« 神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十二本目夜ノ太刀 | トップページ | 神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十四本目五方切 »

2014年12月25日 (木)

神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十三本目追懸切

神傳流秘書を読む

12.抜刀心持之事

 十三本目追懸切

 抜て向へ突付走り行其儘打込也

*此の業は現代居合では見る事も無い業です。
刀を抜き出し、正面の相手に切先を突き付け、走り込んで間境に至れば上段に振り冠って右足を踏み込んで真向に打ち下すと云う業でしょう。

相手は抜刀せずに歩み来るのか、抜刀して上段に構えているのか手附は何も指定していません。
或は前方を後ろ向きに歩み行くのか、状況を判断し、どのように走りこむのか難しい業です。

英信流居合目録秘訣の外之物の大事に遂懸切が有ります。
「刀を抜我が左の眼に付け走り行て打込但敵の右の方に付くは悪し急にふり廻りぬきはろうが故也左の方に付て追かくる心得宜し」

古伝の追懸切を補足している様です。
「刀を抜我が左の眼に付け」ですから左足前の左正眼の構えでしょう。距離が離れていれば左足・右足・左足と常の走り込みでいいでしょうが、間境では左足前にして上段となり右足を大きく踏込んで打ち下す。
次の「但敵の右の方に付くは悪し」ですが、敵の右側から打ち込まんとすれば「急にふり廻り抜はろう」と云う事は敵は後向きで同方向に歩み行く、それを追いかけて刀を打ち下すと解釈できます。従って敵の左側から追掛けて切れというのでしょう。

古伝の追懸切は想定を指定して居ません。英信流居合目録は、一つの想定からの運剣の心得でしょう。此の業は、闇打ちの心得の様です。大江先生の中学生向きの業としては教育上不向きです。

下村派細川義昌先生系統と思われる白石元一先生には「追掛(前方を行く敵を追い掛けて斬る意)」という業があります。「・・右足にて刀を抜き刀先を返し柄を手許にし左手を柄に添えて持ち中段に構えたる儘にて数歩小走りに追掛け、左足を踏み出したる時に振り冠り、右足を出すと同時に大きく真向より斬り下す」

古傳の手附ではカバーできないので色々考案されていったのでしょう。江戸時代後期には、敵は後向きに前方を歩み行くのを追い掛けている想定になっています。

|

« 神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十二本目夜ノ太刀 | トップページ | 神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十四本目五方切 »

神傳流秘書14‐8抜刀心持之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十二本目夜ノ太刀 | トップページ | 神傳流秘書を読む 12.抜刀心持之事十四本目五方切 »