« 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事6四角 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事7棚下 »

2017年4月29日 (土)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事6四角

曽田本を読む
1.神傳流秘書を読み解く
9、抜刀心持之事
6)六本目四角
四角
抜左の後の角を突右の後の角を切右の向を請流し左の向を切又右の向を切る也
読み
四角(しかく、よすみ?)
 抜き左の角を突き 右の後ろの角を切り 右の向こうを請け流し 左の向こうを切り 又 右の向こうを切る也
読み解く
 此の業の敵の配置は解りやすい。先ず左の後、右の後。右の前、左の前です。向は前ですから右前、左前で良いはずです。
 我の位置は×の交点に正面向きに座しているのです。敵は我が方に向いて仕掛けんとしているわけです。
 三角と同じ様に、左後の敵を刺突するや、右廻りに左前の敵の紋所を横に払い、右前の敵の紋所を横に払い、右後ろの敵の紋所を払って、右肩を覆う様に上段に振り冠って真向に斬り下し、右肩を覆う様に刀を振り冠りつつ左廻りに、右前の敵を通過し、左前の敵に上段から真向に斬り下し、即座に左肩を覆う様に振り冠りつつ右廻りに右前の敵に振り向き真向に斬り下す。
 此の場合の回転の軸は左膝で、夫々右足を踏み込んで打ち込むでしょう。

追記

 右後方の敵をビクとさせて真向から斬り下す際、回転の余勢に合わせ右肩を覆う様に振り冠りましたが、ここは、右手首を左に折って、切先を左耳の後方を突く気勢を以って振り冠り真向に斬り下ろす、とする事も十分考慮すべきところでしょう。

 尚、足裁きは、左足膝を軸に四方の敵を倒す。或は右後ろの敵を斬り下ろすや左廻りに右肩を覆う様に振り冠りつつ振り向き、同時に右足膝を床に着き左足を踏み込んで左前の敵を真向に斬り下ろす、即座に右前の敵に振り向き左肩を覆う様に振り冠り左膝を床に着いて右足を踏み込んで右前の敵を真向に斬り下し勝。
 無双直伝英信流では、忘れられた足の踏み替えも大いに此の業で研究できるものです。

 四角は四人の敵に囲まれた場合の刀法ですから相手は×も有+も有です。変形の四人だってあるでしょう。
 大江先生の四方切は左後・左前・正面・右前の配置です。この変形はどの様な意図で創作されたのか不思議です。

 英信流居合目録秘訣では上意之大事「四角」は「三角」にかわる事無し是は前後左右に詰合う之心得也故に後へ迄まわって抜付ける也。

*四角は三角と変わらない、是は前後左右に詰め合う時の刀法で、後ろまで廻って抜き付けるのだと云って居ます。其の儘解釈すれば、正面向きに座って、敵の害意を察し、正面に抜きつけるが如く刀を抜き出しつつ後ろに廻って抜き放つと言う様に読めてしまいますが、そこまでは思いつめる事もないとは思いますが、稽古して見る意味は有りそうです。

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事6四角 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事7棚下 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事6四角 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事7棚下 »