« 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事五本目右転 | トップページ | 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事七本目抜捨 »

2015年1月 6日 (火)

神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事六本目右詰

神傳流秘書を読む

13.夏原流和之事

 1、捕手和之事

 六本目右詰

 前の如く歩み行て右脇を行違ひしなに相手の右の手を我が右の手にて取り左の手をひじに上て引伏せ堅める

*相手座している処へスカスカと歩み行き、行き違う時にさりげなく腰を屈め相手の右手首を我が右手で取り右腰に引き寄せるように静かに引き、伸びた右手のひじの上から左手を抑えるように取り、左膝を付くや右廻りに引き伏せ堅める。

行き違いざまに相手の右手をさりげなく取る事が出来れば、技は懸りそうです。この業は捕手和之事ですから、主命によって相手を捕縛するために行くわけです。
和は「やわらぎ」です柔らかい態度で相手が安心して構えて力まない様にするわけです。

|

« 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事五本目右転 | トップページ | 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事七本目抜捨 »

神傳流秘書14‐9夏原流和之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事五本目右転 | トップページ | 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事1捕手和之事七本目抜捨 »