« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒2太刀合之棒7見返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒2太刀合之棒8袖返 »

2017年2月 3日 (金)

批判と和の3

批判と和の3

 もう随分前の事です。正座之部(大森流)の受流(流刀)について、正面から斬って来られるのを、右斜め前向きに正坐し、左足を斜め前に踏み出して刀を抜出し、打ち込まれる寸前に右足爪先を右に向けて正面45度の位置に踏み開いて、左肩を覆う様に刀を抜上げ敵刀を受け流すや、受け流されて前にのめる敵の肩に斬り付ける様に指導しています。
 右足を右に踏んでしまいますと、我が中心軸が右に大きく移動するので、敵刀は我が刀の物打に触れるかどうか疑問です。これでは逃げ流しです。

 当代の右足裁きを稽古して見ます。左足は上と同じです。右足は身幅(約40cm)ほど右に爪先を正面に向けて踏み立て敵刀を受けています。我が体軸は右に身幅の半分は移動します。従って敵刀の物打と我が刀の物打が接した瞬間切先を左に返して受け流します。

 ある時期、受流しに夢中になって居ましたので、古参の先輩の動作を見ていました、刀の柄を上に向けて抜き放ち受流したつもりでいます。左肩は全く無防備でたとえ敵刀を受け流せても左肩は斬り込まれています。

 そうかと思えば右片手で鍔元8寸程でがっちり敵刀を受け留めてから、右足を左足に踏み揃え左斜めに向き直って敵刀を流して斬り付ける受け止め流しもありました。

 それらを、その先生にどうすべきか、どうして誰も当代の受流をしないのかとお聞きしました。
 答えは「お前に何が解る」と一蹴されてしまいました。
 それ以来、「あいつには居合を教えない」だそうです。若いころに習った方法以外は試そうともせずにいるようです。当代から最高の允可を受けているのに不思議な事です。

 古参の肩を切られるのも、「それでは肩を切られませんか」と言ったところ真っ赤になって「無礼な」と怒り出します。

 受け止め流しでは、散々打込んでもらって稽古してみましたが、非力な私では右手小指、薬指にヒビが入ってしばらく刀を握るのが苦痛でした。お陰様で右手が勝った打ち込みをしなくなったものです。

 これでは居合風演舞を毎日稽古している様なものです。上に上げたどの方法も決して間違ってはいないでしょう、有効な技になり切れていない処を認識し場に応じられれば、すぐに役立つ技ばかりです。

 尋ねられれば、先師の教えも自論も語れるものでありたいものです。その上で、自ら考えて稽古すべきであることも忘れてはならないでしょう。

 批判的な見方をしないまま、役立たずの演舞を華麗に演じるばかりで、武道は「和に始まり和に終わる」と得々と演説されても意味がありません。和が昇華したのか、武道は「礼に始まり礼に終わる」と道場長に礼を盡せと言うばかりです。

 論理的なものの見方や考え方、批判と悪口の区別を明確にして、批判をもって議論をし、その会話を楽しみつつ、皆でよりよい知恵を生み出し、技術を磨き、過去の誤った解釈やおざなりの遺物では無い本物の日本文化を継承するべきでしょう。伝承するとは元があってなお進化するものです。昔の儘では無い筈です。

 正月早々、連盟に所属していてもしばらく居合から遠ざかっていた先輩と居合の稽古をしていました。
 先輩はいつの間にか当代の業技法からも遠ざかっています。「最近はこんな風に習っています」といくつかをお見せしたのですが、残念ながら批判され己の業技法を否定されたと思われた様です。
 さすが年の功でしょうか、感情は露わではなくとも伝わって来ます。一緒にその良し悪しを考えて欲しかったのに・・・思いつくままに。

 この「批判と和」については、空手家の時津賢治先生の「武的発想論」1999年発行及び能楽師の安田 昇先生の「日本人の身体」2014年発行の著述に背中を押されて書き込みました。

 この「批判と和」を書き終えて、「武道は上意下達に決まっとる」と嘯いた何処かの先生の顔を思い出しました。その癖当代から最高段位の允可を受けていながら「あれは変だからやらん」と言っていたなあと「あの人の人生は矛盾だらけだ」と苦笑いしながら散歩に出ました。この先生自衛隊上がりだったと思いだしました。

 寒気の到来とか、外は風もないのに動くと頬に冷気が染み込んできます。日当たりもさして良くない路地裏に、蕗の薹が四つ五つ芽吹いています。(2017年1月14日)きっと地中に春の兆しがあるのでしょう。自然は何も拘らず環境に素直に応じています。

 玉縄桜も例年より早く咲き出しては見たものの、霜あたりして萎んでしまいます。然し明らかに春を先取りして次々に咲き出してきます。後一週間もすれば満開を謳歌しそうな雰囲気です。
 でも、花を訪れるハナアブが来なければ、無駄に咲くばかりです。スズメやヒヨドリに摘ままれてしまうでしょう。

 私の師匠は「お前さん険しい路に踏み込んだな、進む以外にない」と・・・。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒2太刀合之棒7見返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒2太刀合之棒8袖返 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒2太刀合之棒7見返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒2太刀合之棒8袖返 »