« 介錯口伝・他・神妙剣2.紐皮を掛る | トップページ | 介錯口伝・他・神妙剣4.太刀堅 »

2015年7月15日 (水)

介錯口伝・他・神妙剣3.麻上下

介錯口伝・他・神妙剣

 3、麻上下

 介錯の時麻上下の上に羽織を着る血飛故也夫故常に上下の上に羽織はきろう也

*介錯の時麻上下(裃)の上に羽織を着るのは、血が飛ぶからである。それ故、通常の時は裃の上に羽織を着るのを嫌うのである。

当時の武士の風習だったのでしょう。土佐だけの事なのか江戸でも当然の様に麻上下の上に羽織は着なかったのでしょうか。

介錯の時の装束、羽織の由来など興味の有る方にお譲りします。

|

« 介錯口伝・他・神妙剣2.紐皮を掛る | トップページ | 介錯口伝・他・神妙剣4.太刀堅 »

介錯口伝・他・神妙剣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介錯口伝・他・神妙剣2.紐皮を掛る | トップページ | 介錯口伝・他・神妙剣4.太刀堅 »