« 神傳流秘書 4.英信流居合之事三本目稲妻 | トップページ | 神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事五本目山下風 »

2014年10月 9日 (木)

神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事四本目浮雲

神傳流秘書を読む

4.英信流居合之事

 四本目浮雲

 右へ振り向き足を踏みもぢ彳腰をひねり抜付左の手を添へて敵を突倒す心にて右の足上拍子に刀をすねへ引切先を後へはね扨上へ冠り膝の外へ打込み後同前又刀を引て切先をはねずして取って打込事も有

*この業は、読んでいてもイメージが湧いてきません。恐らくこれだけではどのようにしたらいいのか見当がつかないほど抜けだらけなのでしょう。

現代居合の浮雲のテキストをベースにしてその上に古伝を乗せて見るばかりです。
使われている言葉がまずわかりません。「もぢり」は捩る、振り向いて足を絡めるでしょう。
「彳」はてき、ちゃく、意味は「ついと前に進み出る」。

右へ振り向き足を絡めるようについと右足を踏み込み止めて、腰を左に捻り抜き付ける、左手を刀に添えて敵を突き倒す心持で、「右の足上拍子に刀をすねへ」は意味が解りません。敵を右足の方に引き倒す。その拍子に刀を右足脛に引き付ける。
引き倒すや刀を後ろに撥ね、上段に振り冠って、左膝の外側に相手の胴(首)に打ち込んで右に開いて納刀する。
又は、刀を右足脛へ引いて相手を突き倒しそのまま相手を引き切って、切っ先を撥ねずに右より上段に振り冠って左足外に相手の胴(首)に打ち込む。

何とか現代居合の浮雲が下敷きになって解読できたようですが、今一つ「上へ冠り膝の外へ打込み」が理解できずにいます。
左膝外としたのは、右足の方に相手を引き倒したので、右膝外には相手の体は無いと見たのです。
相手を引き倒すにあたり、刀を右足脛まで引き込んでも相手の体は左足外側までしか倒れこまないので、反撃される前に左足外に打ち込まざるを得ないのかもしれません。
少々ドラマの見すぎでしょうか。想像力のなさでしょうか。
左足で相手の袖、腕、肩を踏みつけ動かないようにして切りつけるとか・・・??。
あれやこれや、らしき御説もある様です。
この左足外の打ち込みは、解説抜きでこの流の居合はどこでも素直にやっていて愉快です。

この浮雲の現代居合の理合「三人併座し、自らは左端とする。右側二人目の敵が突然我が刀の柄を取らんとするを先ず立ち乍ら左斜め後方に左足を引き、敵の手を外し、敵後方に退かんとするに乗じ、其の胸元に袈裟に抜き付け右に引き倒し、上段に振りかぶり胴に斬り下ろす業である」

三人居並ぶ文言は大江先生・堀田先生共著「剣道手ほどき」の付録にある浮雲に追記の形で書かれていますが、動作にその必要性は見られません。

神傳流秘書には三人である事は読み取れません。この英信流之事では、一本目から十本目まですべて一対一の攻防です。あえて四本目の浮雲を三人の攻防とする意味はあるのでしょうか。
林六太夫守政以後の誰かが三人として、それらしく演じたのかも知れません。
左膝外への打ち込みも疑問ですがそれ以上です。

先師の教えをいじくり廻した大家も之だけは守っているのが愉快です。
イチャモンつけずに教えられた通りやっていれば、何かひらめくことがあるかもと今日もそうしています。

|

« 神傳流秘書 4.英信流居合之事三本目稲妻 | トップページ | 神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事五本目山下風 »

神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打」カテゴリの記事

コメント

ご教示、ありがとうございます。白石先生の箇所での記載で(先ほど読み直しました)、引き倒した後、止まることなく胸前で水平に構えて、流れるように振り被れば、仰るように右回りになります。障害物が左右に有る無しでも、振り被り方は変わってきます。ご指摘のように、①そのまま頭上、②右回り、③左回り、振り被りは3通りできた方が良さそうですね。

兵法流浪さま
コメントありがとうございます。
振り冠りのいろいろにご理解いただきありがとうございます。
今日の稽古で歳を取って腰がまがってで初発刀を要求道理抜けなくなった方の居合は、腰が曲がったまま如何にして抜き打ち勝つ事が出来るかの話が出ました。
元気な若者よりより重要な刀法かも知れません。
        ミツヒラ

投稿: 兵法流浪 | 2015年9月28日 (月) 23時52分

こんばんは。14年ぶりに昇段審査を受けました。「古流2本目の浮雲・颪・岩波はアレコレ言われ(減点され)易いので稽古は止め、審査は稲妻で受けるよう」師から厳重警告され、7月以降は封印、涙を飲んで(笑)従いました。今週、何となく受かりましたので、全剣連規約で次の審査までの5年間は、じっくり古流の稽古ができそうです(^^)。さて、原文の「切先をはねずして取って打込」とは、どのような、動きなのでしょうか?先師(故人)は、刀を跳ね上げず、引き切った(倒した)軌跡をそのまま戻り、螺旋を描いて止まることなく振り被り、そのまま切り下ろしてました。演武では、他の範士が刀を跳ね上げ歌舞伎の見栄を切る時、既に先師は切り下ろし残心に入ってました。二人が同時に柄に手を掛けたら、歌舞伎でない方が、切り下ろすまでが早いです。しかし現在、高段者の演武で、歌舞伎をやらない浮雲、颪は殆ど皆無。原文は、引き切った刀を左添手の状態から、パっと頭上に振り被りつつ諸手になることを意味しているのでしょうか?大らかに捉えるなら、螺旋を描いて振り被ろうが、ぱっと振り被ろうが、歌舞伎でない限りは、どちらでもいいと考えて良さそうな.....

兵法流浪さま
コメントありがとうございます。
昇段おめでとうございます。
浮雲の撥ね上げは、古伝にもありますから敵を引き倒し切先が敵の体から抜ければ刀身に添えて有った刀を其の位置で跳ね上げ其の儘上段に冠るに都合が良さそうです。
右足踝に切先を引き付ける様な引き倒しと、水平に引き倒すのも有ですから水平の方がより跳ねやすい様です。
仰るような引き倒した軌跡を戻しながら振り冠るのは見た事は有りませんが簡単で良い方法ですね。
引き倒して刀が敵から斬り抜けたところから右から廻して上段に振り冠るのも細川系の白石居合には明示されて居ます。
古伝の大らかさを生かせば仰るように状況次第で大見得を切って跳ね上げるも、軌跡を辿って振り冠って斬るも、自然に右から廻して振り冠るも良しでしょう。と思います。
      ミツヒラ

投稿: 兵法流浪 | 2015年9月27日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神傳流秘書 4.英信流居合之事三本目稲妻 | トップページ | 神傳流秘書を読む 4.英信流居合之事五本目山下風 »