« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合9水月 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合10霞剣 »

2017年2月25日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合10霞剣

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
7、重信流
1)詰合
十本目霞剣
霞剣
 眼関落の如く打合せたる時相手引かんとするを裏よりはり込ミ真甲へ打込ミ勝亦打込ま須して冠りて跡を勝も有り
以上十本

 「眼関落」:ここまでの所で、眼関落と称する業名は見当たりません。曽田先生の写したもので曽田メモで眼関落と添え書きされているのは、詰合の八本目「柄砕」です。
 柄砕は「両方高山後ハ弛し木刀二同し」と云って省略されています。「弛し木刀」も不明な文言です。
 敢えて業を捜せば太刀打之事七本目独妙剣でしょう。
 「独妙剣:相懸也打太刀高山遣方切先を下げ前に構へ行場合尓て上へ冠り互に打合尤打太刀をつく心持有柄を面へかへし突込ミ勝」
読み
霞剣(かすみけん)
 眼関落の如く打ち合わせたる時 相手引かんとするを 裏より張り込み真甲へ打込み勝つ
亦 打ち込まずして冠りて跡を勝も有り
 以上十本
 
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合9水月 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合10霞剣 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合9水月 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合10霞剣 »