« 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事8泳之大事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 1.日中之事 »

2015年5月30日 (土)

英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事9獅子洞入

英信流居合目録秘訣

4.居合心持肝要之大事

 9、獅子洞入 獅子洞出

 是以戸口抔を入るの習也其外とても心得有るべし或は取籠者抔戸口の内に刀を振上て居るときは容易に入る事不能其時刀を抜て背に負たる如くに右の手にて振り上げ左の手にて脇指を提げうつむきて戸口を入るべし上より打込めば刀にてふせぎ下をなぐれば脇差にて留る向ふの足をなぐべし獅子洞出是以同出入の心得を知らする也

以上

居合目録口訣覚終

*是の心得を以て戸口抔を入る習いである。其の外の時でも心得ておくべきである。或は取籠者抔戸口の内に刀を振り上げて待ち受けて居る時容易に入る事は出来ない、其の時刀を抜いて背に負う様にして右の手で振り上げて持ち、左の手には脇差を提げ俯いて戸口を入るべし。上より打込めば刀にて防ぎ、下を薙ぐって来れば脇指にて留め、向うの足を薙ぐ、獅子洞出、是を以て出入りの心得を知らせるのである。

以上

居合目録口訣覚終

以上で英信流居合目録秘訣を終わります。

この教えは、2015年3月21日の居合兵法極意秘訣當流申伝之大事に似たような教えが有ります。
「門戸出入之事夜中うたがわしき所にて先我足より先へ出すべし刀鞘供にぬきかけて我首之上にかぶりて出入すべし三方のわざわい止るなり其上は時々自分自分のはたらき有るべし」

2015年5月2日の英信流居合目録秘訣の上意之大事の門入
「戸口を出入りするの心得也戸口の内に刀をふり上て待つを計知るときは刀の下緒のはしを左の手に取刀を背てうつむきとどこをり無く走り込むべし我が胴中に切かくるや否や脇指を以抜つけ足をなぐべし」

*夫々違いは有っても背中の刀を背負って戸口を入る所は同じです。
良く整理されている古伝ですが同じような心得が3度出て来ると何故の虫が騒ぎます。

|

« 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事8泳之大事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 1.日中之事 »

英信流居合目録秘訣15-4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事8泳之大事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 1.日中之事 »