« 土佐の居合呼称についてその2 | トップページ | 第三回古伝研究の集い »

2016年4月18日 (月)

熊本地震

 関東地方は今日も穏やかな春が訪れています。
 開発が進み残り少なくなった里山の木々もどんどん新緑で燃えるようになってきました。
 
 熊本の地震で厳しい被災者の様子を今日もメディアが伝えてきます。
不幸にしてお亡くなりになられた方々には心から御悔み申し上げます。被災されて避難されて居られたり、家に居ても先の見えない不安な毎日が長引いて居る様でご心痛お察し申し上げます。
 
 五年前の東北の地震の様に、ここ湘南地方には直接揺れが伝わって来ませんでした。熊本はやはり遠いのでしょう。恐怖感を肌で感じられないので、テレビで見てため息をつくばかりです。
 東北のあの日は。
 外出から玄関のノブに手をかけた途端に地面が揺れだし、庭木が大きく左右に揺れ動き、駐車場の車も踊り出したものです。
 家のきしみ、落下する物音に開けたドアを入る事が出来なかったものです。少しおさまったので家の中に入ると忽ちまた家がきしみ出します。
 飛び出してしばらく庭に佇んで居ました。
 家に入るのも、いとわれて、地震の様子も知りたくて、車のテレビを見ますと、今までに見た事も無い大津波が三陸を襲っている光景です。
 
 それから一週間ほどは、自分に出来る事は何かと考えているばかりで、義援金を市役所に届けたり、東北への旅行をキャンセルしたり、いつもの稽古もやる気にならずにいたものです。
 二週間ほどして、道場へ行くとお掃除のおばさんが、「元気を出して稽古して下さい、綺麗に掃除してあります」と様子を察して背中を叩かれるほどでした。
 何か不幸な事が起こりますと、自粛する気持ちが起こるのは人情です。しかし、この国では自分の廻りに何時降り掛って来るか判りません。
 あれ以来、なんとなく自粛する事は意味の無い事で、何も起こらなかった所は、寧ろ元気に日常生活を営み、被災地の物資を手に取る心掛けの方が意味があると思う様になりました。余力があれば少しでもお手伝いする事で良いと思う様になりました。
 そして、其の年の秋には三陸に出かけて行きました、被災地に出かけて行って、其の日の事をお聞きして体験者にお話しいただきお知恵をいただく事は大切だと思う様になりました。
 
 今回も、ご家族が被災地に居られる方が遠く離れていて少しでも足しにと、当座の生活用品を買い被災地の母に送ろうとすると、宅急便の配達不能と云う事でせっかくの思いが届けられない、自分が飛んで行きたくとも交通手段が切断されてしまっている。悲しく切ないものです。
 
 被災地の方は、其の場を離れられない思いも強く、役所もそこで何とかしようと頑張ってもお互いに被災者なのです。
 気持ちは分かち合えても十分な事が出来ないのはやむない事です。
 原発事故の避難や火山の爆発の避難などは、即座に他の町に住民が纏まって避難しています。
 今回の場合も他の安全な地域に避難してもらう施策が直に実行できる国を挙げての体制が欲しいとつくずく思います。
 ライフラインがずたずたになっているのです。一時避難と復興は人の心にある思いがどうしても優先します。然しそれはそれ、何が何でもとは思えないのです。体も弱く、病人を抱え、御歳を召されている方や、小さな子供たちを抱えている事も考えてしまいます。
 今回は、前震があってその余震の後に本震が来ました。いつもは大きな揺れの後にはそれより小さな余震が続くと思っていたのが、本震が後に来ました。
 之も今後忘れてはならない地震の教訓でしょう。
 ・
 今日も、時間が許す限りと、道場に立ちました、先日来太極拳を熱心に稽古されていたご婦人が、「頑張ったけれど、昇段試験に落ちました」と何故か報告してくれます。
 「一年半の病の後では、二カ月位の稽古では取り戻せなくなりましたね、ゆっくりやりましょう」お互いに・・・。
 
 一年ぶりに、他流の居合の剣士が道場に現れました。
 お聞きすると、肩を痛めてしばらく刀が抜けなかったと仰います、五月の昇段試験に京都へ行かれるそうです。
 おもいなしか剣が伸びて行かない様です。
 
 居合をやる方が、肩・腰・膝を痛めて休むと言っても、年齢的には若い人の様な回復は夢の事です。
 刀を持たずに居合の形稽古をしたり、居合で仕掛けられた時に無刀取りの心境に想いを馳せてやるべきなのでしょう。
 元気であった過去を懐かしむばかりでは、其処で止まって「私の居合を止めます」と云って開き直って見ても体力共に心まで衰退するばかりです。
 居合も終局は無刀の世界に至るものでしょう。生きている限りは、今まで習い覚えた形に捉わらずに年齢と共に進化した業技法を思い描き稽古する事も学んで見ればと思います。
 其れには、昔を懐かしむのではなく、昨日よりは今日、今日よりは明日へと前向きで柔軟な心を持って居たいものです。
 「お前、そんなことを云っても、痛くてやってられるか!」と云われても・・・です。
 
 居つく事を良しとしないのは武術ばかりでは無さそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 土佐の居合呼称についてその2 | トップページ | 第三回古伝研究の集い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

震源地から50K離れていても尚、まだ続くのかと思えるほど、揺れが長く感じられました。揺れが収まった時、5年前3/11、東京の勤務先で味わった恐ろしさが甦りましたが、一斉動員の緊急連絡を告げる携帯電話のベルで我に返り、職場へ直行、明け方まで待機しました。子供は予定されていた熊本との剣道の交流試合を楽しみにしてましたが、暫く難しいでしょう。熊本の少年剣士らは、迎え撃ってやるぞと意気込んでいたそうですが、気落ちした彼らの顔が目に浮かびます。熊本の少年剣士らの笑顔が戻る日を願ってやまれません。この長引く地震は熊本の居合道を弱体化させねばいいがと、思ってます。

兵法流浪さま
コメントありがとうございます。
全居連全国大会に参加しています福岡から来られた方が、横揺れが長く続き不安だと仰っていました。
今まで通りの生活が早く取り戻せればと陰ながらお祈りいたしております。
      ミツヒラ


投稿: 兵法流浪 | 2016年5月 3日 (火) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土佐の居合呼称についてその2 | トップページ | 第三回古伝研究の集い »