« 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰7電光石火 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取1無剣 »

2017年3月28日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰7電光石火

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
3、重信流
3)大小立詰
七本目電光石火
電光石火
 如前後より来り組付を躰を下り相手の右の手をとり前二倒春
 以上七本
読み
電光石火(でんこうせっか)
 前の如く 後ろより来たり組付くを 体を下り 相手の右の手をとり 前に倒す
 以上七本
読み解く
 後ろから組付かれた時は、電光石火に体を沈めて相手の右手を取って前に投げる。一本背負いを彷彿とさせます。
 後ろから羽交い絞めにされたので、相手の右手をそのままでは取れそうもない場合は、体を沈めて相手の手が緩んだ処を一本背負いでしょう。

 曽田先生による五藤先生の業附口伝大小立詰を探してみましたが、同名の業が見当たりません。
 業附口伝では大小立詰七本目は「移り」(伝書になし口伝)
「敵後より組付きたるを我体を落して前に投る也(後ろより組付躰を下り前へ投げる)」


 業附口伝の大小立詰の業名は「移り」になっていますが手附はほぼ同様です。ここでは、あえて右手に拘らず体を落として前へ投げる。
 これらの業は業では無いので変化極まりなし、よりよい方法、状況に応じた瞬時の判断を研究すべきでしょう。形に拘っても技はかからないのです。

 以上七本で大小立詰は終わります。
此処も相手は小太刀、我は太刀を帯して行います。この大小立詰は余り見る機会が有りません。
 之だと言う「かたち」の伝統が師伝として有るのか無いのか失伝してしまった業でしょう。手附に従ってあーだこーだと研究して一つ業に三つ四つ違った技を繰り出していただければ愉快です。
 技を懸けるに当たり、体などの専門的名人が繰り出す妙技を取り入れるべきものでは無いでしょう。ごく自然で容易であって有効な方法が当然ベターと思います。

 以上七本、袖摺返・骨防返・鍔打返・〆捕・蜻蛉返・乱曲・電光石火で重信流の大小立詰を終わります。

 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰7電光石火 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取1無剣 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰7電光石火 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取1無剣 »