« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌12業歌後身 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌13居合心持引歌終 »

2016年10月29日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌13居合心持心持引歌終

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
1、抜刀心持引歌
13)居合心持引歌終
敵色々と有りて我をたますと由油断する事勿れ例へハ鞠を蹴る二同し我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也
 敵をたゞ鞠と思いて皆人の
         つめひらきせバいかににがさん
 本来の事より出て事二入り
         あわれ知らばや事の深さハ
 吹けば鳴る鳴かねバ鳴らぬ笛竹の
         声の良とハ何を言ふらん
 打解けてねるが中なる心古そ
         誠の我を顕はし二けり
 引よせて結へバ柴の庵尓て
         解れバ本の野原なりけり
 兎二角二言ふへき様ハなかりけり
         九重の塔の上のあし志ろ
 唱ふれハ仏も我も無かりけれ
         南無阿弥陀仏の声計りして
 極楽ははるか二遠くゆきしかど
         唱へて到る所なりけり
 居合心持引歌終 
*読み
 敵色々と有りて我を騙すと由 油断する事勿れ 例えば鞠を蹴るに同じ 我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也
 敵をたゞ鞠と思いて皆人の
         詰め開きせば如何に逃がさん 
 本来の事より出て事に入り
         哀れ知らばや事の深さは
 吹けば鳴る鳴かねばならぬ笛竹の
         声の良しとは何を言うらん
 打ち解けて寝るが仲なる心こそ
         誠の我を顕わしにけり
 引き寄せて結べば柴の庵にて
         解ければ本の野原なりけり
 兎に角に言うべき様はなかりけり
         九重の塔の上の足代
 唱うれば仏も我も無かりけれ
         南無阿弥陀仏の声ばかりして
 極楽は遥かに遠く聞きしかど
         唱えて到る所なりけり
 居合心持引歌終
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌12業歌後身 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌13居合心持引歌終 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌12業歌後身 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌13居合心持引歌終 »