« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事1向拂 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事2柄留 »

2017年4月19日 (水)

第五回古伝研究の集いを終えてその6

第五回古伝研究の集いを終えてしその6
 
 古伝神傳流秘書の詰合四本目八重垣
「如前抜合たる時相手打込むを我切先に手を懸けて請又敵左より八相に打を切先を上にして留又上より打を請け相手打たむと冠るを直に切先を敵の面へ突詰める」
 
 明治以降の曽田先生の業附口伝詰合之位四本目八重垣
「是も同じく詰合て坐し前の如く左足一足引てさかさまに抜合也 敵其侭我面を打てくるを我又太刀の切尖へ左手を添へて面を請くる也 夫より立て敵敵すぐに我右脇を打つを我其侭刀を右脇にさかさまに取りて此の時右足を一足引き請け留る也 敵又立ちて左の脇を打ち来るを我又左足を一足引きて左脇を刀を直にして請け止むる也 敵又上段より面へ打ち来るを我又右足を引きて上を請て敵かむる処を我右足より附込み勝也 刀を合せ原位置に帰り血振納刀」
 古伝は相手の膝への抜き打ちを請け留めるが、即座に真向に打ち込まれるので柄を右に左手を切先に添えて顔前頭上で十文字に請ける。
 敵すかさず我が左脇より八相に打ち込んで来るのを切先を上にして受け留める、この受け留方は左手は其侭にして右柄手を左脇に引き下ろし切先を上にして刃で請け留る。
 曽田先生の場合は、「・・・夫より立て敵すぐに我右脇を打つを我其侭刀を右脇にさかさまに取りて此の時右足を一足引き請け留る也・・」、相手の打ち込みに我が右脇が追加されています。
 この請け止め方は、頭上で切先を左に十文字受けした左手を右柄手を其の位置に軸として斜め右下に引き下ろし請け留めるのです。
 右手を引き下ろし左手を右に移動して切先を上にして受ける事も可能なのですが、此処では切先を下にしています。
 さらに相手が我が左脇を打って来るので、今度は右手を左脇下に移動し、左手を左肩上方に移動させて切先上がりで請け留めるのです。
 切先下がりの侭右から左へ平行移動する事も可能です。
 曽田先生の詰合之位では左右の脇での請ける方法はこの様に幾つも可能ですが、何故あえて指定しているのでしょう。
 古伝は左脇への打ち込まれるだけですから、切先上がりだけの指定です、これも何故でしょう。
 頭上での十文字受けも、脇腹の受けも、受け太刀のかたちをしっかり取って防禦をせよと言うのでしょう。
 責められて受け太刀だけではいずれ負けとなります、機をとらえて攻撃に転じよという教えでしょう。
 従ってここは打太刀の前に出る攻撃が続き、再び真向に打ち込まれた、打太刀の次の動作が、その場で振り冠ったか、右足を引いて振り冠ったかによる変化を捉えて攻撃に転じています。
 打太刀は、無造作にずんずん攻め立てれば、間近くなって手詰まりになります。その機を捉えるのも一つでしょう。仕太刀に心得あれば、反撃可能な間合いを常に維持しながら受け太刀となるでしょう。
 左右脇での受け太刀の切先下がりや切先上がりはここでは何れでも良い処でしょう。受け太刀にならず当り拍子で反撃するには機を捉える以外にない筈です。
 切先下がりでも、上がりでも、請けるや相手が上段に振り被るので素早く額前で太刀を水平に戻すことの方が重要でしょう。真向でも左右何れでも応じられる態勢です。
 
 この八重垣は幾つも考えさせられる技です。まず詰合の八重垣でも、詰合之位の八重垣でも自論や師の教えがどうであろうとも文字に表された通りに稽古して、その心持ちに親しく味わってみるべきでしょう。
 多少できる様になると、ともすると自論優先の早とちりに陥るものです。
 古伝は打太刀に立って攻め込めとも、其の場で攻め立てろとも、下がってとも、何も指定していません。古伝はおおらかです。それだけ安易な決め事をして居付くなと云っている筈です。
 参考に三谷先生の詰合之位は恐らく政岡先生譲りと思うのですが、右脇の受けは切先上がり、左脇は切先下がりです。
 なお、頭上での受け太刀は、政岡先生の「仕の左手を物打の峯に添えるには四指を揃えてのばし拇指と人差指の基部に峯を当て掌を前に向け五指は充分のばせて刀の安定を計ること」を採用され、拇指は刀の前に出し、四指が内側にあります。
 
 
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事1向拂 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事2柄留 »

稽古の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事1向拂 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事2柄留 »