« あれこれ(鶏寒上樹鴨寒下水より) | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰4〆捕 »

2017年3月21日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰4〆捕

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
7、重信流
3)大小立詰
四本目〆捕
〆捕
 相懸り二両方より懸る時相手両手にて我刀の柄を留我左の手尓て相手の脇つ保へ入れて両手を〆引上如何様尓も投る也
読み
〆捕(しめとり、しめほ)
 相懸かりに 両方より懸かる時 相手両手にて我が刀の柄を留める 我れ左の手にて相手の脇坪へ入れて 両手を締め 引上げ如何様にも投げる也

|

« あれこれ(鶏寒上樹鴨寒下水より) | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰4〆捕 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれこれ(鶏寒上樹鴨寒下水より) | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰4〆捕 »