« 違師伝交流稽古 | トップページ | 曽田本免許皆伝目録その16大江正路より鈴江吉重 »

2015年11月24日 (火)

曽田本免許皆伝目録その15小藤亀江の根元之巻奥書

曽田本免許皆伝目録

其の15.小藤亀江の根元之巻奥書

無双直伝英信流居合就多年御熱心太刀次悉令相伝□向後御嗜専要候若御所望之仁於有之者兼而其之人之取罰文御指南尤可仍許免之状如件

明治三十四年六月十五日
 
 谷村樵夫 自庸
 
小藤亀江殿
*無双直伝英信流居合、多年御熱心に就き太刀次悉く相伝せしむ、□向後お嗜なみ専要に候。
若し御所望の仁、之有るに於いては、兼ねて其の人の罰文を取り御指南尤もによって許免之状件(くだん)の如し
明治34年(1901年)6月15日
谷村樵夫自庸
小藤亀江殿
*以上を以って曽田先生の実兄小藤亀江先生の許された根元之巻及び目録を終わります。
無双直伝英信流の根元之巻及び目録はこの谷村樵夫自庸先生から曽田先生の実兄小藤亀江先生へのものが江戸時代の雰囲気を残すものでは無いでしょうか。
曽田本2で紹介した大江正路先生から鈴江吉重先生に大正10年(1921年)7月に伝授された根元之巻の写しがあります。之を次回より勉強して見ます。

|

« 違師伝交流稽古 | トップページ | 曽田本免許皆伝目録その16大江正路より鈴江吉重 »

曽田本免許皆伝目録15-11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 違師伝交流稽古 | トップページ | 曽田本免許皆伝目録その16大江正路より鈴江吉重 »