« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌9業歌向身 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌10業歌右身 »

2016年10月23日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌10業歌右身

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
1、抜刀心持引歌
10)業歌右身二首
浮雲
 麓より吹上られし浮雲ハ
         四方の高根を立つゝむなり
山下風
 高根より吹き下す風の強けれバ
         麓の木々ハ雪もたまらず
読み
浮雲
 麓より吹き上げられし浮雲は
         四方の高根を立ち包むなり
山下風
 高根より吹き下す風の強ければ
         麓の木々は雪もたまらず
*「たまらず」は溜らず、か、堪らず、か判りません。
 
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌9業歌向身 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌10業歌右身 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌9業歌向身 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌10業歌右身 »