« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足10靭付 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足11影切掛 »

2017年8月 8日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事3小具足11影切掛

曽田本その1
1.神傳流秘書原文
10、夏原流和之事
3)小具足
十一本目影切掛
影切掛
 是は相手我後ゟ歩ミ来り我可髻を取り短刀を抜亭打込むを其侭後へ向位の弛の如く右之手二亭出会を留中耳入りたを春
以上十一
影切掛(かげきりかかり)
 是は相手我が後ろより歩み来たり 我が髻を取り 短刀を抜きて打込むを 其の侭後ろへ向き位の弛の如く 右の手にて出合いを留め中に入り倒す
参考 小具足八本目位ノ弛
 ・・相手後より手を廻した婦さを取て押伏せむとするを支耳其手を前へ押者川し堅る
 ・・相手後ろより手を廻し たぶさを取りて押し伏せんとするを機に 其の手を前へ押し外し堅める
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足10靭付 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足11影切掛 »

曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足10靭付 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事3小具足11影切掛 »