« 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰8山影詰 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰1袖摺返 »

2017年3月14日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰8山影詰

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
7、重信流
2)大小詰
八本目山影詰
山影詰
 是は後より相手組を刀を抜き懸其手を切ると一拍子二我も共に後へ倒るゝ也
 以上八本
読み
山影詰(やまかげつめ)
 是は後ろより相手組むを 刀を抜き懸け 其の手を切ると一拍子に 我も共に後ろへ倒るゝ也 
 以上八本
読み解く
 大小詰はこの業で終わります。
 我を前にして相手は後ろに座す。
 後ろから相手が抱きついて、我が両腕を絞めて来る時、刀を抜き上げて組み付いている相手の手を切り、その拍子に後ろに相手と一緒に押し倒れる。
 以上八本で大小詰は終了です。

 曽田先生による五藤先生の業附口伝大小詰八本目山影詰
「打は仕の後ろに坐す後より組み付也其時仕は頭を敵の顔面に當て敵ひるむ隙きに我が刀を抜きて打の組みたる手を切る也
(五藤先生は一當して仰向に反りかえると記せり 後ろより組付く頭を一當して仰向にそりかえる)」


 古伝には無かった組付かれたら頭で相手の顔面を打ち怯ませる技が追加されています。
 しっかり羽交い絞めされるとなすすべが無いのですがこの技の追加はあり難いものです。
 組付いた相手の手を切って戦力を奪う事が大切で、羽交い絞めから摺り抜けるなどの技に転化してしまうと古伝の妙が失われます。

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰8山影詰 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰1袖摺返 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰8山影詰 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰1袖摺返 »