« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

曽田本業附口伝その3大小詰6右伏

曽田本業附口伝

その3.大小詰

六本目 右伏

打は仕の右側に並びて坐す打左手にて仕の胸をとる仕はすぐに其の腕を巻き込みて逆手をとり前に伏せる也
(右脇に坐す左手にて胸を取り其の手を押へ前に伏せる 五藤メモ)

*大小詰の六本目は右伏、七本目は左伏です。打の坐す位置が右か左か、打が仕の胸を取る手が左か右かの違いになります。
ここは「右伏」です。
打は仕の右側に並び、小太刀を差して立膝に坐す。
仕は打の左側に太刀を差して立膝に坐す。この仕打の間隔はどれくらいでしょう。通常畳一枚に2名の割付で座ります。向き合った場合は凡そ膝頭の間隔で2尺~3尺でしょう。横は1尺~2尺位そんなものでしょう。

打は腰を上げて左に振り向き右足を左前に踏み込んで仕の胸を左手で取る。仕はすぐに腰を上げつつ打の左手肘を右手で巻き込んで左手で打の手首を取り逆手を取って打を前に俯けに倒す。

この業を稽古すると、打を演じると腰を上げるとすぐに右足を踏み込んで廻り込み、習い性で右手で仕の胸を取りに行ってしまいます。何故左手なのでしょう。
仕の胸を左手で取り右手で小太刀を抜かんとする処を引き伏せられる。かな・・。

この業附口伝の右伏は神傳流秘書では想定が違います。

神傳流秘書 大小詰 六本目 右伏

 我右の方に相手並び坐し柄を取られたる時直に我右の手を向の首筋へ後より廻し胸を取り押伏せんとするに相手いやとすくばるを幸に柄を足に懸て後へ投倒す又抜かんとする手を留められたる時も右の通りに取倒す

*我が右側に相手は並んで坐す。
相手右手を伸ばして我が柄を取る、我直ぐに右手を相手の首筋へ後ろから廻し相手の胸を取り、押伏せようとすると、相手押し伏せられまいと柄を放して力を入れて反り返ってくるを幸い、柄を反り返って浮いた左膝下に懸けて後ろへ投げ倒す。
また、我が抜こうと柄に手を懸けた時に相手が我が柄手を取り右から押し付けてくる時も、我は柄手を放し相手の首筋に右手を後ろから廻し胸を取り押伏せる、相手は押伏せられまいと後ろに反り返ろうとするのを幸いに、浮いた相手の左膝下に柄を懸け後ろに投げ倒す。

*この曽田先生の業附口伝の手附は古伝の業技法とは異なります。
相手は我が柄では無く左手で我が胸を取る、我は直ぐに其の相手の左腕に右腕を上から巻き込み左手で相手手首を逆手に取り前に押し倒す。

古伝は柄をとるのを、右手、左手どちらとも云って居ません。五藤先生のでは左手で胸を取る。首に巻くのではなく、五藤先生は取に来た左腕を逆手に取って制しています。

古伝神傳流秘書の成立から大よそ100年弱経っているのですから、業技法も変化するのでしょう。
神傳流秘書は特定の人しか見る機会はなかったとも言えますから、口伝・口授などではどんどん変わってしまうでしょう。

高知県の無双直伝英信流、夢想神伝流の方々が旧家を訪ねて探し求める以外に此の事は解らない儘に終わるでしょう。
先の大戦で高知市は空爆で火の海だったので、火を免れた周辺の旧家を歩く以外に無さそうです。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生に依る大小詰六本目右伏
「打太刀は仕太刀の右側に並びて坐す。打太刀左手にて仕太刀の胸をとる、仕太刀は直にその腕を巻き込みて逆手をとり前に伏せるなり」

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

曽田本業附口伝その3大小詰5胸捕

曽田本業附口伝

その3.大小詰

五本目 胸捕

互に対座打は仕の胸を捕へて突く仕すぐに右手にて支え左手に持たる柄頭を敵の脇坪に当てる也又胸を捕りて引く時はすぐに刀を抜きて突く也
(向うて居る右手にて胸をとり突く時はその手をおさえ左手にて脇坪へ當てる引く時は抜きはなち刺す 五藤メモ)

*互いに立膝で座している、打が腰を上げて右手で仕の胸を取って突いてくる。仕は右手で倒されまいとして支え、左手で柄頭で敵の脇坪に突き当てる。
又、敵が胸を取って引き込もうとする時はすぐに刀を抜いて突く。

胸を取られて突き倒されそうなので右手で支え(十六代五藤先生は敵の右手を押える)、左手で柄頭を以て敵の脇坪に当てる。五藤先生は左手で敵の脇坪を突くでした。
想定が抜けていますからそれを加味しておけば、我は刀を抜かんと左手を鯉口と鍔に取る処、敵は我が胸を捕り突いてくるので敵の手を押さえ左手で持ちたる柄頭で脇坪に当てる。
脇坪は脇の下の窪んだ所でしょう。

敵が胸を取って引っ張り込まれる時、太刀を抜いて突くのは敵との間隔が近すぎれば、敵の手を振り払って、左足を後方に引くなりして間を取って抜き出し突くでしょう。
敵が胸を取って突き倒そうとしたが我は右手で支えて堪えるので、敵は手を離し後ろに引くならば容易に太刀を抜き突く事も出来そうです。

柄当てと、太刀で突くのを別々にして二つの業をとらえましたが、ここは、我が左手を刀に掛ける処、敵に胸を取られて突き倒されそうになるので右手で支え踏ん張り、左手で鯉口と鍔を持ちたる柄頭で敵の脇坪に打ち当てる。
敵怯んで引く所を右手を柄に取り左足を引き、鞘を引いて太刀を抜き切っ先を返して敵の胸を突く。
この方が業らしいのですが、業手附に忠実に従って稽古した上で見直すべきでしょう。

神傳流秘書 大小詰 五本目胸留

 詰合たる時相手我胸を取り突倒さんとする時我右の手にて其手を取り左の足を後へ引柄頭にて相手の脇へ當る又引く時は随って抜き突く也

*詰め合って座している時、我が鍔に手を掛けるや、相手は腰を上げ右足を踏み込んで我が胸を右手で取り、突き倒そうとする。
我も腰を上げ右手でその手を取るや左足を後方に退き柄頭を以て相手の脇腹にあてる。

又、左足を引くに従って刀を抜出し、切っ先を返して抜き突く。

この場合は、相手に我が胸を取らせたまま、押されて退くのに従って、左手で持つ刀の柄頭で相手を突くでしょう。
又は、相手が我が胸を取り突き倒そうとして、我に防がれ敵が後へ引くに従って刀を抜き突く。

業は二つのようにも読み取れます。
「・・柄頭にて相手の脇へ當る、又相手引くに随って突く也」。「又」を「別に」とするか「それから」とするかですが、ここは一つの業として演じる方が良いのでしょう。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の大小詰五本目胸留
「互に対座す。打太刀は仕太刀の胸を捕へて突く、仕太刀直に右手にて支へ左手に持ちたる柄頭を打太刀の脇坪に當てるなり。又胸を捕りて引くときは直に刀を抜きて突くなり。

*嶋先生の写されたものは曽田先生の業附口伝と同じものです。省略しても良いでしょうが、「福井先生御所蔵の文献をそのまゝ拝借謄写して他日の研究を期すことゝし・・」と「はしがき」に記されています。
出処は曽田虎彦先生の業附口伝と想像しますが、是が曽田先生の元本かも知れませんので引続き載せて行きます。

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

曽田本業附口伝その3.大小詰4小手留

曽田本業附口伝

その3.大小詰

四本目 小手留

打は仕の左側に並びて坐す打の抜かんとする右手を仕向き直りて右手にて捕え引き寄せると同時に左手にて柄頭を敵の脇坪に当てる也
(左脇に坐す抜かんとする右手を把る其手をおさえ左手にて脇坪へ柄頭を以って当てる 五藤メモ)

*前の、三本目柄留は打が仕の右側でした。仕が抜かんとするのを打が柄を押さえて留めに来たのを押さえられなかった右手で打の首を巻いて押さえつけると堪えて反るので其の拍子に柄を敵の足に掛けて後ろに倒しました。

此の、四本目の小手留は、「打は仕の左側に並んで坐す」ですから柄留と位置が入れ替わりました。
打が刀を抜こうとするので、仕は腰を上げ左手を鍔に掛けて握り、左に回り込み、打が刀を抜こうとする右手首を、仕の右手で捕らえて引き寄せ同時に柄頭を打の脇坪に突き当てる。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の古書謄写による大小詰四本目小手留
「打太刀は仕太刀の左側に並びて坐す。打太刀の抜かんとする右手を仕太刀向き直りて右手にて捕へ引き寄すると同時に左手にて柄頭を打太刀の脇坪に當てるなり。」

*曽田先生の業附口伝と同じものです。

神傳流秘書 大小詰 四本目小手留

 立合の鍔打返に同じ故に此処にては不記

*「立合の鍔打返と同じ」とは大小立詰の三本目鍔打返之事でしょう。

大小立詰「鍔打返」
「相懸に懸り我刀を抜かむとする其の手を留められたる時柄を放し手を打ちもぐ也」

*立業ですから相懸りに懸り合って、我は柄に手を懸け抜こうとする処、相手に右手を取って押さえられる。我は柄手を離し相手の手を鍔で打ち付けもぐ。

右手で柄を握った処を相手に右手で押さえられる、或は両手で押さえられる、そこで柄から右手を離し、左手で持つ鍔で相手の手を打ち据えもぐ、と読んでみました。
鍔で打太刀の手を打ちもぐ、とは書かれていませんが、柄を持つ右を留められたのですから、左手は鞘と鍔を持っている筈です。そこで、右手を柄から離し、自由になった鍔を持って打の我が右手を持つ手を打ちもぎ取る、でしょう。
古伝の復元には、書かれていない部分を想像する事も必要ですが、その文面に無い部分は当然そうなる場合のみ想定すべきでしょう。
そうで無いとどんどん別の業になってしまいます。

これらの、古伝を変えてしまう、或は昨日までの動作を変えてしまう、この流の癖は江戸時代から伝統的に行われていたのかも知れません。
流の基本となるべき古伝神傳流秘書が正統に伝承されなかった為と考えます。
現在でも、神傳流秘書の存在は細川家以外は不明です。

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

曽田本業附口伝その3大小詰3柄留

曽田本業附口伝

その3.大小詰

三本目 柄留

打は仕の右側に並びて坐す仕の抜かんとする柄を留む仕は右手を頸に巻き敵を前に倒さんとす打倒されまじと後に反る其の時すぐに仕は打の体の反りて前足の浮きたる下より(膝)柄をかけて後へ倒す力を添うる也
(右向きに坐す抜かんとする柄をとる我右手にて首をまき手前へ押す敵後とへそるに付後へ倒す其時柄を足へかけ倒す也)

*打は仕の右側に同じ方向を向いて坐す、仕は刀を抜かんとして柄に手を掛けようとする処、打は腰を上げ左向きに仕の方に振り向き右手で仕の刀の柄を抜かさない様に取り押さえる。
仕は腰を上げ右に振り向き打の首に右手を巻き、打を前に倒そうと引き込むと打は倒されまいとして後ろに反る。打の反って右足が浮いた処へ柄を掛けて後ろへ倒す。

是は神傳流秘書では右伏の業でしょう。やはり時代が変われば業も変化するようです。是は是、あれはあれで稽古すればよいのでしょう。

嶋 専吉先生の謄写した第19代福井春政先生の大小詰三本目柄留

「打太刀は仕太刀の右側に並びて坐す。仕太刀の抜かんとする柄を留む、仕太刀は右手を頚に巻き打太刀を前に倒さんとす、打太刀倒されまじと後に反る、その時直に仕太刀は打太刀の体の反りて前足の浮きたる下より(膝)柄をかけて後ろへ倒す力を添ふるなり。」

*曽田先生の業附口伝そのままです。

神傳流秘書 大小詰 三本目柄留

 抱詰の通り両の手にて柄を取り下へ押付られたる時向のわきの辺りへ拳にて當扨我右の足にて相手の手を踏み柄をもぐ常の稽古には右の足□□を押膝にてこぜもぐ

*抱詰の様に相手が両手で我が柄を取って下へ押し付けられた時、我は相手の脇の辺りに右拳で打ち突く、相手が怯んだ隙に我が右足を踏み込んで相手の柄を取った手を踏み付け柄を捥ぎ取る。
常の稽古では、相手の手を足で踏み付けるのは礼を失するので右の膝で手を押し膝でこぜもぐ。
「こぜもぐ」はよくわかりません。政岡先生は「無理して放す」とされていますがそんな感じでしょう。

政岡先生の引用された伝書と少し文言が異なるので読ませていただきます。
「抱詰の通り両手にて柄をとり下へおしつけられたる時相手のあぎの辺りへ拳にて当て扨我が右足にて相手の手を踏み柄をもぐ常の稽古には右の足にて押膝にてこぜもぐ」
「あぎ」はあご、「もぐ」ははなす、「こぜる」は無理して動かす。

*政岡先生の方法は古伝と一致します。

江戸中期と末期の間に、この柄留が変わってしまったのか、大小詰の冒頭にある「是は業にあらざる故に前後もなく変化極りなし始終詰合居合膝に坐す気のり如何様ともすべし先大むね此順とする」とありました。

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

曽田本業附口伝その3大小詰2骨防

曽田本業附口伝

その3.大小詰

二本目 骨防

互に対坐打は両手にて仕の柄を握る仕は右拳を顔にあて其のひるむときに乗じ右足を柄越しにまたぎ右足内側より右手を柄に添え右足にて敵の両手を押し払うと同時に柄を防取る也此の時敵は我右脇へ匍い倒るなり
(向うて居る両手にて柄を押し付ける時すぐに右手にて面へ当其虚に乗り右足をふみ込み柄へ手をかけもぐ 五藤メモ)」

嶋 専吉先生の謄写された第19代の大小詰二本目骨防
「打太刀は両手にて仕太刀の柄を握る、仕太刀は右拳を顔に當てその怯むときに乗じ右足を柄越に跨ぎ右足内側より右手を柄に添へ右足にて打太刀の両手を押払ふと同時に柄を防ぎ取るなり、この時打太刀は仕太刀の右脇へ匍ひ倒る。」

*互いに向き合って立膝に座し居る。敵腰を上げて両手で我が柄を握り押付けてくる。我はとっさに右拳で敵の顔面に殴りつけ、敵ひるむ処を立ち上がって柄越しに右足を掛け敵の手を押付け、右足の内側から右手で柄を掴んでもぎ取って敵を右脇に振り倒す。

五藤先生は柄を取られたので、右拳を敵の顔面に当てひるむ処を右足を踏み込み柄を握って手前に引き上げ振りもぐ。

骨防はどのように読むのでしょう、「ほねもぎ」「こっぼう」?。

神傳流秘書 大小詰 二本目骨防扱

立合骨防返に同じ故常になし

*此の業名の読みは、曽田先生のルビが施されています「骨防扱(ほねもぎ)」さてどうでしょう。
骨防扱は「立合骨防返」に同じだから、何時もは稽古しない、と云っています。
立合とは「大小立詰」のことでしょう。

大小立詰の二本目「骨防返」
相懸りに懸りて相手我刀の柄を留めたる時我右の手にて柄頭を取り振りもぐ也

大小立詰めは、打太刀は小太刀を差し、遣方は太刀を差しての立業です。
双方スカスカと歩み寄り、相手が我が刀の柄を両手で取って抜かさない様に押し付けて来る。
我は透かさず右手を柄頭に取って柄を上に引上げ相手の手を振りもぐ。
相手が柄を取るのが、右手だけ、両手、左手など在りそうですが工夫次第でしょう。

立業では無い坐したる骨防扱では、体を乗り出して柄を取りに来るなど是も同様に我は柄頭を取り上に引上げ振りもぐ。
振りもぐや打太刀の顔面に柄当てする、其の儘鞘手を引いて片手真向に斬り下す、など出来そうです。

この「骨防扱」「骨防返」については政岡先生は「防」は「捥」の誤写かも知れない、と仰っています。
防は防ぐ、ささえる、はらう、そなえる、かためる。
捥はもぎる、もぎ切る、ねじきる、ねじってはなす。

無双直伝英信流は現在では土佐より伝わると思い、土佐の方言がよぎるのですが、本来奥羽地方のものであり、居合以外の業は、何処かのものと混在していますので時々意味不明の文言に行き当たり当惑します。
かえって業名に意味を籠めすぎますとあらぬ方に行ってしまうもので、「浮雲」とか「颪」の様な業名の方が正しく伝わる様にも思います。

*神傳流秘書の時代は単純でした、江戸末期には複雑な動作を要求して居ます。幾らでも変化はありうるでしょうが、業技法は単純なものほど有効だろうと思います。

柄を取られた時の対処の仕方はいろいろあるでしょう。
掟に従った業では無いと古伝は言っていました。基本を一本充分稽古した上でさまざまな展開を工夫するのもよいものでしょう。

稽古を楽しむ心が無ければ、修行もままならないものです。稽古とか修行とかの言葉が日本人には苦しむ事、しごかれる事と刷り込まれています。
いたずらに同じ事を繰り返していても多くは得られない事もあるものです。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

曽田本業附口伝その3大小詰1抱詰

曽田本業附口伝

その3.大小詰

一本目 抱詰

互に対坐、打は仕の柄を両手にて取らんとすすぐに仕は両手にて打の二の腕を下より差し上ぐる様に掴み我が左脇に引き倒す也

向うて居る敵我が刀の柄を両手にて押付る時敵の両肘へ手をかけうすみ上げ左え振り倒す 五藤メモ)

嶋 専吉先生の写した第19代の大小詰一本目 抱詰
「打太刀は仕太刀の柄を両手にて捉らんとす、仕太刀は直に両手にて打太刀の二の腕を下より差し上ぐる様に掴み己が左脇に引き倒す。

*嶋先生の謄写された物は曽田先生の書かれた業附口伝其のものです。

*打は小太刀を帯し、仕は太刀を帯して互いに立膝に座して対座する、打は腰を上げ仕の柄を取ろうと乗り出して両手を伸ばしてくる。
仕はすぐ様、両手で打の二の腕を下から差し上げる様に掴み絞り込んで制し、腰を上げて打を浮かし左脇に引き倒す。

五藤先生の教示では、打(敵)は仕(我)の柄を両手で取り押し付ける時、打の両肘に両手で下からかけ「うすみ上げ」左へ振り倒す。すでに柄を取られて、押し付けられています。打の肘を両手で少し持ち上げる様に腰を上げて打を浮かし左へ振り倒す。

我が柄を押さえ様と手を出してきたところか、すでに柄を取られたかの状況の違いです。
どのように敵の両肘に手を掛けるのが最も有効でしょう。抱き詰めと言う業名を考えれば両腕で敵の両腕肘の辺りを抱き抱える様にするのが実戦では有効でしょう。ここでは業手附に素直に従って稽古します。

*大小詰は我は太刀を差し、敵は小太刀を差して居合膝(立膝)に座す。
そのようにするとは、指定されていません。
詰合之位は「神傳流秘書の詰合」に(重信流也是より奥之事極意たるに依って確実に稽古する也)とありますから、奥居合は立膝によると現代では常識となっています。
さらに神傳流秘書の大小詰の括弧書きには(是は業にあらざる故に前後もなく変化極りなし始終詰合居合膝に座す気のり如何様ともすべしまず概ねこの順にする)とはっきり仕様を付けています。
大小については、太刀と小太刀による攻防と想像ます。
「詰」は詰め合って座すでしょう。
立膝の詰め合いで双方の間隔は右爪先または左膝頭間で三尺位であまり広く取らないこと。畳一畳に二人が向き合って座すもっとも自然な位置取りでしょう。

ここで、この大小詰は「打・仕」と「敵・我」を言い換えてあって前回までの詰合が「敵・我」とは異なる書き方が気になります。この手附は曽田先生が口伝によって書かれたもので太刀打之位・詰合之位とは違う参考文献に依っているかも知れません。是以後の手附はすべて「打・仕」の使い方です。

五藤メモとした部分は第十六代五島孫兵衛正亮先生の教示であると、曽田先生の注意書きがあります。それでは「敵・我」であらわしています。曽田先生の手附と五藤先生の教示を対比しながら業を稽古していきます。

神傳流秘書 大小詰

(是は業にあらざる故に前後もなく変化極りなし始終詰合組居合膝に坐す気のり如何様ともすべし先大むね此順にする)

重信流

神傳流秘書 大小詰 一本目抱詰

楽々居合膝に詰合たる時相手両の手にて我が刀の柄を留る時我両の手を相手の両のひじに懸けて躰を浮上り引て其儘左の後の方へ投捨てる

*序
詰合は、矢張り重信流と云う事で、奥の事として極意であるから格日(確実)に稽古するものと始めに有りました。
双方太刀を帯して居合膝に坐したる時の攻防、或は立っての攻防でした。
大小詰は相手は小太刀、我は太刀を帯します。

此の大小詰は、「是は業にあらざる故」と云います。是は業では無いと云うのはどの様な事をさすのか解りません。
刀を抜いて抜き打つ居合の業技法では無いと言うのでしょうか。内容から見て心得とは云い難いのですが、柔術でも剣術でも無く其の混合とでも言うのでしょうか。

「前後もなく変化極りなし」は順番はどうでもいいから前後して稽古しても、状況に応じて変化極まりないと考えて工夫しろと言う様です。

「始終詰合組居合膝に坐す」と座し方は双方詰合って組む。詰合うとは膝詰と云う様に双方の間隔は近く手を伸ばせば容易に相手の胸ぐらを掴める程でしょう。
居合膝の名称が出ていますが、どの様であったかは不明です。
片膝立ちした座仕方として置きます。此の頃すでに居合膝と云ったのか、この武術を習う人達の通称かも知れません。

そして、気のり次第にどの様にしても良いが、大むねこの伝書の順序で稽古すれば良い、と云って居ます。

詰合は双方太刀でした、この大小詰は打太刀は小太刀で、遣方は太刀を差しての攻防です。相手との間は近いもので膝頭で2、3尺位が妥当でしょう。

*この業名は抱詰(だきずめ)でしょう。
相手は小太刀を差し、我は太刀を差して向かい合って居合膝に坐す。「楽々居合膝に詰合たる時」の楽々をどのように解釈するのか、失伝した大小詰であり当然のようにその「楽々居合膝に詰め合う」仕方も失念しているのでしょう。

「楽々」の書写が間違っていることもあるでしょうが、そのまま曽田先生に敬意を払って、相手をにっくき敵と意識する事無く貴人と接するが如く、さりとていたずらに緊張せずに作法に従って楽々居合膝に互いに接する。
相手は腰を上げて、爪立つや我が刀の柄を両手で抜かさないように抑えてくる。
我は相手の両肘に下から両手を掛け絞り上げるように同時に腰を上げ、相手が浮き上がる処、左足を引き体を左に開いて左後方に投げ捨てる。

五藤先生は明治30年1897年に亡くなっています。
曽田先生は明治23年1890年生まれ、行宗先生に師事したのが明治36年1903年です。
曽田先生と五藤先生の直接の接点はありえないでしょう。

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

曽田本業附口伝その2詰合之位11討込

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

十一本目 討込 (伝書なし)(留の打なり)

双方真向に打ち込み物打を合はす也

*この業は伝書に記載されていないと曽田先生は仰います。詰合之位は十一本と摺りこまれて、最後の業は討込と定番になっているのです。
神傳流秘書には「以上十本」とあって討込の業は記載されてはいません。
この業附口伝の十本目の霞剣では「・・五歩退り相中段に次に移る也」とありますから十一本目があって稽古もされていたのでしょう。

双方スカスカと中段に構えて相進み、間境で左足を踏込み上段に振りかむり右足を踏み込んで真向に打ち下ろす、双方の真中上方で打ち合わせ、物打のあたりで鎬が擦れ合って留める。
双方じわじわと中段に刀を合わせ、五歩退き血振り納刀する。
是が演武会で見る殆どです。

真向打ち合いは双方相手の頭上ど真中を物打ちで真向に打ち込む様にしないと空振りになり易いものです。
この業は演武の際の締めの業位に思うものではなく、この真向打ちの極意を知ることが重要です。
詰合之位十一本の中にこの双方真向に打ち合わせる業は、十一本目討込・十本目霞剣・八本目眼関落の三本もあります。三本とも双方の真ん中上部での物打ち付近の表鎬での摺り合いによる相打ちに留めています。
太刀打之位では十本目打込一本・七本目絶妙剣、五本目月影は敵八相に打込ですから似ていますがちょっと違います。これを八相の構えから上段に振りかむって真向に打ち込めば同じことになります。
ですから、この双方真向拝み打ちは、そのまま双方の頭上に打ち込めば相打ちとなるか、この極意技を会得した者が常にここで勝負を得られます。

この拝み打ちだけをひたすら稽古するだけの価値は高いものです。
何故土佐の居合はこの剣術の極意技を稽古させるように組み込んだのでしょう。
一刀流の「切り落し」、新陰流の「合っし打ち」に影響されていることはどう考えてみても明らかです。

「打ち込み」は、双方の頭の中心部に真っ直ぐに打ち込む事がポイントです。
決して刀を斜めにして受け太刀を意識したものでは無く、厳しく注意すべきところでしょう。
打太刀の真向に振り下ろす刀を、仕太刀は十分引き付けて真向に打ち下し斬り落します。
仕太刀は打太刀の頭上を割って打太刀の刀は仕太刀の脇に摺り落ちます。
打込むわけにいきませんから敵頭上で寸止めする事になります。
双方、一歩退いて正眼に戻し物打ちを合せ、静かに元の位置に退がり血振り納刀。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の打込

「打込(伝書になし、留の打なり)共に中段、互に進み間合にて真向に打込み物打を合せて双方青眼となる。
業終って其場にて左膝を跪き血振ひ納刀をなし一旦立ちて更めて正座し帯刀を解き左腰に堤刀にて後退し相互に立礼、更に神前の敬礼を行ひて退場す。」

*十一本目打込みは古伝神傳流秘書にはありません。十本目の霞剣では締まらないと考えて後世の者が追加したのかも知れません。いや曽田先生の独創かも知れません。

ここは、打太刀が先に真向に斬り込み、仕太刀がそれを斬り落す極意業で締めたいものです。

以上で業附口伝の詰合之位を終わります。
嶋先生が昭和17年1942年太平洋戦争に突入し高知にも米軍機が飛来する中を、高知におもむき2週間程第19代福井春政先生や田岡 傳先生に直に指導を受けられた貴重な覚え書です。
書かれたものから是は曽田先生の業附口伝に依る手附と判断できます。
此の頃既に河野百錬先生の「無双直伝英信流居合道」が発行され、曽田先生の業附口伝が世に出て居ました。
詰合以降は福井先生のお持ちの文献から謄写したと書かれています。
嶋 専吉先生は何歳で所属は何処であったのか、どなたのお弟子さんであったのか、わかりません。

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

曽田本業附口伝その2詰合之位10霞剱

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

十本目 霞剱 相中段


是も互に立合也敵待かけても苦からず互に青眼の儘スカスカと行く場合にて互に拝み打に討也互に太刀の物打ちのあたり合たる所を中段に直る我其儘左の足を踏み込み裏より払いかむり勝也 五歩退り相中段に次に移る也

*是も互いに中段に構え、敵は水月刀の刀を合わせた位置で待ち掛けていても良いと言ってますが、双方元の位置に戻ってスカスカと歩み行きましょう。

双方一歩踏み出すやするすると上段に振りかむり、右足で間を越して拝み打ちに真向に打ち込む。
互いに物打のあたりで刀を鎬で摺り合わせ、じりじりと双方中段に直る。
敵退かんとするを、我は左足を踏み込み刀を敵刀の裏に返し払うや振りかむって勝ちを得る。
中段に刀を合わせ五歩退がり中段のまま次の業に移る。

霞剣の手附の文章では、「・・我其儘左の足を踏み込み裏より払いかむり勝也」と言って、左足の踏み込みは前に踏み込む教えのようです。
筋を変わる方が容易なので我は刀を裏から払うや左前に左足を踏み込み振りかむって勝つ、とやっている師伝もあるようです。

「裏より払い・・」は裏より払う方法を、双方中段に直った時は我の刀は敵の刀の右側にあって物打の鎬で触れ合っている。敵退かんとする機に乗じ、我は敵の刀の下から左側に返して左足を踏み込むや敵刀を右に払って(張り込んで)其の拍子に振りかむり勝つ。が、ここは敵刀を裏よりすり上げて・・との教えを演じるところもあるようです。

神傳流秘書 詰合十本目霞剣
眼関落しの如く打合せたる時相手引かんとするを裏よりはり込み真甲へ打込み勝亦打込まずして冠りて跡を勝もあり   以上十本

*古伝はおおらかです。一つの業から幾通りの変化でも方法でも稽古をさせてくれます。
今の全剣連の剣道形も当初はそれにより幾通りの変化も期待できるとあったはずが「形」に拘り忘れ去られている様なものです。
「違う!」事はありません。
先日あるところで、そんな話をしていて、「形は申し合わせの・かたち・ではない」が理解できないような、マニュアル育ちが殆どである事にあきれています。
そうかと思えば、「充分出来る様になって変化を付ける様に出来るまで教えの通りやる」とかたくなです。「充分できる」の意味が解かっていないのでしょう。

真向に中央で打ち合わせ、双方切先を正眼に取りつつ退く処、我は刀を相手の刀の裏に張り込みその拍子に踏み込んで真向に打ち込み勝。
打込まずに上段に冠って勝ちを示すも有。 詰合は以上十本で終わり。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の霞剣
「互に青眼のまゝ(但し剣尖を幾分高目に且つ腕を稍々前方に伸ばす心地にて)スカスカと進み間合にて双方拝み撃ちに物打のあたりにて刀を合せ中段に直るところを仕太刀素早く左足を一歩進め瞬間裏より打太刀の刀を払ひ直に上段に冠り勝つなり。
刀を合せ五歩退り(但し次の「留の打」を演ずる場合は納刀はせず)相中段にて次に移る。」

*この(但し剣尖を幾分高目に且つ腕を稍々前方に伸ばす心地にて)の青眼の構えの仕方を敢えて指導された「何故」が有りません。
真向相打ちの間を考えての事かも知れません。
真向打ちは上手な者が下手なものを斬り落してしまいます。
敢えて双方の間の中心付近で物打ちあたりで相打ちとするには、稍々遠間で真向に打ち込み鍔が口元辺りに下りて来た時刀を止めれば双方の中間で剣先45度位で物打ちあたりで止められるでしょう。決して刀を斜めにしてバッテンで止めない事です。受け太刀の稽古をしても意味は無いでしょう。
そして本来の真向打ちを知る事も大切でしょう。

古伝神傳流秘書の詰合はここまでの十本で終わっています。
曽田先生の業附口伝は十一本目に「討込」が有ります。

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

曽田本業附口伝その2詰合之位9水月刀

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

九本目 
水月刀 相上段
是も同じく立合て真向へかむり合掛りにても敵待かけても苦からず我真向へかむりてスカスカと行く場合にて太刀の切尖を敵の眉間に突込む様に突く也其の時敵すぐに八相に払う其時我すぐにかむり敵の面へ切込み勝也 互に五歩退り血振納刀以下同じ

*是も前回と同じように双方立って真向へかむり相掛に歩み行く。
敵は待ちかけていてもよいとありますが双方歩み行くことにします。
真向上段に構えスカスカと行き場合にて我は敵の眉間に突っ込むように突きを入れる、敵すぐに斜めに我が刀を払う、その機に乗じて払われるや左足を左斜めに踏み出し上段に振りかむって右足を踏み込んで敵の面に斬り付ける。
互いに切先を合わせ五歩退き血振り納刀する。
再び刀を抜き中段に構えて次の業に移る。

是は敵に突きを入れると敵が払ってくるのでその払われた拍子に筋をはずすように左足、右足と踏み込んで敵の面へ切り込み勝つ。
この突きは、歩みつつ上段からスルスルと正眼に下ろしつつ敵の眉間に突き込む、敵は目の前に切先が迫って来るので思わず八相に払ってしまう、そこに乗じて振りかぶり打ち込む。
我の突きは払われなければ眉間に突き込む意識はあるべきものです。

神傳流秘書 詰合 九本目 水月

相手高山にかまへ待所へ我も高山にかまえ行て相手の面に突付る相手払ふを躰を替し打込み勝

*相手上段に構え待つ所へ我も上段に構えスカスカと歩み行く、歩みつつ間境で切先を下し右足を踏み込み相手の面に突き付ける、相手之を右足を退き上段から我が右に八相に払って来る、払われるに随い左足を左斜めに踏み込み体を躱し右足を踏み替え相手の面に打込み勝。

或は我が刀を払う当たり拍子に体を替って打込む。
この時相手は、踏み込んで払ってくる事も、退って払うも有りでしょう。我が気勢によるものでしょう。
古伝は、如何様にも変化しても「それは違う」などと言うことなどなさそうです。
師伝の異なる方と、太刀打之事や詰合を稽古しますとその事が理解出来申し合わせの「剣舞」とは違う事が認識できます。

此の業は神傳流秘書の太刀打之事六本目水月刀と同じ様な業でしょう。
「相手高山或は肩遣方切先を相手の面へ突付て行を打太刀八相へ払ふ処を外して上へ勝つ或は其儘随て冠り面へ打ち込み勝も有り」

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の水月刀

「立合て右上段に冠り相掛りにて進み中途仕太刀は幾分刀を下げ間合に至りて打太刀の眉間に突込む様に刺突す、打太刀之を八相に払ふ。
仕太刀隙かさず左の脚を稍々左方に踏み体を軽く左に転はして振冠り、右足を一歩踏み込み打太刀の面を打つ。
(此の場合体を左に開き上段に振冠りたるまゝ残心を示す様式もあり)
刀を合せ双方五歩退がり血振納刀」

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

曽田本業附口伝その2詰合之位8眼関落

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

八本目眼関落 相上段

是も互に立ち敵もわれも真向へかむり相掛にてスカスカと行き場合にて互に拝み打ちに討也其の時敵の拳と我拳と行合也其の時我すぐに柄頭を敵の手元下より顔へはね込み勝也(右足をドンと踏み急に左足を踏み込む也)互に五歩退り納刀以下同じ

*是も互いに相上段と言うことですが、今までの位弛や燕返では敵は左上段でした。是は双方上段ですが指定がありませんから右足前にした右上段とします。
互いに右上段に構え相掛にスカスカと歩み寄る。
場合にて互いに拝み討ちに討つ。互いの真向に真っ直ぐに打ち下ろすので、互いの中央物打付近で鎬を摺り合わせ相打ちとなります。
右足を踏み込み拳を合わせ押し合い、我は右足をドンと踏んで敵の気を反らす様にはずみを付け、左足を踏み込むや、敵の手元から我が柄頭を跳ね上げて敵の顔面人中を打ち勝つ。
刀を合わせ互いに五歩退き血振納刀、再び右足前で刀を抜き相上段となって次の業に移る。

相上段ですが、振冠では無く、頭上に45度に剣先を立てて構えて相進みが妥当でしょう。

真向拝み打ちで双方の鎬を滑って鍔で留める様な打ち込みを見ますが、是では刀が触れるや手元を手前に引く様な動作になってしまい真向拝み打ちのポイントを身に付けることは出来ないでしょう。
真向打ち合って拳と拳が行き合うや、ドント右足を踏み付けて敵退かんとする所を即座に柄頭を敵の顔へ跳ね込むのも研究課題でしょう。

神傳流秘書 詰合 八本目柄砕

両方高山後は弛し木刀に同じ

「弛(はずし)木刀」(太刀打之位独妙剣の事ならむ 曽田メモ)

古伝神傳流秘書の太刀打之事独妙剣

「相懸也打太刀高山遣方切先を下げ前に構へ行場合にて上へ冠り互に打合尤打太刀をつく心持有柄を面へかへし突込み勝」

*曽田先生は五藤先生の業附口伝を元にして考察されたと思われます。
神傳流秘書の詰合と五藤先生の業附口伝以外に詰合を書き表した伝書が見当たらない限り当面はこのような業で稽古する以外にありません。

*木村栄寿先生の林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流傳書集及び業手付解説の神傳流業手付では詰合八本目は柄砕「両方高山跡は地の木刀に同じ」とあって「弛と地」の読み違いでしょうがどちらも証明不能です。
「眼関落」が同じ業である様な「詰合業手付及び口伝」にありますが引き当てるべきものが見当たりません。

*政岡先生の無双直伝英信流居合兵法地之巻にある無双直伝英信流居合兵法之形は文政二年山川幸雄述坪内長順記神伝流秘書による、と書かれています。幸雄は幸雅と思われますが正誤表に記載されていませんので坪内長順が書写した際の誤記かもしれません。
そこでの詰合は詰合之位とされ八本目は眼関落の業名を採用しています。

眼関落「(相上段から互に切り結び鍔押となる処をはね上げて顔に当てる 政岡先生述)両方高山にかまえ行打合尤も打太刀をさく心持あり柄をかえして突込勝」とされています。この部分は神傳流秘書の太刀打之事七本目「独妙剣」の文言に類似です。この政岡先生の神伝流秘書の出所は不明です。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の眼関落

「互に立合ひて真向に振冠り相掛りにてスカスカと進み間合(此場合は幾分間を近くす)にて互に拝み撃ちに打つ(物打あたりにて)続いて双方の拳が行き合ふ瞬間、一時鍔元にて競り合ひ仕太刀は直に右足にて強く一度大地を踏み付け急に左足を打太刀の右側に一歩稍々深目に踏込みざま、打太刀の手下下より顔へ撥ね込み人中に柄當を加ふ。
刀を合せ互に五歩退き血振、納刀をなす。

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

曽田本業附口伝その2詰合之位7燕返

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

七本目、燕返 仕立納 打左上段

是は敵も我も立つ也敵は刀を抜いてかむる我は鞘に納めて相掛りにて行く也場合にて敵我が面へ打込む也我其時右片手にて抜き頭上にて請けすぐに左手を柄に添え打込む也敵又裏より八相に払う也我又すぐにかむりて打込む也敵又すぐに裏より八相に払う也我又すぐにかむりて敵の面へ打込む也(左足を一足踏み込)其時敵後へ引く我空を打つ也其時我切先を下へ下げ待也敵踏み込みて我真向へ打込也我其時左足より一足退り空を打たせ同時にかむりて一足踏込み敵の面へ勝也互に五歩退り納刀後再び刀を抜き相上段にて次に移る。

*前回の位弛で双方刀を合わせ五歩下がります。打太刀は「其のままでも苦からず」ですがここでは双方退いて元の位置に帰ります。そこで我は横血振して納刀し、敵は正眼から左足を出し右足を引いて左上段に構えます。
双方スカスカと歩み行き、間に至れば敵我が真向に右足を踏み込んで打込んでくる。我は右足を出して、抜刀し頭上で十文字に請ける。
敵打込まんと上段に振りかむる処、我は請けるや否や左手を柄に掛け右足を左足と踏み替え敵の右面を打つ、敵是を足を踏み替え裏より八相に払う。
我は又すぐに振りかむり右足と左足を踏み替え右足前にして敵の左面を打つ、敵又すぐに足を踏み替え裏より八相に払う。
我は又すぐにかむり、左足を一足踏み込み敵の真向に打ち下ろす。其の時敵右足を大きく後方に引いて、我は空を打つ。敵は同時に上段に構える。
空を打つや我は切先をそのまま下へ下げ、敵が我が頭上へ打込むように待つ。敵右足を踏み込んで真向に打込む、其の時我は左足より一足下がり右足を追い足にして下がり敵に空を打たせ同時にかむりて右足を一足踏み込んで敵の面を打ち勝。

足捌きを踏み替えにして古流らしくしてみましたが、歩み足で右・左・右・左と進み左足を引いて右足を踏み込んで勝つ。
其の場合も直線的な動きばかりではなく、筋を変わりながら打込み、払われる、直線的に踏み込み空を切るなどの動きを稽古したいものです。

神傳流秘書 詰合 七本目燕返

 相手高山我は抜かずして立合たる時相手より打込むを我抜受に請る相手引を付込み打込相手右より払ふを随って上へ又打込払ふを上へ取り打込扨切先を下げて前へかまへ場合を取り切居処へ相手打込を受流し体を替し打込勝又打込まず冠りて跡を勝もあり

*相手は上段に構え、我は刀を鞘に納めたまま立ち合う、双方すかすかと歩み行き場合に至れば、相手より右足を踏み込み真向に打ち込んで来る、我は顔前頭上に右足を踏み込み抜受けに受ける。
相手右足を引き上段に取らんとする処を、我は左足を踏み込んで付け入って諸手にて上段から打ち込む。
相手これを右より八相に払って来る、払われた当たり拍子に上段に振り冠って右足を踏み込んで真向に打ち込む。
相手左足を引いてこれを又払って来るのを同様に当たり拍子に上段に振り冠って左足を踏み込み真向に打ち込む。
相手これを一歩引いて外す。我は外されたまま切っ先を下げて下段に構える処、相手真向に打ち込んで来る、我は切先を上げて突き上げる様に受け流し右足を右前に踏み込んで体を替って相手の首に打ち込む。
又打ち込まずに上段に構え勝ちを取るもあり。
受け流しの方法は、左足を後方に引きながらも出来るでしょう。ここは受け、流すに拘ってみました。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の燕返

「打太刀は上段、仕太刀は刀を鞘に納めたるまゝ相掛りにて前進、間合にて打太刀は仕太刀の正面に打込む、仕太刀は素早く抜刀剣先を左方に右双手にて頭上十文字に請け直に双手上段となり左足を一歩進め相手の裏ら面に打込むを打太刀は右足を一歩退き裏より之を八相に払う。
仕太刀更に右足を一歩進め表て面に打込むを打太刀亦左足を一歩退き表より八相に払う。
仕太刀は直に振冠りて左足を一歩進め打太刀の正面に打込む、この時打太刀は左足より大きく退きて仕太刀に空を打たせ。
次で打太刀は右足を一歩踏込み仕太刀の真向に打下す、仕太刀は之に応じて左足を大きく引き体を後方に退きて打太刀に空を撃たせ(此の際拳は充分に手許にとるを要す)振冠りざま右より踏込み打太刀の正面を打つ。
刀を合せ原位置に復し互に五歩退きて血振ひ納刀をなす」

*古伝の「扨切先を下げて前へかまへ場合を取り切居処へ相手打込を受流し体を替し打込勝」の「受け流し体を替し」は業附口伝同様なくなっています。
受け流しつつ体を変わり打込む動作は稽古しておきたいものです。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

曽田本業附口伝その2詰合之位6位弛

曽田本業附口伝

2.詰合之位

六本目 位弛 仕坐納打左上段

是は敵は立ち我は坐する也敵は太刀を抜てかむる我は鞘に納めて右片ひざ立て坐する也。敵スカスカと来て拝み打に討つ也我其時あたる位にてスッカリと立ち其儘左足を一足引きて抜敵に空を打たせ同時に右足を一足踏込み面へ切り込み勝也仕太刀は此の時刀を合せ五歩退きて血振い納刀打太刀は其位置にても五歩退りても苦からず

*位弛はくらいはずし、くらいゆるみと読んだら良いのでしょう。
是は敵は左上段に構える。左上段と曽田先生のメモがあるのでそうしますが、その意味があるかは疑問です。
左上段は左足を前に出し刀を上段に構え切先は高く45度位に取り柄頭は左足先の辺りに向けます。従って出足(この場合は左足)から前進します。
我は刀を鞘に納めたまま立膝(居合膝)に座しています。敵スカスカと歩み来て拝み打ちに頭上へ打ち込んで来ます。

我は敵が上段に構えて歩み寄って来るので刀に手を掛け腰を上げ刀を抜き出し間を計り、敵間境に接するや立ち上がりつつ刀を物打まで上方に抜き、敵踏み込んで拝み打ちに打つや左足を後方に一足引いて右足を追い足捌きにスッカリ立ち、刀を左肩を覆う様に抜き上げ、敵刀に空を打たせるや右足を一足踏み込んで敵の面へ切り込んで勝つ。

敵はすでに上段に構えて間を越して来ますから、打ち込んでくる起こりは間をよく読んで立ち上がり、充分待って拝み打ちに打つをとらえて左足を後方に引いて間を外して空を切らせるものです。

この場合の、深く敵が攻め込んでいれば、抜き上げた刀で敵の刀を摺り落とす事も考慮して頭と左肩を十分カバーした抜き上げが大切です。刀を抜いてしまい受け太刀にするのではないでしょう。
現代居合の正座の部附込の業に相当します。

仕太刀は正眼に構え打太刀も正眼に合わせ互いに五歩退いて仕は血振納刀、打は左上段に構え次の業に移る。
打はそのままの位置にとどまり、仕に合わせて上段に構えるもよい。とありますがここでは双方下がることにします。

神傳流秘書 詰合 六本目位弛

我居合膝に坐したる所へ敵歩み来りて打込むを立ざまに外し抜打に切る或は前の如く抜合たる時相手より打を我も太刀を上へはづし真向へ打込み勝(2014年11月12日)

*我居合膝に座して居る処へ相手上段に振り冠って歩み来たり、真向に打込んで来るのを、立ち上がり右足を引き刀を上に抜き上げ拳を返して真向に打込む。

或は双方居合膝に坐し、左足を引いて膝に抜合う、相手より上段に振り冠り打込んで来るのを、我は右足を左足に引き付け刀を上に突き上げる様に相手刀を摺り上げ落とし上段に振り冠り踏み込んで真向に打込み勝。

位弛の業では「或は・・」以下の業は殆ど見る事の無い動作です。
別の業とも思えるのですが、心持ちは同じと言えます。
刀を体すれすれに引き上げる様に切先下りに抜き上げて相手の打ち込みを右足を引いて間を外すや打込む、相手が深く討ち込んで来た場合は上に抜き上げた表鎬で摺り落してしまうわけです。
大森流(正座の部)逆刀(附込)の「向より切て懸るを先々に廻り抜打に切・・」の動作の仕組みとなります。

或は以下は、双方抜き合せた所よりの変化です。「太刀を上へはずし」をどのようにするかがこの間合いでの応じ方でしょう。
「位弛(くらいゆるみ)」弛は、はずす事ですから、我が体を打ち間から外す事が大切です。太刀にて相手の切り込みを請けるのは目的では無さそうです。

*五藤先生の業附口伝では神傳流秘書の「或は・・」の業は消えています。
相手の打ち込みを立つなり左足右足と追い足に退きつつ刀を抜き上げて相手に空を切らせ相手が退かんとする前に真向に打ち下すのです。
刀の抜き上げは体に接する様に抜上げるもので、前に抜出す様に抜上げるべきでは無いでしょう。

嶋 専吉先生による第19代福井春政先生の位弛

「仕太刀は納刀其の位置に在て立膝。
打太刀は五歩退きて立姿のまゝ一旦納刀の後、改めて抜刀左上段の構へ。
但し帯刀より前進中抜刀するも苦しからず、此場合発足即ち右歩にて抜刀、次の左歩にて上段に冠り、続いて前進のこと。
打太刀上段にてスカスカと前進し拝み撃に仕太刀の真向に打下す、仕太刀は打太刀の刃が将に己が頭に触るゝ位にて其刹那、敏速に左足より一歩体を退きつゝ刀を抜きて、スッカリと立ち打太刀に空を打たせ直に右足を一歩踏み込み上段より打太刀の面を撃つ。
刀を合はせ各五歩退き血振ひ納刀。
但し次の業例へば「燕返」に移る如き場合打太刀は後方に退らず、その位置に止るも苦しからず
。」

*この場合も古伝の「或は前の如く抜合たる時相手より打を我も太刀を上へはづし真向へ打込み勝」の新たな業は伝承されて居ません。
神傳流秘書が江戸末期から明治以降に書物で伝承されなかった為と考えてもおかしくないものです。

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

曽田本業附口伝その2詰合之位5鱗形

曽田本業附口伝

2.詰合之位

五本目 
鱗形 仕打納

坐り方同前左足を一足引きて抜合す也其時敵すぐに我面へ上より打つ也我もすぐに太刀の切先へ左の手を添えて十文字に請て左の足を踏み込み摺り込み勝也刀を合せ血振い納刀

*座り方は同前に刀を鞘に納めて立膝に双方詰合って座す。敵の起こりを察して我左足を引いて抜き打ちに敵の膝に抜きつける。敵も同様に左足を引いて是を膝前で請けとめる。
敵すぐに左足を床に着け上段に振り冠り右足を踏み込んで真向に打ち下ろす。
我は左足を床に着け太刀の切先に左手を添え前額上に十文字に刃を上にして是を請ける。ここまでは4本目八重垣と同様です。
我は左足をやや左に踏み込んで切先に左手を添えたまま敵刀を摺り落とし切先を敵喉に付けて勝つ。
青眼になり、切先を合わせ血振納刀。

敵太刀を十文字に請けるや、即座に左足を踏み込み左半身となって敵刀を請けたまま右手を右脇に下げ敵刀を摺り落とし詰める。ここがポイントです。

神傳流秘書 詰合 五本目鱗形

 如前抜合せ相手打込むを八重垣の如く切先に左手を添え請留直に敵の太刀を摺落し胸をさす也(2014年11月11日)

*前の如く抜き合せ、ですから是も居合膝に相対し、相手より左足を引いて右足に抜き付けて来るのを請け止め、上段に振り被らんとする処、相手左足を右足に引き付け右足を踏み込んで真向に打込んで来る。
我顔前頭上にて切先を左にして左手を添えて十文字に刃で請ける。
十文字請けした交点を軸にして、左手を相手の顔面に摺り込む様に、相手太刀を右下に摺り落とし左足を踏み込んで相手の胸に詰める。

詰合の一本目発早の場合は、双方膝前で抜き合せ、我が先んじて上段から真向に打ち込んで勝ちを制しました。
今度は相手が我が真向に打ち込んで来るのです。一本目で勝ち口を理解しないまま、此の五本目鱗形にしてようやく仕組みが申し合わせの棒振りではならない事を気付かせてくれる良い業です。

十文字請けの方法をどの様にするかは、簡単に「切尖へ左の手を添えて」しか表現されていません。
切尖は切先ですが、物打ち辺りに拇指と食指の股に刀の棟を当て四指を外向けにして添える様に指導される様ですが、是で良いのでしょうか。
拇指と食指の股から小指の下の膨らみへ斜めに刀棟が乗る様に添える事も研究すべきでしょう。
強い打ち込みを想定すれば左手の添え方は充分考慮すべきものです。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の 鱗形

「前同様に抜合せ打太刀は右より進み仕太刀の面上に打下すを仕太刀左足より体を退き左手を棟に添へて頭上十文字に請け止め続いて左足を一歩踏込み(この時右跪となり)左手を刀に添へたるまゝ対手の刀を己が右方に摺り落しながら喉を刺突の姿勢となる。
此の時打太刀は左足より体を退き刀を左方に撥ね除けられたるまゝ上体を稍々後方に退く。
次で刀を合せ血振ひ(若し続て次の「位弛」を演ずる場合は打太刀は五歩後方に退きて血振ひ)納刀す。

*この(若し・・)の括弧書きを読んでいますと、形を演武会向けに打つ事を意図しているようです。
打太刀が五歩下がって血振いでは、仕太刀は其の間、其の位置で正眼に構えて座して居る事になります。

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

曽田本業附口伝その2詰合之位4八重垣

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

四本目 八重垣 仕打納

是も同じく詰合て坐し前の如く左足を一足引てさかさまに抜合也敵其儘我面を打てくるを我又太刀の切先へ左手を添えて面を請くる也それより立ちて敵すぐに我右脇を打つを我其儘刀を右脇にさかさまに取りて此の時右足を一足引き請け留る也敵又立ちて左の脇を打ち来るを我又左足を引きて左脇を刀を直にして請け止むる也敵又上段より面へ打ち来るを我又右足を引きて上を請て敵かむる処を我右足より附込み勝也刀を合せ原位置に帰り血振納刀

*大江先生の正座の部八重垣の業名は元々は大森流陰陽進退或いは陽進陰退です。この詰合之位より失敬したものでしょう。

是も同じく刀を鞘に納めた儘、詰め合って立膝に双方座しています。
前の如く双方とも左足を引いて切先を相手の膝に斬り付け、相手之を請けます。
敵は左膝を着いて上段に振り冠り、右足を踏み込み我が真向に打ち込んで来る、我は其の儘左膝を着いて切先に左手を添え刃を上にして前額上で是を請ける。
敵はそれより立ち上がり、上段に冠り左足を踏み込んで我が右脇に切り付けて来る、我は右足を一足引いて「右脇にさかさまに取りて」は切先を下に向け右脇を覆うように敵刀を刃で請ける。
敵又立ちて右足を踏み込み我が左脇に打ち来る。我は「刀を直にして」は左足を引いて切先に手を添えたまま切先を上にして左脇を覆うように敵刀を刃で請ける。
敵又立ちて上段に振り冠り左足を踏み込んで真向に打ち込んで来る、我も立ち上がり右足を引いて切先に手を添えたまま我が前額上で刃を上にして是を請け止める。
敵、立ちて上段に冠る処我は右足を踏み込んで附け込んで切先を敵の喉に付け勝。
双方青眼に刀を合わせ元の位置に戻り片膝着いて血振り納刀する。

一方的に打が攻めて来ますから、仕は打の動作をよく見極めて応じるもので、仕が待ちうけに請けるではお粗末でしょう。心得のよく見る、待つ、而して応じるを学ぶ処でしょう。

神傳流秘書 詰合 四本目八重垣

如前抜合たる時相手打込むを我切先に手を懸けて請又敵左より八相に打を切先を上にして留又上より打を請け相手打むと冠るを直に切先を敵の面へ突詰める
(我切先に手を懸けて請け敵右より八相に打を切先を下げて留又敵左より八相に打を切先を上にして留め又上より打を頭上にて十文字に請け次に冠るを従て突込むもあり 曽田メモ)(2014年11月10日)

*双方居合膝に座し、相手左足を引いて下に抜きつけるを我も左足を引いてこれを下に請ける。
相手即座に右足を左足に引付右足を踏み込んで真向に打ち込んでくるを、我左足、右足と引いて、切先に左手を添え顔面頭上にこれを十文字に請ける。
相手再び上段に振り冠って左足を踏み込んで我が左胴に八相に打ち込んでくる。

ここは打太刀が左足を右足に引き付け右足を踏込み仕太刀の左胴に打ち込むもありでしょう。

我右足を引いて切先を上にし柄を下にして左脇にこれを刃で請ける。
相手再び上段に振り冠って撃ち込んで来るを、左足を退いて左手を切先に添えたまま顔前頭上に受ける。相手再び撃ち込まんと上段に振り冠る処、我すぐに右足を踏み込み切先を相手の面に突き詰める。

神傳流秘書は、下で合わせ、十文字に上で請け、左脇で請け、再び頭上に十文字受け、直ぐに詰めるのですが、曽田先生のメモは、下で合わせ、十文字に上で請け、右脇で請け、左脇で請け、又十文字に上で請け、直ぐに突き詰める。と云うのも有り括弧書きで挿入されています。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の八重垣

「是も同じく詰合ひ対座より左足を一歩退きて倒か様に抜合はせたる後、打太刀は右より進み左跪にて仕太刀の正面に打込み来るを仕太刀左より体を少しく退き左跪にて剱尖を左方に左手を棟に添へて頭上十文字に請止む。
続て打太刀、左足を一歩進め(打太刀は一応立ち上り左足を一歩進め右膝を跪きて)仕太刀の右脇に打込むを仕太刀右足を一歩退き刀を倒か様にとりて(左手を棟に添へたるまゝ刀を体に近く剱尖を下方に略々垂直にして)右跪にて請止む。
打太刀更に立ちて一歩右足を進め左跪にて仕太刀の左脇に打込み来るを仕太刀左足を一歩退き刀を直にとりて(左手を棟に添へ剱尖を上に刀を垂直にし)脇近くに之を請留む(左跪)。
打太刀更に右足より進みて上段より正面へ打ち込むを仕太刀は右足を一歩退き左手を棟に添へて再び頭上十文字に請け止め次で打太刀右足を退き振冠るところを仕太刀右足を一歩進め附込み打太刀の喉を突く。
(この際打太刀の左膝と仕太刀の右膝とは相接する如く向ひ相ふ)
次で刀を合せ原位置に復し血振ひ納刀す。」

*(この際打太刀の左膝と仕太刀の右膝とは相接する如く向ひ相ふ)に注目すると、仕太刀は深く打太刀に附け入って詰める事になります。
第19代の詰合は古伝の神傳流秘書とは事なり、業附口伝に添う様です。
業附口伝は、曽田先生が「田口先生のご指導と実兄(五藤先生の高弟土居亀江)の口伝よりあらましを記したり」です。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

曽田本業附口伝その2詰合之位3岩波

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

三本目 岩波 (仕打納 欠落曽田メモ)
詰合て坐する也前の如く左の足一足引きてさかさまに抜合せ敵よりすぐに我右の手首を左の手にてとる也我その儘敵の右の手首を左の手にて取り右手を添えて我左脇へ引倒す也刀を合せ血振い納刀
(遣方(仕太刀)右手を添える時刀を放し直に相手のひじをとる也 曽田メモ)

*双方刀を鞘に納め、詰め合いて立膝に座す。拳取の如く、仕は、打の気配を察し機先を制し左足を引いて打の右膝に抜き付ける、打も左足を引いて抜き付けにこれを請けて打ち合わす。
打は透かさず左足を仕の側面に踏み込んで左手で仕の右手首を制する。仕は即座に左足を打の右脚側面に踏み込み打の右手首を左手で制すると同時に、刀を放し、打の右肘に右手を添え左手を左に返して右膝を着いて打を左脇へ引き倒し急所を突いて勝つ。
打を引き起こし、打の誘導で刀を拾い上げ正眼に取り、元の位置に双方戻り血振い納刀。

神傳流秘書を読む詰合之事 三本目岩波(2014年11月9日)

拳取りの通り相手より拳を取りたる時我よりも前の如く取り我が太刀を放し右の手にて敵のひじのかがみを取り左脇へ引たおす

*双方下に抜きつける処、今度は相手が先に我が拳を制してくる。
引き落とされる前に我も即座に相手の拳を取り、拳を取られた右手の太刀を放すと同時に右手を後ろに引くや相手の手を外し、相手の右手の肘のかがみに右手を付け左脇へ引き倒す。
後はどの様に制するかは指定がありません。顔面を、水月を、金的を拳で打つもあり、脇差を抜いて突くもありでしょう。

此の業を演ずるのを見ていますと、打太刀が遣方の右手首を先に取っているだけで、遣方が右手を取りに来るのを待っているような仕方がまま見られます。
ゆっくり順番通り稽古するのは当然ですが、打太刀が二本目の拳取の如く拳を取るや下に制されると、遣方は手も足も出ません。
遣方はどのタイミングで応じるのか、二本目の稽古を生かす事はできるのかなど課題を持ちませんと意味のない踊りです。
知ったかぶりで、「申し合わせだから」ではすまされ無いとても難しい業です。

嶋 専吉先生による、第19代福井春政先生、田岡 傳先生の詰合之位「岩浪」

「前と同様に抜合わせたる後、打太刀左膝を跪き左手にて仕太刀の右手首を把る、仕太刀も亦之に応じて打太刀の右手首を捉へ右手に在る刀を放ち右拳を(稍々内側に捻る心地にて)対手の掌中より奪ひ之を内側より相手の右上膊部に添へて己が左脇へ投げ倒すなり。次で刀を合はせ左跪坐にて血振ひの後納刀すること前と同様なり。」

*前と同様に「双方左足を一歩後方に退きて立ち上ると同時に互に対手の右脛に斬り付くる心にて(剣先を下方に)抜き合す」ですから双方右足前、左足を後ろに退いて立って抜き合わせて居ます。
「打太刀左膝を跪き」仕太刀の右手首を取っています、ここは、打太刀の左足を仕太刀の右足側面に踏込んで左膝を付かなければ、手首を制する事は難しそうです。
二本目の「拳取」で仕太刀は「抜き合せ続いて仕太刀は迅速に左足をその斜左前即ち対手の右側に踏込み・・打太刀の右手首を・・」と、同じ事を打太刀にさせるべきかと思いますがそのように指導されたのでしょう。
打太刀が、仕太刀の右手首を取って左膝を踏み込んで床に着けば容易に仕太刀は制せられてしまいそうです。
17代に指導された儘を覚書されたのでしょうから、そのまま否定せずに稽古して見ますが、仕太刀も跪いて応じませんと反対にねじ倒されそうです。

| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

曽田本業附口伝その2詰合之位2拳取

曽田本業附口伝

その2.詰合之位

二本目 拳取 仕打納

是も同じく詰合て坐しさかさまに抜合すこと前同様也我其儘左の足を踏み込み敵の右手首(拳ならん 曽田メモ)を左手にて押える也後同段

*詰合之位の拳取は、太刀打之位の附込とどこが違うのでしょう。
どちらも打の起こりに仕は付入って打の拳を取って制し、詰めて勝つわけです。
この拳取は双方立膝に座し、打は刀に手を掛け腰を上げる。
その害意を察し仕は機先を制して腰を上げるや左足を引いて打の右膝に抜き付け、打は同時に左足を引いてそれを右膝前で請けます。
太刀打之位附込では、双方刀を鞘に納めスカスカと歩み行き、打が刀に手を掛け鯉口を切るを機に、仕は機先を制して右足を踏み込み打の右膝に抜き付ける。
打はこれを右足を踏み込んで右膝前で請けます。 どちらも立ち上がり刀を合わせたスタイルは似たようなものです。
拳取は、打の打ち込まんとするを機に、仕は立ち上がり左足を引いて抜き付ける、打も左足を引いて抜き付ける事です。
拳取は引き足を大きく取れば双方の距離が離れてしまいます。
詰合では双方の座す間隔を近く座す様にとの教えもありますが、立膝に座した双方の右足爪先の間隔はせいぜい二尺から三尺でしょう。 それ以上広ければ足を引く意味はなくなります。

拳取では、仕は請け止められるや素早く引き足の左足を大きく打の右足側面に踏み込み、打の手首を制し左膝を着いて打を崩し切先を打の胸に付けて勝。
あるいは右膝を着いて打を崩し切先を打の胸に付け勝。
手首を放し元の位置に戻り、正眼に構え双方切先を合わせ血振納刀。

神傳流秘書 詰合 二本目拳取

如前楽々足を引抜合我左の手にて相手の右の拳を取り刺す也(2015年11月8日)

*前の如くですから、一本目発早の如く「楽々居合膝に坐したる時相手左の足を引下へ抜付るを我も左の足を引て虎の一足の如く抜て留め我左の手にて相手の右の拳を取り刺す也」でしょう。

「楽々」の文言が気になります。楽に座すのは解りますが、「楽々足を引抜合」は、奥の業ですから当然とは云え強いばかりが信条の人には難しいものです。
相手我が右膝下に抜き付けて来るのを、虎一足の如く刀を逆にして右足の少し斜め前で刃で請け、相手引かんとする処左足を相手の右足側面に踏込み、左手で相手の右拳を制し、相手を右斜め下に崩し、右足を左足後方に摺り込み相手の胸部を刺突する。

相手の右足側面に踏込むのは、手を伸ばして相手の拳を取るのではなく、体で相手に接する瞬間に拳を取って制するものです。

拳を制するのが目的では無く、拳を取って相手の体を崩し反撃できないように制して胸部を刺突するのが目的です。
単純なのは、相手の右手首に我が左手を乗せ其の儘下へ押し下げるなども有効です。
最も悪いのは、相手の拳を制しようと不器用な左手で複雑な術を弄することです。

第19代福井春政先生直伝の嶋 専吉先生の「拳取」

「發早の場合と同様に双方抜合せ続いて仕太刀は迅速に左足をその斜左前即ち対手の右側に踏み込み(右足直に之れを追ふ、右膝は地に跪き、稍や體を開き)その瞬間左手にて打太刀の右手首を逆に捉へ之れを己が左下方に引き寄せ相手の態勢を崩しつゝ右拳の刀を打太刀の水月に擬し(柄を把れる右拳を己が右腰に支へつゝ刃を右にし打太刀の刀の下より)将に刺突の姿勢となる。互に刀を合はせ原位置に復し血振ひ納刀をなす。」

*嶋先生の備忘録です、福井先生は柔術もおやりだったと聞き覚えていますので、相手の右手を逆手に制して置いて己が下方に引き寄せています。簡単に相手の態勢を崩してしまう事も出来るはずですから、ややこしい制し方に拘るのは無駄でしょう。
「打太刀の刀の下より刺突の姿勢となる」についても、拘る事でも無さそうです、相手の右手を制し体勢を崩す事がポイントでしょう。

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

曽田本業附口伝その2詰合之位1八相

曽田本業附口伝
その2.詰合之位

一本目 八相 仕打納刀
(口伝に発早とあり 曽田メモ)

是は互に鞘に納めて詰合て相向い右膝立て坐する也互に左足を一足引きて倒様に抜合する也(互に右膝へ抜付ける 曽田メモ)其儘ひざをつき仕太刀はかむりて面へ打込也此の時打太刀は十文字に頭上にて請け止むる也互に血振い足を引き納刀

*この業は互いに刀を鞘に納め、双方向かい合って右足を立てた居合膝(立膝)に座す。
双方の間隔は膝頭で3尺位、是より広く取らない、体軸で5尺の距離がよいでしょう。むしろ2尺に近いほど技は緊迫感があります。広いと間延びしてしまいます。
打は左手で鯉口を切ると同時に右手を柄に掛ける。仕はすかさず両手を刀に掛け鯉口を切って打の右足膝に左足を引いて抜き付ける。
打は是を左足を引いて膝前で請ける。
双方ほぼ同時に抜きつける、打が先に抜きつける、仕が先に抜きつける、については打が先行するのがポイントでしょう。
「左足を一足引きて倒れ様に抜合す」とありますから打の起こりを察して仕は是に応じ先んじて抜きつける。
「倒様に抜合す」の倒れざまは、やや前傾になり、攻める意識で抜き合わす、と認識する事でしょう。
仕は抜き付け請け留められるや即座に上段に振り冠り左膝を着いて打の真っ向に打ち下ろす。
打は、仕の攻めに圧せられて其の儘振り冠らんとするを、左膝を着き左手を刀の物打の棟に添え柄を右にして額前上にて刃を上にして仕の打ち込みを十文字に請ける。
打は刀を下ろし正眼にとる、同時に仕も一歩下がり刀を合わす。横に血振りし、右足を左足に引き付けつつ納刀し、立ち上がり構えを解いて、再び元の位置に立膝に座す。

神傳流秘書

詰合(重信流也従是奥之事 極意たるに依而格日に稽古する也)

*詰合(重信流である、これより奥の事、極意なので確実に稽古するものである)
この詰合以降の業は極意業と言っています。
古伝の教えを知らなかった為に、他の武術を取り込みおかしな動作を得々として指導したり、大江先生が残した業以外は無双直伝英信流に非ずと息巻く次第です。
大江先生も中学生向けにやむなく古伝を置いてきただけかも知れません。
詰合もそんな憂き目にあっている仕組の太刀打です。おおいに稽古し、独りよがりの空間刀法から抜け出るきっかけを作りたいものです。

一本目 発早
楽々居合膝に座したる時相手左の足を引下へ抜付るを我も左の足を引て虎の一足の如く抜て留め打太刀請る上へ取り打込み勝也

*「楽々居合膝に座したる時」ですが居合膝の座し方に解説も無く解りません。
戦国末期では正座は一般的でなかったと云う事を信じれば、胡坐か片膝を立てた坐り方だったのでしょう。
即座に応じられる座り方は右膝を立て左足を爪立って左膝を床に着いた立膝の構えでしょう。其の儘左足甲を床について尻を下ろせば略現代の居合膝です。

河野先生は甲冑を付けた時の座仕方と云い切っていますが疑問です。寧ろ攻撃態勢を保持した体構えと考えた方が自然です。

互に片膝を立てて座して居る時相手(打太刀)より、腰を上げて左足を引くや我が右足に抜き付けて来る、我も即座に左足を引いて相手の刀を右足斜め前で虎一足の様に(左足を引き刀を逆さに抜て留め)受け留める。

古伝は、相打ちではありません。相手(打太刀)に抜き付けられ請け止めています。
相手請け止められて、上段に冠らんとする処我左足膝を右足に引き付け座すや相手の真向に打ち下す、相手頭上にて十文字に之を請ける処刀諸共斬り下ろして勝。
チョット荒っぽかったですね。

嶋 専吉先生に依る第19代福井春政先生の詰合之位一本目發早
「口伝に發早とあり、八相とも禄す。仕・打互に刀を鞘に納めたるまゝ詰め合ひて相向ひに右膝を立てゝざす 
双方左足を一歩後方に退きて立ち上ると同時に互に対手の右脛に斬付くる心にて(剣尖を下方に)抜き合す。
次てその儘左膝を地につくと共に仕太刀は振冠りて上段より打太刀の正面に打込む、此の時打太刀は剣尖を右に頭上にて十文字に之を請け止むるなり。
次て互に刀を合せ適当の位置に復し双方左膝を跪き血振ひ右足を退きて納刀」

*嶋先生の詰合之位一本目發早は、第19代の直伝を筆に納めたものの様で、「打太刀は剣尖を右に頭上にて十文字に之を請け止むるなり」と頭上での打太刀の受け留め方が、大江先生の居合道形の一本目出合の一般的に見る形です。
大江先生の創作当時の打太刀の請けは「打太刀は左足より右足と追足にて退き、刀を左斜めにして受ける」でした。
しかし河野先生の昭和17年1942年発行の大日本居合道図譜では「打太刀は左足より追足にて一歩退き剣先を右に刃を上に柄を左に出し刀を水平に前額上に把る」と変わっています。
ここで、思わず、第19代が変えてしまったのかも知れないと思ってしまいました。
穂岐山先生の直弟子野村凱風先生の「無双直伝英信流居合道の参考」に依れば河野先生と同じ「柄を左にし刀を斜にして真向へ打込来る敵刃を受止む」ですから、18代・19代共に大江先生の居合道形を一本目から変えてしまったと言える様です。
書き付けられたものは、事実はどうでも残るものです。

| | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

曽田本業附口伝その1太刀打之位10打込一本

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

十本目 打込一本 仕打中 (伝書になし口伝あり、留の打込なり 曽田メモ)

双方真向に物打にて刀を合し青眼に直り退く
 
*太刀打之位の十本目は「打込一本」と曽田先生は書き加えて、これは伝書に書かれていないが口伝にある、と言うのです。
 
双方中段に構えスカスカと歩み寄り、上段に振り冠って真向に打ち下ろす。「一刀流の切落」、柳生新陰流の「合し打ち(がっしうち)」です。
土佐の居合は新陰流に影響を受けている事は外せません。
ここでの真向打ちは双方物打で刀を合わせてジリッ・ジリッと中段になって双方後退し血振り納刀する。と云うなんとも曖昧な演武が良く行われていますが真向相打ちの極意を研究する良い業です。
真向打は最も簡単な刀法であって最も難しい技でもあります。 理屈は解かってもその通りできないと言ったらいいのでしょう。
上段からの打込みで刃筋が通らない、左右どちらかに片寄り真っ直ぐに打込めないなどよく見かけます。
真っ直ぐが出来ず、左右どちらかの面打になってしまう×点合わせではこの業は成り立ちません。
背の高いものが優勢になってしまうようなことも頻繁です。 要はとにかく真っ直ぐに打ち下ろすこと、間は遠間で始めは稽古すること。
鎬の擦れ合う音を知ること。
手の内を緩めないこと。
 
初心のうちは、この「打込一本」では物打で刀を合わせます。
止めなければ双方の頭を打つことになるでしょう。
止めるとは、意図的に双方の間の真中付近の上で互いに鎬の触れ合う瞬間に止める事です。
柳生新陰流の合し打ちは、そんな位置で止める事無く、敵の真向に打込んで来るのを真向に打ち込んで相手太刀を外すという凄まじい極意技です。
この業を演じるには、双方中段に構え相手の眉間に切先を付けスカスカと歩み行き、双方間境で上段に振り冠り、打太刀の打ち込に、仕太刀は一瞬遅れて打ち込みます。
打ち勝った仕太刀は打太刀の頭上寸前で寸止めする、打太刀は外されて刀を下段に静かに下ろし負けを表します。
これで、太刀打之位十本を終了いたします。
大江先生の居合道形七本のものでも、申し合わせの形打ち稽古などと安易にしていては只の棒振りにすぎません。
忘れられた古伝太刀打之位ですが、これを打っている道場は多そうです。
業手附が古伝のものであるかどうか、神伝流秘書やこの業附口伝と対比していただければと思います。
第20代河野百錬先生の昭和13年発行の「無双直伝英信流居合道」にある太刀打之位はこの曽田先生の業附口伝からのものの様です。

古伝神傳流秘太刀打之事 十本目打込

 相懸又は打太刀待処へ遣方より請て打込み勝

*「打太刀より討ち込んで来るのを仕太刀請けて打込勝」是だけの文言です。様々な請け方は有るでしょうが「請けると同時に勝」事が到達するところでしょう。
物打で合わせ仲良く相打ちで演武を納めるなど演舞会ではいざ知らず稽古では違うだろうと思います。
太刀打之位は稽古の形であって演武会の見世物では決して無いと思います。
伝書にあったのに、曽田先生は業附口伝では「伝書になし口伝あり」といっています。この業附口伝を書かれた頃は古伝神傳流秘書をまだ見ていなかったのでしょう。

政岡先生は「斬り結ぶのみ」としています。
切り結んだのでは、次の「勝」が出てきません。伝書の心持ちとは同じように思えなくて首を捻っています。

嶋 専吉先生の「留之剣(打込一本、但し伝書になし)」

「仕中段・打中段 互に進み間合いにて真向より物打あたりにて軽く打合ひ(音を立てゝ強く撃ち合ふ意にあらず)更に青眼に直りて残心を示し正しき位に復す。
右「留之剣」終らばそのまゝ一旦後方に退き血振ひして刀を鞘に納め更に前進し正座にて刀の終礼を行ひ再度後退して対立のまゝ相互に黙礼をなし、次で神前の敬礼を行ふ」

*古伝神傳流秘書の「打込」にある「相懸又は打太刀待処へ遣方より請て打込み勝」の「遣方より請て打込み勝」の部分を、何度も読み直し空想の世界を駆け巡らせて研究して見るのも楽しいものです。

相打ちで「形」終了でいいのでしょうか。
当代は「「形」は人前でこれ見よがしに打つものではない」と仰います。

真剣で打つなど、大道芸に等しい事を・・・・おもいつくままに

| | コメント (2)

2015年10月13日 (火)

曽田本業附口伝その1太刀打之位9神明剱

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

九本目 心明剣 仕納打上

是も相掛りにても相手待ちかけても苦からず敵は真向へかむり我鞘に納てスカスカと行也其の時片手にて十文字に請る也其の侭々敵引也すぐに我打込み勝つ也気合大事也云々最後に打込む時は敵の刀を押し除ける様にして左足を踏込み敵の首根に打ち込む也。

*業名の心明剣ですが古伝神傳流秘書では心妙剣です。
是も相掛でも打が待ち掛けても良いと言いますが、相掛に、仕は納刀、打は上段に冠ってスカスカと双方歩み行きましょう。

打は右足を踏み込んで真向に打込んでくる、仕は右足を踏み込み抜刀して是を右片手にて額の上に十文字に刃で請ける。
打が退かんとする処を、仕は打の太刀を押し除ける様に振り冠り左足を踏み込んで打の首根に打込む。

「気合大事也云々」ですから敵の退くに乗じて踏み込んでいく気合、敵を退かせる様な気迫、敵の起こりに反応する気合でしょう。

相手が打ち込んだ儘、押し付けてくるならば摺落す、剛力で打ち込む相手ならば弛み抜きで左に外してしまうべきでしょう。
打ち込まれた太刀を片手で請け、相手が退きもしないのに左足を踏込み左手を柄に掛けて腕力で敵刀を巻き落とす様な動作が良く見られます、是は疑問です。剛力を頼りでは稽古の必要はない、でしょう。

神傳流秘書の太刀打之事九本目心妙剣

 相懸也打太刀打込を抜なりに請て打込み勝也打込む時相手の刀をおしのける業あるべし

*打太刀上段に構え、遣方刀を鞘に納め、合懸りにスカスカと歩み寄り、打方真向に打ち込んで来るのを遣方抜くなりにこれを受ける。
ここまでは、古伝の文面から読み取れます。次の「請て打込勝也」は難題です。どの様にして勝つのか何も書かれていません。
次の「打込む時相手の刀をおしのける業」がそれを教えているのでしょう。
遣方左手を柄に添え、左足を踏み込み打太刀の刀を右下に押し退ける様にし上段に振り冠って右足を踏み込んで打太刀の真向を打つ。

政岡先生は、「額前で十文字に受けるや直ちに左手を柄にかけつゝ左足を踏み込み体を開きながら刀を右下にまき落とし刀を後ろからまわして首根を斜めに切る」と見事に相手の打ち込みを瞬時に受けていなしています。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の「心明剣」
「打太刀は真向に冠り、仕太刀は帯刀のまゝ相掛りに前進し間合に至り打太刀上段より仕太刀の面に打下すを、仕太刀間髪を容れず抜刀、双手にて頭上十文字に請け止め、打太刀の引き際に(打太刀は足を替えずに体を僅に退く)右片手にて打太刀の刀を押し除くるが如く右下に払ひ、左足を左方に踏込み打太刀の首根を断つ。
この業特に「気合大事なり」とあり充分心すべし。
尚この形に於て仕太刀双手を払ふ業、及び左足の踏込と共に相手の頭べを撃つ動作には特に工夫あるべし。
次に刀を合せ五歩後退」

*「仕太刀間髪を容れず抜刀、双手にて頭上十文字に請け止め・・右片手にて打太刀の刀を押し除くる」が腑に落ちませんが19代に習ったまま、見たままなのでしょう。
折角双手で請けたのに、片手で押し除けるのです。

「気合大事なり」という文言は業附口伝の文言です。業附口伝は曽田先生が書き起こしたものですから第19代も業附口伝から学んでおられる可能性があります。
第17代大江正路先生の弟子ですから大江先生の居合道形7本以外は習っていないと考えてもおかしくはないでしょう。

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)

曽田本業附口伝その1太刀打之位8独妙剱

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

 八本目 独妙剱 仕打八

 (山川先生の秘書には絶妙剱とあり 曽田メモ)

是も抜也敵待かけても相掛りにても苦からず八相にかたきてスカスカと行場合にて打込也其の時敵十文字に請て又我が真向へ打込也其の時我又本の儘(*そのまま)にて請け面へ擦り込み勝也(我請たる時は左手を刀峰に当て次に摺り込み勝也)(摺り込みたるとき敵刀を左肩にとる也 曽田メモ)

*打は待ちかけても相掛りでもいいのですが、ここは八双に構えて相掛にすかすかと場合に至り仕は右足を踏み込み打の真向に打込む、打は是を柄を左に切先を右にして十文字に請け即座に上段に振り冠って仕の真向に打込んで来る。
(此の時仕は左手を刀の峰に当て切先を左に柄を右にして請け、是を摺り込み切先を打の喉に付け勝。)(此の時打は刀を左肩にとる。)

この業も仕が攻めて打が請ける、打は攻められて反転して仕を攻める、仕は打の打込みを左手を物打の峰に添えて請ける。打の刀を受けたまま離さない様に切先で打の目を切る様に摺り込み喉に付ける。

神傳流秘書を読む太刀打之事 八本目絶妙剣

 高山に構へ行て打込み打太刀より又打込を請て相手の面へ摺り込み相手肩へ取る(請くる時は切先に手を添え頭の上にて十文字に請け留むるなり)

*「高山に構へ行て」は遣方高山、打太刀高山でしょう。
高山の構えは、上段です。この流の上段はどのように構えたかは不明です。大森六郎左衛門に第九代林六太夫守政が剣術の指導を受けたという事ですと新陰流の雷刀と思われます。竹刀剣道の上段とは違って左拳を頭の上まで上げ額より前に出ない様にし、太刀の角度は45度位後、太刀を振り上げる時肩を下げる意識で肘を拡げます。

河野先生の大日本居合道図譜に於ける上段は、「我が両拳の下より敵の頭上を見下ろす心持ちにて刀を頭上に把り剣先は高く構ゆ」ですが、左拳は額のやや上前、刀は45度で両肘の間から敵を覗き見する様です。是は一刀流の上段でしょう。

打太刀は前回の独妙剣で中央から五歩退いていれば合い進み、留まっていれば待ち掛ける、双方上段に構え、遣方スカスカと歩み行き、間境を越すや右足を踏み込んで打太刀の真向に打ち下す。打太刀右足を少し引いて頭上にて十文字に請ける、打太刀右足を踏み込み遣方の真向に打込む、遣り方之を頭上にて左手を物打ちに添え十文字に請けるや打太刀の刀を右に摺り落とし打太刀の面へ摺り込み勝。「相手肩へ取る」は打太刀摺り込まれて一歩下って八相に取り負けを示す。
この遣方が十文字請けして摺り込む方法についてですが、右手を左手よりやや高く取ります。
物打下辺りに左手をやや低く添えます。
其の添え手は、一般に拇指と食指の股に刀の棟を挟む様にして添えるのを指導されますがそれでは、真向に打込まれた場合砕かれてしまいます。
刀の棟が食指の第3関節から小指の下のふくらみに掌を斜めになる様にして顔前頭上に左手を右手よりやや前にして刃を上にして受けます。
十文字請けした処を支点にして左足を踏み込んで打太刀の右面に切先を摺り込みます。

嶋 専吉先生の独妙剣
「相八相 互にスカスカと進み間合ひにて仕太刀は打太刀の面に打下すを打太刀十文字に請止む。次で打太刀体を前に進め(足を替ふることなく)仕太刀の真向に打込み来るを仕太刀は左手を刀の棟に添へ(刃を上に、棟を拇指(内側)と他(外側)との間に請けて)体を後ろに退きて(足を替へず)頭上十文字に請止め。更に左足を一歩踏出し摺り込みて打太刀の喉に刺突を行ふ姿勢となる(此場合打太刀は依然足を替へずに唯々上体を少しく後方に退く、従て打太刀の右膝と仕太刀の左膝と合向ふことゝなるなり)。刀を合せ互に五歩退き血振い納刀。」

*嶋先生は足踏みについて拘っています。双方八相に構え間に至れば、仕太刀右足を踏み込んで打太刀の面に打ち込む、打太刀右足を踏み込んで之を体を反らせて十文字請けする。打太刀即座に其の足踏みの儘体を前に倒して仕太刀の真向に打ち込む。
仕太刀は之を右足前の体勢のまま頭上で左手を棟に添え刃を上にして上体を反る様にして請け止め即座に左足を一歩踏み込んで打太刀の刀を摺落とし詰める。その際打太刀は右足が前、仕太刀は左足が前と云う事でしょう。

何が何でもそうでなければならない理由はあるのでしょうか。形を殺陣や剣舞の様に見せる様な風潮は今も続いています。
合同形演武と称して、見事に何人もが整列して掛け声に合わせて打ち合っています。それはそれなりに意義を認めますが、武術とは異なるものを見て居る様です。
かと言って、木刀も折れんばかりに打ち振る形稽古も異なものです。

武術として理に叶い、見て居て美しさを感じさせる形が打てればと思います。
その上、一つの形から幾つもの変化を捕えられれば、力と速さに頼った者には容易に応じられるでしょう。

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

曽田本業附口伝その1太刀打之位7絶妙剱

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

 七本目 絶妙剱 仕下打八

(山川先生の秘書には独妙剣とあり 曽田メモ)

是は我前へ切先を下スカスカと行き場合にて互に拝み打に討也敵と我とは拳と拳と行合其の時すぐに面へ柄頭を突込て勝也相掛りにても敵待ちかけても苦からず我鍔ぜりとなるや右足をドンと踏み直に左足を踏み込みて敵の拳の下より人中に当てる
(打の構え不明なるも八相ならん)

*この業は神傳流秘書では独妙剣と云う業名でした。次の独妙剣が絶妙剣で業名が入れ替わっています。政岡先生の無双直伝英信流居合兵法地之巻では7本目は絶妙剣ですから政岡先生は「文政2年山川幸雄述坪内長順記神傳流秘書による」曽田本と異なる神傳流秘書が在ったのかもしれません。

古伝の形を打つ場合「伝○○より」と言うのもいただけませんが、「順番が違う」「業名が違う」など直ぐに言い出す人も居るでしょう。ちょっと覚えておきたい事です。

是は仕は下段に構え、打は八相(指定がないので、神傳流秘書では高山ですから上段でも良いと思います)。
スカスカと行き合い場にて互いに拝み打ちに討つ(ここは仕も間境で下段から打の喉を突くように剣先を上げて上段に振り冠るのです。「互いに拝み打ちに討つ」ですから真向に打ち合うのです。
太刀が触れ合った所(双方の中央上、物打付近)で相打ちとし、右足を踏み込んで拳と拳を押し合い鍔競合となる。鍔競合いとなるや仕は右足をドンと踏み直し左足を踏み込んで打の拳の下から柄を押し上げて打の人中(鼻と口の間の筋)に柄当てする。

この業も打は元の位置に待っていても良いと言っています。ここでは相掛として間を十分研究して置こうと思います。

打の柄を下から押し上げるには、、右足をその場でドンと強く踏みたて弾みを付けて体を低め左足を踏み込むや打の右柄手の下から柄を押し上げるようにし、打の反る処、人中を突く。

この右足をドンと踏み直すのは相手の気を奪うとも云いますが、馴れ合い形打ちでは効果はありません。
背丈の関係もあるでしょうから相手を変えて、背が高かろうと低かろうと稽古しておくのも良いでしょう。
相手の懐深く入って下からの攻めは有効です。

神傳流秘書を読む5.太刀打之事七本目独妙剣(2014年10月22日)

 相懸也打太刀高山遣方切先を下げ前に構え行場合にて上へ冠り互に打合尤打太刀をつく心持有柄を面へかへし突込み勝

*打太刀上段、遣方「切先を下げて」は下段に構え、互いにスカスカと歩み寄る、遣方切先を打太刀の喉を突き上げるように上段に振り冠り、双方真向に打合、拳を合わせ押し合い、打太刀退かんとするのに乗じて、遣方右足を踏み込んで柄を突き上げて打太刀の顔面に突き当て勝。
打太刀の退かんとするに乗じた面への突き上げとしましたが、拮抗した鍔迫り合いを、遣方右足をどんと踏み込みその拍子に柄頭を突き上げ左足を踏み込んで打太刀の顔面を打つのも一つです。
押し合いの拍子を利用して下から相手の腕をかち上げる事も出来るでしょう。

この業は後に出てくる詰合の八本目眼関落に同じと言えます。ここで稽古しておきます。
「眼関落:是も互いに立ち敵も我も真向へかむり相懸りにてスカスカと行き場合にて互に拝み打に討也其の時敵の拳と我拳と行合也其時我すぐに柄頭を敵の手元下より顔へはね込み勝也(右足をドンとふみ急に左足を踏み込む也)互に五歩退り納刀以下同じ」

嶋専吉先生の絶妙剣

「仕下段・打八相 互に進み間合にて双方拝打に撃下し次で鍔競りにて互に押し合ひ、力を弛めし瞬間仕太刀は右足にて大地を踏み付け同時に左足を一歩相手の右側に踏込み相手の両拳下より人中に柄當てを行ふ。互に刀を合せ五歩退き血振ひ、納刀す。」

*絶妙剣の意図する処は何処でしょう。
打の上段(業附口伝八相・古伝は高山・嶋先生八相)からの拝み打ちに、仕は下段から打の喉を突き上げて制する、は相打となる可能性が高そうです。
仕は摺上げで打の拝打ちを外し鍔競り合いに持ち込む。
鍔競り合いからの勝ち口を教える、など幾つも考えられます。
古伝は、鍔競り合いについては明確に述べていません。
仕は打太刀を突く心持で、突き上げ相手の踏み込みが浅く、摺上げて相打ちとなった時には即座に踏込み我が柄頭を突込む。
双方上段に取って合し打ちで相打ち、合し打ちをマスターした方がそこで勝負あり。
合し打ちでは相打ちになるので、少し受太刀にして、双方相打ちに持ちこみ鍔競り合いから勝。

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

曽田本業附口伝その1太刀打之位6水月刀

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

 六本目 水月刀 仕中打八

是も相掛りにても敵待かけても苦からず敵の眉間へ我太刀の切先を指付けスカスカと行く也敵我が太刀を八相にかけてなぐる也その時我はすぐにかむりて後を勝也

*月影の時、仕は打の首に打込み勝ちを得たならば、打が正眼に構えるにつれ相正眼となって五歩引き、仕はそのまま正眼(中段)、打は左足を踏み替え八相となる。
是も打は正眼となった位置で五歩引かず、仕のみ五歩引くのでもよい。と言っていますが、相掛に歩み寄る稽古をしておきましょう。
是は、想定による空間刀法に慣れて、進行中の間境での操作とか間に入っての動作などをしっかり身に着けるには相掛がよさそうです。
打が待ち受けるのは、仕が初心のため間の感覚が乏しい時の稽古と考えた方が良いかも知れません。
打は常に同じ歩行スピードではなく動きに緩急を付けるといいでしょう。
此の水月刀は中段に構え打の眉間あるいは喉元に切先をつけてスカスカと歩み行く、打は八相に構え左足からスカスカと歩み寄る。
仕が左足で間を越して右足を踏み込み突かんとする処、打は八相から斜めに是を払う。
仕は払われるを機に、左足を左斜めに踏み込右足を左足後ろに引いて筋を変え同時に上段に振り冠って打の頭部を打つ、又は打たんとして圧する。

此の業の替え技で、仕は打に払われるを機に「すぐにかむり」の所、冠らずに筋をはずすや打の首に太刀を押し付け引き切る、のを見ました。
あるいは打が八相に殴ってくるのを、太刀を振り上げてはずす、下段に下げてはずすなど変化はいくつもあるでしょうが、ここは仕は中段の構えをしっかり身につけ、間と間合いを知ることでしょう。
打は遠間・近間と払う間を変化させて見る、あるいは殴り捨てる様な払方、筋を外す程度の払い方など稽古のネタはいろいろでしょう。

古伝神傳流秘太刀打之事六本目水月刀

 相手高山或は肩遣方切先を相手の面へ突付て行を打太刀八相へ払ふ処を外して上へ勝つ或は其儘随て冠り面へ打込み勝も有り

*打太刀上段或は八相に構え待つ、遣方青眼に構え切先を打太刀の面へ突きつけてするすると間境を越して打太刀の面に突きこんで行く、打太刀思わず八相に払う処、遣方左手を上げて切っ先を下げ、これを外し左足を左前に踏み込み右から上段に振り冠って右足を踏み込み打太刀の真向を打つ。
あるいは、払われるに随って、左足を左前に踏み込み巻き落とすように上段に振り冠り右足を踏み込み打太刀の真向を打つ。

業附口伝と同じ業ですが「八相に払う処を外して上へ勝つ・・・」と
「八相にかけてなぐる也その時我はすぐにかむりて後を勝也」との文言の違いです。古伝はいくつもの変化を考えさせてくれます。

嶋 専吉先生の水月刀
「仕中段・打八相 立合ひ相掛りにて進み仕太刀は(打太刀の眉間に剣尖を擬しつゝスカスカと前進)間合にて一歩踏出して打太刀の眉間を突く、打太刀は八相より、その刺突し来る仕太刀の刀を打払ふ、このとき仕太刀は左足を左方に踏み開き更に右足を進め打太刀の面に打下す。(打太刀に払はるゝや「仕太刀直に冠りて後を勝つなり」とせるもあり、此場合仕太刀は刀を払はるゝや左足を左方に踏み開き右足を一歩踏出して振冠り残心を示す姿勢となる)刀を合せ五歩後退し血振、納刀。」

*ここは、敵に我が太刀を払わせることが大切な処です。
突き手を一瞬留めて打たせる、そのまま突いていく、など、太刀打之位の「形」を「かたち」として申し合わせで演ずるばかりで、古伝の「八相に払ふ所を外して・・」とか「其儘随って冠り・・」などの工夫しなさいと言う教えを「特定の形」にしてしまい、武術的演舞を良しとしてしまう事を考えさせられます。

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

曽田本業附口伝その1太刀打之位5月影

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

五本目 月影 仕下打八

是も同じく抜て居る也相掛りにても敵待かけても苦からず敵八相にかたきて待ちかくる也敵八相に打込む処を出合て互に押合又互に開き敵打込む処を我左足を引き立ち直りて打込み勝也

*是も4本目と同じように、「敵待ちかけても苦からず」、です。
ここでは打は八相に構え、仕は下段に構えスカスカと間に歩み行き、打は八相から右足を踏み込み斜めに左面に打込んでくる。仕は下段から右足を踏み込み突き上げるように摺り上げ太刀を合わせ、拳を合わせ押合う。
互いに腰車に開き、打が右足を踏み込んで仕の左足に打込む処、仕は左足を右足に引き付け是を外し、直ちに右足を踏み込み太刀を振り冠って打の首を打つ。

打は八相から仕の左面を打つ、仕は下段から打の喉を突くように突き上げ打の太刀を摺り上げて相打となり鍔競り合いの上双方車に取る・・。
八相からダイレクトに、車からもダイレクトに打込む運剣は古伝の法とも思います。
竹刀剣道の形に倣っているのが現代の組太刀ですが古伝にそれを持ち込むべきかは疑問です。真向打をするならば、八相をやめて上段に構えるものでしょう。

古伝神傳流秘書太刀打之事五本目月影(2014年10月20日)

「打太刀冠り待つ所へ遣方右の脇に切先を下げて構え行て打太刀八相に打を切先を上て真甲へ上て突付て留め互に押相て別れ両方とも車に取り相手打をはずす上へ冠り打込み勝つ」

*此の業は大江先生の鍔留の基になったものでしょう。
この手附に従って打つのは間と間合いの在り様を心得る必要があります。
遣方は前回の請入で中央から青眼の構えで五歩退き元の位置に右足前で立つ。
打太刀は其の儘青眼に構え、遣方が元の位置に立つや、右足を引いて八相に構える。
遣方は、右足前の儘、下段に切先を下げ、切先を右に右下段に構える。
右下段の切っ先は相手左膝に付ける心持でしょう。
遣方スカスカと間合いに踏込むや打太刀八相に遣方の左面を打って来る、遣方切先を上げ、打太刀の真向へ付き付ける様に突き込んで打太刀の打ち込みを留め、互に拳を合わせ押し合い後方に別れ双方とも脇構えに取る。
この脇構は幾つかの形が有りますが、特に指定されていません。しっかり相手に刃を見せて構え瞬時に斬り込める体勢を作るのを学んで見たい所です。
打太刀が遣方の出足を車から斬って来るのを左足を引いて外し上段に振り冠って、打太刀の真向に打込み勝。ここは上段に振り冠らず八相に打つもいいかも知れません。

大江先生の無双直伝英信流居合道形の五本目鍔留はこの月影から採ったものでしょう。
これは打は中段、仕は下段で双方真向に振り冠ってから真向打ちして双方の中間で物打付近の鎬で摺り合って相打ちし、鍔競り合いの上双方車に取って、打が仕の左足向う脛を切って来るのを左足を引いて外し空を打たせて上段から打の頭を切る。
ここでは、なぜ打は中段で仕は下段なのか、単なる構え方のバリエーションとしか言いようはなさそうです。
その上双方真向上段に振り冠るのは、竹刀剣道の教えによるものです。
真向打は双方まっすぐに相手の面を打つ、そのままで双方頭を打たれるか一刀流の切り落としか、新陰流の合し打ちになってしまいます。双方の上方中間で鎬付近で摺り合って相打ちとする。そこから踏み込んで拳を合わせ押し合うものです。

ですから大江先生の形の「鍔留」は古伝の月影モドキであって「鍔留」の技を名のみ残したものでしょう。
鍔競り合いの方法は、双方鍔を合わせるのではなく、拳を合わせ押し合う結果鍔が競り合うものでしょう。
大江先生の創作した形の原型を知れば理解の出来る処だろうと思います。

嶋 専吉先生に依る第19代福井春政先生の月影

「八相に構へて互に前進、間合を取り(此場合稍々間合を近くとる)打太刀八相より仕太刀の頭上に打込み来るを之に応じて同じく打合はせ拳が行合ふ瞬間鍔元にて押し合ひ更に双方右足を大きく退きて稍々半身に体を開き剣尖を低くして脇構へとなり続いて打太刀は右足を一歩踏込み上段より仕太刀の左股に斬り込むを仕太刀充分に左足を退きて空を打たせ、立直りて右足を一歩踏み出し上段より打太刀の頭上に打下す。刀を合せ互に五歩退き血振ひ納刀」

*合八相に構えて双方上段に構え直して打太刀から真向打ちして仕太刀が之に応じています。ここは業附口伝とも古伝とも大江先生の居合道形とも異なる処です。
正に新陰流の合し打ちです。
双方間を稍々近く取るの理由が良くわかりませんが、鍔競り合いを意図した形のようでこれでは申し合わせの形打ちにしかなりそうもありません。

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

曽田本業附口伝その1太刀打之位4請込

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

四本目 請込(請入) 仕打八

是も同じく相掛りにても敵待かけても苦からず請流の如く八相にかたぎスカスカと行て真向へ討込也敵十文字に請て請流の如く裏より八相に打つ其の処を我も左の足を出し請流の如く止むる也敵其の時かむりて表より討たんとする所を其の儘左の肘へ太刀をすける也

*是も同じくですから、仕打共に八相に構えてスカスカと相掛に歩み行き、仕は右足を踏み込んで真向より打に打込む、打は是を右足を踏み込んで柄を左に十文字に請け止める。打は右足を引いて、裏八相に仕の右面に打込む。仕は是を左足を左斜めに踏み込んで十文字に請け止める。
打が左足を引いて上段に振り冠る処仕は右足を右斜めに踏み込んで打の左肘に太刀を掬い切りする。*「左の肘へ太刀をすける也」の「すける」は「すく」で削ぎ切る、転じて掬い切るかもしれません。

初めは仕が打込み打が請けるのですが、次からは打が打込み仕が請けると、大江先生の絶妙剣とは異なります。

古伝神傳流秘書太刀打之事四本目請流(2014年10月18日)

前の如く打合相手八相に打を前の如くに留め又相手より真甲を打を躰を右へ開きひじを切先にて留勝

*「前の如く打合」この神傳流秘書も省略が多くて其の都度前に戻らなければなりません。
秘伝は毛筆に依る写しでは「前の如く」で省略したくなります。
この、手附で気が付きましたがここでは打太刀を「相手」と書いています。
気になる処ですが相手と書いたり打太刀と書いたり、我を遣方と書いたり我は当然として「相手八相に打を前の如くに留」と云う様に省略してしまったり、統一性が見られなくてマニュアル育ちには古伝は不向きです。
其の上句読点もないので、切る処を間違えると違う意味になってしまう事も有ります。

前の如くは三本目請流しです。
「遣方も高山相手も高山或は肩へかまへるかの中也待処へ遣方歩行右の足にて出合ふ打込を打太刀請け扨」の文章が省略されて「前の如く打合」となります。

三本目請流を終え、互に中央で刀を合わせ(此処は打太刀三歩進み遣方三歩下る)、打太刀は其の儘、遣方は五歩退き元の位置に戻る。
打太刀、遣方共に高山、または八相に構える。
遣方スカスカと歩み行き間境を左足で越すや右足を踏み込んで打太刀の左面を打つ、打太右足を踏み出し十文字にこれを受ける。この受太刀は刃で受けるのがこの流では当たり前ですが摺落とすように受けるのも工夫でしょう。
打太刀、逆八相から右足を引くや遣方の右面を打つ。遣方左足を踏み込んで打太刀の打ち込みを受ける。
打太刀左足を引いて上段に構え真向に打ち込まんとする。遣方右足を右斜め前に踏み込み右半身となるや打太刀の打ち下さんとする左肘を切っ先にて斬り左足を右足後方に摺り込む。
打太刀右足を少し引いて青眼に刀を下ろし、遣方左足を正面に戻し右足を追い足にして付け、打太刀右足より三歩出て、遣方左足より三歩退き刀を合わせ、打太刀其の儘、遣方五歩下がり元に戻る。

長くなりましたが足をつけてみました、演武会ではそれらしく足踏みをつけて気位を見せますが、何歩などを思ってやるべきものでは無いと思います。
古伝の短い文章をイメージして打ち合う、そのうち自然に理にかなった足の動きになるようになるはずです。
打つ、受けるも少しも留まることのない自然な動きになるはずです。

嶋 専吉先生の請込を稽古して見ます。

「相八相より相掛にてスカスカと進み仕太刀表より打太刀の面を撃つ、打太刀は之を表十字に請く。
仕太刀更に左足を一歩進め八相より裏に打込むを打太刀右足を退き裏にて請け更に左足を退きて上段に振り冠るところを仕太刀素早く右足を大きく一歩斜前に踏込み体を右に開き打太刀の左上膊部を下より掬ひ切りに打つなり。
静かに刀を合せ正位に復し互に五歩退きて血振ひ納刀をなす。」

*業附口伝とも古伝とは仕太刀が前に進む様に打込んで打太刀が受けています。大江先生の居合道形の三本目独妙剣と同様でしょう。

「相手の上膊部を下より掬ひ切りに打つ」は業附口伝の「左の肘へ太刀をすける也」であり古伝の「躰を右へ開きひじを切先にて留勝」を誤魔化したりせず、古伝の刀の運用を忠実に学んで見るべきでしょう。
特に「すける」刀の運用は独特のものです。

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

曽田本業附口伝その1太刀打之位3請流

曽田本業附口伝

その1.太刀打之位

 三本目 請流 仕打八

是は敵も我も八相の構にて行真向へ討込也(敵は待て居ても相掛りにても苦しからず)敵十文字に請て又八相にかけて打込也我其の時左の足を一足踏み込みて裏を止ると敵又引きてかむる処を我其の儘面へ突込也敵其の時横に払う也其処を我体を開きかむり後を勝也(又最後に首根に打込み勝もあり)

*前の業の附込で互いに刀を合わせ、双方五歩退いても良いし、打はその場に正眼に構えて仕が五歩退いて元の位置に戻るのを待っていても良いとされています。
互いに左足を出し右足を退いて八相に構える。
ここでは双方八相に構え合掛りにスカスカと歩み寄るとします。

仕は場合にて八相から上段に振冠り右足を踏み込んで打の真向を打つ、打は是を右足を踏み込み(踏み替え)八相から頭上に柄を左にして剣先を右に向け十文字に請ける。
打は右足を引いて八相に構え仕の左面を打つ、仕は左足を一足踏み込んで八相の裏に(左側に)止める。

打は左足を引いて上段に冠る処、仕は右足を踏み込んで打の面に突き込む。打は其の時、右足を引いて上段から左横に是を払うを機に、仕は左足を斜め左に踏み開き体を開いて請け流し右足を左足の後方に踏み替え刀を右から回して振冠り勝ちを制する(または打の首根に打込み勝つ)

この業は、打が退きながら、打ち込んで来るのを裏八相に受け止め、次に再び打とうと振り冠る処、仕は透かさず面に突き込み、打がそれを払うのを当たり拍子に左に廻り込んで首根に打ち込む。

古伝神傳流秘書太刀打之事 本目請流

 遣方も高山相手も高山或は肩へ構まへるかの中也待処へ遣方歩行右の足にて出合ふ打込を打太刀請扨打太刀の方より少し引て裏を八相に打を左足にて出合ふて留相手又打たんと冠るを直に其儘面へ突込み相手八相に払ふをしたかって上へ取り右の足にて真甲へ勝

*この業は比較的解りやすく書かれています。
二本目の附入を終わって、双方青眼に構え、打太刀はその場に右足前で留まり、遣方は青眼の構えのまま五歩引いて元の位置に右足前で戻る。
打太刀が、右足に左足を揃え青眼から「高山或は肩へ構へ」は上段または八相に構え右足を引く。
遣方も左足を右足に揃え、青眼から上段または八相に構える。
通常、打太刀の構えに遣方は合わせるのが剣術の常識ですから上段ならば上段、八相ならば八相です。
打太刀構え待つ処に遣方スカスカと歩み行き、左足で間を越し右足を踏み込み打太刀の高山ならば真向、八相ならば左面に打ち下ろす。八相から敢えて上段に冠り直して真向に打ち下ろすのは、いかがなものでしょう。
打太刀その位置で右足を踏み込みこれを逆八相に受ける。
打太刀右足を少し引いて逆八相から遣方の右面に打ち込む、遣方左足を踏み替えてこれを受ける。
打太刀左足を引いて上段に冠る処、遣方直ぐに右足を踏み込み切っ先を打太刀の面に付け突き込む。
打太刀これを右足を引きながら八相に払う処、遣方払われるに従って左足をやや左前に踏み込み、刀を右から振り冠り、右足を踏み込んで真向に打ち下ろし勝。
古伝は足捌きも語っていますからそれに従う事でよいでしょう。

嶋先生に依る福井春政先生の太刀打之位 請流
「双方八相の構にて前進、仕太刀真向に打込む、打太刀之を十字に請く。
仕太刀更に左足を一歩進め裏を打つ、この時打太刀一歩右足を退き八相より裏に請止め、打太刀更に左足を退き上段に振冠るところを仕太刀青眼より右足を踏出して打太刀の面に突込む、打太刀は之れを左下方に払ふ。
仕太刀其機に体を左に開き右足を前に進め上段に冠り後を勝つ。
互に刀を合はせ原位に復し五歩後退血振ひ、納刀。」

古伝神傳流秘書の太刀打之事 請流は打太刀が仕太刀に打ち込まれて請け、直に退いて仕太刀の右面に打ち込みを仕太刀は受け留めています。打太刀が更に打ち込もうと退いて冠る所を、仕太刀は打太刀の面に突き込み、打太刀が之を払う拍子に筋を変わって打ち込むのです。

嶋先生は仕太刀が先を取って打ち込み、打太刀は之を請けながら後退します。
其の退く所を面に突き込み、打太刀に払わせて其の拍子に筋を変わって勝つ結果は同じでも受太刀が入れ替わっているのは面白い処でしょう。
業附口伝も神傳流秘書も二刀目は打太刀が引きながら打ち込んで居ます。稽古ではいずれも出来て当たり前です。
嶋先生の太刀打之位は、第19代福井春政先生、田岡 傳先生直伝と云う事ですが仕・打の攻防が仕が一方的攻めています。これではこの請流の古伝の心は失われてしまいます。
形は「かたち」では無い処でしょう。

業附口伝は昭和13年1938年発行の河野百錬先生の「無双直伝英信流居合道」の第五節居合形之部第二太刀打之位に紹介されています。其処では出典は明らかではありませんが曽田先生の業附口伝のままに書き込まれています。
その後の河野先生の無双直伝英信流居合兵法叢書の刊行を考えれば、曽田先生との交流はこの昭和13年1938年以前からあったと推察できます。

河野先生は昭和2年1927年、大江先生が76歳で没せられた年に第18代穂岐山波雄先生に師事しています。29歳でした。
昭和10年1935年に穂岐山先生(44歳)が亡くなられ、第19代福井春政先生(51歳)に師事します。河野先生37歳の頃六段位でしょうか。
河野先生は、昭和13年1938年40歳には大日本武徳会居合術錬士で「無双直伝英信流居合道」を発行されています。

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

曽田本業附口伝その1太刀打之位2附込

曽田業附口伝

その1.太刀打之位

二本目 附込 仕打納刀 附入とも云う

是も出合の如く相掛にて右の足を先にして場合にてさかさまに抜き合せ敵の引かんとする処を我左の足を一足付込左の手にて敵の右の手首を取る此の時は左下に引きて敵の体勢を崩す心持にてなすべし互に刀を合せ五歩退き八相に構え次に移るなり

*附込は附入とも云う、ですから相手に付け入る事は付け込むと同意でいいのでしょう。

仕打共に出合のように納刀のまま相掛に「スカスカ」と歩み行きます。
「スカスカ」の雰囲気は「すたすた歩く」「するする歩く」「滞りなく行く」、虎走りや小走りを想像しません。

大江先生の無双直伝英信流居合道形では「柄に手を掛け、双方体を前方に少しく屈め、虎走りにて五尺の距離に出て」と指定されていましたから虎走りしました。
虎走りを否定するつもりはありませんがスカスカ間に歩み入る動作も学んでおいて良いでしょう。
踵を上げて爪先で蹴り出すのではなく、爪先をやや浮かせ薄氷を踏む如くのスルスルと歩む常の足使いを身につけて見たいものです。
「スカスカ」と「スルスル」はイメージが違いますが、「バタバタ」や「スイスイ」とか「スース-」とでは無さそうです。

間に至るや打は右足出るとき左手に鯉口を握り、左足で間境を越し柄に手を掛け刀を抜き出し右足を踏込み抜き付けんとする。
仕は機先を制して打が左手で鯉口を握るや右足・左足と踏み込み柄に手を掛け刀を抜き出し右足を踏み込むや打の踏み込まんとする右足脛に抜き付ける。打は是を右足の前で請ける。

仕に圧せられて打は左足を引いて退かんとする処、仕は透かさず、左足を打の右足側面に一足踏み込んで付け込み、退かんとする打の右柄手の手首を取る。
仕はこの時右足も左足の後方に摺り込み、左入り身となり、打の手首を制するや体を沈めて左下に打の体勢を崩す。
手附はここまでです。打の手首を制し体勢を崩してしまえば、仕は太刀先で容易に詰める事はできます。
大江先生の「拳取」によって「刀尖を胸に付け残心を示す」
仕は、元の位置に戻り、互いに刀を合わせ五歩退き八相に構える。

古伝神傳流秘書の太刀打之事二本目附入(附込とも云う)

前の通り抜合せ相手後へ引かむとするを附入左の手にて拳を取る右の足なれ共拳を取る時は左の足也

この業のポイントは、「相手後へ引かむとするを附入」の部分でしょう。抜き合わせて拮抗し、相手が引こうとしないのにこちらからサッサと拳に手を伸ばして取りに行くなどではありません。

「拳を取る」ですが、大江先生は「打太刀の右手首を逆に持ち下へ下げる」、河野先生は、相手の右手を逆にして制する事に意を使いすぎ「打太刀の右手首を左手で、中指は手首関節部、拇指は掌中を逆に握り、左下方に引いて打の体勢を右に崩し、右手の自由を奪う」

業附口伝は「一足付込左の手にて敵の右の手首を取る此の時は左下に引きて敵の体勢を崩す心持にてなすべし」

古伝は「附入左の手にて拳を取る」これだけで相手の右手を制し体勢を崩す事も学ぶ事も出来るはずです。

昭和17年の嶋 専吉先生の無双直伝英信流乾にある、第19代福井春政先生との太刀打之位二本目附込を稽古して見ます。
「互に右手を柄に懸け相掛りにて進み間合にて右足を踏出すと共に相手の右脚に抜合すこと「出合」の場合と同様なり。
次で打太刀の退かんとするところを仕太刀跳込むが如く左足を相手の右側に深く一歩踏込み右足をその後方に踏み添えて体を開き、相手の右手首を左手にて逆に捉へ之れを己が左下方に引きて打太刀の態勢を崩し、刀を右手にて腰部に支へつゝ剣尖を打太刀の水月に擬し之れを刺突の姿勢となる。互に中段に刀を合せ正しき位置に復したる後双方五歩後退し血振ひの上、刀を納む。」

*福井先生も相手の右手首を逆手に取って左下に崩しています。
古伝神傳流秘書の夏原流和之事を稽古しますと原文に従った稽古では極めて自然に相手を崩す方法を述べています。
非力な小兵の者が剛力を力任せに崩す事は有りません。

太刀打之位は、土佐の居合に残された初歩的な太刀を鞘に納めたまま相懸る組太刀に依る剣術への道へも導くもので、空間刀法の居合に対敵を意識した間と間合いを知る良い稽古です。

次の三本目請流は八相に構えて相掛りに歩行くので業附口伝では納刀せず元の位置に戻り八相に構えます。
嶋先生が福井先生に習ったように納刀したならば、其の位置で刀を抜き、左足を前に右足を引いて八相に構える事になります。

次回は三本目請込です。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

曽田本業附口伝その1太刀打之位1出合

曽田本業附口伝

1.太刀打之位

一本目 出合 仕打納
是は互に刀を納めて相掛りにてスカスカと行く場合にて右の足を出しさかさまに抜き合せ敵引く処を打込みて左足にてかむり右あしにて討也此の時敵一歩退き頭上にて十文字に請け止むる也互に中段となり我二歩退き敵二歩進み□めて五歩づつ退く也納刀

*この出合は、双方納刀したままスカスカと歩み行くであって、虎走りのように小走りに間を詰めていません。

大江先生の無双直伝英信流居合道形(英信流居合の型)では、「打太刀は柄に手を掛ける、仕太刀は打太刀の如く、柄に手を掛け、双方体を前方少しく屈め、虎走りにて五尺の距離に出て、右足を出したるとき、膝の処にて打は請、仕は抜打にて刃を合す」でした。のっけから動作が違います。

この古伝太刀打之位を虎走りして演じているのを見ていました。
決められた事だからと、虎走りするのは流の決め事ですが、不自然です。ここは、「スカスカ」と相掛りに間境に接するものでしょう。お互いに「右足を出しさかさまに抜き合せ」と業附口伝では相打ちとなります。

嶋 専吉述「無双直伝英信流居合術乾」という小冊子があります。昭和17年1942年4月18日から二週間のこと、嶋先生は高知に出向き、第19代福井春政先生に2週間潮江の高知商業の道場に通って武道行脚した際の覚書を綴ったものです。
出合 帯刀のまゝ柄を把りつゝ相掛りにてスカスカと前進(互に三歩前進とせるもあり)間合にて右の足を踏出すと共に互に相手の右脚に斬付くる心にて剣先を下方に抜き合す。・・」
と、ここでも、スカスカと相打ちしています。
続いて打太刀退くところを仕太刀附込み左足を右足に進めて振り冠り右足を一歩踏込みて上段より打太刀の面を打つ、このとき打太刀は一歩体を退き(右足を軽く退き左足を退き)仕太刀の刀を頭上にて剣尖を右方に十文字に請け止むるなり」

虎走りでは、大江先生の公案当時の事を思えば、歩兵が臆する心を後ろから煽られて突撃するような感じがします。
古伝は、普段の歩み足で相掛りしたいものです。

神傳流秘書の太刀打之事出合
相懸りにかゝり相手より下へ抜付るを抜合せ留て打込相手請る右足也

相懸りに歩み寄り、打は刀に手を掛け、左足で間境を越し、右足を踏み込み抜き付ける、仕は刀に手を掛け右足を大きく踏み込んで打の右脛に抜き付け留める。打は、上段に冠らんとする処、仕に圧せられて体勢を立て直すべく左足、右足と追い足に退き、仕は即座に左足を右足に引き付け上段に振り冠り打の真っ向に打ち下ろす。
打は是を十文字に請け留める。
間合は近間になり、打は大きく反り身になって請けざるを得ない。
双方攻めんとしつつ、打は仕に圧せられて退くに付け入って行くものです。

*古伝は「相懸り」でスカスカとも虎走りとも云って居ませんが、通常スカスカと歩み寄るのでしょう。

抜き合せは「相手より下へ抜付るを抜合せ留」ですから現代の正座の部八重垣の受払の動作で仕は応じると読むべきでしょう。

十文字に請け止めた打から中段に戻します。この時、間が近すぎれば左足右足と退いて中段となる。
仕はその位置で中段となり切っ先を合わせて打は二歩出て、仕は二歩退き、双方左足から五歩ずつ戻り右足前で横血振りして納刀する。左足を右足に揃え、次の業になる。
この時互いに切先で糸筋の切れざるような残心は当然でしょう。

古伝の正しい血振り、納刀は不明ですが、大江先生の無双直伝英信流居合道形に準じておきました。

十文字の請け方は、柄を左に剣先を右にして刀を前額上で水平に刃で請ける。
この受け方は少々不自然です。

或いは、柄を右に切っ先を左に向け物打付近に左手を添えて刀棒の形をとって仕の打ち込みを刃で請ける。
刀棒の場合は仕の刀を摺り落として、攻めに転ずる事もできそうです。

次回は二本目「附込」です。

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

曽田本業附口伝・序

曽田本業附口伝

◎参考「曽田虎彦・故竹村静夫君 共に実演したり

太刀打之位
詰合之位
大小詰
大小立詰

五藤先生
谷村先生業附口伝書固り実演したるを詳述したり

筆者曽田虎彦実演したり(虎彦記)
詳解したるにあらざるも竹村君と共に
田口先生のご指導と実兄(五藤先生の実弟 土居亀江)の口伝によりあらましを記したり。

*昭和11年10月26日日本古武道振興会において陸軍戸山学校天覧道場で土佐の居合太刀打之位を打太刀竹村静夫先生、仕太刀曽田虎彦先生で演じた事を指しています。その写真も残され太刀打之位の四本目請込の業を演じる御両人のお姿が曽田本2に残っています。

竹村先生はその後昭和13年2月に突然逝ってしまわれました。残された弟子が楠瀬庸方先生でした。

古伝の組太刀である太刀打之位・詰合之位・大小詰・大小立詰の4種類が収められています。
これは十六代五藤孫兵衛正亮と谷村樵夫自庸先生相伝の免許皆伝目録による業附口伝書に固より(基にして)筆者の曽田虎彦が竹村静夫と実演したものである。
詳細に解説を書いてはいないが、田口先生のご指導と実兄の土居亀江の口伝によってあらましは記してある。

太刀、又は小太刀を持っての組太刀は神傳流秘書では
太刀打之事
詰合
大小詰
大小立詰
大剣取
の五種目がありました、さらに前回の英信流目録の小太刀之位を入れますと都合六種目の組太刀を土佐の居合は持っていた事になります。

土佐の居合の組太刀6種目合計53本
太刀打之位11本
詰合11本
大小詰8本
大小立詰7本
大剣取10本
小太刀之位6本

このうち、政岡先生は太刀打之位・詰合・大小詰・大小立詰・大剣取までの五種目を解説済みで誰でも現代語で稽古できるようにされました。
小太刀之位は恐らく本邦初公開で素読の上動作を付けて置きましたが、実際に演じて不合理な処は課題としてご研究いただきたいと思います。

今回の業附口伝はこのままでも明解なテキストになります。
すでに政岡先生の動作や他の先生方の術理が世に出ていますので参考にされ、古伝をより親しめるはずです。

大江先生の改変された無双直伝英信流居合道形を太刀打之位と誤って思われ、それを打たれる方は、少し工夫をすれば容易に古伝を稽古することができるでしょう。

明治以降に打たれた仕組(組太刀)です、古伝神傳流秘書の仕組を併記しておきます。
しかし、竹刀剣道の直線運動や飛び込み打突を離れて日本人本来の古武術の身体動作をご研究いただけなければと思います。
形は決められた一つの「かたち」をとことん稽古して、その上にそれだけではなく、そこから派生するあらゆる変化に応じる剣の術理を学ぶものです。

此の業附口伝は昭和13年1938年発行の河野百錬先生述による「無双直伝英信流居合道」の第五節居合形之部第二に太刀打之位・第三に詰合之位・第四に大小詰・第五に大小立詰が(當流古傳之略述在文責筆者)とされて掲載されています。
出典は明らかではありませんが曽田先生との交流から得られたものと断定しても良さそうです。
河野先生は、他の著書にはこれらの古伝の形を解説されていませんので、大江先生の無双直伝英信流居合之形のみの稽古であったかも知れません。
昭和17年1942年4月18日から二週間高知におもむき、第19代福井春政先生・田岡 傳先生に、直に指導を受けられた嶋 専吉先生(不明)の備忘録が「無双直伝英信流居合術乾」として綴られています。其処には、古傳の太刀打之位・詰合之位が実際に指導され稽古した中から覚書されています。余暇に大小詰・大小立詰は「浅学の自分としては未だ躬らその扉を叩くの機会を得ないので福井先生御所蔵の文献をそのまゝ拝借謄写して他日の研究を期することゝし・・」とあります。これは文面から曽田先生の業附口伝と略同じものです。

業附口伝に嶋先生の覚書を繰り入れて参考にさせていただきます。

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

英信流目録 3.大森流居合之位11抜打

英信流目録

3.大森流居合之位

11.抜打(原本に記載なきも之にて十一本となる□筆之置く 曽田メモ)

以上11本也

*実はこの英信流目録には、この十一本目は書き込まれていないのです。業の頭に本数を入れてありますが、原本は無印なのです。便宜上Noを打ったのですが、順番は現在の大森流、無双直伝英信流正座の部の順番の通りです。
虎乱刀の跡に「以上十一本也」と記入されています。十五代の谷村亀之丞自雄の書写の際に欠落したのか、原本が欠落していたかはわかりません。

ここでは、古伝神傳流秘書大森流居合之事抜打を記入しておきます。

抜打
坐して居る所を向より切て懸るを其のまま踏ん伸んで請流し打込み開いて納る尤も請流しに非ず此の所筆に及ばず

英信流目録は原本が第十二代林 政誠によって安永5年(1776年)に書かれたものですから、山川久蔵幸雅が書き写した神傳流秘書(文政2年1819年)より古いものです。
居合は大森流しか存在しないので、抜打どころか大変な欠落です。残念ですが大森流「抜打」は神傳流秘書による以外に見当たりません。

古伝の抜打の業手附は簡潔でまさに居合と言った雰囲気の名文でしょう。
抜打を演ずる時「切て懸るを其のまま踏ん伸んで請け流し打ち込み開く」が頭をよぎって行きます。

第17代大江正路先生の抜打(大正7年1918年発行の大江・堀田共著剣道手ほどきより)
「正面に座す、対座にて前の敵を斬る心組にて其正座の儘刀を前より頭上に抜き、上段に冠り、身体を前に少しく出し、前面の頭上を斬る。血拭ひは中腰の同体にて刀を納む」

*古伝の抜打の心持ちは薄れ、一方的に抜き打つ業に思えてしまいます。動作を克明に解説したのは河野先生でしょう。

第20代河野百錬先生の抜打(昭和8年1933年発行無双直伝英信流居合術全より)
「正面に向ひて正座し、左手を鯉口にとり拇指にて鯉口を切り、右手を柄にかけつゝ両膝と其爪先にて膝を伸ばし、右斜前に刀を引き抜き左肩に刀先を突込む様に双手上段に振冠りて切り込み、刀を右に開くと同時に左手は左腰に取り後鯉口を握り刀を納めつゝ臀部を踵の上におろして納め終る」

夢想神傳流檀崎先生の抜打
「彼我接近して対座するとき、敵を速急正面より斬付けて勝。刀に両手をかけ、同時に両足を爪立てて刀を右斜前に水平に抜き、剣先が鯉口を放れると同時に、後方の敵を突き刺すように振り冠り、両膝を揃え「トン」と床を打つ。この時上体は,真直に膝の真上にある。次に斬下すと同時に両膝を横に開き「トン」と床を打ち血振り・・」

*お陰様で、容易に抜打を演じられるようになりました、然し古伝の「此の所筆に及ばず」は置き去りになって居る様に思います。
そして、「飛び打ち」にしたり、「音打ち」にしたり、果ては「闇打」であったり「抜刀打ち」にしたり、愉快です。
「坐して居る所を向より切て懸るを其のまま踏ん伸ん請流し打込み」は何処にいったのでしょう。
当代の解説では「正面に対座せる対敵の害意を認めるや・・・もし敵斬り込み来たりてもその刀を受け流す気にて行う」と「もし」がありますが其の心は戻りつつあるように思います。

奥書を入れて置きます。

林 政誠

 干時安永五年  冬十月吉日改之

 嘉永五年癸子六月吉祥日

 谷村亀之丞自雄 自花押

この曽田先生の書写したものを昭和23年1948年六月に大阪の河野稔氏へ伝授したりとあります。第二十代河野百錬宗家を指していると思われます。

この英信流目録には坂橋流の棒が恐らくすべて残されていたのかもしれません。棒太刀合之位・棒合5つ・心持之事・極意之大事の4編になっていました。

さらに、何処にも見られない小太刀之位が残っていました。之は曽田本以外に見ることがありませんでした。

土佐のどこかにこの第十二代林 政誠の原本が存在することを夢見ています。

四国に在住の無双直伝英信流・夢想神傳流を学ばれる方によって捜し出していただければと勝手に思っています。

英信流目録を終わります。

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

英信流目録 3.大森流居合之位10虎乱刀

英信流目録

3.大森流居合之位

10、虎乱刀

是は立てスカスカと幾足も行て右の足にて一文字に抜付(払ふてもよし)かむる時左の足一足ふみ込右の足にて打込む血ぶるひの時左を右の足に揃納る時右の足を引納其時すねはつかぬ也

*是は立ってスカスカと幾足も歩み行き間に至れば右の足を踏込み一文字に抜付ける(抜き払っても良い)、振り冠る時左足を一足踏込み、右足を踏み込んで打ち込む。
血振いの時、左足を右足に引き付けて揃え、納刀の際は右足を引いて納める、其の時右足の脛(膝)を床に着かないで立ったままでする。

英信流目録は第15代谷村亀之丞自雄の書き写した直筆の伝書です。この虎乱刀は大江先生の場合は正座の部「追風」の業です。バタバタ追い懸けずスカスカ歩み行く処が本来の業だったのでしょう。

古伝神傳流秘書の大森流居合之事虎乱刀を読み直します。
「是は立事也幾足も走り行く内に右足にて打込み血振し納る也但し膝を付けず」

*神傳流秘書では「幾足も走り行く」であって歩み行くではありません。
それに抜き打ちの一刀で制して居ます。
現在は、混線して、走り行き抜き付け、打ち込むになったのでしょう。

英信流居合目録秘訣の上意之大事に虎走の心得があります。
是は討ち果たせと言う上意などで行く時、敵が二間も三間も離れて坐している時は直ぐに切る事は出来ないし、同座した人達が邪魔に入る事も考え、色に出さず腰を屈めつかつかと行き抜き口が外へ見えないように体の内で逆さまに抜いて抜きつけるのだと教えています。足運びが大事だと云います。
追いかけてバタバタ足音を立てるなど、いつの頃にやりだしたのでしょう。中には逃げる敵を追い懸け間に至れば、足音をバタバタ強くして
振り向かせてから抜き打つなどの教えもある様で愉快です。

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

英信流目録 3.大森流居合之位9勢中刀

英信流目録

3.大森流居合之位

 9、勢中刀

是も坐して居也少し右向の方より敵立て来る心持也我其時右の足より立ち一文字に払う也其儘かむり討ち込む也跡は血ぶるひをし左の足を右の足に揃納る時右の足一足引納る時すねをつかぬ也

*是も我は正面向きに座して居る、少し右の方から敵は立って上段に振り冠って来る心持ちなり。
其の時我は腰を上げ右足を敵の方に向けて立ち、一文字に抜き払う。
其の儘振り冠って敵の真向に討ち込む。
跡は血ぶるいをし、左足を右足に踏み揃え、納刀の際右足を一足引いて納刀する。納刀の時脛を床に着かない事。

一文字に抜き払って、其の儘上段に振り冠っています。左足右足と踏み込む様には書かれていません。右足を踏み出して一文字に敵刀を払いその足のまま振り冠って打ち込んでいます。
敵が後ろに退くならば左足右足と追い込んで仕留めるのでしょう。
古伝は一文字に切り払えといって居ます。

これも、古伝神傳流秘書大森流之事九本目勢中刀では「右の向より切て懸るを踏出し立って抜付打込血震し納る此事は膝を付けず又抜付に払捨て打込事も有」
英信流目録とも同じですが、「右の向こうより」ですから、右向きに坐し、正面から切って懸られたのに応じるのです。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »