« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

きのとひつじ(乙未、いつび)

平成27年2015年の干支(えと)は乙未(きのとひつじ・いつび)です。
羊歳(ひつじとし)は羊が未です。

干支を読むのカテゴリーで干支について書き出したのは庚虎(かのえとら虎年)2010年からでした。毎年同じようなパターンで庚虎・辛卯・壬辰・癸巳・甲馬そして来年の乙未です。
書き込んでから6年目の干支になります。

ヒツジは古代から人類に貢献してきた家畜ですが、日本では古代史にも顕著ではなく、日本の気候風土が飼育に適さなかったのでしょう、明治以降に羊毛を刈る為に定着してきたようです。
羊は衣料では身近ですが、食料としては北海道はともかく食卓に上るには今一馴染みが少なそうです。
何となく食わず嫌いなのは、その匂いと云われますが気になるものでは無いと思います。
羊は生後12か月未満の小羊の肉をラム、永久歯2本以上のメス又は去勢されたオスの肉はマトンと呼ばれています。

羊は、グリム童話やイソップ物語でお世話になっていますから身近な動物のように思えるものです。

1、干支

漢和大辞典によると。
十干の「乙」は、おつ・おち・いつ・きのと(木の弟)。
押さえてつかえさせ止める、また、転じて書物を読んで口調をとめるしるし、L字の原型。上から下へおさえる意味、植物がなお抑圧されて伸び出せず、地中で屈曲している状態、種が地中で時期が来るまで待機している様子。
ツバメを描いた象形文字。

十二支の「未」は、み・ひつじ・いまだ・ない。
木のまだのびきらない部分を描いた象形文字まだ・・していないの意をあらわす。

ひつじ(未)の「羊」は、よう、ひつじ。よい、めでたい。ひつじを描いた象形文字、おいしくて、よい姿をしたものの代表と意識され養・善・義・美などの字に含まれる。とあります。

十干
甲(きのえ、こう)・乙(きのと、おつ)・丙(ひのえ、へい)・丁(ひのと、てい)・戊(つちのえ、ぼ)・己(つちのと、き)・庚(かのえ、こう)・辛(かのと、しん)・壬(みずのえ、じん)・癸(みずのと、き)。

十二支
子(ネズミ、ね)・丑(ウシ、ちゅう)・寅(トラ、いん)・卯(ウサギ、う)・辰(タツ、しん)・巳(ヘビ、み)・午(ウマ、ご)・未(ヒツジ・び)・申(サル、こう)・酉(トリ、ゆう)・戌(イヌ、ぼ)・亥(イノシシ、がい)

2.還暦を迎える未年昭和30年1955年生まれの方々です。

伊藤蘭
所ジョージ
西城秀樹
上沼恵美子
江川 卓
明石家さんま
郷ひろみ
世良公則
アグネス・チャン
倉本昌弘
松山千春
川中美幸

3.きのとひつじ(乙未)はどんな年

昭和30年1955年
・第2次鳩山一郎内閣
・鳩山首相記者会見で中ソとの国交回復・憲法改正を表明
・後楽園ゆうえんち開場
・神武景気
・電気釜発売

明治28年1895年
・第2次伊藤博文内閣
・日清講和条約調印
・台湾総督府条例制定(軍政実施)
・樋口一葉「たけくらべ」
・京都で大日本武徳会設立

天保2年1835年
・11代将軍徳川家斉
・天保通宝百文銭鋳造、鉄銭
・仙台大地震
・華岡青洲没・田能村竹田没
・滑稽本・人情本流行

安永4年1775年
・10代将軍徳川家治
・幕府、参勤供衆の員数制限
・加賀千代没
・アメリカ独立戦争勃発
・ワット蒸気機関完成

宝永5年1715年
・7代将軍徳川家継
・幕府長崎貿易制限
・江戸に両替商・問屋仲間組合
・近松門左衛門「国姓爺合戦」初演
・新井白石「西洋記聞」

明歴4年1655年
・4代将軍徳川家綱
・江戸・京都市中法度公布
・かぶき者取り締まり

天正4年1595年
・後陽成天皇
・明将軍陳雲ら小西行長に講和を求める
・秀吉薩摩に検地
・オルガンチノ等京都・肥前に布教

天文4年1535年
・後奈良天皇・将軍足利義晴
・細川晴元本願寺証如を大阪に破る
・北条氏綱と今川氏輝、武田信虎を破る
・織田信秀三河に侵入松平清康に撃退さる
・朝廷狩野元信に唐絵屏風を描かせる

文明7年1475年
・後土御門天皇・足利義尚
・蓮如加賀一向一揆を忌避
・近畿に暴風雨・大阪湾に高波

応永22年1415年
・称光天皇・将軍足利義将
・幕府、伊勢北畠満雅討伐出兵
・興福寺東金堂再建

観応4年1355年
・北後光厳天皇・南後村上天皇・将軍足利尊氏
・南北両軍京都で戦う

正応3年1295年
・伏見天皇・将軍久明親王・執権北条貞時

嘉禎元年1235年
・四条天皇・将軍藤原頼経。執権北条泰時
・幕府僧徒の武装を禁ず
・京都に天然痘

安元元年1175年
・高倉天皇
・源空(法然)専修念仏

永久3年1115年
・鳥羽天皇

天喜3年1055年
・後冷泉天皇
・堤中納言物語できる

長徳元年995年
・一条天皇

承平5年935年
・朱雀天皇
・平将門の乱

貞観17年875年
・清和天皇

弘仁6年815年
・嵯峨天皇

以下省略

4.ひつじ年のことわざ

・愚かなる羊は豺狼にその身を談ず
羊は自分を狙っている山犬や狼に身の上相談をする。相手の見分けもつかない愚かさを言う。

・狐白を以て犬羊を補えば身其の炭に塗る
狐の毛皮で犬や羊の毛皮を繕うのは用途がふさわしくない。君子が小人と交われば世間からさげすまれる。

・読書亡羊 
書を読みて羊を失う、他のことに気を取られて本来の任務をおろそかにすること。

・千羊の皮は一狐の腋に如かず
羊の皮千枚でも狐の腋の下の皮一枚に劣る。凡人が何人集まっても一人の賢者に及ばないたとえ。

・羝羊籬に触る(ていようまがきにふれる)
牡羊は籬(まがき、垣根)に突っ込んで、引くことをしない。一歩引けば新たな道が開けることを知らない愚かさを笑ったもの。

・屠所の羊
死期の迫る事のたとえ。悲しみに打ちひしがれるたとえ。

・贄に赴く羊
上に同じ

・羊虎を仮る
他人の権力をかさに着るたとえ。外面ばかりで内容の伴わないたとえ。

・未の食い破り
未の日に取引相場の大変動があるという俗説。

・羊の番に狼
極めて危険、極めて残酷なたとえ。

・亡羊補牢
羊を亡くして牢を修理する。手遅れになってから事をはじめるたとえ。

・羊を以て牛に易う
よりよい様に工夫するたとえ。

・羊を駆って虎と闘わす
危害がたちどころに起るたとえ。

・亡羊の嘆
学問の道が複雑に分かれていて容易に真理を得られない嘆き、方針が多すぎて手のつけようのない事。

・羊頭狗肉
表面と内容が一致しないこと。

人類と長い付き合いをしているのに、あまり響いてこないのは何でしょう。
日本では羊との付き合いが最近だからでしょうか。
囲いに追い立てられる群れに、一生懸命生きている己を投影し、臆病そうな優しい目で近づき手ずからの草を食む姿に癒されます。

.きのとひつじ(乙未)はどんな年になるのでしょう。

そろそろ、夢を膨らませて頑張っただけの事がある年になればいいのですが、所得が増えないままに、まず気になるのは消費税の10%です。
11月21日に衆議院を解散して消費税の10%増税を28年4月まで延期する事を国民に問うと言う事です。景気の浮揚が思わしくないので先送りすると言う事でしょうがたった6カ月の延期で経済が浮揚する見通しなど少しも見えて来ません。
政治離れの浮遊層が投票しなければ、自民党を脅かす事は無いでしょう。

日銀の金の放出も、何処に行ったやら、企業の設備投資や個人融資など、少しも見えて来ません。無駄ずかいの為の国債を買って将来に禍根を残す事になる様で不安です。

日本企業がどんどん国内生産をやめて現地生産と云う名の下に海外へ進出してしまい、国外企業になっています。其の為に空き地と失業者が生み出されています。
景気浮揚など今の大手企業から望めるとは思えません。

オリンピックや復興など一時的な景気浮揚に惑わされていても、将来に向っての大きな変化はあり得ない事は解っているのに、相変わらず一過性の目先の事ばかりです。

東北も復興を急ぐのは当然ですが、今だからできる筈の将来性も高く豊かな価値を生み出し、海外へ東北から発信する様な地場産業の発掘育成や補助システム、海外に通じる港や飛行場などの計画も聞こえて来ません。相変わらず東北は田舎でいいのでしょうか。

原発の再開か自然エネルギーか九電の対応は、国の政策を見てもお化けです。
原発が一つも稼働していないのに電力は賄えています。コスト高を自然エネルギーに求める声に応えたら要らないという。
安全で無いものを世に送り出すのは、悪魔の心なのでしょうか。

地方の活性化と云ってもあなた任せで、金だけ出しても意味の無い事で、出したお金が少なくとも20年は、繰り返し価値を生み出し続けてほしいものです。

周辺国の空気も気になる中で、アメリカに依存して国を守れるわけもなく、自衛せねばと、ひたすら気張っても、繰り返されそうな自衛と銘打った戦争もさることながら、手先のように使われても困ったものです。かといってアメリカの若者に日本を守るために死んでくれとは言えません。
集団自衛権の重さをしっかり受け止め、二度とやってはならない事を覚悟をする年でしょう。
終戦後70年経ちました。戦争を知らない赤ん坊が70歳になろうとするのです。

来年の「きのとひつじ(乙未)」も歴史に刻まれます。

60年前のきのとひつじは(乙未)は昭和30年1955年でした。此の年生まれの方は還暦を迎えます。やり残した事を思い出して、歩き始めるので無ければならないのでしょう。
そうではなく、新しい息吹を作り出す意気込みで歩き出す若者達でなければならないのでしょう。

| | コメント (0)

神傳流秘書を読む 7.太刀合之棒二本目腰車

神傳流秘書を読む

7.太刀合之棒

 二本目腰車

 □砕に替る事なし□をながずして腰をなぐの違ひ也水車同前也

*□砕きは脛砕きでしょう。脛を薙ぐのではなく腰を薙ぐのです。

前回の業の、脛に打ち込む処を腰に打ち込むと替えただけの業です。
前回も同様ですが、「なぐ」は「薙ぐ」の文字を当ててみました。「打つ」と言っていない処を意識したのです。「薙ぐ」は、かる、そる、なぐ、横ざまに払って切る、また、倒す。
打つのとは違うので、足を引いて外すが言葉に準じそうな気がします。

此の業も第12代林益之丞政誠の英信流目録に残されています。
英信流目録 居合棒太刀合巻 棒太刀合之位 「腰車」
「是も同し事也棒を腰へあつるなり跡は何れも同じ」

*脛砕きと同じで脛では無く腰を薙ぐのです。

| | コメント (0)

2014年10月30日 (木)

神傳流秘書を読む 7.太刀合之棒一本目□砕

神傳流秘書を読む

7.太刀合之棒

 一本目□(脛)砕

 相手高山遣方棒を左の手にて持居る処へ相手打懸る処へ右の手にて棒を逆手に取り下を上にて合せ又一方にて□をなぐ又打込を此度は右を後へ引左身にて如前下を上にて合せ□をなぎ扨水車に取り廻し□(追)込み扨相手より又打込を我右身ならば下にするを棒の先を面に突付る心にて合せ勝也

*業名の始めの一字が読めません。月に旁は布です。二本目は腰車、三本目が小手上・・と順次上に上がっていますから、「脛」すねくだき「脛砕」でいいでしょう。河野先生の無双直伝英信流居合兵法叢書では「脛砕」です。

「太刀合之棒」ですから相手は太刀で遣方は棒での攻防です。
相手は刀を上段に構えています。遣方は「棒を左の手にて持居る処へ」ですから、棒中を左手で持って自然体で立つと思うのですが、次の「相手打懸る処へ右の手にて棒を逆手に取り」なので、此処は棒合と同様、左手で杖の様に突いて左足をやや前に半身に立ちます。

相手高山から遣方の左面に打込んで来る。遣方、右手を逆手にして左手の下方に持ち、右肩から廻して棒の下を上にして相手の打ち込みを右足を踏み込んで合わせる。
「又一方にて脛をなぐ」は、左手を後ろに引いて左肩から棒を廻し棒の上を下にして左足を踏み込み相手の右足脛を薙ぐ。
相手之を右足を引いて外す。

又、相手右面に打ち込んで来るを、左手を其の儘右手で棒を後ろに引いて右から廻し棒の下を上にして右足を踏み込み右半身(左身)になって相手の打ち込みを張る。
即座に左手を引いて棒を左肩から廻し左足を踏込み相手の左脛を薙ぐ。相手左足を引いて之を外す。

扨、引く相手を、棒を水車に取り廻し追込んで行く、相手態勢を整え真向に打込んで来るのを、我れ右身であれば「下にするを」は棒の先を少し下げておいて棒の先を相手の面に突き付ける心持で突き上げて合わせ勝。

坂橋流の「水車に取り廻し」はどの様にするのか不明です。
頭上で手を持ち替え水平に廻す、正面で手を持ち替え縦に廻す、右片手で8の字に廻す。
此処は水車ですから縦に廻すのが手附に従う事かも知れません。

この太刀合之棒についても第12代林益之丞政誠による安永5年1776年の英信流目録に残されています。原文のまま掲載しておきます。

英信流目録居合棒太刀合之巻 棒太刀合之巻一本目脛砕
「是は敵は太刀を上段にかむり我は左の手にて棒の中を持杖に突き楽々立合也敵ふみ込おがみ討に打所我は右の手にて棒の上のはしを逆手に取り右の足を一足引き右の手を下へさげ棒の下たのはしを太刀へ合せ右の足を一足ふみ込み右の手にて持ちたるはしにて敵の左の脛を打ち先をさげ左の手を上へあげ討也
敵亦討所をさげておるはしにて太刀をはね躰をかわり左の手にて持たるはしを敵の左の脚へ当て我も左の足をふみ込み棒を跡へくり出し車の如くかまえる也
其の所を敵我が足を片手にてなぐる也
それより水車を廻し追込む也
但し棒は右で二つ左で二つづつ廻していくつも廻し行うく迄追込む也
右の手の行たる時追い留り候えば(?)敵拝み討に打所を下たより棒の先にて拳をはね上げ亦我も其儘棒の先にて拝討に打なり
敵其所を請て我が棒の先を左の手にてとり右の手にて持たる太刀を我がみけんへ討也
我其所を左の片手にて棒を上へさし上げ右の手にて棒の前えより敵の右の手首をとり棒を前へおし手を我が方へ引きかためる也
俗に云棒しばりなり
亦左の手が先へ出てくる時追當りたれば先をさげ持て敵討所を真見合へ棒の先をさし付右の手を下げてかためる也」

*英信流目録の太刀合一本目は脛砕ですが、神傳流秘書に初めは同じようなものですが、水車の廻し様は「右で二つ左で二つづつ」の様に幾つも廻して追い込んで行く、廻し方は右、左持ち替えなのか、両手で廻し右廻り左廻りか口伝でしょう。
廻す位置も頭上か正面か左右脇か・・?。
棒縛りの技が加わっています。
是は棒術の各流派に伝わっている、普通の技法でしょう。
我、真向に拝み討つと相手たまらず棒を左手で掴んで、右手で太刀を振り下して来るのを左手を差し上げて相手の腕を留め右手で相手の腕を取って棒を押し、右手を引き込んで「棒しばり」にする。
棒しばりにしないで神傳流秘書の様に面(眉間)に突き込むのも伝えています。
業は他流を取り入れたり、新たな発案により進化する見本のようなものです。
此の業で坂橋流棒術の多くは語られている様に思えます。

| | コメント (1)

2014年10月29日 (水)

神傳流秘書を読む 6.棒合五本目込入

神傳流秘書を読む

 6.棒合

 5本目込入

 追込の如く両方立合我足を一足づつ引上下合せ相手打込むを中にて請下にて合せ張如前勝也

*「追込の如く両方立合」ですから、一本目の様に双方棒を左手で杖に突き左足をやや前にして左足先に棒を突いて立合う。

相手、右手を左手の下方に棒に添え右から廻して遣方の左面に右足を踏み込んで打込んで来る、遣方は左足を引いて同様に右手を左手の下方に添え右から廻して之を上で請ける。

相手、右手を其の儘に左手を引いて棒の下を取り、左から廻して左足を踏み込んで遣方の右足に打込んで来る、遣方は右足を引いて同様に右手を其の儘に左手を引いて棒の下を取り左から廻して左足の前で之を請ける。

相手、更に左手を其の儘に右手を棒の上に取り右から廻して右足を踏み込んで真向に打込んで来る、遣方は左足を引いて両手で棒を頭上に捧げ棒中で之を請ける。

相手、更に左足を右足に引き付け、棒を右肩に取り右足を踏み込んで遣方の右足に打込んで来る、遣方左足を引き右足も追い足に之を下にてはり請けに請けるや左足を右足に引き付け、右肩から棒を廻し掛けて右足を踏込み相手の左面に打込み勝。

相手前へ前へと攻めて来るのを一足づつ下りながら之に合わせ、真向に打込んで来るのを頭上に十文字に請け、更に足に打込んで来るのを下がりながら張り受けに合わせるや、攻めに転じて廻し掛けて踏み込んで打ち込み勝。

此の業も第十二代林益之丞政誠による英信流目録の居合棒太刀合巻棒合五つより「込入」が参考になります。
「是は楽々棒の中を持ち先の如く立合也敵より上え打懸る所を我も右の上えにて請け右の足を一足引き敵左の下を出す也其時我も左の下たを合せ左の足を一足引き敵亦上より討所を両手にて両端を取り左の足を踏み込み十文字に請け下た下たとはねる也仕廻は右の足にて詰る也。

棒の中を持ちは、二本目の立合が左手で棒の中を持って相対して立合うでした、右手で棒の上の端を逆手に取って、相手が右面に打ち懸けて来るのを、同様に足を踏み替え、左足を踏込み右の上で請ける。
相手右足を一足引いて、左の下を打って来る、其の時我も右足を踏込み左の下で合せる。
相手左足を一足引いて、真向に打込んで来るので、これを両手を棒の端に取り左足を踏み込み十文字に顔面上で請ける。
十文字に請けるや、相手棒を左膝・右膝と足を踏み替えつつ打込んで来るのを、我も右足を踏込み替え左膝、左足を踏み替え右膝と合せはね、しまいは右足前にて詰める。

英信流目録の方は相手が後退しつつ打込むのを、追い込んで合わせて行きます。神傳流秘書は相手に攻め込まれ後退しつつ機を見て追い込む様で同じ業とも云い難いのですが之も追い込んで勝つか、後退して勝か、何れも稽古して見るものでしょう。

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

神傳流秘書を読む 6.棒合四本目行違

神傳流秘書を読む

6.棒合

 4本目行違

 両方右の手にて棒を引摺り右あいに行違ふ時見返りて下を上にて合せ又一方を上にて合せ又一方を下にて合張如前打懸て勝

*打方、遣方共に右手に棒の中ほどを持って引きずるようして右側を行き違う。
行き違ってお互いに振り向いて見返り、左足出たとき棒の上を左手で持ち、右手を逆手に持ち替え、右に廻りながら右肩に棒を振り上げ、左足を右足に引付、右足をやや斜め右に踏み込んで相手の左面に打ち込み双方棒を合わす。ここが「見返りて下を上に合せ」の部分になります。

「又一方を上にて合せ」は、右手を其の儘、棒を左手で後方に引き寄せ握りを持ち替え棒の上を下に下を上にして左肩に廻し、左足を踏み込んで相手の右面に打ち込む、相手、同様に棒を左肩に廻し右足を引いてこれを棒で受ける。

「又一方を下にて合張」は双方、左手を其の儘、右手を後方に引いて棒の上を下に、下を上にして右肩から廻して右足を踏み替え相手の出足に打ち込む。

「如前打懸て勝」は、三本目請込の業の「扨一方を廻し掛て勝」を再現します。
合張るや棒を右肩から廻し右足を左足に引き付け、相手右足を引いて撃ち込まんとするを右足を踏み込み相手の左面に打ち掛け勝。
これでは「廻し掛けて」が理解できていない気もします。相手の棒を巻き落とすのも考えてみるのですが、私は剛力をもって戦うことを良しとしないのでこのようです。

棒術には流の掟があろうかと思うのですが坂橋流の棒は失伝していますから、手附を元に稽古を繰り返し、身に着けて最も良さそうな技を選んでみるのも面白そうです。

棒は、上も下も、物打もありません。自由に扱えますがそれだけ厄介です。
足の踏み替えを入れてみました。

第12代林益之丞政誠による英信流目録居合棒太刀合巻棒合5つ「引違」
「是は楽々右の手にて棒の端を取り引違う也其引違い様に左の手にて棒の中を取り右の手をさげ棒の下を上げ上にて亦合せ亦下た下たと合也仕廻は右にて詰る也」

*神傳流秘書は「行違」ですが英信流目録は「引違」です。この違いは「行」の草書体と「引」の草書体の読み違いとも取れますが、棒を引きずって相手と擦れ違う訳でそれ以上追及しても原本が見当たりませんので意味はないでしょう。

右手で棒の中ほどより上をもって、後ろの端を下げて相手とすれ違います。古伝の稽古では指定がなければ相手も同じ様に構えるものです。
すれ違うや棒の中ほどを左手で逆手に持ち、振り向きざま棒の下で相手の右面を打つ、合わされて即座に左手を引いて棒を返して相手の左面を打ち、合わされるやその足のまま相手の左膝を打ち合わされて足を踏み替え相手の右膝を打ち、合わされて足を踏み替え右足を踏み込んで水月を突く。

同じ様な手付でも、棒は刀と違って、棒の上でも下でも、様々な攻防が可能です。
失われた坂橋流棒の掟は棒術の錬度次第で蘇ってくるかもしれません。

 

| | コメント (0)

2014年10月27日 (月)

神傳流秘書を読む 6.棒合三本目請込

神傳流秘書を読む

6.棒合

 三本目請込

 打って懸るを中にて請下にて合せ一方にて張尤立合請込は一つに続け遣う扨一方を廻し掛て勝

*坂橋流の棒合の三本目は「請込」です。鞘木刀を使った仕組(組太刀)の太刀打之位で4本目に「請入」という業がありました。曽田先生のメモ書きに「請込」共云う、とあります。此の組太刀は大江先生に依る英信流居合之型の三本目独妙剣です。
この棒の動作とは業名のみ同じで関連性は無さそうです。

どの様に双方立って始めるかは書かれていませんが、前の2本が左手で棒を持って左足前で経ちましたから、同じように左手で棒を杖につくでいいでしょう。
ちょっと変えて、此処は右手で棒を乳の高さ位に持って右足前の右半身で杖について立ってみます。

相手の構えは一本目にある様に我と同様にして立つ。古流剣術の常道です。

相手、棒を振り上げて遣方の真向に右足を踏み込んで打ち懸けて来るのを、「中にて請」ですから遣方、左足、右足と追い足で退り、左手を棒に添え両手で頭上に一文字に請ける。

相手、更に棒を振り上げ右足に打込んで来る、「下にて合せ」ですから、遣り方左足を右足に踏み替下で合わせる。
「一方にて張」は同方向にと読めるのですが右足を引いてしまいましたから「もう一方にて張り」として、更に左足に打ち込んで来るのを、右足を踏み替え同時に棒の先を左手に摺り込み、右手を棒中にして右上から、相手棒を張りこみ左足を踏み込み相手棒を左に廻し掛けて相手面に打込み勝。

古流剣術の切先の方向と、左右の足捌きの有り様を参考にし、踏み替え足を基準にして見ました。
正中線に対し筋をかわし乍ら受け打つのも同様です。

但し「尤も立合請込は一つに続け遣う」の文言が立ちはだかっています。
十文字に請け、右下、左下と下で請けるにしましたが、相手は右下・右下と来るかもしれません。

業名の請込から相手の攻撃を請けつつ勝ち口を得る様にしました。十文字請けして右下で合せ、即座に攻撃に出て相手の出足に張りこんで相手が合せるや、廻し掛けして面に勝も有でしょう。

第12代林益之丞政誠による英信流目録居合棒立合巻棒合五つ「請込」
「亦上より打所を両手にて棒の両端をとり十文字に請下た下たと張る也仕廻は右にて詰る也」

この場合は、十文字受けは同じですが、其の後遣方は相手の左下、右下と張り込んで、最後は右足を踏み込んで水月に詰めるでしょう。
時代の進化でしょうか手付の動作が変わっています。英信流には昔から先師の教えを変える癖があるようです・・・いやより有効な技の進化でしょうか。
と云うよりも。実戦に則した形は相手の攻撃に如何様にも応じられる無形である事を教えてくれている様に思っています。
抜けだらけの古伝がこれで良いのではないかと思い始めています。

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

神傳流秘書を読む 6.棒合二本目立合

神傳流秘書を読む

6.棒合

 二本目立合

 如前立合棒を逆手に取り下を上にて合せ又下にて合せ巻捨る前の通り持立合たる時両方右の手に取り足を引て下を上にて合又下にて合遣方より左へ巻捨る

*前の如く立合う、ですから棒を杖に突いて左足先に立て、左手で胸の辺りに添えて右足をやや引いてやや半身に双方立って出合います。
「棒を逆手に取り」は左手の下方に右手を拇指を下向きに逆手に添え、「下を上にて合せ」は棒を、右肩から廻して地に突いていた棒の先を上にして、左面に打込んできます。我も同様にして左足を引いて之を請け、即座に左手を引きつつ、棒の先へ右手を滑らせ、左肩から廻して左足を踏み替え左手を前にして相手の右足を打つ、相手も同様にして右足を踏み替え之を請ける。
相手請けるや、下らんとする処、遣方より棒の先を上げつつ相手の棒を左に巻き捨て、棒の先を相手の水月に詰める。

此の業も、第12代林益之丞政誠による英信流目録より居合棒太刀合巻棒合五つ「立合」から神傳流秘書に無い動作を学んでみます。
「是は楽々左の手にて棒の中を持ち近く立合也楽々右手にて棒の上のはしを逆手に取り右の足を跡へ引き逆様に合せ亦楽々右の手を上えあげ下たを合せ巻き捨るなり」

英信流目録では、棒の中を持って立合い、棒の上を右手を逆手に持ち右足を引いて右面に打込んで双方合わせています。
打込み合わせるや、右手を引いて左手を棒の上に滑らせ右手を上に上げ乍ら右肩から廻して相手の左足に打込む、相手之に合わせるを左に巻き落とし水月に詰める。

左右が逆になりましたが、棒を杖にして立った時の右手の左手に対し上を持つか下を持つかの違いでしょう。
棒は持ち手によって幾つもの変化が作り出せる良い例でした。

| | コメント (0)

神傳流秘書を読む 6.棒合一本目追込

神傳流秘書を読む

6.棒合(是は坂橋流之棒也と言)

 一本目追込

 上下上下と合張り又一方を打懸て勝両方棒を左手にて持ち杖に突立合上を合下を合又上を合又下を合遣方より一方にて張り又一方を打懸て勝也

*棒の一本目は棒合です。棒と棒の攻防です。この棒合は坂橋流の棒術といいます。
坂橋流棒術の謂れは不明です。

棒と杖の違いを調べてみたのですが、どうも区別がなさそうです。

棒:ぼう、人を打つためのぼう、木を両手で捧げ持つ木の棒、棍(こん)は丸く太い棒。杖は長い棒。
手に持てるほどの細長い木・竹・金属などの称。

棒術:武芸の一つ、棍棒を得物とする武術。

杖:じょう、つえ、歩行を助けるため手にもつ長い棒、人をたたく長い棒、丈は「十たす手の会意文字で、手尺の幅の10倍の長さをあらわす。長い棒。

杖術・杖道:武道の一つ、剣道の一部門で剣の代わりに樫の丸木杖を用いる。江戸時代初め、夢想権之助勝吉の創始。

仗:じょう、こん棒や長柄の武器、長い木の棒。
長さの単位尺の10倍約3m、杖。

木剣ショップのカタログでは、棒は5尺・6尺で杖は3尺・4尺2寸1分で太さは8分・9分・1寸で八角の一寸のものもあります。

この坂橋流の棒はどの様な長さを基準にしたのか不明です。
独り稽古には4尺2寸1分の杖が自宅でも振れますし、短かすぎると言うこともないでしょう、其の上移動にも邪魔になりません。

双方とも棒を左手に持ち杖(つえ)に突き立合う。
左手の位置は杖ならば杖の上を掌で被せてもいいでしょう。6尺の棒ならば、肩の高さか乳の高さでしょう。
肩幅に両足を開いて自然体に立つか、左足前に右足をやや下げて左半身に立つ。棒の位置は左足先前に突きます。

坂橋流は打方は相手と表現しています。仕方は遣方と云っています。
矢張り相手が先に仕掛けて来るのに応じるのでしょう。

一本目は追込ですから、その場での足の踏み替えに依る攻防では無く、遣方が追い込んで行く打方は下って行く打ち合いを想定して見ます。

双方棒を左手で杖を突く様に胸前に持ち、左足先に付け右足をやや後ろに退いた左半身に立つ。
打方、棒を持つ左手上に右手を添え、左手を滑らせて棒の下方を持ち右足を踏み込んで我が左面に打ち懸けて来る、我も同様に右足を踏み込んで相手の棒に打ち懸けて之を留める。
我れ透かさず左足を右足踵に踏込み棒を右肩に取るや右足を踏み込んで打方の右足に打込む。
相手棒を右肩に担ぎ打込まんとするが、遣方に攻め込まれ右足を引いて左足に引き付け左足を引くや、右足前で遣り方の棒を請ける。

遣方、棒を立て、左手を右手に滑らせ、左肩に取るや左足を踏み込んで、右手を左手の後方に持ち替え相手の右面を打つ、相手右足を引いて之を請ける。
遣方、透かさず右足を左足に引き付け、棒を左肩に担ぎ、左足を踏み込んで相手の左足に打込む。
相手、左足を右足に引き付け、右足を引いて之を請ける。

遣方、棒を立て、右手を左手に滑らせ、右肩に取るや右足を踏込み相手の左足に打込む、相手左足を後ろに引くや之を請ける。
遣方透かさず左足を右足に引き付け、右足を踏み出し相手の左面を打ち勝。

古伝は発想が豊かでないと解きほぐせません。
坂橋流の棒の有り様は失われています。

幸い十二代林益之丞政誠による英信流目録に棒の業が残っていました。原文の儘とします。
安永五年1776年英信流目録棒合五つ「追込」
「上え下た上え下た下た右を打出す時は右の足を先え出し左の下を合する時は左の足を出し仕廻は右の足にて詰る也」

現在稽古されている棒術に照らして稽古するのも良いのですが、現代居合の体裁きで自分流に稽古するのも良いでしょう。

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事十本目打込

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 十本目打込

 相懸又は打太刀待処へ遣方より請て打込み勝

*この業の文章は判読し難いので困ります。
打太刀待つ処へ又は相懸りに懸るのでしょう。
前回の心明剣が打太刀上段、遣方納刀。絶妙剣が双方上段でしょうから、此処も双方上段で行きます。
「遣方より請て打込み」は、上段に構え相懸りにスカスカと歩み寄り、[遣方より請て]では、打太刀が打込んで来るのを遣方請けて、直ちに打込んで勝様にも読めます。。
それとも、遣方より打込まれるのを打太刀請けて、直ちに打込んで打太刀が勝ってしまっては仕組みの意味が根底から外れてしまいます。

一刀流の切落としや新陰流の合し打ちとも意味合いは同じでしょう。合し打ちは相手の打ち込みに瞬時遅れて打ち込みます。その辺の呼吸を「遣方より請て」と書き表したのかもしれません。
政岡先生は「斬り結ぶのみ」としています。
是では、伝書の意味とは同じように思えなくて首を捻っています。
動画で見たり、稽古を見ていますと、大方はこの斬り結びで終わらせていますが、このような殺陣(たて)まがいの稽古ではこの打ち込みから得られるものは無さそうです。

曽田先生の業附口伝によりますと「(伝書になし口伝あり) (留の打込なり)仕打中段、双方真向に物打にて刀を合はし青眼に直り退く」
この業附口伝は、合し打ちを暗示しています。「双方真向に」を稽古し、相手に打ち勝つ技を手に入れなければただの見世物です。「物打にて刀を合し」ばかりが上手くなっても意味なしの様です。
失念してしまった技のように思えてなりません。

曽田先生はメモで神傳流秘書の太刀打之事には十本目打込は無かったと言っているのです。それでは誰が何時書き込んだのでしょう。そしてその証はどの伝書に依るのでしょう。

口伝とは、当時の(昭和初期10年頃)田口先生に指導を竹村静夫先生と請けておられますからその辺か実兄の土居亀江あたりによる口伝でしょう。証明できません。十本目打込ですから留の一本「合し打ち」で遣方が打太刀の打ち下す刀に勝事を習うべきでしょう。

此処までで、大森流(正座の部)、英信流(立膝の部)、太刀打の所謂初伝、中伝を終ります。
稽古の順序は、大森流と平行して太刀打之事はぜひ稽古しておきたいものです。
太刀打は決して高段者のものでは無いと思います。
居合は一人稽古による空間刀法ですが、稽古では常に相手を認識する習慣が欲しいものです。
そして体軸を基とした左右の使い様の認識が出来て来るからです。
他の武術では柔道、合気道、空手、太極拳などをされる方はどんどん先に進めるはずです。

次回から第九代林六太夫守政が神傳流秘書で伝える坂橋流の棒になります。
棒は、足と手と体の捌き方を覚え間と間合いを覚え、手の内の軟らかさも助けてくれます。
棒は自由です。

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事九本目心妙剣

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 九本目心妙剣

 相懸也打太刀打込を抜なりに請て打込み勝也打込む時相手の刀をおしのける業あるべし

*打太刀上段に構え、遣方刀を鞘に納め、合懸りにスカスカと歩み寄り、打方真向に打ち込んで来るのを遣方抜くなりにこれを受ける。遣方左手を柄に添え、左足を踏み込み打太刀の刀を右下に押し退ける様に落とし上段に振り冠って右足を踏み込んで打太刀の真向を打つ。

相手が打ち込んで来て片手抜きでこれを、顔前頭上に請け止める、左手を柄に添えて強引に押し退ける様にしてみますが、力押しで余り良いとは思えません。
打太刀が再び打ち込まんと上段に振り上げんとする機を捉えて押し退けるべきでしょう。
あるいは、我れが右足を少し引いてフット拮抗を破ってその機に押し退けるべきでしょう。
剛力を頼りでは稽古の必要はないでしょう。

あるいは、打太刀の打ち込みを抜き受けに受けるや体を左に転じて押し退けるように擦り落としてしまうとか研究課題でしょう。
大人のチャンバラでは太刀打之事はないはずです。

曽田先生の業附口伝心明剣
この業附口伝は谷村先生、五藤先生による業附口伝です。
「是も相懸りにても相手待ちかけても不苦敵は真向へかむり我鞘に納てスカスカと行也
其時我片手にて十文字に請る也其儘敵引也スグに我打込勝也気合大事也云々
最後に打込む時は敵の刀を押し除ける様にして左足を踏み込敵の首根に打込む也」

曽田先生の業附口伝が古伝を補っているようです。

政岡先生は、「額前で十文字に受けるや直ちに左手を柄にかけつゝ左足を踏み込み体を開きながら刀を右下にまき落とし刀を後ろからまわして首根を斜めに切る」と見事に相手の打ち込みを瞬時に受けていなしています。

ここは、右足を踏み込み相手打込むのを、抜き請けに片手で受けるや柄に左手を添え、左足をやや左前に踏み込むや体を開き、相手刀を右に巻き落し、廻し打ちに斬り込む、をごつごつとせず流れる様に当たり拍子に捌く事が出来れば良いのでしょう。

| | コメント (2)

2014年10月23日 (木)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事八本目絶妙剣

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 八本目絶妙剣

 高山に構へ行て打込み打太刀より又打込を請て相手の面へ摺り込み相手肩へ取る(請くる時は切先に手を添え頭の上にて十文字に請け留むるなり)

*「高山に構へ行て」は遣方高山、打太刀高山でしょう。
高山の構えは、上段です。この流の上段はどのように構えたかは不明です。大森六郎左衛門に第九代林六太夫守政が剣術の指導を受けたという事ですと新陰流の雷刀と思われます。竹刀剣道の上段とは違って左拳を頭の上まで上げ額より前に出ない様にし、太刀の角度は45度位後、太刀を振り上げる時肩を下げる意識で肘を拡げます。
竹刀打ちに見られる、肘をすぼめて構え、肘をすぼめて打込むのとは違うと思われます。
現代居合は竹刀剣道の統一理論に合わせる指導者によって失念したと思われます。
河野先生の大日本居合道図譜に於ける上段は、「我が両拳の下より敵の頭上を見下ろす心持ちにて刀を頭上に把り剣先は高く構ゆ」ですが、左拳は額のやや上前、刀は45度で両肘の間から敵を覗き見する様です。是は一刀流の上段でしょう。

打太刀は前回の独妙剣で中央から五歩退いていれば合い進み、留まっていれば待ち掛ける、双方上段に構え、遣方スカスカと歩み行き、間境を越すや右足を踏み込んで打太刀の真向に打ち下す。打太刀右足を少し引いて頭上にて十文字に請ける、打太刀右足を踏み込み遣方の真向に打込む、遣り方之を頭上にて左手を物打ちに添え十文字に請けるや打太刀の刀を右に摺り落とし打太刀の面へ摺り込み勝。「相手肩へ取る」は打太刀摺り込まれて一歩下って八相に取り負けを示す。
この遣方が十文字請けして摺り込む方法についてですが、右手を左手よりやや高く取ります。
物打下辺りに左手をやや低く添えます。
其の添え手は、一般に拇指と食指の股に刀の棟を挟む様にして添えるのを指導されますがそれでは、真向に打込まれた場合砕かれてしまいます。
刀の棟が食指の第3関節から小指の下のふくらみに掌を斜めになる様にして顔前頭上に左手を右手よりやや前にして刃を上にして受けます。
十文字請けした処を支点にして左足を踏み込んで打太刀の右面に切先を摺り込みます。

曽田先生による五藤先生の業附口伝絶妙剣(独妙剣と業名が変わっています)
是も同じく抜也敵待かけても相懸りにても不苦八相にかたきてスカスカと行き場合にて打込也其時敵十文字に請て又我が真向へ打込也其時我又本の儘にて請け面へ摺り込み勝也(我請たる時は左手を刀峯に当て次に摺り込み勝也)(摺り込みたる時敵刀を右肩に取る 曽田メモ)

此処は古伝も業附口伝も上段と八相の違いで同じ様です。
租の違いは、古伝神傳流秘書は真向打ちです、五藤先生の業付口伝は八相からの打ち込みですから相手の左面へ打込み請け止められ、相手真向に打ち込むでしょう。

この絶妙剣は大江先生の英信流居合之型からは外されています。相手と間を十分詰めて打込ませ、両手十文字請けと摺り落とし、勝つ位と敗ける位を学ぶ良い業でしょう。

後に出てくる詰合の五本目鱗形が座して行う同様の業です。

| | コメント (0)

2014年10月22日 (水)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事七本目独妙剣

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 七本目独妙剣

 相懸也打太刀高山遣方切先を下げ前に構え行場合にて上へ冠り互に打合尤打太刀をつく心持有柄を面へかへし突込み勝

*独妙剣の業名は大江先生が英信流居合之型を独創する際、太刀打之事を捨て去るつもりでしょうか、英信流居合之型の四本目に盗用しています。
業名を使っただけで内容は異なり太刀打之事の五本目月影の変形です。
古伝を改変して中学生向きに、あるいは当時の状況に則した業を独創するのは仕方が無かったことかも知れません。

古伝を消してしまう様にされたと思われるのは如何なものかと思います。
この辺の経緯はどこにも見当たりません、日本の伝統芸能に於ける宗家制度の独創性の習いの一つかもしれません。
消されたものは稽古される事も無くなり自然消滅してしまいます。それにより時代遅れにならずに現存する原動力になって行くのかもしれません。
今時の、責任感の乏しい未熟な委員による多数決の選択よりは、適切でよい場合もあるものです。

*打太刀上段、遣方「切先を下げて」は下段に構え、互いにスカスカと歩み寄る、遣方切先を打太刀の喉を突き上げるように上段に振り冠り、双方真向に打合、拳を合わせ押し合い、打太刀退かんとするのに乗じて、遣方右足を踏み込んで柄を突き上げて打太刀の顔面に突き当て勝。
打太刀の退かんとするに乗じた面への突き上げとしましたが、拮抗した鍔迫り合いを、遣方右足をどんと踏み込みその拍子に柄頭を突き上げ左足を踏み込んで打太刀の顔面を打つのも一つです。
押し合いの拍子を利用して下から相手の腕をかち上げる事も出来るでしょう。

曽田先生の業附口伝七本目独妙剣(谷村先生・五藤先生の業附口伝では七本目絶妙剣の業名が該当します)
「仕下段・打八相、是は我前へ切尖を下スカスカと行き場合にて互に拝み打に討也敵と我とは拳と拳と行合其時すぐに面へ柄頭を突込て勝也
相懸りにても敵待ちかけても不苦我鍔ぜりとなるや右足をドンと踏み直に左足を踏み込みて敵の拳の下より人中に當てる打の構え不明なるも八相ならん」

この業は後に出てくる詰合の八本目眼関落に同じと言えます。ここで稽古しておきます。
「眼関落:是も互いに立ち敵も我も真向へかむり相懸りにてスカスカと行き場合にて互に拝み打に討也其の時敵の拳と我拳と行合也其時我すぐに柄頭を敵の手元下より顔へはね込み勝也(右足をドンとふみ急に左足を踏み込む也)互に五歩退り納刀以下同じ」

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

神傳流秘書を読む 5、太刀打之事六本目水月刀

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 六本目水月刀

 相手高山或は肩遣方切先を相手の面へ突付て行を打太刀八相へ払ふ処を外して上へ勝つ或は其儘随て冠り面へ打込み勝も有り

*打太刀上段或は八相に構え待つ、遣方青眼に構え切先を打太刀の面へ突きつけてするすると間境を越して打太刀の面に突きこんで行く、打太刀思わず八相に払う処、遣方左手を上げて切っ先を下げ、これを外し左足を左前に踏み込み右から上段に振り冠って右足を踏み込み打太刀の真向を打つ。
あるいは、払われるに随って、左足を左前に踏み込み巻き落とすように上段に振り冠り右足を踏み込み打太刀の真向を打つ。

曽田先生の業附口伝による水月刀
仕太刀中段、打太刀八相、是も相懸りにても敵待ちかけても不苦、敵の眉間へ我太刀の切尖を指し付けスカスカと行也敵我太刀を八相にかけてなぐる也其時我すぐにかむりて後を勝也

*この業附口伝は谷村先生、五藤先生から伝わったもので、曽田先生と竹村静夫先生が昭和11年1936年に陸軍戸山学校で演じたものだそうです。神傳流秘書から200年位後のもの事です。
これは大江先生の英信流居合之型では消されてしまいました。切っ先を相手の喉元に付けてスカスカと間境を越す、相手は何をするのかと構え待つ、ハッと思った時喉元に切っ先が迫っている。
良い業だと思いますが打太刀が耐えられずに払うのに応ずるなどは中学生には形だけになって難しかったのでしょうか。
それとも、あり得ない業としてみたのでしょうか。
太刀打之事三本目の請流と似ていますので捨てたとも取れます。
繰り返し稽古する事で三本目請流と六本目水月刀の違いを理解して見る事も必要でしょう。
次の七本目独妙剣は大江先生は是も捨てています。五本目月影と似た所もあるのですが全くその業のポイントは異なります。

太刀打之事は初心者が居合よりも先に学ぶべきもので、間と間合い、手の内、十文字、輪之内等を学ぶもので、決して申し合わせの演武用の遊戯では無いでしょう。

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事五本目月影

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 五本目月影

 打太刀冠り待所へ遣方右の脇に切先を下けて構へ行て打太刀八相に打を切先上て真甲へ上て突付て留め互に押相て別れ両方共車に取り相手打をはつす上へ冠り打込み勝

*此の業は大江先生の鍔留の基になったものでしょう。
この手附に従って打つのは間と間合いの在り様を心得る必要があります。
遣方は前回の請入で中央から青眼の構えで五歩退き元の位置に右足前で立つ。
打太刀は其の儘青眼に構え、遣方が元の位置に立つや、右足を引いて八相に構える。
遣方は、右足前の儘、下段に切先を下げ、切先を右に右下段に構える。
右下段の切っ先は相手左膝に付ける心持でしょう。
遣方スカスカと間合いに踏込むや打太刀八相に遣方の左面を打って来る、遣方切先を上げ、打太刀の真向へ付き付ける様に突き込んで打太刀の打ち込みを留め、互に拳を合わせ押し合い後方に別れ双方とも脇構えに取る。
この脇構は幾つかの形が有りますが、特に指定されていません。しっかり相手に刃を見せて構え瞬時に斬り込める体勢を作るのを学んで見たい所です。
打太刀が遣方の出足を車から斬って来るのを左足を引いて外し上段に振り冠って、打太刀の真向に打込み勝。ここは上段に振り冠らず八相に打つもいいかも知れません。

曽田先生の谷村、五藤先生の業附口伝の月影
「是も同じく抜て居る也相懸りにても敵待ちかけても不苦敵八相にかたきて待ちかくる也敵八相に打処を出合て互に押合又互に開き敵打込む処を我左足を引き立直りて打込み勝也」

大江先生は此の月影を鍔留の名称に変更し、打太刀青眼からの真向打ちを、遣方は下段から上段に振り冠って物打で真向相打ち、拳で押合い脇構えに取り、打太刀の出足への打ち込みを遣方は出足を引いて外して真向に打込みます。

脇構えから、打太刀は一旦上段に振り冠って遣方の出足を身を低め斜めに斬り付けます。
遣方も車から上段に振り冠って真向に打込みます。

大江先生の鍔留は、古伝の遣方下段の構えを残して、双方上段からの真向打ちの相打ちとしています。
古伝は明らかに打太刀の八相で左面もしくは左肩への打ち込みを右下段から遣方は打太刀の喉を突く様にして摺り上げて留めています。打太刀の打込みが厳しい場合は、摺り落ちて鍔によって請け止める事も有ろうかと思います。
大江先生の名のみの鍔留に反応している処ではないでしょう。

即座に双方踏み込んで、拳を合わせ押し合う拮抗した状況を打太刀の押して引くに応じて、双方脇構えになり、打太刀は即座に踏み込んで遣方を攻め、遣方はそれを外して討ち込むすさまじい業です。
大江先生が双方真向打に替えたのは中学生に古伝は危険と判断されたとも思われます。

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事四本目請入

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

4本目請入

前の如く打合相手八相に打を前の如くに留め又相手より真甲を打を躰を右へ開きひじを切先にて留勝

*「前の如く打合」この神傳流秘書も省略が多くて其の都度前に戻らなければなりません。
秘伝は毛筆に依る手写し書きでは「前の如く」で省略したくなります。
この、手附で気が付きましたがここでは打太刀を「相手」と書いています。
気になる処ですが相手と書いたり打太刀と書いたり、我を遣方と書いたり我は当然として「相手八相に打を前の如くに留」と云う様に省略してしまったり、統一性が見られなくてマニュアル育ちには古伝は不向きです。
其の上句読点もないので、切る処を間違えると違う意味になってしまう事も有ります。

前の如くは三本目請流しです。
「遣方も高山相手も高山或は肩へかまへるかの中也待処へ遣方歩行右の足にて出合ふ打込を打太刀請け扨」の文章が省略されて「前の如く打合」となります。

三本目請流を終え、互に中央で刀を合わせ(此処は打太刀三歩進み遣方三歩下る)、打太刀は其の儘、遣方は五歩退き元の位置に戻る。
打太刀、遣方共に高山、または八相に構える。
遣方スカスカと歩み行き間境を左足で越すや右足を踏み込んで打太刀の左面を打つ、打太刀右足を踏み出し八相にこれを受ける。この受太刀は刃で受けるのがこの流では当たり前ですが摺落とすように受けるのも工夫でしょう。
打太刀、逆八相から右足を引くや遣方の右面を打つ。遣方左足を踏み込んで打太刀の打ち込みを受ける。
打太刀左足を引いて上段に構え真向に打ち込まんとする。遣方右足を右斜め前に踏み込み右半身となるや打太刀の打ち下さんとする左肘を切っ先にて斬り左足を右足後方に摺り込む。
打太刀右足を少し引いて青眼に刀を下ろし、遣方左足を正面に戻し右足を追い足にして付け、打太刀右足より三歩出て、遣方左足より三歩退き刀を合わせ、打太刀其の儘、遣方五歩下がり元に戻る。

長くなりましたが足をつけてみました、演武会ではそれらしく足踏みをつけて気位を見せますが、何歩などを思ってやるべきものでは無いと思います。
古伝の短い文章をイメージして打ち合う、そのうち自然に理にかなった足の動きになるようになるはずです。
打つ、受けるも少しも留まることのない自然な動きになるはずです。

曽田先生の五藤先生、谷村先生業附口伝太刀打之位請込
「是も同じく相懸りにても敵待かけても不苦請流の如く八相にかたぎスカスカと行て真向へ打込也敵十文字に請て請流の如く裏より八相に打其処を我も左の足を出し請流の如く止むる也敵其時かむりて表より討たんとする所を其儘左の肘へ太刀をすける也」

*「左の肘へ太刀をすける也」の「すける」は「すく」で削ぎ切る、転じて掬い切るかもしれません。

大江先生の英信流の型の絶妙剣がこの業に近いものです。
「打太刀は其のまゝにて左足を出して体を斜向きに八相となり、仕太刀は青眼より左足を出して八相となる、仕太刀は八相のまゝ右足より五歩交互に進み出て、同体にて右足を踏み出して、右面を切る、打太刀は右足を引きて、前の如く打合せ、打太刀は左足を引きて上段構となりて、斬撃の意を示す。之と同時に仕太刀は右足を出して体を右半身とし、中腰となりて、左甲手を斬る、静に青眼になりつゝ打太刀は、三歩出で、仕太刀は三歩退る」

*「打太刀は右足を引きて、前の如く打合せ」は「左足を引きて」の誤植でしょう。八相は左足前に構えています。右足を踏み込み打ち合わせるか、左足を引いて打ち合わせるのが一般的です。大江先生の教えであれば間違いはない、と云うならば、「打太刀、仕太刀の打ち込みを右足を引き左足を追い足に引き「前の如く打合せ」は一本目の出合の頭上での十文字受けでしょう。
古伝は打太刀もはじめは積極的に攻めています。
「体を半身とし、中腰となりて、左甲手を斬る」ここが「すける」状態でしょうか、師伝によっては仕太刀は中腰になり右から掬い上げるように打太刀の左肘に切り付けています。
古伝は「「相手より真甲を打を躰を右へ開きひじを切先にて留勝」です。打太刀は上段に構えるや打ち込んで来るのを、遣方はすばやく筋を変わって打太刀の左肘を斬るのでしょう。
打太刀が斬られるために上段に構えて待っているようにしているのでは無いのでしょう。

此の業は、三本目までで十分相手に付け入って直線的に間を外さない技を学びました、ここでは相手の動きを察知して、相手が左足を引いて上段に構え打下さんとする瞬前に、我は筋を変わって付け入り、その左肘を切るのでしょう。
打太刀も遣方の打ち込みを受けるのではなく、受ける打つの気がなければならないでしょう。

ある人曰く「申し合わせだから」・・・・。

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事三本目請流

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

本目請流

 遣方も高山相手も高山或は肩へ構まへるかの中也待処へ遣方歩行右の足にて出合ふ打込を打太刀請扨打太刀の方より少し引て裏を八相に打を左足にて出合ふて留相手又打たんと冠るを直に其儘面へ突込み相手八相に払ふをしたかって上へ取り右の足にて真甲へ勝

*この業は比較的解りやすく書かれています。
二本目の附入を終わって、双方青眼に構え、打太刀はその場に右足前で留まり、遣方は青眼の構えのまま五歩引いて元の位置に右足前で戻る。
打太刀が、右足に左足を揃え青眼から「高山或は肩へ構へ」は上段または八相に構え右足を引く。
遣方も左足を右足に揃え、青眼から上段または八相に構える。
通常、打太刀の構えに遣方は合わせるのが剣術の常識ですから上段ならば上段、八相ならば八相です。
打太刀構え待つ処に遣方スカスカと歩み行き、左足で間を越し右足を踏み込み打太刀の真向または左面に打ち下ろす。
打太刀その位置で右足を踏み込んでこれを逆八相に受ける。
打太刀右足を引いて逆八相から遣方の右面に打ち込む、遣方左足を踏み込んでこれを受ける。
打太刀左足を引いて上段に冠る処、遣方直ぐに右足を踏み込み切っ先を打太刀の面に付け突き込む。
打太刀これを右足を引きながら八相に払う処、遣方払われるに従って左足をやや左前に踏み込み、刀を右から振り冠り、右足を踏み込んで真向に打ち下ろし勝。

曽田先生の谷村先生、五藤先生業附口伝による請流
「是は敵も我も八相の構にて行真向へ討込也(敵は待て居ても相懸りにても不苦)敵十文字に請て又八相にかけて打込也我れ其時左の足を一足踏み込て裏を止ると敵又引てかむる処を我れ其儘面へ突込也敵其時横に払う也其処を体を開き冠り後を勝也(又最後に首根に討込み勝もあり)

*五藤先生は八相です。我が歩み行き右足を踏み込み真向へ打ち込むと相手は、待っている場合は左足を引いてこれを十文字に受けるのでしょう。
相懸りでは右足を踏み込んで受けるのでしょう。
次に、相手が右足を引いて八相に打ち込んでくるのを我は左足を踏み込んでこれを受け止める、「裏を止める」は左足前にして切っ先を左上に向けて逆八相からの右面への打ち込みを止める事でしょう。
「敵又引てかむる」ですから、敵の打ち込みは右足を引いて打ち込み我に止められ、また左足を引いて撃ち込まんと冠る処、我は相手の面へ右足を踏み込み突き込む。
相手たまらず右足を引いて我が刀を横に払う処、我は払われるを機に左足を左前に踏み込み体を開き右肩より振り冠って勝ちを示す、または相手の首根に打ち込み勝。」

政岡先生は、打太刀が左足を引いて上段に構える処、我は右足を踏み込み相手の正面へ突込む、相手右足を踏み込んで斜めに払う、我は払われて左足を左前にふみ込んで体を開きつつ左手を上げて受け流し面。

*此の業は請流が業名です。受け止めて摺り落とすのではありません。

大江先生の英信流居合の型請流
「刀を腰に差したるまま、静に出で打太刀は刀を抜きつゝ左、右足と踏み出し上段より正面を斬り、体を前に流す。仕太刀は左足を右足の側面に出し、刀を右頭上に上げ受け流し左足を踏み変え右足を左足に揃へて体を左に向け打太刀の首を斬る、仕太刀は左足より左斜へ踏み、打太刀は左足より後へ踏み、退きて青眼となり次の本目に移る」

*これは奥居合立業の受流です。

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事二本目附入

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 二本目附入(附込とも云う 曽田メモ)

 前の通り抜合せ相手後へ引かむとするを附入左の手にて拳を取る右の足なれ共拳を取る時は左の足也

*これは大江先生の英信流居合之型では拳取の名称で残っています。然しこの古伝の業名は「附入」です。附け入るとはどういうことか、流によってさまざまな考え方があろうかと思いますが、附け入るとは、機会に乗じる、敵が退くのに乗じて攻勢に出る、でしょう。
相手は間を外し、我が隙を狙おうとする、我はその一瞬の隙に付け込んで行く、この攻防をさしているはずです。

「前の通り」ですから一本目出合の様に打太刀、遣方とも、元の位置に戻り、横に開いて納刀し構えを解く。
再び、打太刀より刀に手を懸けスカスカと間境に至り、打太刀右足を踏み込んで遣方の膝に抜付ける、遣方刀を抜き、右足を踏み出して之を膝前で受ける。
打太刀後へ引こうとする機に乗じて、遣方左足を打太刀の右足側面に踏込み、左手で打太刀の右手を制し、右足を左足後方に摺り込み、体を開いて切先を打太刀の胸に着ける。
この遣方が左手で打太刀の右拳を制する処を拳取と云い之を大江先生は拳取と称したのです。
拳の制し方は色々ある様ですが、打太刀の手首を四指で上から握り拇指を打太刀の拳にあて逆手にとって下に引き制するなど容易でしょう。
拳を取り逆手に制する事ばかりに気を入れて教える処も有る様ですが、先ずしっかりと附入る機を学ぶ事、打ち太刀に密着する事を学ぶ事でしょう。

曽田先生の谷村亀之丞自雄、五藤孫兵衛正亮の業附口伝から附入
「是も出合の如く相懸りにて右の足を先にして場合にてさかさまに抜合せ敵の引かんとする処を我れ左の足を一足付込左の手にて敵の右の手首を取る此の時は左下に引き敵の体制を崩す心持にてなすべし互に刀を合せ五歩退き八相に構え次に移る也」

*この手附には相手の胸に切っ先を付ける動作がありませんが、古伝も拳を取るところまでです。
現在は大江先生の拳取にならっている様です。

大江先生の英信流居合之型拳取
「一本目と同じく、虎走りに出で、膝にて抜き合わせ、仕太刀は、左足を打太刀の右足の側面に踏み込み、左手にて打太刀の右手頸を逆に持ち下へ下げる、打太刀は其のまゝにて上体をやや前に出し、仕太刀は其れと同時に右手の拳を腰部に当て、刀尖を胸に着け、残心を示す、仕太刀は一歩退り、打太刀は一歩出でて青眼構となる(仕太刀は五歩青眼にて退り打太刀は其のまゝにて位置を占む)

*古伝との違いを読み取るだけの稽古を積んで行かなければ、ただの剣舞になってしまいます。古伝は形では無く場に臨んで勝つための稽古でしょう。

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事一本目出合

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事(鞘木刀也 立合之事也)

 一本目出合

 相懸りにかゝり相手より下へ抜付けるを抜合せ留て打込相手請る右足也

*神傳流秘書による無双神傳英信流居合兵法には、空間刀法の居合に設対者を設けた仕組(組居合・組太刀・勢法)が組み入れられています。
抜き打ちの一刀で制する事が出来ない場合に応じる、或は先を取られた場合に応じるもので
居合らしいものです。
大江先生は、古伝の太刀打之事を廃して「英信流居合の型」を組み上げられています。
内容は、太刀打之事に添ったものですが、中学生に覚えやすく安全で居合の業と関連させたりしています。
明治40年頃に中学校で居合を指導する機会に組み立てたと思われます。
一本目は大江先生も出合から始まりますが、双方刀を鞘に納め大森流の勢中刀(正座の部月影)の様に虎走りに駆け寄り膝下に抜き打ちして居ます。
古伝太刀打之事は「相懸りにかゝり」で双方間を詰める仕方は、工夫次第の様です。
大江先生は、白兵戦を思い描き「突撃!」の号令で走り行く兵士を想像されたかもしれません。
此の相懸りについては、曽田本に依れば五藤先生、谷村先生業付口伝を基に竹村静夫と実演したというものによると、「出合、是者互に刀を鞘に納めて相懸りにスカスカと行く・・」と歩み足を思わせます。

五藤先生・谷村先生業附口伝より出合(仕打納)
「是は互に刀を鞘に納めて合懸りにてスカスカと行く場合にて右の足を出しさかさまに抜き合せ敵引く処を付け込みて左足にてかむり右足にて討也此の時敵一歩退き頭上にて十文字に請け止むる也互に中段となり我二歩退き敵二歩進みあらためて五歩退く也納刀」

古伝の出合を稽古して見ます。
鞘付木刀を使用するものです。
「相懸り」は、双方ともスカスカと歩み寄り場合に至ると打太刀より右足を踏込み膝下に抜き付けて来る。
遣方透かさず右足を踏込み抜き打ちに之を膝下で受け留める。
打太刀、上段に振り冠らんとするを、遣方左足を右足に引き付けるや上段に振り冠り右足を踏み込んで打太刀の真向に斬り下す。
打太刀左足を一歩退き右足を追い足に頭上にて柄を左に刃を上にして十文字に受け留める。
この請け留めは定番になっていますが少々不自然ですから、柄を右にして左手を刀の棟に添えて請ける十文字請けも稽古しておきますと良いかと思います。
互に中段となり遣方二歩退き、打太刀二歩進み改めて五歩退いて血振り納刀す。
古伝の名称では、相手は打太刀・我は遣方です。

出合のポイントは、打太刀から柄に手を掛けるのです。
そして打太刀から間境で仕掛けて来る、遣方はそれを受ける処が先ず最初の出合です。どちらとも云えず双方打込んで申し合わせの膝下に相打ちでは無いのです。
遣方は打太刀が斬り付けんとする瞬間に打込まれる部位を守る運剣が欲しいものです。
次に、遣方が左足を右足に引き付け攻める気を顕わすに応じて打太刀は打込まんと退いて打込まんとするが圧せられて頭上で遣方の打ち込みを受けるのです。
之が初期の稽古で学ぶ処でしょう。
古伝の抜けだらけの手附から様々な先の取り合いが工夫されるように、打太刀は仕掛、遣方が応じて学ぶ処でしょう。

大江先生の出合
打太刀は柄に手を掛ける、仕太刀は打太刀の如く、柄に手を掛け、双方体を前方少しく屈め、虎走りにて五尺の距離に出て、右足を出したるとき、膝の処にて打は請、仕は抜打にて刃を合す、仕太刀は直ちに、右足左足と一歩摺り込みて上段より真面に打込む、打太刀は左足より右足と追足にて退き、刀を左斜にして受ける、仕太刀は二歩退り、打太刀は二歩出て、中段の構えとなり、残心を示す、之れより互に後へ五歩づつ下り元の位置に帰り血拭ひ刀を納む。

*「刀を左斜めにして受ける」は柄を右にして十文字請けする様に思えます、大方は柄を左にして十文字請けしています。
中には刀を斜めに立てて請けている教えもある様です。

| | コメント (4)

2014年10月15日 (水)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事十本目抜打

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 十本目抜打

 大森流の抜打と同じ事也

*英信流居合之事では十本目は抜打で大森流之事の十一本目抜打と同じ事と云って居ます。
大森流居合之事抜打
座して居る所を向より切て懸るを其のまゝ踏ん伸んで請流し打込み開いて納る 尤も請流に非ず此所筆に及ばず

大江先生の英信流抜打は長谷川流真向で現在は無双直伝英信流居合兵法立膝の部真向です。
大江先生の立膝の部真向
「正面に向って座し、腰を伸し趾先を立て、刀を上に抜き上段となり、同体にて切る此時両膝を左右に少し開く。血拭ひは其姿勢のまゝ刀を納め、伸したる腰は徐ろに正座に直り、刀の納まると同時に臀部を両足踵の上に乗せ、静に正座となる。」

大江先生の大森流抜き打ち、無双直伝英信流居合兵法正座の部抜打となります。
「正面に座す、対座にて前の敵を斬る心組にて其正座の儘刀を前より頭上に抜き、上段に冠り、身体を前に少し出し、前面の頭上を斬る、血拭ひは中腰の同体にて刀を納む。」

*大江先生は、大森流は「刀を前より頭上に抜き」英信流は「刀を上に抜き」です。
古伝の「向より切て懸るを其のまゝ踏ん伸んで請流し打込み」の心持ちが文面からは見られません。

下村派の細川義昌先生の系統と思われる白石元一先生の大森流居合術抜き打も英信流居合術の抜打も全く同じとされています。
「両膝を立て(両足は爪立て)刀を抜くや直ちに左方より真向に振り冠り斬り付く」

*大森流も英信流も抜き打ちは同じです。
そして「左方より真向に振り冠り斬り付く」の文言に、「踏ん伸んで請流し打込み」の心持ちが見られます。

大江先生の系統も後に河野先生の頃から正座の部抜打に「もし敵斬り込み来たりてもその刀を受け流す気にて行う」とあり、真向にも「(右拳は顔前を通して頭上に)刀を左肩側より体を囲う様に剣先を下げて抜き取り・・」とその心持を伝えています。

抜打は本来大森流も英信流も同じであったのでしょう。刀を前に抜く、上に抜くいずれも相手が打込んで来る事を意識した動作であるべきものでしょう。一方的に斬り掛っていくのではない処が忘れられると闇打ちです。

林安太夫政詡による英信流居合目録秘訣に「勝事無疵に勝と思ふべからず我身を先ず土壇となして後自然に勝有」と、相手に打たせて其の機に乗じ応じると言うものです。

英信流居合之事を終ります。英信流は正面に相手を請ける業が横雲・虎一足・稲妻・抜打の四本、右脇に相手を請ける業が浮雲・颪の二本、左脇に相手を請けるのを岩浪・鱗返の二本、後ろに相手を請けるのは波返、瀧落の二本です。
相手は一人と思いますが、浮雲ばかり右側に複数とするのは腑に落ちません。
業から見て一対一でしょう。
業名や場の想定に反応し過ぎる反面、古伝の心を失念して居る処も在って何故とつい出てしまいました。

| | コメント (1)

2014年10月14日 (火)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事九本目瀧落

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 九本目瀧落

 刀の鞘と共に左の足を一拍子に出して抜て後を突きすぐに右の足を踏込み打込み開納る此事は後よりこじりをおっ取りたる処也故に抜時こじりを以て當心持有り

*これは立膝に座している時、後ろの相手が我が刀の鐺を掴んで抜かさない様に押し付けてくる。「おっ取りたる」ですから、「押し取って」「急いで取る」「ゆったり取る」などの意味ですから相手の動作により次の我が動作も決まって来るかも知れません。

ここは、後ろから我が鐺をゆったりと取られ、背中に押し付けられそうになるので、鐺を押し付けられるに任せてゆっくり立ち上がる。
左足を前に踏み出すと同時に急に柄を右胸に取って鐺を持つ相手の手を外し、右足を踏み出し柄を下げて相手を鐺で下から打ち上げるよう刀を水平に抜出し、後方に振り向くや相手を突き、右足を踏み込んで真向に打ち下ろし、刀を横に開いて納刀。

場の状況を「此事は後よりこじりをおっ取りたる処也」の追記で示してくれています。次の「故に抜く時こじりを以て当てる心持有り」は、鐺を外された相手が前にのめるならば出来るかもしれません。

後方に振り向き相手を突くのは、鯉口を切っ先が出るや水平に相手の胸を突く、突かれて後方に引くのに付け入って右足を踏み込み真向に打ち下ろし、左膝を着いて開き納刀が自然でしょう。

この神傳流秘書の手附では、現代居合の素養が無いと読み解けません。

大江先生の瀧落
後を向き、徐ろに立ちて左足を後へ一歩引き鞘を握りたる左手を其儘膝下真直に下げ、鐺を上げ後方を顧み、右手を膝上に置き同体にて左足を出し、右手を柄に掛け胸に当て右足を前に進むと同時に抜き、刀峯を胸部に当て、同体の儘左へ転旋して、体を後向け左足を前となし、其体の儘胸に当てたる刀を伸ばし刀は刃を右横に平として突き左(右の誤植か)足を出しつつ上段に取り、左膝を着き座しつゝ頭上を斬る、血拭ひ刀を納む。

*大江先生の手附では「抜時こじりを以て當心持」は有りません。
相手の頭上を斬るのは、突かれて倒れた相手を左膝を着いて座して斬っています。

無想神伝流の山蔦先生の滝落
「敵は自分の背に顔を向け約80cm離れて座っている想定。
鐺を掴まれ立ち上がり、鐺を右後上方に寄せ第一の振り払いを行うが敵は掴んだまま、左足を、爪先を下向きに浮かせて右にまわし、左ふくらはぎを右脛に付け、鷺足となり、同時に刀をしゃくるようにして右乳辺りに持って来て第二の振り払いにより敵手を振り払う。右手を柄に掛け左足をトンと着き、同時に右足を左足の右側30cm辺りに踏み付け、刀を右横やや上方に抜き上げ左へ廻り込む様にして、刀を上から下へ落す様に敵の胸を突く・・・」

*複雑な足捌きが行われていますが、敵の手は手附通りには振り払えないものです。
振り返っての突きは、何故か上から突き下ろす様な表現です。刃は此の時上向きになっている様です。

下村派細川義昌先生の系統と思われる、白石元一先生の瀧落
「・・・右足を踏み出すと共に刀を抜き棟を胸部に接し、刃部を下にして左足より僅かに踏み出し後方の敵を突きたる後・・」

*この瀧落はそれぞれです。
古伝は、敵手を外す方法も足捌きも刃の向きも、留めの打ち込みも語ってくれません。
握られた鐺は優美な踊りではもぎとれません。刀を抜くために大きく右足を踏み出しますと相手との距離が離れすぎてしまいます。
刺突された相手は後ろに倒れるのでしょうか、一般に前にふせって来る様にも聞きます。
この業の事理をとやかくするよりも、この複雑な動作をそれらしく捌く事でしょう。
鐺を掴まれて立つ、振り捥ぐ、抜刀し刺突する、真向に斬り下す。それぞれ気剣体一致の拍子が理解できなければただの剣舞でしょう。

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事八本目波返

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 八本目波返

 鱗返に同じ後へ抜付打込み開き納る後へ廻ると脇へ廻ると計り相違也

*七本目鱗返しと同じと言います。鱗返が左脇へ廻るのに波返は後ろに廻るだけの違いだと言うのです。
後ろに座す相手の害意を察し、刀に両手を掛け腰を上げ爪先立ち、鱗返同様左廻りに正面の相手に振り向くや、左足を引いて横一線に抜き付け、左足を右足踵に引付上段に振り冠り真向に打ち下ろし、刀を横に開いて納刀。

後ろの相手を抜き打つには、左廻りが有効なのでしょうか。大森流の當刀(後)も左廻りですが、大森流では右廻りしてもさしたる違いはありません。
立膝に座すこの波返では、右足を軸に右廻りして左足を後方に引いて抜き付ける、左足を軸に右廻りして右足を引いて抜きつける、左足を軸の場合は右足を後方に退いて回転すれば容易ですが、左足を退けば間合いが近くなってしまいます、右足を退けば遠くなってしまいます。
左右いずれからも回転出来ても、現代居合の動作は左廻りです、「違う」と言って笑われるのが落ちでしょう。
冒頭の「鱗返に同じ」の文章によって鱗返の様に左廻りに後に振り向き抜き付けるのが古伝の方法です。右廻に後ろに抜き付けるのは今しばらくお預けです。

大江先生の浪返「後へ向き左より正面へ両足先にて廻り、中腰となる、左足を引き、水平に抜付け上段に取り、坐しながら前面を斬るなり」

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事七本目鱗返

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 七本目鱗返

 左脇へ廻り抜付打込み開き納る

*「左脇へ廻り」ですから、相手は我が左脇に座すのでしょう。
左脇に座す相手の害意を察し、刀に両手を掛け、腰を上げ、爪先立つや右足を軸に刀を抜きつつ左廻りに相手に振り向くや、左足を引いて横一線に抜付け、倒れる相手に左膝を右足踵に引付、上段に振り冠って斬り下ろし、横に刀を開いて納刀。

現代居合の鱗返になってしまいますが、相手の想定は様々です。
殺意を口にするだけで、元の座したまま、我に振り向き我が柄を制しようとする、刀に手を掛け腰を上げた状況、我が方に振り向いて抜刀しようと刀を抜きつつある、右足を踏み込まんとする寸前。
あるいは、立ち上がって抜刀寸前などいくらでも仮想敵の想定は可能です。
我も相手の動作に先んじて応じる心持を以て相手の首又顔面に抜き付けなければなりません。
相手が腰を上げ振り向いて抜き付けようとするならば、左足の引きは低く、立ち上がりつつあれば合わせて高くでしょう。

古伝の極意は「柄口六寸」でした。
この抜き付けは、相手が抜刀しようと柄に手を掛け抜き出すその右小手に抜きつけるものです。
左足を後方に引いて、横一線の抜き付け、下からの切り上げ、上に抜き上げていれば、高く抜き付けるなどでしょう。

相手の座す位置は、畳一畳に二名の割り付けでは、せいぜい三尺以下の近間でしょう。
決められた想定の元に何度やっても同じようになる形は充分学ぶとしても、空間刀法に依る勝手な動作では相手との攻防にはなり難かろうと思います。
常に相手を意識した居合でありたいものです。

現代居合の無双直伝英信流の鱗返を稽古して見ます。
テキストは北海道滝川の坂田先生の「無双直伝英信流居合道入門」昭和48年発行。
坂田先生は初め夢想神傳流を20年近く修行され後に政岡壱實先生、山本晴介先生に講習会でお会いし無双直伝英信流を稽古されています。
テキストから見ますと河野百錬先生の大日本居合道図譜に従い、谷田佐一先生の居合詳解に居合心を刺激されていたようです。
古伝神傳流秘書も研究されておられます。

鱗返
理合:我が左側に居る敵に対し立ち乍ら其の首に抜き付け、更に上段に振りかぶり斬り下す業である。
技法:正面に対し右向に立膝。
刀を抜きかけつつ右足先を軸として左に廻りつつ低く中腰に立ち上り、正面に向って左足を後に引くや腰を伸して敵の首に一文字に抜き付け、左膝をつき乍ら上段に振りかぶり、敵の真向に斬り下し、血振り納刀。

細川義昌先生系統かと思われる広島の白石元一先生の昭和12年発行の大森流・長谷川流・伯耆流居合術手引の鱗返は「左方に立てる敵に対して行う」とあります。左方に向き乍ら左足を退きて中腰となり、横一文字に敵の胴部を斬り・・。

夢想神伝流山蔦重吉先生の鱗返は、中腰に立ち上がり敵に向くと同時に左足を後ろに引くや中腰のまま敵の座して居るこめかみに抜き付ける・・此の時敵は座したまま右向きで柄に手を掛けている状況の様です。左足を後方に引くのは相手との間に斬り間を作るためとか。

大江先生の鱗返「中腰にて左足を引きて抜付け、此の抜付けは水平とする事・・中腰は両膝を浮かめて抜付けるなり(敵の甲手を斬る)

*大江先生の(敵の甲手を斬る)の思いはどこに引き継がれたのでしょう。

昇段審査や競技会などでは決められた形で抜き付ければよい事でしょう。
地味ですが、稽古では相手の動作を都度決めて抜き付く位置によって左膝の高さを工夫する、或は抜き付ける拳の高さを変えるなど稽古の楽しさが倍増するかもしれません。
古伝の無双直伝英信流には見られない下からの小手への切上げも稽古して見るのも良いと思います。

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事六本目岩浪

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 六本目岩浪

 左へ振り向き左の足を引刀を抜左の手切先へ添え右の膝の外より突膝の内に引き後山下風の業に同

*六本目の岩浪は相手は左脇に座し、我に仕掛けんとするのです。
ここも相手の仕掛けようとする動作は何も書かれていません。
相手の怒りに満ちて殺意を含む言葉でしょうか。
刀に手を掛け抜かんとするのでしょうか。
我が方に乗り出して我が柄を取らんと手を伸ばすのでしょうか。
それとも我が左手を掴んで我を制しようとするのでしょうか。

我は、立膝に座し、我が左に同じく立膝に座す相手が、我に害意を持って仕掛けんとするのを察し、刀に両手を掛けるや腰を上げ左足爪立ち、右足を軸に左廻りに左に振り向き、相手に対するや左足を後方に引くと同時に刀を抜出し、切先鯉口を出るや左手拇指と食指で切先に添え、切先を右膝外に付け、左膝を床に着くや相手の胸部を刺突する。
左手を刀の棟に添え、右足を右に踏み出し刀を右足の内側に引く様にして相手を引き倒す。
刀を撥ね上げ上段に振り冠り右足を踏み込んで引き倒された相手の胴に斬り下ろし横に開いて納刀。

古伝は、相手の害意を察し、即座に刀に両手を掛けて左廻りに相手に向き抜刀するのです。
この運剣動作は、現代居合の夢想神伝流では、座した方向の後に左足を引いて刀を抜出し、左膝を着いて90度左に廻って相手に正対して刺突して居ます。
同様に無双直伝英信流もその様です。
無双直伝英信流山内派では「刀に手をかけ腰を浮かし左足を右足元に寄せ爪先を立て刀が相手に見えぬ様体に近く右方に抜く・・」と云う抜きようです。山内派と云っても大江先生の指導によった筈ですから、何処かで動作を変えてしまったのでしょう。

大江先生の岩浪
右に向き、左足を後へ引き、刀を体前に抜き直に左手にて刀尖を押さへ、右膝頭の処へ着け、左足を右足に寄せ、体を正面に直し・・」ですから山内派の抜刀所作ではありません。
山内派は「同一方向に列している左側の彼に対し知られざるよう刀を抜き突如其の方向に向き直り胸又は腹を突き・・」これでは闇打ちの印象を持たれます。

何れにしても、どの師伝でも、我が左に座す相手の害意を察知し、其の方に向き直ってから抜刀する事は無く失念した動作でしょう。
稽古をして、その理を得て見る事も良さそうです。

この古伝岩浪は、左側の相手の害意を察し、機先を制して抜刀し刺突すると云う業であり、何時抜くのか、どの様に座した相手を刺突するのかを学ぶ業なのでしょう。想定を様々に思い描くのはそれとして、想定を限定してしまうべきものでは無い様な気がします。

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事五本目山下風

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 五本目山下風

 右へ振り向き右の足と右の手を柄と一緒にて打倒し抜付後同前但足は右足也 浮雲と足は相違也

*まず業名の「山下風」は現代居合では「颪」おろしの漢字が当てられています。「山颪」の二文字を使えば「やまおろし」です。どのように「やましたかぜ」を読ませたのでしょう。
慶応2年1866年に下村派の下村茂市が島村善馬に授与した根元之巻には「山下」と書かれています。

古伝は縦書きですから「山颪」の「おろし」を「下風」と書いて「山下風」をやまおろしと読ませたのでしょう。
「颪」は山から吹き下ろす風の意味ですから現代居合は「颪」

英信流居合の4本目から相手は我が右脇に座し我に害意を持って仕掛けて来ようとする。
ここには相手の仕掛けが何も書かれていません。
我が柄を取ろうとするのも良し、自ら刀に手を掛けて抜かんとするも有りでしょう。
我は右に振り向き「右の足と右の手を柄と一緒にて打倒し」は、相手の右足と相手の仕掛けようとする右手を、我が柄を持って打ち倒すのでしょうか。
或は我が右足で相手の柄を踏み固め、右手に我が柄を持って相手を打ち倒すのでしょうか。

現代居合の夢想神伝流山蔦先生の「颪」
敵が刀を抜こうとして両手を柄にかけるので、刀の反りを打たせて、敵の両手を打ち胸部に抜きつけ・・

檀崎先生の山下嵐
敵刀を抜かんとして柄に手をかけたとき、吾鍔に左手拇指をかけ、右手は右腰にあて、目を半眼に敵に注ぎ、左膝を軸として、右敵に転向と同時に敵が鯉口を切ろうとする、左手と左股を、吾右足でトンと踏付けて敵の左体部を圧する・・・

無双直伝英信流の大江先生の「颪」
左向き腰を浮めて右斜に向き、柄止め・・(敵の眼を柄にて打つ進んで胸を斬り更に頭上を斬る)
「柄止め」とカッコの(敵の眼を柄にて打つ)の関連が解りません。

相手を「打倒し抜付」も、どの様にするのか、何もありません。その上「後同前」です。浮雲の突き倒し打込む動作を指しています。

柄頭を以て相手の顔面を打ち据え、相手後ろに反り返る間に、鞘を後方に引き腰を捻って相手の肩から胸に抜き付け、刀に左手を添えて、右足の方に突き倒す様に引き倒し刀をはね上げ、上段から左足外側に打ち下ろし納刀する。
颪の場合左足外への打ち下ろしは、現代居合では無いのですが「後同前」に従ってみました。

「但足は右足也 浮雲と足は相違也」ですから右足を踏み出して切り下す、足は浮雲と違うよ、と云って居ます。
左足外への打ち下ろしは、その様な状況に出会った際慌てずに技を自然に繰り出せるように教えたものと解すべきかも知れません。
古伝はおおらかですが、反面よく読んで文字の向こうにあるものを読み取ることもしなければただの抜けだらけで手におえない抜けだらけのマニュアルです。

北海道滝川の坂田先生の無双直伝英信流立膝の部五本目「颪」
右側に座っている敵が我が刀の柄を取らんとするを柄を左に逃して敵の手を外し、柄頭を以て敵の顔面陣中に柄当てをし、ひるむところを胸に抜きつけ更に引き倒して胴に斬り下ろす業である。

相手が柄に手を懸け抜刀しようとするのか、我が柄を制止に来るのか、神傳流秘書の山下風は指定して居ませんが、どちらも有として学ぶ事もよいのでしょう。

現代居合ではすでに失念した口伝口授が解らずじまいですから、古伝の動作は復元不能です、現代居合の師伝を充分稽古して古伝の心持をどこまで汲み取れるかがポイントでしょう。

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事四本目浮雲

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 四本目浮雲

 右へ振り向き足を踏みもぢ彳腰をひねり抜付左の手を添へて敵を突倒す心にて右の足上拍子に刀をすねへ引切先を後へはね扨上へ冠り膝の外へ打込み後同前又刀を引て切先をはねずして取って打込事も有

*この業は、読んでいてもイメージが湧いてきません。恐らくこれだけではどのようにしたらいいのか見当がつかないほど抜けだらけなのでしょう。

現代居合の浮雲のテキストをベースにしてその上に古伝を乗せて見るばかりです。
使われている言葉がまずわかりません。「もぢり」は捩る、振り向いて足を絡めるでしょう。
「彳」はてき、ちゃく、意味は「ついと前に進み出る」。

右へ振り向き足を絡めるようについと右足を踏み込み止めて、腰を左に捻り抜き付ける、左手を刀に添えて敵を突き倒す心持で、「右の足上拍子に刀をすねへ」は意味が解りません。敵を右足の方に引き倒す。その拍子に刀を右足脛に引き付ける。
引き倒すや刀を後ろに撥ね、上段に振り冠って、左膝の外側に相手の胴(首)に打ち込んで右に開いて納刀する。
又は、刀を右足脛へ引いて相手を突き倒しそのまま相手を引き切って、切っ先を撥ねずに右より上段に振り冠って左足外に相手の胴(首)に打ち込む。

何とか現代居合の浮雲が下敷きになって解読できたようですが、今一つ「上へ冠り膝の外へ打込み」が理解できずにいます。
左膝外としたのは、右足の方に相手を引き倒したので、右膝外には相手の体は無いと見たのです。
相手を引き倒すにあたり、刀を右足脛まで引き込んでも相手の体は左足外側までしか倒れこまないので、反撃される前に左足外に打ち込まざるを得ないのかもしれません。
少々ドラマの見すぎでしょうか。想像力のなさでしょうか。
左足で相手の袖、腕、肩を踏みつけ動かないようにして切りつけるとか・・・??。
あれやこれや、らしき御説もある様です。
この左足外の打ち込みは、解説抜きでこの流の居合はどこでも素直にやっていて愉快です。

この浮雲の現代居合の理合「三人併座し、自らは左端とする。右側二人目の敵が突然我が刀の柄を取らんとするを先ず立ち乍ら左斜め後方に左足を引き、敵の手を外し、敵後方に退かんとするに乗じ、其の胸元に袈裟に抜き付け右に引き倒し、上段に振りかぶり胴に斬り下ろす業である」

三人居並ぶ文言は大江先生・堀田先生共著「剣道手ほどき」の付録にある浮雲に追記の形で書かれていますが、動作にその必要性は見られません。

神傳流秘書には三人である事は読み取れません。この英信流之事では、一本目から十本目まですべて一対一の攻防です。あえて四本目の浮雲を三人の攻防とする意味はあるのでしょうか。
林六太夫守政以後の誰かが三人として、それらしく演じたのかも知れません。
左膝外への打ち込みも疑問ですがそれ以上です。

先師の教えをいじくり廻した大家も之だけは守っているのが愉快です。
イチャモンつけずに教えられた通りやっていれば、何かひらめくことがあるかもと今日もそうしています。

| | コメント (2)

2014年10月 8日 (水)

神傳流秘書 4.英信流居合之事三本目稲妻

神傳流秘書

4.英信流居合之事

 三本目稲妻

 左足を引き敵の切て懸る拳を払ふて打込み後同前

*この稲妻の手附を読んでいますと、「敵の切て懸る拳を払ふ」と云う処で、場の想定が幾つも駆け巡ります。
①相手(敵)は何処から来るのか、正面か、斜め右か、斜め左か、後か。何処から来ようと、応じられる心構えと、運剣動作は稽古して見ればと思います。
一本目横雲は正面に抜き付けです。四本目が浮雲で右へ振り向きとあります。どうやら常の稽古では一本目横雲も二本目虎一足も三本目稲妻も相手は正面で良さそうです。

②相手は我に対して立膝で座して居たのが急に立ち上がって刀を抜いて来たのか。

③相手は我と同様に立膝に座して対座し、急に両手を刀に懸け、大森流抜打ちの如く腰を上げ爪立って刀を上に抜き上げ上段に取って打ち下さんとする。

④「左足を引き」は何故右足を踏み込まないのか。相手との間がある場合は、我れの方から踏み込む事も可能です。ここでは対座する相手の不意の攻撃に応じるとすれば、相手が打込まんとする瞬前に、左足を後方に引いて間を外すと同時に相手の打ち下さんとする両小手に抜き付けるのでしょう。

⑤「拳を払ふ」は、横一線の抜き付けと違うのか。相手が立ち上がって打込んで来ようとするならば、我も腰を上げ立ち上がり左足を引くや右拳は肩より高く斜めに抜き付ける。相手の打ち込みが速ければ腰を低く左膝も高く上げずに引き斜めに抜き付けるでしょう。

・相手が座して腰を上げて上段から打ち込まんとするならば、我は腰をあげ左膝を後方に低くく引き肩より高く斜めに抜き付ける。此の場合は肩より高く横一文字もあり得るでしょう。

・相手が立って打込んで来るならば、小手を払われただけで崩れ落ちるとは言い切れないと思います。後方に引く相手を追いこんで左足を右足踵に引き付け上段に振り冠って真向に斬り下ろす。

・相手が低く抜き打って来るならば、我も低く抜き付けるわけで、此の場合は左膝を右足踵に付けて座して真向に打込むのでしょう。

 現代居合では、中腰に立ち上がり左膝を低く浮かし抜き打ち左膝を着いて上段より相手を切って居ます。

 或は、相手が高く上段から打込まんとするのに対し、立ち上がり左足を伸ばし上体を起し抜き付ける様にする所も有ります。

 いずれにしても、相手の動作に応じた対応であるもので、どれも稽古すべきものでしょう。   

 立って打ち込もうとした相手の小手を切っているのに、左膝を着いて相手の頭上に斬り下ろす想定が描けずに困ります。
小手を切られて前に本能的に崩れ落ちるとも云われますがいかがなものでしょう。

河野先生の大日本居合道図譜の稲妻
「正面に対座する敵、上段より斬付けんとする機先を制し其甲手に斬付け直に真向に打下して勝の意なり。
中腰に立ち上がるや左足を一歩後方に退き腰を左に捻りて敵の甲手に斬り付ける、之より左膝をつきつつ諸手上段となり斬下し・・」

北海道滝川の坂田先生の稲妻
「対座する敵が上段から斬りかかってくるのを、すばやく其の甲手に抜き付け更に振りかぶり頭上に斬り下す。
左足を引くや・・左膝は床から僅かに離れる程度とし又右拳は肩よりやや高め・・左膝をつきつつ諸手上段に振りかぶり・・」

政岡先生の地之巻の稲妻
「正面に向って座す所へ正面から斬り下して来られたので、すばやく籠手に応じ、真甲から切下す動作。
左足を引き、中腰のまま体を開き籠手に応ず、左膝を右足の処まで送りつつふりかぶる。」

想定はやや異なる動作の付け方でしょう。

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事二本目虎一足

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 二本目虎一足

 左足を引き刀を逆に抜て留め扨打込み後前に同じ

*正面に居合膝(立膝、蹲踞、趺踞)に座している。
相手の害意を察して、刀に両手を掛け刀を抜出つつ腰を上げ左足を引くや切っ先を逆に(下に)して、刃を前に向け相手の柄口六寸に抜き付け、相手の機先を制する、引き下がろうとする相手に付け入って左膝を右足に引付、上段に振り冠って右足を踏み込んで真向に切り下す。
後は、横雲同様に刀を横に開き、右足を引きつつ納刀し元の座したる通りに納める。

現代居合の動作では、相手が我が右足に薙ぎ付けて来るのを敵刀を払う気持ちにて受け止める、と無双直伝英信流も夢想神伝流も教えています。
相対して立膝に座す相手が、同じく座す我が右足に抜き付けてくる想定は疑問です。
相手の害意を察して刀に手を掛け抜出つつ腰を上げる処相手は我が右足に抜きつけてくる。
立膝ですから腰を上げれば右足は左足より前ですから右足に抜きつけられたなら右足を引いて外すこともできます。
古伝は「左足を引き」ですから右足は誘い足となります。次の「刀を逆に抜きて留め」が口伝口授の奥義でしょう。

柄口六寸の奥義を思い描くならば、相手が刀の柄に手を掛け抜き出さんとする右小手に我は左足を引いて刀を下に抜き付け、左足を右足に引き付け上段に振り冠って右足を踏み込んで真向に打ち下ろし、刀を横に開いて納刀する。これが古伝であったかも知れません。

この業は、神傳流秘書の目次8.詰合の一本目「発早」に見られる動作に類似します。
大森流(正座の部)八重垣の受払の動作とも類似します。
しかし古伝の「左足を引き刀を逆に抜て留め」は仮想敵の動作によって変化するものでしょう。
無傷の相手を追い込んで行く動作は、将に業歌に歌われる虎を思い描きます。

 猛き虎の千里の歩み遠からず
           行くより早く帰る足引

現代居合の無双直伝英信流は北海道滝川の坂田先生の虎一足を稽古して見ます。
理合:我が正面に対座する敵が我が右足に薙ぎ付け来るのを受け留め、敵の退かんとするところを上段から斬り下ろす業である。
技法:正面に向って立膝で座る。刀の刃を上にして水平より稍々下方にして、立ち上がり乍ら刀先三寸まで速やかに抜き、続いて左足を大きく後に引くと同時に腰を充分左にひねり、半身になりつつ刀を右脛の斜前に鋭く抜き放ち、刀先の鎬を以て敵刀を弾き返す如く受け留め、次に左膝をつきつつ刀先から左肩を囲う如く頭上に送り諸手上段となり、敵の頭上に斬り下し、後は一本目と同じ要領で血振り納刀する。

この業は現代居合の技法では、古伝の思いは達せられそうも無い様な気がします。
相手の抜き付けんとする柄手に逆刀で抜き付ける、失念した柄口六寸が気になって仕方がありません。

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事一本目横雲

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 一本目横雲

 右足を向へ踏出し抜付打込み開き足を引て先に坐したる通りにして納る

*英信流居合の座し方がどこにも示されていません。口伝口授なのか、「是は重信翁より段々相伝した居合」であれば、正座である事は風習から考えてあり得ないでしょう。
胡坐か立膝でしょう。
どの様な胡坐かどの様な立膝かは解りそうも有りません。
この座仕方は今日まで伝承されている、右足を立て左足を折り敷いた座仕方、或は右足を立て左膝を着き腰を挙げた蹲踞としておきます。

立膝で対座する相手の害意を察し、我は正面に右足を踏み出し横一文字に抜き付け、上段に振り冠って真向に打ち込み、刀を横に開いて刀を納めつつ踏み出した右足を引いて座して居た様にして納める。

この古伝によると、英信流居合の横雲は、右足を踏み出し抜き付けるのです。無双直伝英信流の現代居合もこの手附に従っているのでしょう。
左足を後方に引いて抜き付ける夢想神伝流の横雲は古伝をいじってしまった様です。
大森流(正座の部)で右足を踏み出したのだから、英信流(立膝の部)は退き足に依る抜き付けを覚える業と決めつけるものでは無かったのでしょう。

夢想神伝流の山蔦先生の横雲は「初伝の初発刀と同じ要領で抜き付けるが、一歩踏み出すのに反し左足を後ろに引くと同時に抜き付ける。相手との距離が充分ある時は右足を一歩踏み出して抜き付けるもあるが、業の基本としては左足を引いて抜き付ける」

下村派細川義昌系統と思われる広島の白石元一先生の「大森流・長谷川流・伯耆流居合術手引」に依りますと横雲は「右足を踏み出すと同時に横一文字に敵の右眼に斬りつけ、更に左膝を右足踝の所まで十分引きつけると同時に刀を左方より振り冠り、右足を踏み出すと同時に斬り下ろす」
これでは、夢想神伝流が細川先生に辿れるとも言い難くなります。

北海道滝川で初め夢想神伝流を10年以上学び後に無双直伝英信流を学ばれた坂田敏雄先生は、この神傳流秘書をよく読まれておられたようです。
英信流(立膝の部)は坂田居合「無双直伝英信流居合道入門」によって現代居合を見てみます。
理合:吾が正面に対座する敵の首に抜き付け、直ちに上段より斬り下ろす業で正座一本目前と同意義である。
技法:正面に向い立膝、刀を抜きつつ腰を上げ、右足を踏み出して敵の首に抜き付け、直ちに上段に振りかぶり、敵の頭上に斬り下ろし、右に開く血振りを行い切先三寸を瞬時に納め右足を引きつつ納刀する。(右足は始め真直に引き、凡そ三分の一、刀を納めた頃より右に小円を描く如くして、左足の踵の所まで引き納刀を終るのである)
次に間を置きて右手を柄頭に送り、下側から軽く握って支え、右足を前に踏み出し、左足を引き付けて立つのである。
注意事項:1、古伝に基いている事。2、立膝から抜き付ける事は正座の場合よりむつかしい、特に腹を引かず腰を充分絞り上げる如く行わなければ体が乱れる恐れがある。3、納刀しつつ足を引き付ける際は腰を落さず前足と後膝の中間に重心を置く位の気持ちが大事である。

古伝は先師の精進によって生み出された業技法であり、それを元にした業の組み合わせ順なのです。
ですから、英信流ならば一本目から11本目まで通して抜き、その繰り返しによって運剣動作を学ぶ事で気剣体一致となる筈です。
立膝の一つ業を上手くなろうとして繰り返し稽古しますと、膝を痛めてしまいます。
通して抜く事によって、膝への負担が緩和される様にも思います。
ある程度業における動作を覚えたら英信流(立膝の部)を一本通して稽古することを特に膝が心配な50歳以上の方にお勧めします。

古伝はおおらかです、師伝によって技を演じ古伝の求めるものが掴めれば良いのですが、特定の仕方をすべてとされるのでは古伝は横を向いてしまいます。

ある大家曰く「古伝など幾ら読んでみても何も解らない、無駄な事」
「古伝の動作は復元出来るわけはない」

にもかかわらず、「元はこうだった」???

もう一つ、正座による初発刀(前)の抜き付けと、立膝による横雲の抜き付けは何が違うのでしょう。

座仕方の違いから、立膝は腰を上げると、当然右膝はすでに立って居ます、右足は左膝の位置に土踏まずが有る筈です。ですからすでに右足は正座の踏み込みの半分ぐらいの距離を稼いでいるのです。
其の上すでに体構えは出来ています。右足を踏み出すばかりなのです。この違いを剣先に如何に有利に乗せられるかがポイントでしょう。
立膝の座し方が不充分で「どっこいしょ」と腰を上げる方には無関係な話ですが・・・。

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事序

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 

 是は重信翁より段々相伝の居合然者を最初にすべき筈なれ共先大森流は初心の者覚易き故に是を先にすると言えり

*英信流居合は林崎甚助重信公よりだんだん相伝して来ている居合である。英信流居合を最初に稽古すべき筈であるが、先ず大森流は初心者には覚えやすいので大森流を先に稽古すると云う。

英信流については、2.居合兵法伝来で「目録には無双神傳英信流居合兵法とあり 是は本重信流と言べき筈なれども長谷川氏は後の達人なる故之も称して英信流と揚られたる由也」とありました。

土佐の居合の流名は無双神傳英信流居合兵法とあるが之は本無双神傳重信流居合兵法と云うべき筈と云って居ます。
奥羽地方の林崎甚助重信の起した流名は林崎流(三春藩元禄7年1694年)・林崎新夢想流(新庄藩元禄14年1701年)・林崎無想流(宝暦8年1758年)・林崎流居合(秋田藩天明8年1788年)などで、姓の林崎を出して名の重信は無いのです。
無双神傳・・と云う流名も有りませんので、土佐と奥羽地方とはどこかで分岐したものと思われます。
この神傳流秘書のもとになる第9代林6太夫守政が江戸で長谷川英信や荒井勢哲に出会い居合を治めているとすれば、彼らの流名が無双神傳重信流であったかも知れませんが証明できません。
南山大学の榎本鐘司先生の「北信濃における無双直伝流の伝承について」の論文から類推すれば「無双直伝重信流」であり長谷川英信を後の達人として「無双直伝英信流」に置き換えたとした方が土佐に於いては納得出来そうです。

英信流居合と林崎甚助重信の奥羽地方の業名を対比してその根源を求めるのですが容易に当てはまりません。

夢想神傳重信流として稽古をされている所も有、動画も見られます。
相手は正座で小太刀を差し、我は立膝で大太刀を差して対して居ます。
我と相手とは膝を重ね合す程に座し、相手が小太刀に手を掛けるや左足を引いて首に抜き付けています、上段に振り冠る処相手小太刀を以て胸部を突きに来る、それを筋違いに外して首を斬る又小手を切るなどです。
英信流の遠い昔を忍ぶとも云えそうな運剣動作とも思えます。

笹森順造先生の一刀流極意にある詰座抜刀などは津軽藩に伝わった新夢想林崎流(林崎新夢想流?)かも知れません。

詰座抜刀向身押掛
打方 正座し小太刀を帯し、仕方 趺踞し大太刀を帯し・・・左足を引き抜刀して打方の胸を横一文字に切る・・・

これを長谷川英信が改変して現在の形を創作したのかも知れません。

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事十一本目抜打

神傳流秘書を読む

3.大森流居合之事

 十一本本目抜打

 坐して居る所を向より切て懸るを其のまま踏ん伸んで請け流し打込み開いて納る尤も請流に非ず此所筆に及ばず

*大森流の11本目抜打はすさまじい技です。
我が正面に座す相手が刀を抜出し「切って懸る」は、真向に打ち込んでくる状況でしょう。
坐したまま「踏ん伸んで請け流す」は、刀を前に抜出し抜き付けんとするが、相手早くも上段に振り冠り真向に打ち下ろさんとする、我れ柄頭を上に向け刀を抜き出すや、顔前頭上から左肩を覆うようにして相手刀を請けるや摺落とし、拳を返すや上段から相手の真向に打ち下ろし、刀を横に開いて納刀する。
この請流しは請流のようなものでは無い、筆に表せない、と締めくくられてしまいました。

第十代林安太夫政詡によると思われる英信流居合目録秘訣による外之物の大事に霞八相と言う項目があります。
「先生口授のまま記 外の物とは常に表の仕組より外の大事と云う事也」とありますから、動作の事よりもそれ以外の事が大事だよ、と言うのでしょう。

霞八相
雷電霞の二ヶ条当流極秘中の秘にして大事此外に無請流に心明らかにして敵の働きを見と云う教有れども当流には雷電の時の心亦霞ごしに見るが如くの心の所に大事の勝ある事を教る也
夢うつつの如くの処よりひらりと勝事有其勝事無疵に勝と思うべからず我身を先ず土壇となして後自然に勝有・・・・

「請流しは身を土壇となして後自然に勝」ではなかろうかと思うのです。
演武を見ていますと一方的に抜出し、さっさと打ち下ろしています。
中には飛び跳ねたり飛び込んだり、床を膝で踏み鳴らしたり・・何を思うのでしょう。

安永五年1776年の林益太夫政誠の英信流目録の大森流居合之位十一本目は原本に記載はありません。
十本目勢中刀で終わっていますがそのあとに「以上十一本」とありますからこの目録を書写された第十五代谷村亀之丞自雄が写し損なったか初めから無かったのでしょう。

大森流(正座の部)十一本目抜打(抜打)
剣理:正面に対座せる対敵の害意を認めるや、直ちにその真向を上段より斬り下ろして勝意也。(我れ抜刀時、刀を柄頭の方向に抜き上げる心地こそ大切也)

*もし敵斬り込み来たりてもその刀を受け流す気にて行う)と術理に記載されて古伝の気は引き継がれていると思います。

演武の締めのように演じられますが、身を土壇となして演ずるならば大森流の中で最もすさまじい業です。

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事十本目虎乱刀

神傳流秘書を読む

3.大森流居合之事

 十本目虎乱刀

 是は立事也幾足も走り行く内に右足にて打込み血震し納る也但し膝を付けず

*虎乱刀の業名は、虎が獲物を追う姿をイメージしたのでしょうか、そんな雰囲気を感じてしまいます。現代居合ではこの業名は「追風」です。大森流の業名を変えるだけの意味が解りません。
抜刀心持之事に「追懸切」というのがありますが業名の通り追い掛けて切り込んでいます。

大森流は正座の業ですがこれは、立って行うと言います。立って前方に居る相手に走りこんで間境に至れば右足を踏み込んで打込むのですが、この「打込み」の方法を明示されていません。一刀のもとに相手を倒していますから、横一線に首を刎ねている、上に抜き上げ真向に打ち下ろしている、いずれも一刀に仕留める大技です。
血ふるいし、立ったまま納刀です。

この業をのちの12代林益之丞政誠が安永五年1776年に英信流目録を書いています。
書いた時期が丁度、第10代林安太夫政詡の亡くなった年になります。
土佐に英信流を持ち込んだ第9代林六太夫守政亡き後34年後のことです。

大森流居合之位十本目虎乱刀

是は立てスカスカと幾足も行て右の足にて一文字に抜付(払ふてもよし)かむる時左の足を一足ふみ込右の足にて打込む血ぶるひの時左を右の足に揃納る時右の足を引納其時すねはつかぬ也

*10代は幾足も走って追いつかず、12代は幾足もスカスカと歩いて追いつくのです。
抜き打ちは右足を踏込み横一文字に抜き付けます。この抜き付けは抜き払っても良いと言いますから。相手の首を斬り払うも有かも知れません。口伝でしょう。
留めは左足を踏み込みつつ上段に振り冠り右足を踏み込んで真向打ち下しでしょう。
現代居合のイメージにつながっています。

現代居合は無双直伝英信流正座の部十本目「追風」です。
虎乱刀を追風に変えた由来はどこにも見当たりません。

大森流(正座の部)十本目虎乱刀(追風)
剣理:我が前方に逃れ去らんとする対敵を、我れ小足、小走りにて追い込みて斬り付け勝つ意也(虎走り掛かりに留意)

*前方に逃れ去らんとする相手を追い込む、虎走りの方法が大切と云う事です。
抜き付け打込む処は術理に有ります。

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事九本目勢中刀

神傳流秘書を読む

3.大森流居合之事

 九本目勢中刀

 右の向より切て懸るを踏出し立って抜付け打込血震し納る此事は膝を付けず又抜付に払捨て打込事も有り

*相手「右の向より切て懸る」ですから、相手は我の右側正面から仕掛けて来ます。我は正面に対し左向きに座すのでしょう。現代居合では斜め左向きと教えられます。
これも、相手は我の右脇に坐しているのか、向うに離れた位置に立って仕掛て来るのか想定は自由です。
しかし次の「踏出し立って抜付」ですから、大森流の「右刀」を稽古していますから、相手の仕掛けに応じて、両手を刀に懸け右廻りに相手に振り向き、立上り右足を踏み込み相手の機先を制して抜き打つ。現代居合では相手の打ち込まんとする上段に構えたその両小手に抜き付ける。

我が抜き打ちに怯む相手に立った状態であれば右足に左足を引きつけ右足を踏み込んで上段から打ち込み大森流の血振るいをし、右足に左足を踏み揃え、右足を引いて納刀膝を着かず立ったままの納刀です。

「又抜付に払捨て打込事も有り」と抜き付けには、払い捨てるのも有りと云います。それでは払い捨てない抜き付けは、相手の打ち込む小手を押さえる様な抜き付けなのでしょう。
右足を踏込み半身で相手の小手を押さえる抜き付け、払い捨てる場合は半身で抜き付け右に披いて抜き放つのでしょう。

安永5年1776年の林益之丞政誠の英信流目録大森流居合之位勢中刀

是も坐して居也少し右向の方より敵立て来る心持也我其時右の足より立ち一文字に払ふ也其儘かむり討込む也跡は血ぶるひをし左の足を右の足に揃納る時右の足一足引納る時すねをつかぬ也

*ここでは、我は正面向きに座し、相手は少し右の正面から立って仕掛て来る、我は其の時立ち上がって右足を踏み込んで横一文字に払い捨てに相手に抜き付ける。
其の足の儘振り冠って相手に打込む跡は血振いし左足を前足の右足に引き付け、右足を引いて立ったまま納刀する。

大森流(正座の部)九本目勢中刀(月影)
剣理:正面に対して左に向きて(左45度位斜め向きにて)座したる我に、正面より立位にて間合い計り攻め来たり、間合い至りて上段に振り冠りて仕懸け来る対敵が上段に振り冠たる瞬間その両内甲手に、我れ立ち上がりざま斬り付け、対敵後退するを踏み込みて真向に斬り下ろし、勝を制する意也。(対敵が抜刀し振り冠りたる瞬間、その両内甲手に斬り付ける心地こそ大切也)

*勢中刀とは見事な業名です、敵の打ち込まんとする勢い半ばで制する業です。現代の月影の名称は、大江先生が改変してしまった古伝太刀打之事の五本目月影(居合道形の鍔留)の業名からの引用です。
相手の打ち込みにすらりと立ち上がって抜き打つ様子が月影に相応しいなどと仰る大家も居られますがどうでしょう。

現代居合は想定が絞られています。相手の攻撃のどのあたりに抜き付けるなど微細です。

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

神傳流秘書を読む 3.大森流居合之事八本目逆刀

神傳流秘書を読む

3.大森流居合之事

 八本目逆刀

 向より切て懸るを先々に廻り抜打に切右足を進んで亦打込み足踏揃へ又右足を後へ引冠逆手に取返し前を突き逆手に納る也

*この手付ではどの様に動作を付けるべきかです。
大森流は正座の居合ですから、我れ正面に向いて座すところ、相手が正面より上段に振り冠って切って懸るのを、「先々に廻り抜打に切」はどうしましょう。当時の動作が見えません。
我と同様に正座して対座している相手が立ち上がって切って懸る想定で稽古をしてみる方法もあるでしょう。又座したまま刀を上に抜いて打ち込んで来るのもあるでしょう。
或は、少し離れた位置から上段に振り冠って打ち込んで来るのもありでしょう。

いずれにしても、間が近ければ、間を外す時間はないので、我は刀を抜き上げて相手刀を受け流すや右足を踏み込み相手の頭上に打ち込むのでしょう。無外流の「連」、全居連の「刀法前後切」が使えます。
次いで、しまったと引く相手を逃さじと、左足膝を右足踵に引付、右足を踏み込み更に打ち込む。
立ち上がり左足を右足に踏み揃え、右足を後方へ引き上段に振り冠り残心。
左足前の足踏みのまま正眼に刀を下ろし右膝を着き、右手を逆手に取り直し切っ先を倒れた相手に付け留めを刺す。逆手のまま納刀。

相手が間境で上段に振り冠って居るならば、我も来るなら来いと右足を少し踏み込みつつ刀を抜き出し、相手が間を越して打ち込むや立ち上がりつつ右足を引いて間を外し、同時に刀を受け流すように抜き上げ、外されて引かんとする相手に打ち込む。
相手更に引かんとするのを右足を踏み込み打ち込み左足を右足に引付る。
相手倒れるや、右足を後ろに引いて刀を引き冠り上段となり、刀を下ろし正眼に構え、右膝を着き、右手を逆手に持ち替え倒れた相手を突き留めを刺して逆手のまま納刀する。

第12代林益之丞政誠の安永5年1776年の英信流目録の大森流居合之位逆刀を読んでみます。
是は坐して居りすっと立其儘引抜向え拝み討に打ちつづけて二つ打其時両足を揃え太刀を亦かむり其の時右の足を跡へ引すねをつき亦太刀を前へそろりとおろし柄を逆手にとり左の手にて刀のむねをおさえ太刀の刃を上へ向て手前へそろりと引納る也初発刀より此迄は納るすねをつく也

*現代居合と同じようです。相手は少し離れた位置から仕掛けて来る様です。近代に近づくと、どんどん業手附が特定されてしまう様です。

大森流(正座の部)逆刀(附込)
剣理:座位にある我に対敵立位にて正面より斬り込み来るを、我れ立ち上がりながら一歩後に退きてその斬り込み来る敵刀を摺り落して外し、(立ち上がり切ったる我が顔面頭上にて敵刀を摺り落とす気分にて)対敵の顔面に斬り付けるも不十分なりし為、対敵後退するを我れ直ちに追撃して勝つ意也。

*この剣理は、附込だけで残心については術理動作に譲っています。
古伝神傳流秘書はおおらかでした。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »