« 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事10連達 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事11行違 »

2017年5月 7日 (日)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事10連達

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
9、抜刀心持之事
10)十本目連達
連達
 歩ミ行内前を右の拳尓て突其儘二左廻り後を切り又前へ振向て打込也
読み
連達(つれだち)
歩み行く内に前を右の拳にて突き そのままに左廻り 後ろを切り 又 前へ振り向いて打込也
読み解く
 連達ですから同じ方向に連れだって行くわけです、前を歩いて行く敵の後頭部を右拳で突き、其のまま左廻りに後ろに振り向いて、後ろの敵に抜き打ちに切り付ける、右廻りに振り向いて前の敵に真向から打ち込む。
 後の敵には「後を切り」ですからどの様に抜き付けるか指定されていません。上に抜き上げ真向に斬る、或は袈裟に斬る、廻りながら物打ちまで抜いて横一線に抜き付ける、斬り上げる、如何様にも状況次第です。
 足さばきは、「其儘」の文言に従い前の敵に右足を踏み込み後頭部に拳で突きを入れた右足前で振り返り左足前で斬る。
 振り返って前の敵を斬るのも、足捌きは其の儘右足前で真向に斬る。但し前に振り返るのは右廻りです。
然し、足を踏み替えて左に廻り左足を踏み込んで打ち込むもありでしょう。

此の業は現代居合の奥居合立業の行違の動作の原型の様です。
行違は敵は前方から歩み来り行き違うのが本来です。ここは我を中にして縦に並んで歩み行くのです。
古伝は拳の突きですが、大江先生は柄頭で前方の敵の人中を打ち突くの違いです。

 英信流居合目録秘訣の外之物の大事に連達が有ります。
外之物の大事とは「外の物とは常の表の仕組より外の大事と云う事也」といって其の儘では通常の居合の業技法では無い技法とでも云うのでしょう。

連達「是亦歩行く内に向を刀の柄にて突き左廻りに後ろえふり廻る拍子に抜打に後ろを切又初柄にて突たる方を切是は我前後に敵を連達たる時の事也旅行抔のとき盗賊抔跡先つれ達時此心得肝要也」

読み
連達「これ又、歩み行く内に向うを 刀の柄にて突き 左廻りに後ろへ振り廻る拍子に抜き打ちに後ろを切り 又 初め柄にて突きたる方を切る 是は我が前後に敵を連れ達ちたる時の事也 旅行などの時 盗賊など後先連れ達つ時 此の心得肝要なり」

 これは現代居合の行違と動作は同じですが、敵は同方向に我を中に歩み行くわけで、現代居合では敵が前方から来るのとは敵の想定が異なります。

 大江先生の行違は「進行中正面を柄頭にて打ち、後を斬り又前を斬る」で敵は業名の「行違」から判断すれば前方より歩み来るでしょう。

 細川先生系統と思われる白石元一先生は連立(前後に重なりて歩行中の敵に対して行う)、と前置きして「右足を踏み出すと同時に前方の敵を抜き打ちに右片手にて斬り付け、返す刀にて後方の敵を斬る(両手にて)」と拳で突くとか柄頭で突くとかは無く、さっぱりしています。

 どちらも、古伝の替え技になっています。時代とともにより有効な動作に変化するのは当然ですが、想定を変えてしまった大江先生の場合は、それによって他の古伝もいじることになってしまいます。
 それも、居合が進化したというよりも、明治維新を挟んだ混乱期の為せることと思えばそれまでです。

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事10連達 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事11行違 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事10連達 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事11行違 »