« 英信流居合目録秘訣 1.外之物の大事8詰合は二星 | トップページ | 英信流居合目録秘訣 2.上意之大事2両詰 »

2015年4月28日 (火)

英信流居合目録秘訣 2.上意之大事1虎走

英信流居合目録秘訣

2.上位之大事

1、虎走

仕物抔云付られたる時は殊に此心得入用也其外とても此心得肝要也
敵二間も三間も隔てゝ座して居る時は直に切事不能其上同座し人々居並ぶ時は色に見せては仕損る也さわらぬ躰に向ふえつかつかと腰をかがめ歩行内に抜口の外へ見えぬ様に躰の内にて刀を逆さまに抜きつくべし虎の一足の事の如しと知るべし大事とする所は歩みにありはこび滞り無く取合する事不能の位と知るべし

*虎走は、上司より討ち果たすよう言付けられた時の心得であり其の外の事でもこの心得は肝要である。
敵が二間も三間(5m40cm)も隔てて座している時には直ぐに刀を抜いて切る事は出来ない。
其の上、同座している人々が居並んでいては、相手を切る素振りを見せて邪魔されて仕損じる事もある。
なんでもない様にして、相手の方へつかつかと腰をかがめ歩いて行くうちに、刀の抜き出す様子が見えないように体の内で、刀を切っ先を下にして刃を相手の方に向けて抜き付け、虎一足の様に抜き付けるのである。
大事なのは、歩み行く足運びにある、相手に近づくにはするすると滞りなく、居並ぶ者にも、邪魔する様な雰囲気も見せない態度とするものである。

虎走は古傳神伝流秘書の抜刀心持之事の虎走
「居合膝に坐して居立って向へ腰をかがめつかつかと行抜口の外へ見へぬ様に抜付打込納又右の通り腰をかがめ後へ引抜付打込也」

現代居合では、この心得はどこかに置き忘れてきたようです。
この虎走は大江先生の奥居合居業の虎走の事を指しています。
「座したる処より柄に手を掛け、稍腰を屈め、小走りに数歩進み出で、右足の踏み出したる時抜き付け、同体にて座して斬る・・・。」

これでは大事な心得は何処にも見られません。

|

« 英信流居合目録秘訣 1.外之物の大事8詰合は二星 | トップページ | 英信流居合目録秘訣 2.上意之大事2両詰 »

英信流居合目録秘訣15-4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英信流居合目録秘訣 1.外之物の大事8詰合は二星 | トップページ | 英信流居合目録秘訣 2.上意之大事2両詰 »