« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰3鍔打返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰4〆捕 »

2017年3月20日 (月)

あれこれ(鶏寒上樹鴨寒下水より)

 畠の隅に植えておいた佐藤錦とナポレオンが春の日差しを浴びて満開になりました。今年もサクランボの食べごろに小鳥たちと競争で収穫するのが思い出されワクワクしてきます。
 家庭ゴミ集積所の脇に樹齢五十年は超える染井吉野の蕾も膨らんであと数日で咲き出すでしょう。ごみ袋を抱えながらご近所の方達と上を見上げて顔を見合せ微笑んでいます。
 
 昨年暮れ、今年は酉年なのでそれにふさわしい言葉から「鶏寒上樹鴨寒下水」を書初めの言葉としました。
 悟りは、人それぞれでしょう。
 何とも、かわいい女剣士に出会って、苦笑いしています。
 
 初段の審査を受けるために、稽古に励んでいた30代の女性です。「段位相応の力を持てとか、規約に縛られるなどは求めていなかった」と言うのか、審査当日メール一つでドタキャンしてきました。
 審査を受けるための基本となる所作の一つ一つ、それらは彼女にとって今までに無かったプレッシャーだったのでしょう。
 着付けが不十分なため、袴がずり落ちたり、胸がはだけてしまったりして、下着が丸出しで目のやり場に困ったものでした。
 書道でも、武道でも、やるべき事をやっておかなければ、次の動作が、充分生きてこないものです。
 お遊戯や、棒振り体操、楽しい仲間がいればいいとでも思っていたのでしょうか。人それぞれとは言え、理解できても迎合する程に悟り切れないまま頭を抱えてしまいます。
 ある道場の、40代の女性は「段位や競技に興味はないの、伝統と云われる業技法は無理にやらせないで」と言っていました。教え魔の古参も遠のき、それでも見よう見まねで一人で稽古に励んでいたようです。
 先日たまたま一人稽古の際その方にお会いしました。稽古をしながら、業の切れ間にそれと無く拝見していました。
 順番通りに業は出来ています、見様見真似であっても5~6年も続けているのですから当然と云えば当然です。
 しかし、全く勝手な、武術には程遠い、棒振りです。習いに徹する時期を持てば、スルスルと、先人が教え示している事が出来て、何故そうするのかも解るのに、無駄な時間が経つばかりです。
 柄握りすら出来ていない為でしょうか、それとも稽古が過ぎたのでしょうか、柄糸が擦り切れてビニールテープでほぐれを捲いてあります。
 他人にいじられるのを嫌うのか、指導されても出来ない不器用を恥じて思うのか、プライドとも違う様です。
 三カ月ほどの個人教授で見事昇段した女性がいます。
 毎回の稽古で疑問にぶつかると「何故そうするのですか」と聞いてきます。武術ですから対敵がいる事、その敵に応じる為の心得を実技を見せながら聞いてもらいます。
 坐し方一つもその理合を解きほぐします。
 納得できれば、即座に其の通りやり始めます。其の日に出来なくとも次の稽古日にはかなり出来ています。そしてぐんぐん腕が上がっていました。
 「この子は何時もそうなの」と、パティシェを目指すために修行しているお店のおかみさんも笑って彼女の調理場に臨む心掛けを聞かせてくれました。プロを目指し励む人には、廻りの人も助けてくれるのでしょう。
 審査当日、彼女がいなければ店は回らないのでしょう、彼女の為に店を休んでくれています。そんなプレッシャーもしっかり受け止めていた女性です。
 彼女はめでたく長年付き合ってきたイタリア料理を目指す愛する人と結ばれてお店を出すために彼の故郷へ旅立って行かれました。
*
 競技会では、優勝をするアスリート女剣士が素晴らしい演武をして楽しませてくれます。その陰にこんな女剣士も居るのもまたよしでしょう。
 
 この、女剣士は先に掲載した書初めの「鶏寒くして木に上り 鴨寒くして水に下る」の女剣士を抜書してこのカテゴリーに掲載しておきました。
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰3鍔打返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰4〆捕 »

女剣士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰3鍔打返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰4〆捕 »