« 土佐の居合呼称についてその1 | トップページ | 熊本地震 »

2016年3月24日 (木)

土佐の居合呼称についてその2

土佐の居合呼称についてその2
土佐の居合の流名が本来どんな呼称であったかは、文政二年1819年に山川久蔵幸雅が古伝神傳流秘書を書き写したものに依れば「無双神伝英信流居合兵法」なのでしょう。
それ以前は、不明と云うのが正しいと思います。最も古い奥羽地方の元禄時代のものでは林崎新夢想流です。土佐との関係は不明です。
・今回は業名に於ける現代と古伝神傳流秘書との対比をします。
現代は第22代池田聖昂先生の無双直伝英信流居合道解説の業名とします。
ついでに、夢想神伝流の山蔦先生の業名を合わせておきます。業名とその動作から推察した対比であって、現代ものが古伝と同じものとは言えないだろうと思います。
 したがって、現在は現在であって古伝と云い切れません、同様に夢想神傳流についても同様です。
1.大森流(古伝)ー正座の部(現在)ー大森流(夢想神伝流)
  1本目 初発刀ー前ー初発刀(前)
  2本目 左刀ー右(?)-左刀(?)
  3本目 右刀ー左ー右刀(右)
  4本目 當刀ー後ー当刀(後)
  5本目 陽進陰退ーなしー陰陽進退(八重垣)
  6本目 流刀ー受流ー流刀(受流し)
  7本目 順刀ー介錯ー順刀(介錯)
  8本目 逆刀ー附込ー逆刀(付込・追斬)
  9本目 勢中刀ー月影ー勢中刀(月影)
 10本目 虎乱刀ー追風ー虎乱刀(追風)
 11本目 抜打ー抜打ー抜打
 12本目 なしー八重垣-陰陽進退替業
2.英信流居合之事(古伝)-立膝の部(現在)-中伝長谷川英信流(立膝)(夢想神伝流)
  1本目 横雲ー横雲ー横雲
  2本目 虎一足ー虎一足ー虎一足
  3本目 稲妻ー稲妻ー稲妻
  4本目 浮雲ー浮雲―浮雲
  5本目 山下風ー颪(おろし)ー颪(やまおろし)
  6本目 岩浪ー岩浪―岩浪
  7本目 鱗返ー鱗返ー鱗返
  8本目 浪返ー浪返ー浪返
  9本目 瀧落ー瀧落ー滝落
 10本目 抜打ー真向ー抜打(真向)
3.抜刀心持之事(古伝―奥居合居業・立業(現在)-奥伝奥居合(夢想神伝流)
  1本目 向払ー霞ー霞(向払)
  2本目 柄留ー脛囲ー脛囲(柄留)
  3本目 向詰ー両詰ー両詰(両詰)
  4本目 両詰ー戸脇ー戸脇(向詰)
  5本目 三角ーなしー戸詰(三角)
  6本目 四角ー四方切(替え業)-四方切(四角)(替え業)
  7本目 棚下ー棚下ー棚下(棚下)
  8本目 なし―虎走ー虎走り(虎走り)
  9本目 人中ー壁添ー壁添(人中)
 10本目 行連ー連達ー連達(連達)
 11本目 連達ー行違(替え業)ー行違(替え業)
 12本目 行違ー袖摺返(替え業)-袖摺返し(賢の事)
 13本目 夜ノ太刀ー信夫ー信夫(夜之太刀)
 14本目 追懸切ーなしーなし
 15本目 五方切ー惣捲ー惣捲(五方切)
 16本目 放打ー惣留ー惣留(放し打)
 17本目 虎走ー虎走ー虎走(虎走り)
 18本目 抜打ー暇乞3本ー暇乞3本
 19本目 抜打(立業)-なしーなし
 20本目 弛抜ー受流ー受流(弛抜)
 21本目 賢之事ーなしー袖摺返し?
 22本目 くゝり捨-なしーなし
*お尋ねについて、大森流は無双直伝英信流では正座の部と現在は云われています。ですが之は大江正路先生の命名と言われます。
 業名についても大江先生が変えたと言われますが証明できません。何故変えなければならないのかの理由がわかりません。
 古伝の業名の方が判り易いのですがなぜでしょう。明治と云う時代が古いものを維新する事に依って時の列強国に互角に渡り合おうとした日本の立場がそうさせたのかも知れません。
 そうであれば、何故英信流(立膝の部)は業名が変わっていないのでしょう。中学生向きに大森流だけを教える積りで変えたのでは、立膝の部は不自然です。
 奥居合は、幾つか変形が有りますが、「格を放れて」とは掟を変えてでも居合の奥義に至れとされたのか、失伝していてどれが本物の古伝か判らなくなっていたともいえそうです。
 夢想神伝流を稽古していますと、大江先生の順番に従い動作のみ変えて行った様に思われます。
 現在でも奥居合を全業演じられる人は八段ぐらいまででも覚束ない人も居る様です。それは、奥居合は充分師伝を受けられなかったとも云えるのでしょう。
 無双直伝英信流に無双直伝英信流居合兵法とか無双直伝英信流居合術とか先生によって流名が変わっていますがその正しい流名に就いての出典は見当たらず、よく判りません。
 大江先生が大正14年(1925年)頃に直弟子の幾人かに出されたものには「無双直伝英信流居合術」と有ります。
 昭和25年1950年に第19代福井春政先生が第20代河野百錬先生に出された根元之巻では「無双直伝英信流(無双直伝英信流居合)」です。これには、土佐の居合のうち、坂橋流之棒と夏原流和之事を除く古伝全てと、大江先生の改変されたものが混在します。
 宗家を紹統する允可状では流名は「無双直伝英信流居合兵法」です。
 河野百錬先生を先師として継承する無双直伝英信流正統正流は「無双直伝英信流居合兵法」が正しいのかも知れません。
 古伝の神傳流秘書では「無双神傳英信流居合兵法」でした。之に習えば「無双直伝英信流居合兵法」が最もふさわしそうです。
 土佐の門外不出と云うよりも、土佐の門内でも伝書が正しく伝わっていないとしか言いようが有りません。
 現在の無双直伝英信流は第17代大江正路先生の居合を元に直弟子の方に依って夫々変形され大江居合も見えなくなっているというのが本当でしょう。
 武術は師匠の癖や考え方に依って変化するのは少しもおかしい事ではないでしょう。正しいと思った事をやれるようになれればいいのでしょう。
 居合は自分で考えてするものと当代は仰っています。その前に「よく聞き、よく見て、よく読んで、よく考える」事と仰います。
 
 
 
 

|

« 土佐の居合呼称についてその1 | トップページ | 熊本地震 »

稽古の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土佐の居合呼称についてその1 | トップページ | 熊本地震 »