« 居合兵法極意秘訣 1.老父物語2雷電その1 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 1.老父物語4雷電その2 »

2015年3月18日 (水)

居合兵法極意秘訣 1.老父物語3惣捲

居合兵法極意秘訣

1.老父物語

、惣捲

 惣捲片手に持打込左の手に而とらゆるつり合大事

*この文章は前後の脈絡も無く「惣捲」になっていますので意味不明です。
前回の雷電の二刀の裁きから、左手に小太刀、右手に太刀を持って敵の両目へ両太刀先を付ける、所謂二刀の構え円曲です。左手の小太刀で敵の打ち込みを請け込み、右手で敵の右足を打ち払う際の、左右の釣合が大事と云うのかも知れないと思ったりしています。
相手の打ち込みを左手の力だけで請けるのは確かに難しいものです。相手の打ち込みに附け入る様にして左手で敵太刀を請けるや充分腰を入れ、同時に右手の太刀を其の拍子に稍右上方に上げ即座に打ち込む、この釣合を大事というのでしょう。

|

« 居合兵法極意秘訣 1.老父物語2雷電その1 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 1.老父物語4雷電その2 »

居合兵法極意秘訣15-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居合兵法極意秘訣 1.老父物語2雷電その1 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 1.老父物語4雷電その2 »