« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く表紙 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌1柄口六寸 »

2016年10月 5日 (水)

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌1柄口六寸

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
1、抜刀心持引歌
1)柄口六寸
抜刀心持引歌
荒井清信公言ふ
夫居合をば手近き勝負柄口六寸の大事あり其の形を事となし
前後左右之を知り先居合抜申形は(丸の中に三角)如斯
1 身を正しくして抜申形肝要也
つり□をタトエバ 面 薄桜
1 居合之位 身の掛り 鉢木 口伝
 読み
抜刀心持引歌
荒井清信公言う
夫れ居合おば手近き勝負柄口六寸之大事あり、其の形を事と為し
前後左右之を知り先ず居合抜き申す形は(丸の中に三角)
1、身を正しくして抜き申す形肝要
つり□を例えば 面 薄桜
1、居合之位 身の掛り 鉢の木 口伝

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く表紙 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌1柄口六寸 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く表紙 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌1柄口六寸 »