« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌8詭道 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌9業歌向身 »

2016年10月21日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌9業歌向身

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
1、抜刀心持引歌
9)業歌向身三首
横雲
 深山には嵐吹くらし三吉野の
           花か霞か横雲の空
虎一足
 猛き虎の千里の歩み遠からず
           行より早く帰る足引
稲妻
 諸共に光と知れと稲妻の
           跡なる雷の響き知られず
読み(原文のままで十分読めると思います)
 
横雲
深山(みやま)には嵐ふくらし三吉野(みよしの)の
           花か霞か横雲の空
虎一足
 猛き虎(たけきとら)の千里の歩み遠からず
           行より早く帰る足引き(あしびき)
稲妻
 諸共(もろとも)に光と知れと稲妻の
           跡なる雷の響き知られず
 
 
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌8詭道 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌9業歌向身 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌8詭道 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌9業歌向身 »