« 近代詩文書(読める書) | トップページ | アカボシゴマダラ »

2010年1月29日 (金)

足の踏み方(能)

道場の床にテーピングをして、謡を歌いながらお能を稽古されているお年を召したご婦人とご一緒に一人稽古をしたことがあります。

謡の声が聞こえるだけで足音一つしない、床を滑るような見事な摺り足を見せていただきました。

居合膝で、腰の振れも無く、上体も上下動無く、左右の揺れもありません。

正に武蔵の「爪先を少し受けて」の歩みでしょう。お能では「足を運ぶ」なのでしょう。

終了時間間際に「恐れ入りますが摺り足のご教授賜りたい」と申しますと、はじめ怪訝な顔をされていましたが、すぐに意図する事が分かったのでしょう。

「立ち姿は、同じですね、では」と、見本を見せていただきました。はじめは片足に重心を移し、膝下が振り出されます。重心を振り出した足に移して残った足を振り出します。

爪先を蹴って前進するのではありません。

「今度は、股関節を使って運んでください」「貴方出来てますよ」と褒められました。その後お会いする機会も無く月日が過ぎています。

600年の伝統を持つお能の所作に、日本人の動作の元が残されているはずです。

先日、居合で七段になったばかりの人が、足先を床に押し付けるような摺り足を、私にすべきだと言って付きまといます。「何故そうするのか」の問いに。

「剣道でそのように指導された」との事、ちなみに剣道は遠い昔に初段を取っているようです。「飛び込み面を打つのは、爪先で蹴って飛び込むのが有効」ですって。

「古流の組太刀をいろいろやってきたが爪先に力を入れて摺り足をする」と強調します。

「お能の摺り足を研究中ですからご指導に従えません」とお断りしました。足裏をひらひら見せながら踵から着地し爪先で蹴って前進する歩行は醜くいただけませんし、親指を床に押し付けて摺り足もいただけません。

爪先と踵を浮かし、股関節を使って足心を滑らせるように進め、膝の屈伸を働かせて附け込んでいく足使いを目指しています。

一足一刀の間から瞬時に切り込む足使いは能とか太極拳などにあるようです。

2009年7月の文に追加して更新しました。

|

« 近代詩文書(読める書) | トップページ | アカボシゴマダラ »

稽古の日々」カテゴリの記事

コメント

剣術道場に入門した際、現代剣道や制定居合の「摺り足...こすり足」は真っ先に直しました。空から紐で腰をつながれたような身勢、爪先やや浮かせ「土踏まず」でデコボコ地面を素早く動く足捌き。こちらでは、「吊り腰」あるいは「西行水の位」と呼んでます。この足捌きは一旦、身に付くと離れません。古巣の居合道場で行うと、高段者から、即「こ摺り足」をするようヤジが飛ぶ(笑)。煩いので適当にあしらってます。全剣連行事の講話では度々、宮本武蔵を事例に持ち出します。しかし、高段者の方々が五輪書の内容を否定するなら、武蔵の話なんてしなければ良いのに...と思ってます。これだけポピュラーな伝書なのだから、世間一般でも読まれてます。「なぜ足捌きが伝書と違うの?」と問われたら、高段者は、どう答えるつもりでしょうか...

兵法流浪さま
コメントありがとうございます。
久々に足の踏み方(能)を読みました。
今ではすっかり能の足さばきです。
あの高齢なご婦人にはその後お目にかかれずにいます。
古流剣術も奥居合もこの、親指を浮かし、足芯で踏む歩み足です。
懐かしい思い出です。
        ミツヒラ

      

投稿: 兵法流浪 | 2015年1月18日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足の踏み方(能):

« 近代詩文書(読める書) | トップページ | アカボシゴマダラ »