« 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合6回腕捕 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合7回腕崩 »

2017年8月21日 (月)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事4後立合6回腕捕

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
4)後立合
六本目回腕捕
回腕捕
 楽々左二組相手右を突懸る処を支耳膝を突右脇へ多於す
読み
回腕捕(かいわんとり)
 楽々左に組み 相手右を突き懸かる処を機に 膝を着き 右脇へ倒す

読み解く
 回腕法といえば、書道の筆を持つ方法にそんなものがあるのですが、ここは和之事です。
「楽々左に組」の楽々はこの流の得意な言い回しです。実態は解りませんが文字通りに楽に肩の力を抜いて、組み合うのも柔らかくとしておきましょう。
 互いに、どのように組み合うかは、「左に組」とあるばかりです。左手で双方とも相手の胸を取り合うのでしょう。特に指定されていません。好きなように組んで見ることです。

 相手が右手にグット力をこめて突きかかって来るのを機に、我はスット沈み込んで右膝を着き、我が右脇に倒す。

 ここで業名の「回腕捕」を思い出して見ます。相手の突き懸って来る右手首を右手で取り、左手をその右手に回腕して膝をついて右脇に倒す。ややこしい事をつい思いつきますが、余計な事をしないでもよさそうです。

 
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合6回腕捕 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合7回腕崩 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合6回腕捕 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事4後立合7回腕崩 »