« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

2009年9月 2日 (水)

ムササビの宿(ヤンバダム)

ヤンバダムの行方はどうなるでしょう、3月の書き込みを民主党の主権交代による公約によって中止もあるかと思い移動しました。

群馬の吾妻川の右岸の斜面に川原湯温泉はあります。

先日のテレビでムササビの来る宿として人気があると報道されました。

5年ほど前一夜を借りました。

軒端にムササビがちょこんとこちらを見ていました。

林の露天風呂は満天の星に包まれていました。

宿の女将に「ダムに沈むのは勿体無い残せませんか」と言うと、迷惑そうに無言で

去っていきました。

その後何度も小諸から浅間を越えて訪れました。

まだダムは完成していません。

山肌が削られ殺伐とした光景が広がり始めています。

古くは源頼朝が開いたとも言われ70度の源泉は豊かです。

この吾妻川に八ツ場ダムの建設が持ち上がり何れ温泉はダムに沈む事になっています。

話が出てからもう随分時が経ち、何の為のダム建設かぼやけています。

春は新緑、秋はモミジ、夏は川原遊びに、温泉に浸かるとほっとします。

かつての必要は今やいらないもの、将来を見越して見直してもいい時期でしょう。

払った保証金やこれまでの工事費を問うよりもここまでの破壊を生かした見直しが望ま

れます。

水不足解消と言う名目は時間の経過の中でウソになっているのでしょう。

一部の人の利権が優先したかどうかも如何でもいい。

自然と文化を消し去って事業を成し遂げたと言う似非文化は悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »