのか、工夫のいる処でしょう。
此処では、「すっかりと弛し」です。
小太刀で受流す、突き上げて摺り落すなどでは無く、ただ外す事です。
左足右足と引いて大きく後ろに退く、右拳に打ち込まれるならば出足を引く、或は左か右に筋を替って外す。
此の業は、充分稽古して、間と間合いを知り、相手の起こりを知る良い業です。

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位二本目右請眼

神傳流秘書を読む

14.英信流目録

 小太刀之位

 二本目右請眼

 是は敵は上段也我も小太刀を向へさし出し敵の右の眼へ切先をさし付行也是も相掛にて小太刀を左の方へ筋違に払ふ也其処を我亦左請眼の如くかむり左の手にて敵の左の手を取り勝也

*二本目は、敵は一本目と同様に上段に構える。この上段は左拳が額前頭上に四五度に切先を上げた上段が英信流の上段か、左拳が頭上に有って切先四五度の上段か判りませんが、現代竹刀スポーツの上段ならば前者、古流剣術ならば流派に依る上段でしょう。
英信流に新陰流が混入していれば後者でしょう。
此の時相手は、右足前の右上段か左足前の左上段かもあるのですが、我は小太刀の切先を相手の右眼に付けていますから左足前の構えに為る筈です。さすれば此処は相手も左足前に構えるとするのが常道かも知れません。

是も相懸りにスカスカと歩み寄り、相手は我が小太刀の攻めに思わずそれを「左の方へ筋違に払ふ」。
この「筋違に」は、上段から真直ぐに打ち落す様に払うのではなく、右袈裟掛けに我が左の方へ払う、我はそれを小太刀を上段に冠って外すや踏み込んで相手左肘を左手で制して、真向に打ち込む、或は刺突の構えを取る。

右請眼も相手は上段から我が小太刀を払うのですが、相手は我が小太刀を持つ拳を切って来るのを外して、附け入って相手の左肘を取るとする位の事で良いだろうと思います。

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位一本目左請眼

神傳流秘書を読む

14.英信流目録

 小太刀之位

 一本目左請眼

 左請眼と申は敵は上段にかまえ我は片手にて小太刀を向えさし付敵の左の眼へ切先を付て相懸りにて行也敵場合にて我小太刀を筋違に右へ横に払ふ也其時我すぐに小太刀をつむりへかむり左の手にて敵の右のひじを取勝也

*左請眼と云うのは、敵は太刀を上段に構え、我は右片手に小太刀を取り、右足を前に踏み、相手の左眼へ切先を付ける。
相懸りに双方歩み寄る処、敵は、切間に至れば、左眼に付けられた我が小太刀を八相に右へ払ってくる。
其の時我はすぐに小太刀を頭上に冠り、踏み込んで左手で相手の右ひじを取って、相手の真向に小太刀を打ち込み勝。

双方スカスカ歩み寄る時、我が小太刀を相手の左眼に突き付けて歩み寄るので、相手は小太刀が気になって払ってくるのを外して、流れた右手を押さえて、小太刀を打ち込む。
さて、相手は小太刀を払って、返す刀で切り上げようとするのでしょうか。
稽古では、相手は我が小太刀を持つ左拳を打ちに来るのを外して打ち込むも、太刀の長さを利して我が左肩口に切り込むのを外して打ち込むのもありでしょう。

いずれにしても、相手の打ち込みを外すや踏み込んで相手の右ひじを制して、打ち込む。

小太刀を抜いて構える際、左手を栗形に添えて構えるのが剣道形にありますが、ここではどのように左手を裁くのか指定されていません。
形にとらわれず研究してみるのも良いかもしれません。英信流小太刀の左手の構えは・・・。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

神傳流秘書を読む 14.目録小太刀之位序

神傳流秘書を読む

14.目録

 小太刀之位序

この小太刀之位は神傳流秘書にはありません。

ここに紹介する小太刀之位は安永五年1776年に第10代林安大夫政誠が書き残した「英信流目録二巻」に書かれているものです。
安永五年は林安大夫政誠が亡くなった年でもあります。

それを谷村派第15代谷村亀之丞自雄が嘉永5年1852年に書写されたものを原本に曽田先生が書写されたものです。
この二巻は「筆山所蔵す」と序に書かれていますから、曽田先生が所蔵しているのでしょう。
「此の目録は昭和23年6月?大阪河野稔氏へ伝授したり」と曽田先生は朱書きされていますから、書写したものを第20代河野百錬先生に送られたのでしょう。

谷村亀之丞自雄の書き写した英信流目録二巻はすでに、歯抜けになっていて、長谷川流居合以下は伝書になく、残念な事と曽田先生は書いておられます。

曽田先生の手元にあった内容

居合心持引歌(是は神傳流秘書と同様なので省略され書写されていません)

居合棒太刀合巻 並 大森流居合 小太刀之位

此処では、神傳流秘書に無い「小太刀之位」を取り上げておきます。

神傳流秘書で見られる小太刀に依る攻防は次の通りです。

相手が小太刀の場合 大小詰・大小立詰
自分が小太刀の場合 大剣取
自分も相手も小太刀  夏原流和之事特に小具足・小具足割

小太刀は間と間合いを理解できる良い稽古です。
なぜ、神傳流秘書に無く英信流目録に有るのか解りません。
第九代林六太夫守政が江戸から土佐へ持ち帰った無双神傳英信流には存在せず、その後創作されたのか他流からの移入なのかでしょう。

この小太刀之位は河野先生の昭和30年発行の「無双直伝英信流居合兵法叢書」のP107に掲載されている以外は活字本は何処にも見当たりません。是は曽田先生の書写されたものを活字化されたものです。
河野先生系統の無双直伝英信流正統会の先生方で之を演ずるは勿論、知る人をお見かけする事すらありませんでした。
河野先生は、大江先生の居合をどんどん変えて行かれた一方で、古伝への憧憬は強くお持ちだったのだろうと思います。

業数六本ですっきりしていて相手は太刀、我は小太刀の攻防です。

左請眼・右請眼・中請眼・当中剣・下段之弛・上段之弛の合計六本となります。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 女剣士 居合兵法の和歌15-7 居合兵法極意巻秘訣15-6 居合兵法極意秘訣15-3 干支を読む 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書を楽しむ 曽田本その1の3業附口伝原文4大小立詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰 曽田本その2を読むの2 曽田本その2を読むの3 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 曽田本その1の2英信流目録原文初めに 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解く初めに 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く3大小詰 曽田本その1の4居合根元之巻原文 曽田本その1の4居合根元之巻読み解く 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く 曽田本その2を読む 曽田本その2を読むの4 曽田本スクラップ土佐の居合 曽田本スクラップ居合 曽田本スクラップ戦時下 曽田本免許皆伝目録15-11 曽田本業附口伝15-10 曾田本その1の8その他原文 曾田本その1の8その他読み解く 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首 曾田本その2を読み解く 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 神傳流秘書14-1序 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 神傳流秘書14-4棒 神傳流秘書14-5詰合 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 神傳流秘書14‐7大剣取 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 秘歌之大事 稽古の日々 英信流居合目録秘訣15-4 英信流目録15-8 道場訓