« 曽田本業附口伝その3大小詰5胸捕 | トップページ | 曽田本業附口伝その3大小詰7左伏 »

2015年10月31日 (土)

曽田本業附口伝その3大小詰6右伏

曽田本業附口伝

その3.大小詰

六本目 右伏

打は仕の右側に並びて坐す打左手にて仕の胸をとる仕はすぐに其の腕を巻き込みて逆手をとり前に伏せる也
(右脇に坐す左手にて胸を取り其の手を押へ前に伏せる 五藤メモ)

*大小詰の六本目は右伏、七本目は左伏です。打の坐す位置が右か左か、打が仕の胸を取る手が左か右かの違いになります。
ここは「右伏」です。
打は仕の右側に並び、小太刀を差して立膝に坐す。
仕は打の左側に太刀を差して立膝に坐す。この仕打の間隔はどれくらいでしょう。通常畳一枚に2名の割付で座ります。向き合った場合は凡そ膝頭の間隔で2尺~3尺でしょう。横は1尺~2尺位そんなものでしょう。

打は腰を上げて左に振り向き右足を左前に踏み込んで仕の胸を左手で取る。仕はすぐに腰を上げつつ打の左手肘を右手で巻き込んで左手で打の手首を取り逆手を取って打を前に俯けに倒す。

この業を稽古すると、打を演じると腰を上げるとすぐに右足を踏み込んで廻り込み、習い性で右手で仕の胸を取りに行ってしまいます。何故左手なのでしょう。
仕の胸を左手で取り右手で小太刀を抜かんとする処を引き伏せられる。かな・・。

この業附口伝の右伏は神傳流秘書では想定が違います。

神傳流秘書 大小詰 六本目 右伏

 我右の方に相手並び坐し柄を取られたる時直に我右の手を向の首筋へ後より廻し胸を取り押伏せんとするに相手いやとすくばるを幸に柄を足に懸て後へ投倒す又抜かんとする手を留められたる時も右の通りに取倒す

*我が右側に相手は並んで坐す。
相手右手を伸ばして我が柄を取る、我直ぐに右手を相手の首筋へ後ろから廻し相手の胸を取り、押伏せようとすると、相手押し伏せられまいと柄を放して力を入れて反り返ってくるを幸い、柄を反り返って浮いた左膝下に懸けて後ろへ投げ倒す。
また、我が抜こうと柄に手を懸けた時に相手が我が柄手を取り右から押し付けてくる時も、我は柄手を放し相手の首筋に右手を後ろから廻し胸を取り押伏せる、相手は押伏せられまいと後ろに反り返ろうとするのを幸いに、浮いた相手の左膝下に柄を懸け後ろに投げ倒す。

*この曽田先生の業附口伝の手附は古伝の業技法とは異なります。
相手は我が柄では無く左手で我が胸を取る、我は直ぐに其の相手の左腕に右腕を上から巻き込み左手で相手手首を逆手に取り前に押し倒す。

古伝は柄をとるのを、右手、左手どちらとも云って居ません。五藤先生のでは左手で胸を取る。首に巻くのではなく、五藤先生は取に来た左腕を逆手に取って制しています。

古伝神傳流秘書の成立から大よそ100年弱経っているのですから、業技法も変化するのでしょう。
神傳流秘書は特定の人しか見る機会はなかったとも言えますから、口伝・口授などではどんどん変わってしまうでしょう。

高知県の無双直伝英信流、夢想神伝流の方々が旧家を訪ねて探し求める以外に此の事は解らない儘に終わるでしょう。
先の大戦で高知市は空爆で火の海だったので、火を免れた周辺の旧家を歩く以外に無さそうです。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生に依る大小詰六本目右伏
「打太刀は仕太刀の右側に並びて坐す。打太刀左手にて仕太刀の胸をとる、仕太刀は直にその腕を巻き込みて逆手をとり前に伏せるなり」

|

« 曽田本業附口伝その3大小詰5胸捕 | トップページ | 曽田本業附口伝その3大小詰7左伏 »

曽田本業附口伝15-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本業附口伝その3大小詰5胸捕 | トップページ | 曽田本業附口伝その3大小詰7左伏 »