« 曽田本その2を読むの3の2目録の3上意之大事の13輪之内 | トップページ | 曽田本その2をよむの3の2目録の4極意之大事の1暇乞 »

2014年7月 3日 (木)

曽田本その2を読むの3の2目録の3上意之大事の14十文字

曽田本その2をよむの3

 2、無双直伝英信流居合目録の3上意之大事

14.十文字
座業 □□を引きて頭上にて十文字に請け冠り切るこの□□業もありと云う不明

*この十文字も曽田先生は手附を書いて塗りつぶしています。あいにく読めない部分があって意味不明です。

古伝英信流居合目録秘訣上意之大事「十文字」
「敵と打合すれば輪と成り十の形となる互に打合せたる所は是十の形ち也其十の形に成たる所にて手を取れば勝也手之内輪之内十文字は別の事ならず皆一つに唱る事なり外の事にはあらず拳を取れと言事の教也」

*敵と打ち合って刀が合ったならば即座に摺り込むなり、摺り落すなり、受流すなりして敵の拳を取れと言う教えでしょう。
仕組みの形を学ぶ中で稽古するのがこの教えを理解しやすいだろうと思います。

居合の形でも一方的に勝つばかりの空間刀法に酔っていないで、抜き付けたが受け止められる想定も研究しておきたいものです。
「違う!何しているか!」と飛んで来るマニュアル居合の教え魔が眼を剥きだして来るでしょう。

|

« 曽田本その2を読むの3の2目録の3上意之大事の13輪之内 | トップページ | 曽田本その2をよむの3の2目録の4極意之大事の1暇乞 »

曽田本その2を読むの3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読むの3の2目録の3上意之大事の13輪之内 | トップページ | 曽田本その2をよむの3の2目録の4極意之大事の1暇乞 »