« 神傳流秘書を読む 5.太刀打之事七本目独妙剣 | トップページ | 神傳流秘書を読む 5.太刀打之事九本目心妙剣 »

2014年10月23日 (木)

神傳流秘書を読む 5.太刀打之事八本目絶妙剣

神傳流秘書を読む

5.太刀打之事

 八本目絶妙剣

 高山に構へ行て打込み打太刀より又打込を請て相手の面へ摺り込み相手肩へ取る(請くる時は切先に手を添え頭の上にて十文字に請け留むるなり)

*「高山に構へ行て」は遣方高山、打太刀高山でしょう。
高山の構えは、上段です。この流の上段はどのように構えたかは不明です。大森六郎左衛門に第九代林六太夫守政が剣術の指導を受けたという事ですと新陰流の雷刀と思われます。竹刀剣道の上段とは違って左拳を頭の上まで上げ額より前に出ない様にし、太刀の角度は45度位後、太刀を振り上げる時肩を下げる意識で肘を拡げます。
竹刀打ちに見られる、肘をすぼめて構え、肘をすぼめて打込むのとは違うと思われます。
現代居合は竹刀剣道の統一理論に合わせる指導者によって失念したと思われます。
河野先生の大日本居合道図譜に於ける上段は、「我が両拳の下より敵の頭上を見下ろす心持ちにて刀を頭上に把り剣先は高く構ゆ」ですが、左拳は額のやや上前、刀は45度で両肘の間から敵を覗き見する様です。是は一刀流の上段でしょう。

打太刀は前回の独妙剣で中央から五歩退いていれば合い進み、留まっていれば待ち掛ける、双方上段に構え、遣方スカスカと歩み行き、間境を越すや右足を踏み込んで打太刀の真向に打ち下す。打太刀右足を少し引いて頭上にて十文字に請ける、打太刀右足を踏み込み遣方の真向に打込む、遣り方之を頭上にて左手を物打ちに添え十文字に請けるや打太刀の刀を右に摺り落とし打太刀の面へ摺り込み勝。「相手肩へ取る」は打太刀摺り込まれて一歩下って八相に取り負けを示す。
この遣方が十文字請けして摺り込む方法についてですが、右手を左手よりやや高く取ります。
物打下辺りに左手をやや低く添えます。
其の添え手は、一般に拇指と食指の股に刀の棟を挟む様にして添えるのを指導されますがそれでは、真向に打込まれた場合砕かれてしまいます。
刀の棟が食指の第3関節から小指の下のふくらみに掌を斜めになる様にして顔前頭上に左手を右手よりやや前にして刃を上にして受けます。
十文字請けした処を支点にして左足を踏み込んで打太刀の右面に切先を摺り込みます。

曽田先生による五藤先生の業附口伝絶妙剣(独妙剣と業名が変わっています)
是も同じく抜也敵待かけても相懸りにても不苦八相にかたきてスカスカと行き場合にて打込也其時敵十文字に請て又我が真向へ打込也其時我又本の儘にて請け面へ摺り込み勝也(我請たる時は左手を刀峯に当て次に摺り込み勝也)(摺り込みたる時敵刀を右肩に取る 曽田メモ)

此処は古伝も業附口伝も上段と八相の違いで同じ様です。
租の違いは、古伝神傳流秘書は真向打ちです、五藤先生の業付口伝は八相からの打ち込みですから相手の左面へ打込み請け止められ、相手真向に打ち込むでしょう。

この絶妙剣は大江先生の英信流居合之型からは外されています。相手と間を十分詰めて打込ませ、両手十文字請けと摺り落とし、勝つ位と敗ける位を学ぶ良い業でしょう。

後に出てくる詰合の五本目鱗形が座して行う同様の業です。

|

« 神傳流秘書を読む 5.太刀打之事七本目独妙剣 | トップページ | 神傳流秘書を読む 5.太刀打之事九本目心妙剣 »

神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神傳流秘書を読む 5.太刀打之事七本目独妙剣 | トップページ | 神傳流秘書を読む 5.太刀打之事九本目心妙剣 »