« 批判と和の2 | トップページ | 批判と和の3 »

2017年2月 3日 (金)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒2太刀合之棒7見返

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
6、坂橋流棒
2)太刀合之棒
七本目見返
見返
右の手にて棒を引摺り行くを相手後より付来り打込を其儘右へ振り向き棒先を面へ突込む
読み
見返(みかえり)
 右の手にて棒を引き摺り行くを 相手後より付き来たり打込むを そのまま右へ振り向き   棒先を面へ突き込む
読み解く
 七本目は見返ですから振り向いて応じる業です。
 右の手に棒を持って引きずって歩み行くのですから六尺棒でしたら棒の中を右手で持って歩くと棒の先が地面を引きずります。四尺二寸の杖ですと三分の一辺りでしょう。
 棒は刀より無造作に扱われていたようです。

 適は後ろから追いついて来て、突然刀を抜いて真向に打込んで来る。無言で打込むのは武士の作法に外れますから、名を呼ぶなり、掛け声を発して打込む事を知らせるのですが、此処も敵は掛け声を発しておきましょう。
 不意打ちに応じられる迄稽古を積めば、無言の闇打ちも感じられるかもしれません。チャンバラ映画の見すぎですからそんな事も思ってしまいます。

 我は、害意を察するや、左足を右足の前に大きく踏み出し、左手を逆手に棒の先に取り右に廻りながら、棒の先を地摺りから打込まんとする相手の面へ突き込み勝。

左足の大きな踏み込みで相手の打ち込みの間をはずしておきました。

 是も第12代の林益之丞政誠の英信流目録から見てみます。
居合棒太刀合巻 棒太刀合之位七本目「見返」
「是は右の手にて棒の端をさげ引きずり行也敵跡よりおがみ討に討所を其拍子に連れて見返りざまに左の手にて棒の端を取り右の手にて中をおさえ敵のみけんを突也」

*英信流目録では「右手で棒の端をさげ引きずり行」と棒の持ち様を指定して居ます。振り返って「左手で棒の端を取り」、「右手にて中をおさえ」ですから右手を棒中に滑らせて棒の先を相手の面に突き込むのでしょう。足捌きについてはご自由にという処でしょう。

|

« 批判と和の2 | トップページ | 批判と和の3 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 批判と和の2 | トップページ | 批判と和の3 »