« 曽田本その2を読むの3の2目録の4極意之大事の10釣瓶返し | トップページ | 曽田本その2を読むの4曽田メモの1居合術 »

2014年7月14日 (月)

曽田本その2を読むの3の2目録の4極意之大事の11智羅離風車

曽田本その2を読むの3

 2、無双直伝英信流居合目録の4極意之大事

11.智羅離風車

*これも解説は有りません。

古伝英信流居合目録秘訣極意之大事「智羅離風車」
「手拭にても煙竹入にても向の面に投付けてびくとする所を切るべし又刀を抜きて其手に扇抔を持添て打込躰にて其扇を投げ付けびくとする所を打込勝なり」

*この業名はどこから持って来たのでしょう。智羅離も風車も心得に有った名称なのかどうか。
仕合で師匠が立合う時に弟子に「智羅離風車!」とかけ声を上げて、気後れしがちな弟子がハッと我に返って扇を投げつけて・・。

是も、手元に有る物を相手に投げつけビクとする所を勝、そのような教えです。
抜いた刀に添えて扇を持ち添え打込むと見せて扇を投げつけるなど、少し稽古して置かないと簡単には出来そうもない業です。

極意之大事の心得の稽古は、一人稽古に限る様です。

*今回で曽田先生の実兄土居亀江が谷村樵夫自庸より伝授された谷村派第15代谷村亀之丞自雄から連なる無双直伝英信流居合目録を終ります。

第15代谷村亀之丞自雄-楠目繁次成栄-谷村樵夫自庸―土居亀江

第15代谷村亀之丞自雄-第16代五藤孫兵衛正亮-第17代大江正路子敬

この系譜で見られるように、江戸末期から明治にかけて、15代谷村亀之丞から伝わった目録が示す様に、土居亀江の目録は既に無双直伝英信流居合目録でした。
業名と其の手付けは、大江先生のものと、古伝の混在でした。
従って大江先生が無双直伝英信流と云う流名を立てられたのでは無く江戸末期にはそう称していたのかも知れません。
業も同様に大江先生の頃には現在の業名と運剣技法が古伝から変化していたのかも知れません。
大江先生はそれを更に、中学生向けに「いじった」と思われます。
この土居亀江の伝書は昭和20年7月4日午前2時の米軍の高知空襲によって焼失したとありましたのでもう見る事は出来ません。

|

« 曽田本その2を読むの3の2目録の4極意之大事の10釣瓶返し | トップページ | 曽田本その2を読むの4曽田メモの1居合術 »

曽田本その2を読むの3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読むの3の2目録の4極意之大事の10釣瓶返し | トップページ | 曽田本その2を読むの4曽田メモの1居合術 »