« 居合兵法極意秘訣 5.組討心得2砥石 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 6.兵糧丸2溺死 »

2015年4月16日 (木)

居合兵法極意秘訣 6.兵粮丸1蕎麦之粉

居合兵法極意秘訣

6.兵粮丸

 1、蕎麦之粉

 ・蕎麦之粉 能酒に浸て日に干しかため亦酒に浸し干し堅め三度酒にひたし干し申也

 ・白米粉にして

 ・人参和人参吉 たとえばそばこ三匁に白米壱匁人参も壱匁まぜ合直径三分程に丸め米の粉を衣に懸けて能干し堅め持べし一粒服すれば二三日飢ず是を食する時は気力常よりつよく勇力大に増也

 ・そばこを仙粉と云 米を寿延と云う 但糯米大に吉

 ・平常の用心にわ人参入れずしても吉旅行等に用意すべし

*戦場に持っていった兵糧丸です。支給された食料とは別に用意したのかもしれません。
家族の思いの籠ったものであれば、生き延びられたのでしょう。

ここは箇条書きになっていますので、其の繋がりが解りずらいのですが、蕎麦の粉をよく酒に浸して日に干して固め、固まったら又酒に浸して干し固め、三度酒に浸して干し固めておく。
白米も粉にしておいて、人参は和人参を用意して、たとえば干し固めた蕎麦粉を三匁に粉にした白米一匁、人参も一匁混ぜ合わせ直径三分くらいに丸めて、米の粉を衣にかけてよく干し固める。それを持って戦陣に加わって行く。一粒服すれば二、三日は飢えることは無くこれを食すれば勇力大いに増大する。
蕎麦粉を仙粉、米の粉を壽延と云う。糯米(餅米)は大いによい。
平常の時の用心には人参を入れなくてもよい。旅行などの時に用意すべし。

兵糧丸の制作で人参はどのようにするのか、準備の仕様がありません。おろし金ですっておくのでしょうか、それとも千切りにして干し人参にしておいて粉に挽くのでしょうか。

雑兵に駆り出されて行く、夫や息子、兄や弟を、恋人を思いせっせと丸めているおなごの姿が目に浮かんできます。
味は、そっと涙を拭いた手で丸めた涙の塩味かもしれません。

|

« 居合兵法極意秘訣 5.組討心得2砥石 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 6.兵糧丸2溺死 »

居合兵法極意秘訣15-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居合兵法極意秘訣 5.組討心得2砥石 | トップページ | 居合兵法極意秘訣 6.兵糧丸2溺死 »