曾田本その1の8その他読み解く

2018年12月14日 (金)

曾田本その1の8その他読み解く4神妙剣

曾田本その1
8.その他読み解く
4、神妙剣
 深キ習二至テハ実ハ事(業)無シ常二住座臥二有之事二シテニ六時中忘レテ不叶事ナリ彼レ怒ノ色見ユルトキハ直二是ヲ知ッテ怒ヲ抑ヘシムルの□知アリ唯々気ヲ見テ治ムル事肝要中ノ肝要也是戦二至ラシメズシテ勝ヲ得ル也去ナカラ我臆而誤(謝)テ居ル事ト心得ル時ハ大二相違スル也兎角シテ彼レ二負ケサルノ道也止事ヲ得サル時ハ彼ヲ殺サヌ内ハ我レモ不死ノ道也亦我カ誤(謝)ヲモ曲ゲテ勝ニワ非ス誤(謝)ル可キ筋ナレバ直二誤(謝)ルモ勝也
 彼カ気ヲ先々二知テスグ二應スル道ヲ神妙剣ト名付ケタル也委シクハ書面二アラワシ尽シ難シ心ヲボヱノ為二其ノ端ンヲ記置ク也
読み及び読み解く
 土佐の居合の最終章は「神妙剣」です。
 曽田本その1の順番をもう一度振り返ってみます。そこには見事に神妙剣に至る順序たてがされている様に思えます。
 それはランダムに見せられた伝書を曽田虎彦先生が組み立てたのか、伝書そのものに土佐の居合の根元に至る順序立てがなされていたのか解りません。
 曽田先生に曽田本を本にしてその古伝の心を公開していただきたかったけれど、叶わぬ夢となりました。
 河野先生も曽田先生の手書きメモを「読み下す」ので宗家という立場上精一杯だったと思われます。
 夢想神傳流の木村栄寿先生も土佐の古伝を河野先生同様に「読み下す」だけで終わってしまいました。その後神傳流の方からそれを研究し古伝を学ぼうとされる方を知りません。
 曽田本はこの順序で校正されていました。
1、神傳流秘書
2、英信流目録
3、業附口伝
4、免許皆伝目録
5、居合兵法極意秘訣
 1)老父物語
 2)当流申伝之大事
 3)英信流居合目録秘訣
  ①外之物ノ大事
  ②上意之大事
  ③極意ノ大事
 4)居合兵法極意巻秘訣
6、居合兵法の和歌
7、曽田虎彦私創研究中抜刀術
 1~3は土佐の居合之業技法の順番を行う手附に過ぎません。それでも棒も仕組(組太刀)も和(体術、柔術)も網羅され、順然たる居合はその三分の一以下の仮想敵相手の一人稽古に過ぎません、其れも大江先生の教えによる現代居合は奥居合が絞られ変形しています。
 4は根元之巻で林崎甚助重信の免許皆伝の江戸期に伝わったものですが、読み下せても読み解く事は厄介です。
 現代でも発行されておられる処もある様ですが、文言の写し書きでその心を伝えられているか疑問です。
 5項目目以下が、土佐の居合の心持ちを伝える極意に成ります。此処が現代居合に正しく伝承できれば、稽古の質も大きく変化するでしょう、然し或門流の宗家からのものは、業名だけの目録ばかりに過ぎません。
 現代居合の業名と運剣の標準を教えたよ、というものです。
 準範士以上の允可は人に、現宗家から宗家のやり方で業の形を指導していいよというもので、譬え十段であっても其の域を出るものでは無いのです。
 其の域を出たい者は、自ら学ばなければならないものです。その道筋が5項目以下なのですが、時代背景もあって、読み捨てたり、語学力不足で十分読みこなす能力がないのが実態でしょう。
 もっと大切なのは、本物の自己実現を目指す真摯な心で文字の外にあるものを求め学ぶ心、そして其の域の近くまで達していなければ一歩も進めないでしょう。
 真似事に終始して師匠に「出来ている」など言われて見てもむなしいばかりです。
 先日ある所で、居合を止めて違う剣術の道場の門をたたいた若者の話を聞いていました。
 何故やめたのか「かたちばかり要求して、其の形は何故そうするのか、と聞いても答えをくれず、そうするのがこの流の形とだけしか言わない」「段位による序列ばかり優先して威張っている」 
 さて、神妙剣を読み解いてみましょう。然しその奥にあるものは、己を正しいと信じ貫き通すだけの物を持たなければ唯のバカにすぎません。
 業技法も、居合の極意も充分修練を積み重ね、何時如何なる変が起ころうとも応じられるに至って、其処で実はその様な業事では無く、常住坐臥(いかなる時でも)この心を持ち、ニ六時中忘れてはならない事が神妙剣である。
 彼れ怒りの色が見える時は、直ぐに是を知って怒りを抑えしむる叡智を身に着け、即座に気を見て納める事が肝要中の肝要である。
 是、戦に至らしめずして勝ちを得るものである。さりながら、我は彼の怒りに臆して謝り(原文は誤)て居る事と心得る時は大いに相違するのである。
 兎に角、彼に負けざる道で、彼の怒りを納める事が出来ない時は、彼を殺さないうちは我も死なないと云う程の道である。
 亦、我が誤っていることを何が何でも正しいと云い張り曲げて勝つのではない、謝るべき筋があるならば直ぐに誤りを正し謝るも勝なのである。
 彼の気を先に知って直ぐに応ずるの道を神妙剣と名付けたのである。委しい事は書面に書きあらわし難い、心覚えの為にその一部を記し置いた。
 如何に武術が優れ、どの様な相手と対しても負ける恐れはないとしても、行き着く所は戦に至らしめずに勝ちを得る事であると云い切っています。
 コミュニケーションの最終手段として武術が用いられるとするのも、いつの時代にも、国と国、個人と個人で行われしかと扱われていたかもしれません。然し突き詰めると一部の権力者が保身の為に用いて来た手段とも取れるものばかりでしょう。
*
 この曽田本に記された最終章は、勝つとは何かを考えさせる一文でもあるでしょう。
 現代居合は長い年月を棒振りしていただけで手に入れた、意味不明の段位の力だけで、人を服従させられると錯覚して、権威を後ろ盾にした権力をもって「段位が欲しければ俺の言う事に従え」と脅し、己の教えや指示が全てである、反論も聞か無いと云う者が見受けられます。
 年月が来て金で買った様な段位が全ての様にして、出来ても居ないのに形ばかり追い懸けて、本物を目指す事も無い者を相手にしていては、未熟者の私など馬鹿らしくなって、こちらから身を引く事となってしまいます。
 
 寄り添うものは前に向かって進む己の心ばかりかも知れません、信じた道を歩く以外に道は無いのでしょう。
 論語に「君子は上達す、小人は下達(かたつ)す」。並以下にもかかわらず、時期が来たのでもらえた段位に、其れも目録程度の印可です。それにもかかわらず俺は最高段位で地位もあり凄い権力がある者だと周囲に睨みを聞かせて、保身に必死な小人を下達と云うのでしょう。業技法は愚か、人間としても小人にいたずらに段位を与える事は何を意味しているのでしょう。
 居合以外に目ぼしい事も無い者が、高段位を手に入れて威張っている、そんなものをほしがる輩がお世辞たらたら走り寄る、哀れです。
 その上高段位の者の演武を見れば、よろよろしていて看取り稽古にもならない。
 指導を受けたら随分前の宗家の動作しか出来なくて、ご宗家の業を「やれ」と云いながら、云う事とやる事がめちゃくちゃです。
 自分が間違っていても、沽券にかかわると謝る事はしない、やれやれ。
 
 曽田本その1の最終章は、神妙剣で終わりますが、続いて「居合兵法の和歌」がどっしりと控えています。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

曾田本その1の8その他読み解く4太刀堅

曾田本その1
8.その他読み解く
4、太刀堅
 甲冑帯シタルトキ人々色々ト刀ヲカラメ堅ムル也甚抜キ難シコゝ二太刀堅メトテヨキ堅一ツ有□ノ緒ノ如ク中二布ヲ入レ上ヲ絹ニテ縫包ミ長ケ六尺計ニテ具足櫃二入レ置クベシ
*
Img_1592_2
*
扨刀ノ紐ヲ腰二當右脇ニテ留メ上帯ヲシテ其上帯一重ニテ彼ノ堅メノ見ヱヌ様二覆ヒ置也脇差ハ上帯皆へ常ノ如ク二指スベシ扨刀ヲヌクニ自由二〆抜易シ或ハ切岸亦ハ塀抔ヲ乗ル時刀ヲ背ヲゝニモ宜し其侭刀ヲ後二引廻し下緒ヲ肩二掛テ乗時ハツカユル事ナシ此ノ堅メ至〆佳ナリ
読み及び読み解く
 甲冑を帯したる時、人々色々刀を絡め堅めるものである、甚だ抜き難い、ここに太刀堅めと云って良い堅め方が一つある。
 □の緒の如く中に布を入れて上を絹にて縫い包み、長け六尺ばかりにして具足櫃に入れて置くのである。
 扨、刀の紐を左の腰に當てて右脇にて留める、其の上に上帯をしめて、その上帯一重の所で彼の堅めの見えない様に覆って置く。
 脇指は上帯を皆締めて、常の如く帯一枚上の処に指すのである。扨、刀を抜くのに自由にして抜き易いものである。
 或いは、切岸亦は塀などを乗り越える時、刀を背負うによく、其の侭刀を後に引き廻し下緒を肩に掛けて乗る時は閊える事は無い。この堅め至って佳いものである。
 この太刀堅の図から連想するのは、戦国時代後期には刀は差す様になり、江戸期では刀を腰帯に吊るす方法は見られなくなったようです。これは刀を帯びると云う方法で太刀を吊るす方法を思い描きます。
 太刀堅を鞘に付けた図が「クワノコ?」の文字でありますが其れを右腰で結んだのでしょう。太刀は図とは逆に刃部が下向きになる筈です。
参考
 居合心持肝要之大事付大小指違之事より
 大小指違と云うは、世人脇差を帯二重に指し刀を三重に指すなり、居合の方にては二重に刀を指し三重に脇を差す也、敵に出合いたる時大小を筋違へて脇差をば下ろし指しにして刀を抜き戦うべし、然る時は脇差の柄まぎる事無し、亦刀の鞘の鐺跳ねる故に足を打つ事無く働きの自由宜し常に此の如く指すべし。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

曾田本その1の8その他読み解く3羽織

曾田本その1
8.その他読み解く
4、羽織
 介錯ノ時麻上下ノ上二羽織ヲ着ル血飛故也夫故常二上下ノ上二羽織ハキロウ也
読み及び読み解く
 介錯の時、麻上下(裃)の上に羽織を着る、血が飛び裃を汚すからである。それ故に何時もの登城の時などでは、忌み嫌って裃の上に羽織を着るのを嫌うのである。
 介錯の一連の教えは、江戸時代の武家社会に於けるお話しとして、通り過ごすのも良いかも知れません。
 しかし、無調法なので仕来たりの作法は出来ませんと、断る根底に介錯は武士のやるべき事ではないという思いがあって断る事が本来でしょう。現代社会でも何でも請け負うばかりが良いとは言えません。
 自分の意に反する事は、やるべきでは無いでしょう。真正面からやりたくないからごめんなさいでは角が立ってつながらなくなります。
 そこで無調法ですから仰せの通りは出来ませんので、御断りをと下手に出る。それでもと云う事であれば自分の思う存分の働きをすればいい。と言えるかもしれません。
 意に反することをそんな事でやらなければならない状況は無さそうでもあり、尻尾を振るのが好きな人には有りそうにも思います。
 まだまだ、頭越しに命じて来る事もありそうです。嫌ならやめればいい、というのも一つですが、それによってやりたいこともやれなくなるのも、有りそうです。NOと云えな情けない自分を捨てていくには覚悟もいるものです。
 裃の上に羽織を着ないは、介錯の際裃の上に羽織を着るので、普段は裃の上には羽織を着ないと云う心持ちも理解できます。
 それ程の事なのに、古伝の大森流居合之事の7本目順刀は介錯であるとの証しは何処にも見いだせないのです。江戸末期辺りに、替え業が業毎に幾つも行われていたかもしれません。
 その一つが、順刀を介錯に変えて行ったかもしれません。介錯の運剣を何の疑問も無く教えられたとおりに、稽古することに、此の業を稽古日毎にせっせとやっていたことの不思議を今更ながら思い描いています。
 敢えて言えば、自分の犯した非は、自分で腹を斬り、とどめは理解してくれる人に頼んで果てる潔さを持てよと教えているのか、その苦しみを少しでも和らげてやる思いやりを心に持てよと教えているのか。
 平家物語などを読んでいますと、平安末期の武士は戦いに敗れて自ら腹を斬り、頸動脈を切って果てています。
 首取は勝ったものの誉として大将に献上されたものでしょう。
 大森流居合の7本目順刀は「右足を立て左足を引といっしょに立ち抜き打つ也、又は八相に切り跡は前(流刀)に同じ」で介錯の運剣の裁きと一緒ですが、抜刀術としては素晴らしい業となるものです。
 しかし7本目順刀の次は8本目逆刀の初動は、向こうより切って懸るを先々に廻り「抜き打ちに切る」です、其の動作は7本目順刀と同様でしょう。
 順刀には敵の切って懸かる動作に応じる事が何も書かれていないので、これは一方的に抜き打つ動作と捉えられます。だから介錯なんだと云う事も成り立ちそうです。
 だがしかし、一本目初発刀も左刀、右刀、當刀もそして陽進陰退も敵の仕懸けて来る動作は記述されていませんから、一方的な仕かけも古伝には大いにありでいいのでしょう。
 証明できるものは何処にも無い事ですから、大江先生、細川先生系統は現代居合として介錯は順刀として何の疑問も無く稽古すればいい事です。
 但し、古伝を学ぶ者は、上に抜き上げて斬り下ろす抜刀術も心掛けてもおかしな事では無いでしょう。
 古伝神傳流秘書抜刀心持之事には抜刀があります。
 「歩ミ行中に抜打二切敵を先二打心也」
 大森流居合之事には順刀
 「右足を立左足を引と一処に立抜打也又ハ八相二切跡は前二同之」
 全剣連居合の12本目抜き打ち
 「相対して直立している前方の敵が、突然、切りかかって来るのを、刀を抜き上げながら退いて敵の刀に空を切らせ、さらに真っ向から切り下ろして勝つ」
 全居連の刀法二本目前後切
 「敵我が真向に斬込み来るを受流すや顔面に双手上段から斬附け、直ちに後敵の真向に斬下し、更に前敵の真向に斬下して勝つ」
 この前後切の参考にした業は無外流の連です。
 「理合 前後に敵を受けた場合で、先ず前敵の眉間に諸手で抜きつけ、後ろを振り向くや、後敵を真向に斬り下ろして仕留める」
 動作はさして違いの無いものと思います。どの様な状況下でこの業を繰り出すのかがポイントでしょう。
 敵の害意とは、我が果たすべき事は、何時も我に斬られるへぼばかりが居合の仮想敵でしょうか。
 
 

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

曾田本その1の8その他読み解く2紐皮を掛る

曾田本その1
8.その他読み解く
2、紐皮を掛る
 他流ニテ紐皮ヲ掛ルト云事
 仰向ニ倒ルゝヲ嫌テヒモ皮ヲ残スト云説ヲ設ケタル見ヱタリ當流二テハ前二云所ノ傳有故二譬如何様二倒ルゝ共失二非ス其上紐皮ヲノコス手心何トシテ覚ラルベキヤ當流二テハ若シ紐皮カゝリタラバ其ノ侭ハ子切ルベシサッパリト両断二ナシ少シモ疑ノ心残ラサル様二スル事是古伝也
読み及び読み解く
 他流では切腹者の首を斬った時、首の皮を残す「紐皮を残す」という説を設けて居るやに見える。首を斬ると、仰向けに倒れるのを嫌い、紐皮を残し頭の重さで後ろに倒れないようにする作法を云うのです。
 そんな作法を設けて居る様な流派も有ろうが當流では、前項に有る様に「無調法に御座候但し放討ならば望所に御座候」と介錯をお断りするのが前提で、何としても介錯せよとの事ならば、作法に拘わらず、紐皮を残せなくとも作法を失する事にはならないと当流の仕方を述べています。
 従って事前に断っておくことで、譬え如何様に倒れても作法を失する事にはならない。その上紐皮を残す手心など、どの様な事をして悟り得られるだろうか。
 当流では若し紐皮に刃先が掛かったならば其の侭、はね切って、サッパリと両断して少しも疑いの心を残さない様にする事、これが古伝である。
 古武士の風格を残す教えですが、この前提には介錯などは武士の役割ではない、何故ならば死人を切るのと変わらない事で武士の誉にはならない、という思いがあると思われます。
 従って介錯の作法は「無調法」なので望まれる様には出来ないと断りをする事、それでもと云う事であれば、請ければ良い。先に断っているので作法を失する事は無いと云うわけです。
 作法の一つに首を斬った時、仰向けに倒れないように首の皮一枚残すべきと云う事があるが、当流では斬った際に紐皮に至ってもサッパリと斬り落しそれが当流の仕方であるともいいます。
 紐皮を残す手心はどうやって覚のか知らん、と開き直っている様です。
 

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

曾田本その1の8その他読み解く1介錯口伝

曾田本その1
8.その他読み解く
1、介錯口伝
 古代ニハ介錯ヲコノマズ其故ハ介錯ヲ武士ノ役ト心得ベカラス死人ヲ切ル二異ナラス故二介錯申付ラルゝ時二請二秘事有リ介錯二於テハ無調法二御座候但シ放討ナラバ望所二御座候ト可申何分介錯仕レト有ラバ此上ハ介錯スベシ作法二掛ルベカラズ譬切損シタリトモ初メニコトワリ置タル故失二非ス秘事也能覚悟スベシ
読み及び読み解く
 介錯に就いての口伝、古代には介錯を好まなかった、其れは介錯を武士の役目であると心得ていない、死人を切るのと異なる事は無く名誉とは思わなかったからである。
 介錯を申し付けられた時は、請けるには秘事がある、「介錯に於いては無調法に御座候、但し放打ちならば望む所に御座候」と申すのである。
 「何分介錯仕れと有らば此の上は介錯すべし」、譬え切り損じても、初めに断っているので作法に拘わらず礼を失するには当たらない。秘事である、能く覚悟(悟り覚える)ものである。
* 
 介錯の歴史に付いては、興味のある方にお任せします。事実か否かに拘わらず、武士は死人同様の据者を切るのは意に非ずと言う事でしょう。
 戦場での首取とは違い、切腹を仰せつかった者への介錯人の命令、あるいはその者からの所望などあるのでしょう。
 とにかく「無調法」と云って断る事、それでもと云うのであれば、無調法を断ってあるので堂々と役目を果たせと云うのです。
 介錯の業を第17代大江正路先生は大森流居合(正座之部)の七本目に組み入れています。
 古伝神伝流秘書の大森流居合之事には七本目に「順刀」と有って以下の様です。
 「右足を立左足を引と一処に立抜打也又は八相に切跡は前に同じ」
 何処にも、介錯の方法である事が文面からは見出せません。
 大森六郎左衛門の大森流に介錯の仕方を敢えて入れる必要は無いと思われますので、これは、左足を引き立ち上がって抜刀するや、その足踏みのまま、片手で真向に打ち込む、あるいは、左手を添えて八相に切り下ろす、凄まじい業を想像させます。
 神傳流秘書より後のものと思われますが安永五年1776年第12代林益之丞政誠が書き、嘉永五年1852年に第15代谷村亀之丞自雄による英信流目録の大森流居合之位7本目順刀は以下の様です。
 「是は座したる前のものを切る心持なり我は其の侭右より立すっと引抜かたより筋違に切る也是も同じく跡は脛へ置き逆手にとり納る也」
 是も介錯の仕方を示唆する文言は見当たりません。すっと立つや刀を抜き取り、筋違いに切るは、八相に切るでしょう。
 「・・座したる前のものを切る心持ち・・」の文言が解釈を思わせるかも知れません。
 しかし、現代居合の介錯を思わせるのは、大森流7本目は介錯として何の疑いも無く学んで来たためでしょう。古伝は抜けがあって、抜けた所は口伝により学ぶのが一般的です。口伝に介錯が隠されていたかもしれません。
 私は抜刀法として居合の業と思います。なぜなら土佐の居合は介錯は無調法だから断れと云っています。紐皮一枚残す技なんか持ち合わせていないと云うのです。
 既に証明のしようは有りません。
 細川義昌先生系統の無双神傳抜刀術兵法尾形郷一貫心先生の大森流之部7本目順刀
 「(介錯すること)正面に向ひ切腹する者の左側へT字形に三尺位離れて正座し(知人之善人の介錯を頼まれたる場合は慣れぬ事故若し切損じがありましても御免を蒙るとの挨拶をするを礼とす) 
 機を見て鯉口を切り右手を柄に掛け、右足を少し右前へ踏出し其方向へ刀を静かに引抜き(抜き払はぬ事)立上りつつ右足を退き左足に踏揃へ体を引起し、直立の姿勢となりつつ刀尖を左後へ突込む様に右手を上げて頭上を越させ、血振ひする直前の様に(右肩後へ釣下げて待つ)
 切腹者が(介錯頼むと)両手を前につかえると同時に右足を踏出しつつ(悪人の首を切る場合は右足を前へどんと音のする様に踏出し其の音は斬られる者の心気を一転させ)(怨霊を去る口伝)刃部を左斜下へ向け、体を前掛に(右片手にて)大きく斬込み(首を落とす)、斬込むと同時に左手で柄頭を握り諸手となる。
 左足を一歩退き、左拳を左斜上へ突出し(刃部を向フへ向け)刀尖を右膝頭上へ引付け(懐紙を出して血のりを拭ふは略す)右手を逆手に執りかへ、刀を振り返して納めつつ左膝を跪くと同時に納め終る(血振ひせぬ事)」
 大江先生と細川義昌は同門で下村茂市定(下村派)より指導を受けています。時代背景から大江先生は大森流だけは下村茂市から充分手ほどきを受けているでしょう。此処では介錯の運剣を述べられています。
 第17代大江正路先生の正座之部7本目介錯
 「正面に向きて正座、右足を少しく前へ出しつゝ、刀を静に上に抜き、刀尖が鞘と離るゝや右足を後へ充分引き、中腰となり、刀を右手の一手に支へ、右肩上にて刀尖を下し、斜の形状とす、右足を再び前方に出し上體を稍前方に屈し刀を肩上より斜方向に真直に打下して、前の首を斬る。血拭は足踏のまま六番(受流)と同じ様に刀を納む。」
 細かい所を除けば、細川義昌先生と大江正路先生の動作は、同じと云えるでしょう。
 右足を前に踏み出しつつ刀を抜いて立上り、左足に踏揃え直立体になるのが尾形先生、右足を後へ充分引き中腰と成るのが大江先生。
 現代居合では、中腰になっていない人の方が多そうです。
 いずれにしても、大森流居合之事の順当は江戸末期より明治になって介錯の運剣動作と特定されてしまったと思われます。
 私は、大森六郎左衛門が真陰流から独創するに当たり、大森流居合に介錯の仕方を入れたのかどうか疑問に思っています。
 鞘の内による抜刀の妙は介錯には必要ないものでしょう。居合に介錯の心持ちを持つ事も意味があるのでしょうか。
 現代居合では「介錯」は正式な演武会では演じてはならない留め業です。
 介錯口伝と大森流7本目順刀を重ねる気にはならない、順刀は居合の心持ちで稽古して極めるのも間違いではない、寧ろ介錯の刀法とする方がおかしいばかりです。現代居合は江戸末期から明治にかけて多くを失って大江正路先生の仕方に随っています。言われたまま稽古する安逸な不心得を見直すことも大切でもあるでしょう。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 女剣士 居合兵法の和歌15-7 居合兵法極意巻秘訣15-6 居合兵法極意秘訣15-3 干支を読む 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書を楽しむ 曽田本その1の3業附口伝原文4大小立詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰 曽田本その2を読むの2 曽田本その2を読むの3 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 曽田本その1の2英信流目録原文初めに 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解く初めに 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位 曽田本その1の3業附口伝読み解く3大小詰 曽田本その1の4居合根元之巻原文 曽田本その1の4居合根元之巻読み解く 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く 曽田本その2を読む 曽田本その2を読むの4 曽田本スクラップ土佐の居合 曽田本スクラップ居合 曽田本スクラップ戦時下 曽田本免許皆伝目録15-11 曽田本業附口伝15-10 曾田本その1の8その他原文 曾田本その1の8その他読み解く 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首 曾田本その2を読み解く 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 神傳流秘書14-1序 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 神傳流秘書14-4棒 神傳流秘書14-5詰合 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 神傳流秘書14‐7大剣取 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 秘歌之大事 稽古の日々 英信流居合目録秘訣15-4 英信流目録15-8 道場訓