« 神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事四本目當刀 | トップページ | 神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事六本目流刀 »

2014年9月28日 (日)

神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事五本目陽進陰退

神傳流秘書を読む

 3.大森流居合之事

 五本目陽進陰退

 初め右足を踏出し抜付け左を踏込んで打込み開き納又左を引て抜き付け跡初本に同じ

*陽進ですから抜き付け不十分で逃げる相手を追い込んで左足を踏み込んで打込む、十分と見て刀を横に開いて納刀する。
ここで何故大森流の血ぶるいでは無いのでしょう。前方に第二の相手を意識しているのでしょうか。
納刀して居ると前方から第二の相手か、斬り倒したはずの相手か、打込んで来るので左足を後方に引き間を外すや抜き打に斬り付ける、此処が陰退でしょう。
即座に上段に振り冠って右足を踏み込んで打込む、血ぶるいし立つ時右足に左足を引き付け、納める時右足を後方に引いて納刀する。

この動作は中山博道系の無想神傳流の大森流「陰陽進退」でしょう。
神傳流秘書の大森流之事五本目「陽進陰退」がどこで「陰陽進退」になったのでしょう。
業のイメージは古伝の「陽進・陰退」でしょう。

この業の替え業でしょうか、前方の敵を斬りたるのち敵再び足に斬り付け来るを応じて防ぎ続いて斬り倒す意(大森流・長谷川流・伯耆流居合術手引白石元一著大森流居合術陰陽進退)と言う業が現代居合に残されていて、無双直伝英信流の八重垣となっています。

第12代林益之丞政誠の安永5年1776年の英信流目録大森流居合之位「陽進刀・陰退刀」

陽進刀 是は正面に座する也右の足一足ふみ出し立なりに抜付左をふみ込み討込む也すぐに右脇へ開き其儘納む也
陰退刀 其儘左の足を跡へ引其時亦抜付打込み血ふるひの時立左の足を右に揃え納る時右を一足引也

この大森流(正座の部)陽進陰退の形はどうやら夢想神傳流が引き継いだようです。
無双直伝英信流正座の部五本目は陽進陰退は八重垣に業名を変えて古伝の仕方を特定してしまった様です。

大森流(正座の部)五本目陽進陰退(八重垣)
剣理:対座せる対敵の首(又は顔面・腕)に斬り付けたるも不十分にして、対敵後退せんとするを、透かさず追い込みて双手上段より斬り倒したるに致命に至らず対敵倒れし処より我が右の脛に薙ぎ来るを我れ立ち上がりながら受け留め(払い留め)、反撃して勝つ意也。

無理やり想定を作ったようなと、思いつつ稽古をしています。
抜き打ち不十分で追い込んで打ち込み、充分斬れたと判断し、血ぶるい納刀している時に、敵が死力を振り絞って足に斬り付ける。
抜き打ち不充分も情けないし、充分打込んで瀕死の相手が死力をふり絞るのも腑に落ちません。
二人目の敵の方がすっきりしますが、大森流は基本的に一体一の攻防の様です。
二人目であればこれも腑に落ちません。

然し、あり得ない事では無いでしょう、抜き付け不十分と思ったら素早く追い込み第2刀の打ち込みをする事。
充分に気配りした何時如何なる事態にも応じられる態勢で気を持った残心、納刀をする。
第二の相手であれ、第一の相手が死力を振り絞ってであれ、どの方角からでも何処に仕掛けて来ても、相手の攻撃を外して応じる稽古業です。
大森流(正座の部)の最も生き生きした素晴らしい業でしょう。

初発刀から機先を制して先、先と仕掛けて陽進まで稽古しました。陰退で後の先の心持を学ぶことになります。

|

« 神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事四本目當刀 | トップページ | 神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事六本目流刀 »

神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事四本目當刀 | トップページ | 神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事六本目流刀 »