« 英信流目録 2.小太刀之位5下段ノ弛 | トップページ | 英信流目録 3.大森流居合之位1初発刀 »

2015年9月22日 (火)

英信流目録 2.小太刀之位6上段ノ弛

英信流目録

2.小太刀之位

 六本目 上段ノ弛

是は敵は上段也我は小太刀をひっさげ相懸りにてスカスカと行場合にて敵片討に打所を我行でもなし行ぬでもなし気のつり合にてすっかりと弛し上より討込なり

*この「上段ノ弛」は相手は上段、我は無形の位に小太刀をひっさげて、相懸りにすかすかと歩み寄る。
間境で相手、我が真向を片手打ちに打って来る、我は相手が空を打って来るのに付け入って行くでもなく、間を外すでもなく、「気の釣合」にて、上体を少し引いて「すっかりと弛し」、同時に上段に振り冠って右足を踏み込み真向に打ち込む。

相手は、我れが小太刀であり太刀との差を意識して、「片討」とはどのようにするのか分かりかねますが、恐らく遠間から左手を柄から外して片手打ちに大きく打って来るのでしょう。
聊か間遠いと見てふっと前に乗り出すようにして、すっと上体を引いて間を外す。
相手の太刀が空を切るや透かさず小太刀を振り冠って、筋替わりに左足、右足と大きく踏み込んで真向に打ち込む。
そんな、間の見切りを稽古してみました。

これで英信流目録に残された小太刀之位六本を終わります。
この英信流目録は、谷村派の第十二代林益之丞政誠によって安永五年1776年に書かれたものです。
しかし、その奥書に「林 政誠 干時安永五年 冬十月吉日改之」と有ります。
その事は、この英信流目録は林益之丞政誠が、先師の第11代大黒元衛門清勝か第10代林安太夫政詡によって書かれたものを書き改めたのか、自らの記述を改めたのか判りません。
ここでは、第12代林益之丞政誠に依って書かれたものとします。

その理由は神傳流秘書より、業手附が具体的でなお多少ぶれがあり、第九代林六大夫の息吹が薄れていると思う事で第十代林安太夫政詡の記述とは思えないのです。
更に第十代林安太夫政詡は安永五年1776年8月10日に亡くなっています。此れは「林 政誠 干時安永五年 冬十月吉日改之」ですから同年10月に林益之丞政誠の「改め書」であると判断いたします。
それを嘉永五年1852年に谷村派の第十五代谷村亀之丞自雄が書き写したものです。
更に、昭和に入って下村派の曽田虎彦先生が書き写したとされます。
昭和23年には曽田先生は河野先生にこの写しを送られています。

神傳流秘書に無い小太刀之位なので、第九代林六太夫守政が江戸で第八代荒井勢哲あるいは第七代長谷川英信から伝授されたものでは無さそうです。
江戸時代末期に何処かの流派のものが紛れ込んだと思われます。

小太刀之位は昭和30年に河野先生が曽田先生の写本を元に「無双直伝英信流居合術叢書」を出され公開されました。
現在では相当の大家と称する方でも、本の存在を含めて小太刀之位を知らず、ましてそれを演じたのを見た事もないと思われます。

大剣取と合わせて小太刀之位は残しておきたいものです。
これらの古伝には現代風のマニュアル化された動作はありません。
手附を紐解き動作を付ける事の難しさは、江戸時代の武士の心得のある者には容易に出来た事でも、現代では失念した身体操作を呼び覚まさない限り難しいものです。

このブログを目にする事の出来る居合人は、高段位の方ではごく少なくPC操作の出来ない世代の方には不可能なことです。
若い方々が自ら掘り起こす以外に神傳流秘書の居合は伝承されることは無いでしょう。
土佐の居合は総合武術であったにもかかわらず、他流の方法を取り入れてしまった先生や道場は幾つもあるようです。
神傳流秘書の業に戻って見る事も良いのではと思う次第です。

然しマニュアルが無ければできない、読んでもどの様にしたらよいか解らない、動画がないから出来ない、誰かその道の大家の指導が無ければ出来ない、ないない尽くしの現代人に古伝を継承出来るか不安です。
この道を志すならば、伝統ある古流剣術の本物を目指す先生の教えを乞い、それを学ぶと同時に、古い時代の文字や言葉も学ぶ覚悟がないと難しそうです。伝統とはそういうものでしょう。

それには、幾人かで知恵を出し合いグループでものにする「輪」の組織も必要です。
段位や所属年数などによるカビの生えた「和」の組織では無理と考えます。

武術は、「人と人が互に己の信じた事を貫くために行使する最終手段である」はずです。
そして、戦わずに和する事を学ぶものです。

明治以降に武術が分割されて独立した技術ばかりが目につきます。
それでも、得意とする武術を持つ人が集えば古伝は幾つも理解されていくはずです。

新しい時代は、道場間の壁を越え当然師匠の懐からも顔を出し、部門の壁を越えた繋がりが古に導いて呉れる筈と信じて居ます。

それを後ろから見守り、急げと応援する心が無ければ、現代の若者を揶揄する資格すら、年寄りにはないものと信じます。

まして明治以降の先師の書き残したものすら、公にするなという考え方では、武術はどんどん演武会用の踊りになってしまう筈です。

河野先生も「私の足らざる所を補足して呉れる様な熱意ある研究家を待つ次第である」と結ばれています。

是は無双直伝英信流居合兵法叢書の自序にある思いで、資料をもっと集めてほしいと云って居るばかりでなく、古伝と現代居合に根本的違いは認めがたいとも仰っています。

古伝の大剣取、小具足、小具足割、小太刀之位は小太刀を持つ我れも十分研究するのであるが、太刀を振う打太刀の研究も居合人ならばより学ぶべきものでしょう。

小太刀之位を終わります。

|

« 英信流目録 2.小太刀之位5下段ノ弛 | トップページ | 英信流目録 3.大森流居合之位1初発刀 »

英信流目録15-8」カテゴリの記事

コメント

ミツヒラブログ、いつも楽しみに読ませていただいております。

実は小生、せっかく河野百錬著「無双直伝英信流居合兵法叢書」を持っていたのに永らくその存在すら忘れてほったらかしにしておりました。数年前、ミツヒラブログを目にして貴重な本であることを再認識し、それ以来ことあるごとにミツヒラブログと照らし合わせながら稽古しております。感謝、感謝です。
お陰で、古伝の「太刀打之位」「詰合之位」「大剣取」「小太刀之位」まで何とか稽古できるようになりました。
さて、先日「小太刀之位」の稽古用冊子を作っているときにふと気づいたのですが、
ブログ「英信流目録15-8」2、小太刀之位で 2015.9.16のブログには「小太刀之位は安永五年1776年に第10代林安大夫政誠が書き残した「英信流目録二巻」に書かれているものです。
安永五年は林安大夫政誠が亡くなった年でもあります。」
とあるのに
2015.9.22のブログでは
「この英信流目録は、谷村派の第十二代林益之丞政誠によって安永五年1776年に書かれたものです。
それを嘉永五年1852年に谷村派の第十五代谷村亀之丞自雄が書き写したものです。」
となっていて、どちらが本当なのか戸惑っております。

安永5年冬10月吉日改之 林 政誠とあるから10代林安大夫と思うのですか安大夫は名前が政詡ですのであいません。
ご教授いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

春風さま
コメントありがとうございます。
この英信流目録二巻は第12代林益之丞政誠の直筆の目録を第15代谷村亀之丞自雄が書き写したものと判断します。
2015年9月16日の小太刀之位の序文にある「林安太夫政詡」の記述は間違っていました。
早速書き直してあります。
2015年9月22日の小太刀之位6上段ノ弛に
第12代林益之丞政誠の記述に間違いないだろうと思われる事を加筆してあります。
お気づきいただき誠にありがとうございます。
この様な間違いが無いように心がけてまいりますが今後とも宜しくご指導お願い申し上げます。
 河野先生の無双直伝英信流居合兵法叢書をお持ちの上、仕組をご研究とか是非機会をいただきご教授お願い申し上げます。
          ミツヒラ

投稿: 春風 | 2016年6月24日 (金) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英信流目録 2.小太刀之位5下段ノ弛 | トップページ | 英信流目録 3.大森流居合之位1初発刀 »