« 居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事1門戸出入之事 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事3捕者之大事 »

2015年3月22日 (日)

居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事2閨之事

居合兵法極意秘訣

2.當流申傳之大事

 2、閨之事

 閨之事不案内なる所にては刀を抜鞘口三寸ほどのこし居ながらしづかに四方を振さぐるべし九尺四方其まゝ何事もしれ申候

*閨は臥所、寝室でしょうから、よく知らない所での寝室に案内されて入った時は、刀を抜、鯉口から切っ先三寸ほど鞘に残して、柄を片手で持ってその場に立ったままで振り廻して四方を探れば、九尺四方の何事も判るものである。

鞘が80cm、柄が24cm、刀身が鍔から75cm-9cm=66cm
手の長さが60cmで柄頭を握るので10cm引かれて50cm位でしょう。

合わせて80+66+24+50=220cm 約7尺3寸位でしょう。
後の2尺は上体を倒して探ると略九尺になるか、でしょう。

切っ先三寸では鞘が抜け落ちそうです。ここでは下緒を柄と一緒に持って振り探ればいいのでしょう。

|

« 居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事1門戸出入之事 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事3捕者之大事 »

居合兵法極意秘訣15-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事1門戸出入之事 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 2.當流申傳之大事3捕者之大事 »