« 曽田本その2を読む10長谷川流居合抜方5浪返し・瀧落し・抜打 | トップページ | 曽田本その2を読む11長谷川流奥居合抜方1霞 »

2014年3月24日 (月)

春を求めて(旅立ち)

今日一人の女剣士が旅立って行きました。

この春大学を卒業して、専攻の学問をもっと深く学びたいと北への旅立ちです。
春は別れと出会いの季節だったと、久しぶりに思い出しました。

「居合は?」
「続けたい、向うに稽古する処を探します。今の私には居合は心のより所です」

居合をこよなく愛する女剣士がここにも居ました。
是から、いろんな出会いがあって、磨き上げられて行くのでしょう。

お別れの演武をお願いして拝見します。
少しも臆する振りもせず、いたずらに気を入れる事もなく、静かに抜く居合にしばし見とれていました。

きっと、新しい所への膨らんでいく夢の数々、毎週通った道場の事々が一振り一振りに思い出されているのかも知れません。

こんな格言を思い出しています「思いの種を蒔き、行動を刈り取る、行動の種を蒔き、習慣を刈り取る、習慣の種を蒔き、人格を刈り取る、人格の種を蒔き、運命を刈り取る」

居合は如何に劇しい業務にある人でも容易に出来るので練習時間はと云えば僅かに五分間の短時間に心身綿の如く疲れ、加之其短時間の運動は身体を最も均斉的に発達せしむるのであります。又白刃を振るときは自ら強烈なる男性的の気力も練れ、其上に相手いらずで、場所は座敷で整備の如きはなんにもいらない実に経済的であります。(大江・堀田共著剣道手ほどきより)

|

« 曽田本その2を読む10長谷川流居合抜方5浪返し・瀧落し・抜打 | トップページ | 曽田本その2を読む11長谷川流奥居合抜方1霞 »

女剣士」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。仕事と支援活動が立てこんでしまい、春先から、全くお稽古ができない状態でした。
そういう状況でもあり、いまの道場を退館することになりました。
東京への仕事が増えたことも一因です。
年内はお休みし、身の振り方は来年に考えようと思います。
居合は続けていきます。それは変わらぬ思いです。

Annさま
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
ご苦労の多いお仕事の様にお察ししますが、何はともあれ、お仕事が忙しい事は何よりですね。
東京へ来られる事が多いとか。
退館ですか・・・春を求めてここにも新たな旅立ちを覚悟された方に行き合いました。
    ミツヒラ

投稿: ann | 2015年9月14日 (月) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読む10長谷川流居合抜方5浪返し・瀧落し・抜打 | トップページ | 曽田本その2を読む11長谷川流奥居合抜方1霞 »