« 居合兵法極意巻秘訣 13.大道之事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 15.後用捨之事 »

2015年6月13日 (土)

居合兵法極意巻秘訣 14.脇道之事

居合兵法極意巻秘訣

14.脇道之事

 山川岸堤踏石戸壁障子の類はいづれも我が右の脇にうくるべし後にすべからず

*山、川、岸、堤、踏石、戸、壁、障子の類はいづれも我が右の脇に受けるもので、後ろにしてはならない。

障害物なのか、敵が右脇から容易に攻め込めない様な場作りを云うのでしょう、後ろは我の退路を開けておくのでしょう。

武蔵の五輪書火之巻「場の次第といふ事
「・・・うしろの場つまらざるやうに、左の場をくつろげ、右のわきの場をつめてかまへたき事也・・」

|

« 居合兵法極意巻秘訣 13.大道之事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 15.後用捨之事 »

居合兵法極意巻秘訣15-6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居合兵法極意巻秘訣 13.大道之事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 15.後用捨之事 »