« 刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座イ前切 | トップページ | 刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座ロ前後切 »

2017年7月25日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足4瀧返

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10.夏原流和之事
3)小具足
四本目瀧返
瀧返
 如前胸を取を我も前能如く其手首を取り右の手をひぢ二懸う津む介耳横へ伏セる也
瀧返(たきかえし)
 前の如く 胸を取るを 我も前の如く其の手首を取り 右の手をひぢに懸け 俯けに横へ伏せる也
参考 「如前胸を取るを 我も前能如く其手首を取り」 は三本目先手 及び二本目剱當詰を
 参考にします。「相手左の手二亭我可胸を取る」で同じです。
 次の動作では、二本目剱當詰は「我可左の手二亭其手首を取」、三本目先手では「我可右の手二亭相手の手首を取」で相手の左手首を取る我が左右の手が変わります。
 此処では「如前」を優先すれば、三本目先手の「我可右の手二亭相手の手首を取」でしょう。
 
 

|

« 刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座イ前切 | トップページ | 刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座ロ前後切 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座イ前切 | トップページ | 刀法の解釈の5全日本居合道刀法解説(1)正座ロ前後切 »