« 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足九本目髻附 | トップページ | 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足十一本目影切掛 »

2015年2月 1日 (日)

神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足十本目靭付

神傳流秘書を読む

13.夏原流和之事

3、小具足

十本目靭付

相手我右脇より歩来り我が帯を取打込んとするをすぐに相手の膝と足首とに手を掛押倒す

*この業名は靭付、うつぼつき・じんつき、読みが解りません。
前回は髻つき、もとどりつき、たぶさつきでした。
髻は「もとどり、たぶさ」髪の毛を頭の上で束ねて結わえたところ。髷の結わえたところでしょう。

今回の靭付の靭は「じん」と読み、柔らかい、しなやかなどの意味を持つ。
靭帯などに使われるので、アキレス腱辺りに付けるでもいいかも知れません。ウツボと読むのは矢を入れる細長い箱と曽田先生はメモしています。

我は八文字に座すところ、相手右脇よりスカスカと歩み来たり、腰を屈めて我が帯を左手で取り、右手で短刀を抜いて打ち込まんとする。
我は即座に、相手の中腰になった右膝に右手を掛けて押し、その足首に左手を掛けて手前に引いて倒す。

「相手の膝と足首とに手を掛け押し倒す」ですから、膝と足首を押して倒すとも取れます。相手は短刀を抜くや上から打ち込んで来るならば、膝と足首を押すばかりでは返って打ち込みやすそうです。
足首を取って手前に引き膝を押す方が相手をあお向けに倒せそうです。
さて「うつぼつき」では業名の意味が、より解らなくなりました。
靭を取っては、足首を取ってとも思うのですが、あまり考えているより一気に倒したほうが良さそうです。

|

« 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足九本目髻附 | トップページ | 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足十一本目影切掛 »

神傳流秘書14‐9夏原流和之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足九本目髻附 | トップページ | 神傳流秘書を読む 13.夏原流和之事3小具足十一本目影切掛 »