« 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事2太刀組附位 | トップページ | 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事4野中之幕 »

2015年5月24日 (日)

英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事3太刀目附之事

英信流居合目録秘訣

4.居合心持肝要之大事

 3、太刀目附之事

 敵の足に目を付けべし是にて場合能く知るゝのみにてならず臆せざる也是を上見ぬわしの位とも云うなり心は下に有って事さ上に速に応ずる油断無の心なり

*立合いの目付は敵の足に目を付ける事、是によって場合の状況を良く知る事が出来るものである。それだけでは無く臆する事も無い。
上を見ぬ鷲之位とも云うのである。心は下にあって事が上にあり速やかに応ずる油断の無い心である。

「事さ上に速に応ずる」の「事さ」は解読不明ですが、敵の足に目付けをしていれば、敵との間合いも、動作の起こりも把握可能なので心を下に澄ませて置き、上での起こる事に速やかに応ずる油断なき心の目付というのでしょう。

|

« 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事2太刀組附位 | トップページ | 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事4野中之幕 »

英信流居合目録秘訣15-4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事2太刀組附位 | トップページ | 英信流居合目録秘訣 4.居合心持肝要之大事4野中之幕 »