« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移5請返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移6勝骰 »

2017年9月30日 (土)

第七回古伝研究会を終えて

 9月の第二木曜日及び第四木曜日に第七回古伝研究会を実施しました。
毎月二回定期的に研究会を実施し、曽田虎彦先生の書写された江戸時代の古伝神傳流秘書を基に土佐の居合、大森流・英信流・坂橋流之棒・夏原流和を読み解いて動作を確認していきます。
 今回は、第六回に引き続き、11月に神戸で行われる違師伝交流稽古会に向け、土佐の居合にある古伝の仕組(組太刀)詰合を研究していきます。
 詰合は近年では「詰合之位」と呼称されていますが古伝は「詰合」です。
 詰合之位などと「位」の文字を付すのはどこぞの剣術流派の送り名を借りて来たものでしょう。恐らく昭和以降のものだと推測します。
 現在、処々で打たれている詰合之位は、曽田虎彦先生が残された業附口伝からの引用で古伝の詰合と、ほぼ業の順番や「かたち」は似ていると言えるでしょう。
 我々は古伝神傳流秘書の詰合を研究します。
 失伝した第九代林六大夫政誠の古伝神傳流秘書の「詰合」です。
 
 昭和の初めに曽田虎彦先生が第15代谷村亀之丞自雄及び第16代五藤正亮の口伝により実兄土井亀江から聞き及んで書き留めた業附口伝詰合之位。
 それを基に第19代福井春政先生が指導したと思われる嶋専吉氏の詰合之位。
 指導者は良くわかりませんが戦後第21代福井聖山先生による詰合之位。
 其の他業附口伝を参考にしたいくつもの「かたち」がyoutubeに公開され打たれている様です。
 参考に古伝の詰合・業附口伝の詰合之位・21代福井聖山先生の詰合之位の順で本数と業名を書いておきます。                                                      
一本目 発早   八相   八相
二本目 拳取   拳取   拳取
三本目 岩浪   岩波   岩浪
四本目 八重垣  八重垣  八重垣
五本目 鱗形   鱗形   鱗形
六本目 位弛   位弛   位弛
七本目 燕返   燕返   燕返
八本目 柄砕   眼関落  眼関落  
九本目 水月   水月刀  水月刀
十本目 霞剣   霞剣   霞剣
11本目 ナシ   討込   討込
 第6回までに六本目位弛まで読み解いていますから、今回の第七回の9月14日は4時間かけて七本目燕返から10本目まで研究し、おまけに11本目の討込を真向打ちによる合し打ちで締めてみました。
 9月28日は一本目から十本目まで通して演武し、問題点を洗い出して、武術的な観点から現行の師伝の術理を解きほぐし変化した動作に応じられるものを幾つも体験し、其処から演武(舞)用の見栄えの良い動作を模索してみました。
 
 武術の稽古は、何度も同じ動作をいたずらに繰り返して熟達する演練を良しとする処が多いのですが、此処では古伝の文言一字をも見逃さずに読み取って、その求めるものから術理を紐解き動作に至る技法の展開を求めています。
 仕組(組太刀)は申し合わせの形として、歩数や打ち間、打つ位置に拘り過ぎずに、実戦に応じられるまで研究する事が大切です。其の為には手附をよく読み、取り敢えずやって見て、今までの経験だけに固執しないことが大切です。
 
 この古伝の分野には、先生と言われる人は無く、求める者が己の知恵を出し、他の人の知恵と重ね合い、本物を捜す以外に道はありません。
 誰かがやって、誰かがそれを見、古伝と照らし、違う処を指摘し、形へと昇華させるのです。
 真剣刀法の武的センスのない先師が意味不明な動作にしてしまったものは捨て去り、他流から見ても納得し理解されるものを捜し求めています。
 
例を上げてみましょう。
Ⅰ、古伝神傳流秘書の詰合九本目「水月」
 「相手高山に構え待つ所へ、我も高山に構え行きて相手の面に突き付ける相手払うを体を替えし打込み勝
*
Ⅱ、曽田先生の復元された業附口伝の詰合之位九本目「水月刀」
 「是も同じく立合て真向へ冠り、相掛りにても敵待ちかけても苦からず、我れ真向へ冠りてスカスカと行き場合にて、太刀の切尖を敵の眉間に突き込む様に突く也、其の時、敵直ぐに八相に払う、其の時、我直ぐにカムリ敵の面へ切り込み勝也、互に五歩退がり血振り納刀以下同じ」
*
Ⅲ、第19代福井春政先生直伝嶋専吉先生の無双直伝英信流居合術乾詰合之位九本目「水月刀」
 「立合て右上段に冠り相掛りにて進み中途仕太刀は幾分刀を下げ間合に至りて打太刀の眉間に突込む様に刺突す打太刀之を八相に払ふ。
仕太刀隙かさず左の脚を稍々左方に踏み体を軽く左に転はして振冠り、右足を一歩踏み込み打太刀の面を打つ。(此場合体を左に開き上段に振冠りたるまゝ残心を示す様式もあり)刀を合せ双方五歩退り、血振納刀。」
*
Ⅳ、第21代福井聖山先生の詰合之位九本目「水月刀」
 「打太刀
①右足より進み出で、間合に来た時、仕太刀が我が面を目がけて刀を突いて来たので、左足を引き八相に払う。
②払ったる瞬間に、仕太刀より面を打たる。
仕太刀
①右足より進み出で、二歩ぶりに剣先を下げ間合に至るや、剣先を打太刀の眉間に突き込む様に突き出す。
②突き出したる刀を八相に払われたる瞬間、直ちに刀を冠り左足を進め面を打つ
(二歩目に剣先を中段にして、三歩目に水月を突き払われた瞬間、正面を打つ)
 このそれぞれの手附を読み、古伝との違いを認識できるでしょうか。そしてそれぞれどの様に運剣するでしょうか。
 文字に表われた部分の動作の解釈と、文字に表われていない部分の動作が大きく技を替えていきます。
 
 第八回は10月及び11月に三回行います。何度も繰返す通し演武から術理を求めていきます。
 「かたち」は誰でも演じられます。然し其の業の持つ術理は理解できないか、理解しても術にならない。そこまで修行をもとめられるのでしょう。
 詰合が理解出来れば居合が理解出来るかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移5請返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移6勝骰 »

稽古の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移5請返 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移6勝骰 »