« 曽田本免許皆伝目録その19林崎新夢想流の3 | トップページ | 曽田本免許皆伝目録その21伝書の集録 »

2015年11月29日 (日)

曽田本免許皆伝目録その20林崎新夢想流の4

田本免許皆伝目録

その20、林崎新夢想流の4


1、津軽藩の林崎新夢想流伝書
「則為曹洞五位之秘訣 敵味方成事是亦前生之業感也 生死一体而百戦場中使大寂光土也 如此観事現世摩利支尊天之護身符也 此居合千金賜以不貴伹於實當之人可傳附之兵利心懸者晝夜思之祈神明之息得利正見依心濟身耳
畢竟黙然良久云
珊瑚枝々撑着月

(則ち曹洞五位の秘訣と為す、敵味方と成る事、是又前生の業感也、生死一体にして百戦場中大寂光土たらしむ也、此の如く現世を観る事、摩利支尊天の護身符也、此の居合千金を賜うを以て貴からず、但し實當の人に於いて之を伝符すべし、兵利に心懸けるは昼夜之を思い、神明の息に祈り、利を得て正しく観て心済にして身に
畢竟黙然やや久しゅうして云う
珊瑚枝々撑に月付く。)」
2、谷村樵夫自庸より小藤亀江への伝書
「敵味方成事是亦前生之業感也生死一体戦場浄土也如是観則現世蒙大聖摩利支尊天
加護来世成仏縁事豈有疑哉此居合雖積千金不真実之人者堅不可授之可恐天罰唯授一人伝之云々
古語曰
其進疾者  其退速云々
此意以貴賤尊卑無隔前後輩不謂達其所作者許目録印可等無相違
又古語曰
夫百錬之構在則茅茨荘鄙与兵利心懸者夜自思之神明佛陀祈忽得利方是依心済身事燦然
(敵味方と成る事、前生の業感也、生死一体戦場浄土也、此の如く観、則ち現世に大聖摩利支尊天の加護を蒙り、来世仏縁となる事豈疑いあらんや、此の居合千金を積むと雖も不真実の人には堅く之を授けざるべし、天罰を恐るべし、唯一人に之を伝え授云々
古語に曰く
其の疾は進み、其の退くは速し云々
此の意貴賤尊卑を以て前後の輩を隔てなく、其の所作は達すると謂わず、目録印可等相違無く許す。
又古語に曰く
夫れ百錬の構えありて、則、茅や茨の荘鄙と兵の利を心懸ける者は、夜、自ずから之を思い、神明佛陀に祈り、忽ち利方を得る、是に依り心は済、身は燦然となる)
3、大江正路先生から鈴江吉重先生への伝書
「敵味方成事是亦前生之業感也生死一體戦場浄土也如此観則現世蒙大聖摩利支尊天加護来世成仏成縁之事豈有疑問哉此居合雖積千金不真実之人者堅不可授之可恐夫天罰唯授一人伝之云々
古語曰
其進疾者  其退速云々
此意以貴賤尊卑無隔前後輩不謂達其所作者許目録印可等無相違
又古語曰
夫百錬之構在則茅茨荘鄙与兵利心懸者夜自思之神明佛陀祈忽得利方是依心済身事燦然
(敵味方と成る事、前生の業感也、生死一体戦場浄土也、此の如く観、則ち現世に大聖摩利支尊天の加護を蒙り、来世仏縁となる事豈疑いあらんや、此の居合千金を積むと雖も不真実の人には堅く之を授けざるべし、天罰を恐るべし、唯一人に之を伝え授云々
古語に曰く
其の疾は進み、其の退くは速し云々
此の意貴賤尊卑を以て前後の輩を隔てなく、其の所作は達すると謂わず、目録印可等相違無く許す。
又古語に曰く
夫れ百錬の構え在り、則、茅や茨の荘鄙と兵の利に心懸ける者は、夜、自ずから之を思い神明佛陀に祈り、忽ち利方を得る、是に依り心は済、身は燦然となる)
*以上が江戸時代の奥州の津軽藩に残された、林崎新夢想流の伝書であり、土佐に伝わった谷村樵夫自庸による林崎甚助重信の英信流居合の伝書です。
そして明治以降の第17代大江正路先生の伝書も谷村樵夫自庸の文言と同じ文言のものでした。
奥州の林崎新夢想流とは後半の処で違いが見られます、仏教用語の簡略化したものが土佐の伝書と云う事は、江戸時代前記に林崎甚助重信公が江戸(川越あたりとも)で指導した伝系に依るものと思われます。
信州松代にも第8代荒井勢哲や第7代長谷川英信の足跡がある様で、そこでの伝書は南山大学の榎本鐘司先生のレポ-トで紹介されています。
無双直伝流の根元之巻序で天明6年1786年に大矢彌五兵衛尉から瀧澤武太夫に伝授されています。
その根元之巻序は略土佐の伝書と同じ文言で綴られています。
第9代林六大夫守政の生きた時代の直後でしょうからその辺の交流の有無を思うばかりです。
「敵御方成事是亦前生之業感也 生死一躰戦場浄土也 如此観 則現世蒙摩利支天加護来世為成仏縁無疑 此居合出千金非真實人輙(すなわち)不可授與之者也」
(敵御方(味方)成る事是前生の業感也、生死は一体、戦場浄土也、此の如く観、則ち、現世では摩利支尊天の加護を蒙り、来世に成仏成るは縁を疑う無し、此の居合千金を出すも真実に非ざる人には、すなわち授与せざるもの也)

|

« 曽田本免許皆伝目録その19林崎新夢想流の3 | トップページ | 曽田本免許皆伝目録その21伝書の集録 »

曽田本免許皆伝目録15-11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本免許皆伝目録その19林崎新夢想流の3 | トップページ | 曽田本免許皆伝目録その21伝書の集録 »