« 居合兵法極意巻秘訣 5.雨中之事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 7.寒天之事 »

2015年6月 5日 (金)

居合兵法極意巻秘訣 6.雪中之事

居合兵法極意巻秘訣 

6.雪中之事

 地に雪の積りなば間を隔て敵の来るを待つべし我行べからず敵雪に辷(すべる)りころぶ物也地に積らずは雨中の心得と同前上段よし

*地に雪が積もっているならば、距離を取っておいて、敵が来るのを待つのである。敵は雪に滑って転ぶのである。
地に積もるほどの雪でなければ雨の時の心得の様に、我は俯いて敵の様子を伺うようにして、するすると上段に構えれば敵は思わず顔を上げ雪が顔にかかって目に入る・・・。

|

« 居合兵法極意巻秘訣 5.雨中之事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 7.寒天之事 »

居合兵法極意巻秘訣15-6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居合兵法極意巻秘訣 5.雨中之事 | トップページ | 居合兵法極意巻秘訣 7.寒天之事 »